植物の育て方を押さえてオリジナルな庭づくりを楽しみましょう

植物の育て方を押さえてオリジナルな庭づくりを楽しみましょう

最近では、様々な所でガーデニングなどの園芸講座が開かれています。自分オリジナルな庭を作ることが出来るため、一つの趣味としてトライする方が増えているのです。こうした庭づくりを成功させるためには、植物の栽培方法や育て方などをある程度熟知しておく必要があり、現在専門の講座が人気を博している訳です。

庭づくりのポイント

庭づくりを成功させる上では、事前の計画が物を言います。植物によって開花時期や精力的に育つ時期には違いがあり、そうした点を押さえてプランを練っていくことが必要とされる訳です。開花までに要する期間を予め計算し、理想的なバランスで花が楽しめるように植えつけ方法を工夫します。

植物には種や球根、苗などがありますが、それぞれ育つスピードには差があるのです。そういった点を利用して植え付けを行っていくことも可能です。見た目にも美しい庭を作るためには、植物の配し方も時に重要なポイントとなります。

観葉植物と盆栽の育て方と栽培時の注意点も見ると良く理解できます♪

花の配置例

特にスペースが限られている場合などは、配し方を工夫することでイメージが大きく変わることも考えられるのです。例えば花壇などに花を植える場合には、手前より奥側から背の高い植物を植えるようにします。向日葵やアイリス、グラジオラスなどが例えば挙げられるでしょう。

より手前側には少し背の低いチューリップやスイセン、キンセンカなどを配します。より足元に近い場所にはパンジーやクロッカスなどが適していると言えるでしょう。このような植え方をすることで、多少の目の錯覚が起こります。そのため、より奥行きのある庭に見せることも時に可能となる訳です。

スイセンとシクラメンの育て方についてが参考になります♪

こちらのチューリップの育て方の記事も詳細で参考になります♪

花の特性を知る重要性

庭づくりを行う際には、花の特性を知っておくことも大切になります。植物によって好む日照条件も違いますので、効率的な育て方をするためにはこうした工夫がやはり求められる訳です。日当たりが多少悪くても問題なく育つ花も実際あります。

ですので、例えば余り日当たりが望めない庭の場合でも、そういった特徴を逆に活かすことも可能になるのです。家に門や塀がある場合には、こうした場所にも植物を配すると雰囲気のある庭に仕上がります。こういった場所には余り背の高い植物は避けるべきでしょう。

葉などが密集してしまうものは特に避けた方が無難です。風通しが悪くなる上に、防犯上も好ましいものとは言えません。道路に近い場合には空気の汚れや乾燥も考えられますので、比較的強い性質を持つ花や蔦物などを選びましょう。

最近は、こうした庭づくりに使用出来る様々なガーデニンググッズも豊富に販売されています。センサーライトなどを取り入れればさらにオリジナルな庭を演出することが出来るでしょう。工夫次第で多様な楽しみ方が出来るのが、ガーデニングなのです。

興味があればこちらのモッコウバラの育て方も面白いので読んでみて下さい♪

pixta_poinsetia

ポインセチアの育て方

特徴としてはなんといっても赤い花びらと緑の葉でしょう。クリスマスにピッタリの色合いです。そう考えて購入する人もいるでしょ...

pixta_fikasuunberata

フィクス・ウンベラタ(フィカス・ウンベラータ)(Ficus ...

フィクス・ウンベラタとは、フィカス・ウンベラータとも言われていますが、葉がとても美しいだけでなく、かわいいハートの形をし...

pixta_tamagayaturi

タマガヤツリの育て方

タマガヤツリはカヤツリグサ科の一年草で、湿地帯に多く見られます。生息地は日本においてはほぼ全土、世界的にみても、ほぼ全世...

pixta_sennitikobou

アルテルナンテラ‘千日小坊’の育て方

園芸店や生花店などでは千日小坊という常緑多年草が売られています。これはペルーやエクアドルといった中米原産の植物です。アル...

pixta_amerikatemarisimotuke

アメリカテマリシモツケの育て方

アメリカテマリシモツケは、北アメリカが原産だと考えられており、現在テマリシモツケ属の生息地はアジア東部や北アメリカ、メキ...

pixta_hasu11

ハスの育て方

ハスはインド亜大陸を原産とするハス科の水生植物です。その歴史は植物の中でも特に古く、1億4000万年前には既に地球上に存...

pixta_puterisu

プテリスの育て方

プテリスはシダの仲間です。イノモトソウ科の常緑多年性シダ類に入ります。世界ではおおよそ300種類が分布しています。観葉植...

pixta_sisirintium

シシリンチウムの育て方

シシリンチウムは原産地が北アメリカの常緑多年草となっています。この名前ではピンとこない人でも、庭石菖(ニワゼキショウ)と...

pixta_aroe

アロエの育て方

日本でも薬草として人気のあるアロエはアフリカ大陸南部からマダガスカルが原産地とされており、現在ではアメリカのテキサス州や...

pixta_nasutachiumu

ナスタチウムの育て方

ナスタチウムはノウゼンハレン科ノウゼンハレン属の一年草です。ブラジルやペルー、コロンビアなどが生息地となり、葉と花と種に...

スポンサーリンク

pixta_ukon

ウコンの育て方

ウコンという名前は知っているものの、現在では加工されて販...

pixta_piiman_01

ピーマンの育て方につ...

ピーマンはナス科の一年草です。ピーマンには、ビタミンAや...

pixta_tutuji

ツツジの育て方

ツツジもまたピンク色のものから赤っぽいもの、紫や白いもの...

pixta_rantanakamara

ランタナ・カマラの育...

ランタナ・カマラは通称ランタナで、別名をシチヘンゲやコウ...