植物の育て方を押さえてオリジナルな庭づくりを楽しみましょう

植物の育て方を押さえてオリジナルな庭づくりを楽しみましょう

最近では、様々な所でガーデニングなどの園芸講座が開かれています。自分オリジナルな庭を作ることが出来るため、一つの趣味としてトライする方が増えているのです。こうした庭づくりを成功させるためには、植物の栽培方法や育て方などをある程度熟知しておく必要があり、現在専門の講座が人気を博している訳です。

庭づくりのポイント

庭づくりを成功させる上では、事前の計画が物を言います。植物によって開花時期や精力的に育つ時期には違いがあり、そうした点を押さえてプランを練っていくことが必要とされる訳です。開花までに要する期間を予め計算し、理想的なバランスで花が楽しめるように植えつけ方法を工夫します。

植物には種や球根、苗などがありますが、それぞれ育つスピードには差があるのです。そういった点を利用して植え付けを行っていくことも可能です。見た目にも美しい庭を作るためには、植物の配し方も時に重要なポイントとなります。

観葉植物と盆栽の育て方と栽培時の注意点も見ると良く理解できます♪

花の配置例

特にスペースが限られている場合などは、配し方を工夫することでイメージが大きく変わることも考えられるのです。例えば花壇などに花を植える場合には、手前より奥側から背の高い植物を植えるようにします。向日葵やアイリス、グラジオラスなどが例えば挙げられるでしょう。

より手前側には少し背の低いチューリップやスイセン、キンセンカなどを配します。より足元に近い場所にはパンジーやクロッカスなどが適していると言えるでしょう。このような植え方をすることで、多少の目の錯覚が起こります。そのため、より奥行きのある庭に見せることも時に可能となる訳です。

スイセンとシクラメンの育て方についてが参考になります♪

こちらのチューリップの育て方の記事も詳細で参考になります♪

花の特性を知る重要性

庭づくりを行う際には、花の特性を知っておくことも大切になります。植物によって好む日照条件も違いますので、効率的な育て方をするためにはこうした工夫がやはり求められる訳です。日当たりが多少悪くても問題なく育つ花も実際あります。

ですので、例えば余り日当たりが望めない庭の場合でも、そういった特徴を逆に活かすことも可能になるのです。家に門や塀がある場合には、こうした場所にも植物を配すると雰囲気のある庭に仕上がります。こういった場所には余り背の高い植物は避けるべきでしょう。

葉などが密集してしまうものは特に避けた方が無難です。風通しが悪くなる上に、防犯上も好ましいものとは言えません。道路に近い場合には空気の汚れや乾燥も考えられますので、比較的強い性質を持つ花や蔦物などを選びましょう。

最近は、こうした庭づくりに使用出来る様々なガーデニンググッズも豊富に販売されています。センサーライトなどを取り入れればさらにオリジナルな庭を演出することが出来るでしょう。工夫次第で多様な楽しみ方が出来るのが、ガーデニングなのです。

興味があればこちらのモッコウバラの育て方も面白いので読んでみて下さい♪

pixta_megi

メギの育て方

メギはメギ科メギ属の仲間に入るもので、垣根によく利用される背の低い植物です。メギ属はアルカロイドという成分を含んだ種類が...

pixta_rengetutuji

レンゲツツジの育て方

この花の特徴は、ビワモドキ亜綱、ツツジ目、ツツジ科、ツツジ属になります。見た目を見てもツツジに非常に近い植物であることが...

pixta_erangis

エランギスの育て方

エランギスとは、アフリカ東部原産で、ラン科に所属するエランギス属の植物の総称です。品種的にアングレカム属に近いとされ、長...

pixta_nettaisuiren

熱帯スイレンの育て方

スイレンは18世紀以前から多くの人に愛されてきました。古代エジプトにおいては、太陽の象徴とされ大事にされていましたし、仏...

pixta_kanna

カンナの育て方

原産地は熱帯アメリカで日本には江戸時代前期にカンナ・インディアカという種類のものが入ってきて、現在では川原などで自生して...

pixta_himeshara

ヒメシャラの育て方

ヒメシャラはナツツバキ属のうちのひとつです。日本ではナツツバキをシャラノキ(沙羅樹)と呼んでおり、似ていますがそれより小...

pixta_crockas

クロッカスの育て方

地中海沿岸から西アジアを生息地とする多年草の球根植物であるクロッカスは、世界に約80種類の園芸品種があるとされ、チューリ...

pixta_kanpanyura

カンパニュラの育て方について

カンパニュラは、釣り鐘のような形の大ぶりの花をたくさん咲かせるキキョウ科の植物です。草丈が1m近くまで伸びる高性タイプの...

pixta_murasakituyukusa

ムラサキツユクサの育て方

ムラサキツユクサは、TradescantiaOhiensisと呼ばれる花になります。アメリカの東部から中西部が原産地にな...

pixta_okahijiki

オカヒジキの育て方

オカヒジキの原産地は日本や中国、シベリア、ヨーロッパ南西部です。「ヒジキ」と言いますが海藻ではなく海辺の砂地などを生息地...

スポンサーリンク

pixta_haemansas

ハエマンサスの育て方

ハエマンサスという植物があります。これは少し趣味性の高い...

pixta_rikyubai

リキュウバイ(バイカ...

リキュウバイは別名バイカシモツケと言われています。育て方...

pixta_boriji

ボリジの育て方

この花については、シソ目、ムラサキ科、ルリジサ科に属する...

pixta_suisen

栽培が簡単な植物の育...

花も植物も育てたことがない人にとっては、花壇いっぱいの花...