植物の育て方を押さえてオリジナルな庭づくりを楽しみましょう

植物の育て方を押さえてオリジナルな庭づくりを楽しみましょう

最近では、様々な所でガーデニングなどの園芸講座が開かれています。自分オリジナルな庭を作ることが出来るため、一つの趣味としてトライする方が増えているのです。こうした庭づくりを成功させるためには、植物の栽培方法や育て方などをある程度熟知しておく必要があり、現在専門の講座が人気を博している訳です。

庭づくりのポイント

庭づくりを成功させる上では、事前の計画が物を言います。植物によって開花時期や精力的に育つ時期には違いがあり、そうした点を押さえてプランを練っていくことが必要とされる訳です。開花までに要する期間を予め計算し、理想的なバランスで花が楽しめるように植えつけ方法を工夫します。

植物には種や球根、苗などがありますが、それぞれ育つスピードには差があるのです。そういった点を利用して植え付けを行っていくことも可能です。見た目にも美しい庭を作るためには、植物の配し方も時に重要なポイントとなります。

観葉植物と盆栽の育て方と栽培時の注意点も見ると良く理解できます♪

花の配置例

特にスペースが限られている場合などは、配し方を工夫することでイメージが大きく変わることも考えられるのです。例えば花壇などに花を植える場合には、手前より奥側から背の高い植物を植えるようにします。向日葵やアイリス、グラジオラスなどが例えば挙げられるでしょう。

より手前側には少し背の低いチューリップやスイセン、キンセンカなどを配します。より足元に近い場所にはパンジーやクロッカスなどが適していると言えるでしょう。このような植え方をすることで、多少の目の錯覚が起こります。そのため、より奥行きのある庭に見せることも時に可能となる訳です。

スイセンとシクラメンの育て方についてが参考になります♪

こちらのチューリップの育て方の記事も詳細で参考になります♪

花の特性を知る重要性

庭づくりを行う際には、花の特性を知っておくことも大切になります。植物によって好む日照条件も違いますので、効率的な育て方をするためにはこうした工夫がやはり求められる訳です。日当たりが多少悪くても問題なく育つ花も実際あります。

ですので、例えば余り日当たりが望めない庭の場合でも、そういった特徴を逆に活かすことも可能になるのです。家に門や塀がある場合には、こうした場所にも植物を配すると雰囲気のある庭に仕上がります。こういった場所には余り背の高い植物は避けるべきでしょう。

葉などが密集してしまうものは特に避けた方が無難です。風通しが悪くなる上に、防犯上も好ましいものとは言えません。道路に近い場合には空気の汚れや乾燥も考えられますので、比較的強い性質を持つ花や蔦物などを選びましょう。

最近は、こうした庭づくりに使用出来る様々なガーデニンググッズも豊富に販売されています。センサーライトなどを取り入れればさらにオリジナルな庭を演出することが出来るでしょう。工夫次第で多様な楽しみ方が出来るのが、ガーデニングなのです。

興味があればこちらのモッコウバラの育て方も面白いので読んでみて下さい♪

pixta_putiasuta

プチアスターの育て方

キク科カリステフ属のプチアスターというこの花は、中国北部やシベリアを原産国とし1731年頃に世界に渡ったと言われておりま...

pixta_brasabora

ブラサボラの育て方

ブラサボラはカトレアに近い仲間でカトレア属やレリア属などの交配にも使われる植物で原産地は中央アメリカやカリブ海沿岸、南ア...

pixta_momiji

モミジの育て方

モミジは日本人に古くから愛されてきた植物です。色づいたこの植物を見に行くことを紅葉狩りといい、秋の風物詩として古くからた...

pixta_hebiuri

ヘビウリの育て方

インド原産のウリ科の多年草で、別名を「セイロン瓜」といいます。日本には明治末期、中国大陸を経由して渡来しました。国内では...

pixta_remonmatoru

レモンマートルの育て方

レモンマートルはオーストラリア原産のハーブの一種です。ハーブといっても高さ20mと大きく育つため、低木や草花といった一般...

pixta_akannsasu

アカンサスの育て方

アカンサスはキツネノマゴ科アカンサス属またはハアザミ属の植物で、別名をギザギザの葉がアザミの葉に似ていることから和名を葉...

pixta_matubagiku

マツバギクの育て方

原産地が南アフリカなどの砂漠地です。日本には明治の初期に暖地で広がりました。マツバギクは葉が松葉のような形をしてサボテン...

pixta_kuransin

鉢植え植物を上手に育てるポイント

鉢花は花が咲いているものやつぼみの時期に購入するとその時から観賞することができ、苗から栽培するのと比べると誰でも簡単に楽...

pixta_nokonggiku

ノコンギクの育て方

ノコンギクの歴史としまして、伝統的にはこの種には長らく「Aster ageratoides Turcz. subsp. ...

pixta_saboten12

植物の育て方の楽しみについて

家の中で育てる植物には、いわゆる観葉と菜園の2種類があります。いずれについても多様な種類が存在しますが、ある程度成長した...

スポンサーリンク

pixta_ruritamaazami

ルリタマアザミの育て...

ルリタマアザミはアザミという名前がついていますが、アザミ...

pixta_riatoris

リアトリスの育て方

北アメリカが原産の”リアトリス”。日本には、大正時代に観...

pixta_guramato

グラマトフィラムの育...

グラマトフィラムの原産は東南アジアで、暑い地域の植物です...

pixta_kokabu_01

小カブの育て方

カブは煮物、サラダ、漬物など色々な食べ方が出来る野菜であ...