植物の育て方を押さえてオリジナルな庭づくりを楽しみましょう

植物の育て方を押さえてオリジナルな庭づくりを楽しみましょう

最近では、様々な所でガーデニングなどの園芸講座が開かれています。自分オリジナルな庭を作ることが出来るため、一つの趣味としてトライする方が増えているのです。こうした庭づくりを成功させるためには、植物の栽培方法や育て方などをある程度熟知しておく必要があり、現在専門の講座が人気を博している訳です。

庭づくりのポイント

庭づくりを成功させる上では、事前の計画が物を言います。植物によって開花時期や精力的に育つ時期には違いがあり、そうした点を押さえてプランを練っていくことが必要とされる訳です。開花までに要する期間を予め計算し、理想的なバランスで花が楽しめるように植えつけ方法を工夫します。

植物には種や球根、苗などがありますが、それぞれ育つスピードには差があるのです。そういった点を利用して植え付けを行っていくことも可能です。見た目にも美しい庭を作るためには、植物の配し方も時に重要なポイントとなります。

観葉植物と盆栽の育て方と栽培時の注意点も見ると良く理解できます♪

花の配置例

特にスペースが限られている場合などは、配し方を工夫することでイメージが大きく変わることも考えられるのです。例えば花壇などに花を植える場合には、手前より奥側から背の高い植物を植えるようにします。向日葵やアイリス、グラジオラスなどが例えば挙げられるでしょう。

より手前側には少し背の低いチューリップやスイセン、キンセンカなどを配します。より足元に近い場所にはパンジーやクロッカスなどが適していると言えるでしょう。このような植え方をすることで、多少の目の錯覚が起こります。そのため、より奥行きのある庭に見せることも時に可能となる訳です。

スイセンとシクラメンの育て方についてが参考になります♪

こちらのチューリップの育て方の記事も詳細で参考になります♪

花の特性を知る重要性

庭づくりを行う際には、花の特性を知っておくことも大切になります。植物によって好む日照条件も違いますので、効率的な育て方をするためにはこうした工夫がやはり求められる訳です。日当たりが多少悪くても問題なく育つ花も実際あります。

ですので、例えば余り日当たりが望めない庭の場合でも、そういった特徴を逆に活かすことも可能になるのです。家に門や塀がある場合には、こうした場所にも植物を配すると雰囲気のある庭に仕上がります。こういった場所には余り背の高い植物は避けるべきでしょう。

葉などが密集してしまうものは特に避けた方が無難です。風通しが悪くなる上に、防犯上も好ましいものとは言えません。道路に近い場合には空気の汚れや乾燥も考えられますので、比較的強い性質を持つ花や蔦物などを選びましょう。

最近は、こうした庭づくりに使用出来る様々なガーデニンググッズも豊富に販売されています。センサーライトなどを取り入れればさらにオリジナルな庭を演出することが出来るでしょう。工夫次第で多様な楽しみ方が出来るのが、ガーデニングなのです。

興味があればこちらのモッコウバラの育て方も面白いので読んでみて下さい♪

pixta_kyabetsu_01

キャベツの育て方

キャベツの原産地は、ヨーロッパといわれており、地中海沿岸からアジア方面を生息地としていました。最初に栽培されたのは数千年...

pixta_benisarasadoudan

ベニサラサドウダンの育て方

ベニサラサドウダの大きさは、2メートルから大きいもので5メートル程度にまで生長します。若い枝は無毛で、その葉の長さは、お...

pixta_raiti

ライチを育ててみましょう。

ライチという果物はよくレストランなどで食べることができますが、日本で食べることができるのはほとんど冷凍のものであり、生の...

pixta_pseuderantemm

プセウデランテムムの育て方

プセウデランテムムは、キツネノマゴ科プセウデランテムム属の植物です。常緑性の植物です。熱帯気候と亜熱帯気候の地域が原産で...

pixta_dokudami

ドクダミの育て方

ドクダミは、ドクダミ科ドクダミ族の多年草であり、ギョウセイソウやジゴクソバ、ドクダメとも呼ばれています。

pixta_arteranantera

アルテルナンテラの育て方

植物の特徴として、まずはヒユ科であることがあげられます。草丈は10センチぐらいから20センチぐらいの大きさです。木のよう...

pixta_putitomato

家庭菜園の栽培、野菜の育て方、野菜の種まき

家庭菜園ではプチトマトやゴーヤなど育てやすい野菜を育てるのが人気です。ですが、冬野菜でもある大根の栽培でも、手軽にするこ...

pixta_epissia

エピスシアの育て方

エピスシアはメキシコの南部からブラジル、コロンビア、ベネズエラなどを原産地としている植物で生息地は基本的には熱帯地方なの...

pixta_kinkan01

植物や果物を育ててみませんか

仕事や行事などで毎日が忙しく、たまに休みがあったとしてもやりたい趣味活動がなかなかないという人も最近ではよく見かけること...

pixta_kokabu_01

植物の栽培とこの育て方とこの種まきのやり方

趣味としてガーデニング等をしている方々は大勢いますが、野菜等の栽培をしたり、この育て方やこの種まき等の知識を身につけるこ...

スポンサーリンク

pixta_hanaume

ウメ(花ウメ)の育て...

ウメの系統をたどっていくと、サクラやモモと同じように、も...

pixta_kutinasi

クチナシの育て方

クチナシの原産地は日本、中国、台湾、インドシナ、ヒマラヤ...

SONY DSC

ネクタロスコルダム・...

和名はアリウム・シクラムですが、アリウムの仲間ではありま...

pixta_hasu11

ハスの育て方

ハスはインド亜大陸を原産とするハス科の水生植物です。その...