ウラムラサキの育て方

ウラムラサキの育て方

ウラムラサキの歴史に関しては、ミャンマーやタイが原産地となっています。現在でもこれらの地域が生息地となっています。ミャンマーやタイなどの暑いところで古くから生息をしてきたという歴史があります。

育てる環境について

ウラムラサキの育てる環境に関してですが、比較的明るい日陰でも育つという特徴があります。しかしこのような状況のなかでは葉の色が茶色くなることがあるので、できるだけ日光に当てる方がよく育ちます。冬の時期にはどのような環境においておくのが良いのかというと、

室内の窓際の日の光が当たるところにおくようにします。寒さには弱いという特徴があるので、できるだけ暖かいところにおくと言うことを心がけます。ウスムラサキの特徴としては、温度が低すぎると葉の色の発色が悪くなるので、気をつけるようにします。

育てるなかで茎が伸びすぎるというようなことがありますが、大きく伸びた茎についた葉は、先の部分は葉の色がよく美しくなっています。しかし逆に下の方は葉が落ちてしまったり見苦しくなったりしてしまうので気をつけます。5月から9月までの間は伸びすぎた茎に関しては茎は取るようにします。

その大きさは20センチメートルから30センチメートル程度の大きさにとどめておくようにします。こうすることで新しい茎が伸びるようになっています。ウスムラサキは寒さなどの環境の変化にはとても敏感な植物です。

したがって人間と同じように冬は暖かい環境におくと言うことを心がけるとしっかりと育てることができます。とくに葉の様子をしっかりと観察して、ウラムラサキの日々の変化を見るようにします。このように早めに発見することで問題にすぐに対処をすることができます。

種付けや水やり、肥料について

ウラムラサキの種付けや水やりや肥料に関しては次のようになっています。種付けや植え付けに関しては、根が鉢にいっぱいになった株や低温で傷ついてしまった株に関しては、5月中旬から7月中旬に植え替えをするようにします。

このときには鉢から抜いて古い土を3分の1程度落としてしまい、今までよりも一回り大きな鉢に植え替えるようにします。ウラムラサキの水やりに関しては、春から秋にかけては鉢の土の表面が乾いてきたら水を与えるようにします。冬は鉢の土が乾燥してきたら水を与えるようにします。

したがって土の状態をしっかりと確認すると言うことが大切です。また肥料に関しては次のように与えるようにします。ウラムラサキは、春から秋が生育期となっていますが、この時期には暖効性肥料を2ヶ月に1回与えるようにします。

このほかの方法としては、速効性のある液体性の肥料を1週間から10回に1回程度与えるという方法もあります。ウラムラサキはストロビランテスとも呼ばれていますが、属名はキツネノゴマ科やイセハナビ科となっています。ポイントとしては秋に切り戻しを行うと言うことになります。

春から秋の生育期には肥料を多めに与えるように心がけます。そして寒さに弱いと言うことから、越冬温度は10度以上を保つようにします。こうすることで上手に育てることができます。草の高さが60センチメートルから大きい物で1メートルを超えるまでに成長するものもあります。

増やし方や害虫について

ウラムラサキの増やし方や害虫については次のようなことに注意をします。増やし方としてはさし木をするということがポイントになります。これは5月中旬から8月に行います。葉の先端部を3節から4節ほど付けて切り取ります。

下の葉に関しては、2枚から4枚ほど落として植の部分の残した葉が大きい場合には、半分にします。このときの方法としては赤玉土などのさし木ようの土にさし穂の3分の1から2分の1程度までさすようにします。このときに明るい日陰におくようにします。

乾かさないように管理をすることで1ヶ月程度で根が出てきます。根が出てきたら栽培用の土を使って鉢上げをします。そしてこの状態で1週間程度明るい日陰においてその後は今まで育てていた場所に移すようにします。ウラムラサキを育てているなかで害虫のことも気になります。

病気や害虫に関しては、病気は立枯病があります。この病気の害は春から秋にかけて発生するようになっています。また害虫に関しては、カイガラムシやハダニやアブラムシの被害の可能性があります。これらの害虫に年間を通して発生する可能性が高くなっています。

花が開いたときにはアブラムシが発生しやすくなっているので気をつけるようにします。鉢に植えるときには、腐植質で水はけの良い用土で植え付けます。たとえば赤玉土の小粒7に対して腐葉土3の配合土などで植え付けるときれいに育てることができます。ウラムラサキは常緑性となっています。

ウラムラサキの歴史

ウラムラサキの歴史に関しては、ミャンマーやタイが原産地となっています。現在でもこれらの地域が生息地となっています。ミャンマーやタイなどの暑いところで古くから生息をしてきたという歴史があります。現在では夏向きの寄せ植えや花壇などに利用されています。

植物園でも見かけることがありますが、植物園の温室では下草のように扱われているというようなこともあります。このようにして育てられているということもあります。属名がストロビランテスというようになっていますが、このストロビランテスの由来はギリシア語のストリビロスという球花と、

アントスという花の意味から来ています。また花の姿に由来しているという背景があります。ミャンマーが原産の常緑性低木で大きくなるとその高さが1メートルを超えると言うこともあります。紫色がかった葉で葉脈にそってはっきりと緑色が入るようになっています。

このストロビランテスは属全体で約250種類が知られています。熱帯夜亜熱帯アジアやマダガスカルに分泌しているという特徴があります。低い温度のところで育てると言うことができませんが、比較的暖かいところにおいておくと大きく成長すると言うことで育て方としては

それほど難しいと言うことはありません。したがって現在でも南半球を中心に暖かいところでたくさん育てられているという特徴があります。見た目にも華やかと言うことで古くから多くの人に愛されてきたという歴史があります。

ウラムラサキの特徴

ウラムラサキは観葉植物として多く栽培されています。したがって鉢植えや寄せ植えなどとして利用されています。葉の形は楕円形で銀白色に暗い赤紫色が混じったような色をしています。したがって金属のような光沢があるというのが大きな特徴です。

葉の裏はどのようになっているのかというと、暗い紫色で和名がウラムラサキと言うようになっています。冬から春にかけては紫色の花を穂状に咲かせるようになっています。大きく育ちすぎて茎が長くなると、葉の美しさが損なわれてしまうので、小型に育てるように心がけます。

インドやマレーシアに約400種類が生息しています。これらは葉の美しい種類が多くなっています。この中の種類でストロビランデス・ゴッシピヌスは高さが1.5メートルになる低い木で、大きく育てることで半球状の木の形となります。その姿は実に見事です。

12年に1回淡紫色の花を咲かせると、その後は枯れてしまうという特徴がある、一回結実性の植物となっています。園芸の分類では観葉植物や熱帯植物となっています。形態は多年草で低木となります。草の竹は10センチメートルから150センチメートルです。

寒さには弱くなっています。しかし逆に暑さには強い植物です。特性や用途に関しては常緑性で、カラーリーフとして使われています。植え付けは5月から7月の間に行い、肥料は2ヶ月に1回暖効性肥料を与えるようにします。これを4月から10月の間に行います。

植物の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:クリプタンサスの育て方

pixta_housenka_01

ホウセンカの育て方

ホウセンカは、ツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草で、東南アジアが原産です。中国では、花を鳳凰に見立てて羽ばたいているよ...

pixta_seji

セージの育て方

セージの基本種、「コモンセージ」は、薬用サルビアの別名通り、古くから薬用に利用されてきました。サルビアは、学名では「Sa...

pixta_erika11

エリカの育て方

ツツジ目、ツツジ科、エリカ属生息地は、ヨーロッパ、アフリカに600種類以上が分布する、常緑樹です。分布、自生している範囲...

pixta_onfarodes

オンファロデスの育て方

オンファロデスは、ムラサキ科、ルリソウ属(ヤマルリソウ属)です。オンファロデスは、北アフリカやアジア、ヨーロッパなどが原...

pixta_ezomisohagi

エゾミソハギの育て方

エゾミソハギの特徴について言及していきます。原産地はヨーロッパを中心に日本各地です。生息地としては、北海道と九州上部です...

pixta_tatiaoi

タチアオイ(立葵)の育て方

タチアオイは立葵と漢字で書かれて、名前の通り立ってるように高く伸びて育つ植物です。育て方は比較的簡単な植物になります。し...

pixta_fikasuunberata

自宅で植物を育てよう

部屋に植物があると生きたインテリアにもなり、その緑や花の華やかな色は日頃の疲れやストレスへの癒やしにもなります。ただ、生...

pixta_seiyouodamaki

西洋オダマキの育て方

西洋オダマキはキンポウゲ科オダマキ属の多年草です。生息地はヨーロッパ、北アメリカ、アジアなどの広範囲に広がっています。オ...

pixta_ojigisou

オジギソウの育て方

オジギソウは非常に昔から日本人に好かれてきた植物です。そもそものオジギソウの名前の由来を見ると、触ると葉を閉じてしまって...

pixta_chaibu

チャイブの育て方

チャイブは5000年ほど前から中国で食用として利用されたことが記録として残っています。料理としてのレシピも紀元前1000...

スポンサーリンク

pixta_anisuhip

アガスターシェの育て...

アガスターシェは、初心者でも簡単に育てる事のできる、シソ...

pixta_sisirinkiumu

シシリンキウム・ロス...

北アメリカを原産地として日本には明治時代の1890年ごろ...

pixta_koyoba

コヨバ(エバーフレッ...

マメ科コヨバ属の植物である、コヨバ(エバーフレッシュ)は...

pixta_hego

ヘゴの育て方

ヘゴ科ヘゴ属のシダ植物です。野生種は最大7〜8m近くにま...