野菜作りを趣味にする方が増えています

野菜作りを趣味にする方が増えています

最近では趣味で野菜作りを行う方が増えています。栽培方法を紹介するテレビ番組やマニュアル本も豊富で、いち早く情報を得られるのが現在の状況なのです。野菜を始めとして植物を栽培する場合、実の所様々な方法があります。

苗から育てるメリットとは?

植えつけるスタートの時点からこうした違いは見られ、種や苗などその植物に適した栽培方法がとられているのです。野菜の場合には、主に苗から育て始めるケースが多いと言えます。種から栽培する場合に比べて遥かに時間が短縮出来ることが、現代人の感覚には特にうけているのでしょう。

すでに丈夫に育った苗を用いれば病気にかかるリスクも時に下げることが出来るため、本格的な野菜作りを目指す方でもこうした方法を取り入れるケースが増えているのです。苗は主にホームセンターや園芸店などで購入します。植え付け時期には実際、こうした商品が多く出回っています。

植物の栽培とこの育て方とこの種まきのやり方も参考になります♪

苗からの野菜の育て方

苗は時に自分で作ることも可能です。例えばさつまいもなどの場合には、一つを種イモとして苗を育て増やしていくことも出来るのです。専用の苗床を作り、その上に芋を置きます。そうすると自然に芋から根や芽が生じてくる訳です。ある程度の大きさになったなら、今度は土の中に植えて栽培を始めます。

さつまいもの場合に特に水はけの良い土を好み、砂地などでも比較的育てやすい植物と言えます。日の良く当たる場所に初夏の頃に植えます。こういった栽培方法は時に他の野菜でも可能です。特に根の部分を食べる大根やニンジン、玉ねぎの場合には水を使って根や芽を生じさせることも出来ます。

ニンジンの上手な育て方についても参考になります♪

根の部分には豊富な栄養分が含まれていることから、こうしたことが時に可能となる訳です。例えば食用に購入してきた大根やニンジンのヘタの部分を切り取り、ひたひた程度の水に付けておきます。この時すでにヘタの部分に葉があればさらに栽培はスムーズとなるでしょう。

このような状態で数週間おくと、自然に根や葉が出くるのです。玉ねぎの場合には、時に常温でも根や芽が生じてくることがあります。こういう状態になった野菜は時に苗として生かすことも可能です。

こちらの玉ねぎの育て方も凄く参考になります♪

植物の成長に欠かせない土作り

より成長させるためにはやはり相応の対策が必要となりますが、手軽に苗を得る方法としては一考の価値があると言えます。植物の育て方で特に重要となるのは、土づくりです。植物によってかなり土の質を選ぶ場合もあり、より適した土壌を整えるということが栽培においても重要となります。

市販の土や消石灰などを適宜使用する方法が適当でしょう。より成長を促進させる土壌を作るためには、定期的な土の掘り起こしも必要になります。長く土を使用しているとどうしても土中の栄養分が減りますので、こうした対策を行って、よりフレッシュな状態を保つ訳です。

下記の記事も詳しく書いてありますので、参考にして下さい♪
クウシンサイの育て方
長ねぎの育て方

pixta_tokisou

トキソウの育て方

ラン科トキソウ属の山野草です。和名は朱鷺草(トキソウ)で、別名には朱鷺蘭(トキラン)などがあります。日本の本州や北海道を...

pixta_minibara

バラ(ミニバラ)の育て方

バラ(ミニバラ)とはバラ科バラ属の植物で、ミニバラや姫バラ、ミニチュア・ローズ、パティオ・ローズ、マイクロ・ミニなどとも...

pixta_masdebaria

マスデバリアの育て方

花の分類についてはラン目、ラン科になります。一般的に洋ランと言われる種類の一つとされます。萼片飲みが発達した花として、見...

pixta_hetima

初心者でもできる、へちまの育て方

へちま水や、へちまたわし等、小学校の時にだいたいの方はへちまの栽培をしたことがあると思います。最近は夏の日除け、室温対策...

SONY DSC

コルチカムの育て方

コルチカムの科名は、イヌサフラン科で属名は、イヌサフラン属(コルチカム属)となります。和名は、イヌサフランでその他の名前...

pixta_hesuperansa

ヘスペランサの育て方

ヘスペランサは白い花を持つ美しい植物でり、日本だけに留まらず多くの愛好家がいます。花の歴史も深く、大航海時代にまで遡る事...

pixta_sawagikyou

サワギキョウの育て方

キキョウ科の多年草で,アジア東部の冷温帯を生息地としている”サワギキョウ”。学名”Lobelia(ロベリア)”とも呼ばれ...

pixta_karajium

カラジウムの育て方

カラジウム/学名・Caladium/和名・ハイモ、カラジューム/サトイモ科・ハイモ属(カラジウム属)カラジウムは、涼しげ...

pixta_himawari_01

ミニヒマワリの育て方について

一言で「ミニヒマワリ」といっても、品種改良が行なわれ、中小輪の矯性品種まで、数多くのミニヒマワリが存在しています。大きな...

pixta_kamomiru

カモミールの育て方

カモミールは、現在では色々な国で栽培されていますが、原産は西アジアからヨーロッパです。西アジアからヨーロッパを主な生息地...

スポンサーリンク

pixta_hitorisizuka

ヒトリシズカの育て方

ヒトリシズカは原産地や生息地が日本を含め、中国や朝鮮半島...

pixta_yukomis

ユーコミスの育て方

この花はユリ科に属します。その他にキジカクシ科に属すると...

pixta_kurouea

クロウエアの育て方

クロウエアはオーストラリア島南部原産の、ミカン科クロウエ...

pixta_hemerokarisu

ヘメロカリスの育て方

ヘメロカリスの生息地はアジア地域で、原種となっているもの...