シンボルツリーとしても人気の植物「オリーブ」の育て方

シンボルツリーとしても人気の植物「オリーブ」の育て方

オリーブは常緑性のモクセイ科の植物で、原産国は中近東・地中海沿岸・北アフリカと考えられています。樹高は10~15mで、最近ではシンボルツリーとしても人気がある植物です。葉は細長く表葉光沢があり表は深い緑色、裏が銀色になりとても美しい植物です。

オリーブの育て方

育て方は地植えでも鉢植えでも大きな差はありません。一般的には地植えで管理しますが、鉢植えや屋内で観葉植物として育てることができるとても育てやすい植物です。オリーブは一年を通してよく日が当たる場所が適しています。

日当りが悪いと枝が細くなり生育が悪くなってしまいますので、できれば南向きの場所が良いでしょう。ある程度の寒さでも耐えられますので地植えで管理できますが、霜や凍結が多い地域は地植えは避けて鉢植えにして下の当たらない場所に移動すると管理がしやすくなります。

冬の寒さにあたることでつぼみをつけますので、屋内で育てている場合でも冬は外で管理すると花をみることができます。オリーブはもともと乾燥ぎみの方が育ちやすいため初夏~秋に関しては自然の降雨だけでも充分に成長します。

しかし鉢植えの場合はすぐに土が乾燥してしまうので、表面の土が乾いたらしっかりと水やりを行なうようにしましょう。完全に乾いてしまうと成長が止まってしまいます。地植えの場合は植え替えの必要がありませんのでそのまま水だけ管理すればある程度成長します。

鉢植えの場合は、鉢の中が根でいっぱいになってきたら大きい鉢に移植しなくてはいけません。適期は12月ごろです。根のまわりの土を崩しながら傷んだ根は取り除き大きな鉢へ植え付けます。成長が早い場合は1年に1回のペースで行ないます。

こちらのオリーブの育て方も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪

害虫などの注意点

オリーブは栽培しやすい植物ですが、害虫にやられてしまう場合がありますので注意しましょう。オリーブアナアキゾウムシの幼虫は幹の内部を食い荒らしてしまいます。株もとにおがくずが溜まったり、樹皮の表面がかさぶたのようになっていないか観察しておきましょう。

虫がついてしまった場合は、虫が居る穴を見つけて?き出すしかありません。あらかじめ虫の被害に遭わないように定期的に薬剤を散布しておくと良いでしょう。また、カミキリムシの幼虫もオリーブアナアキゾウムシの幼虫と同じく木に穴をあけてしまいますので注意しましょう。

オリーブの増やし方は?

オリーブは挿し木で増やすことができます。その年に伸びた若い枝を先端から10cmの長さに切って発根専用土などに刺しておくと根づきます。根がでるまでは半日陰の場所で管理して乾かさないようにすると成功しやすいです。

また、ビニール袋などを被せて湿度を高くするとより成長しますが、中の温度が上がり過ぎてしまうと苗が弱ってしまいますので注意しましょう。根が出たら鉢に植えて育てます。地植えにする時は3年程鉢で育てて大きくしてからが良いでしょう。

タイトル:ネズミモチの育て方

pixta_gobou

ミニゴボウの育て方

ミニゴボウにかぎらず、野菜の中で形の小さい種類のものは昔からあったのですが、あまり受け入れられてきませんでした。育ちが悪...

pixta_gurokisinia

グロキシニアの育て方

グロキシニアの科名は、イワタバコ科 / 属名は、シンニンギア属となり、和名は、オオイワギリソウ(大岩桐草)といいます。グ...

pixta_newginia

ニューギニアインパチェンスの育て方

ニューギニアインパチェンスはその名の通り、ニューギニアが原産地です。アフリカホウセンカ、別名「インパチェンス」の仲間です...

pixta_stock

一重咲きストック(アラセイトウ)の育て方

一重咲きストック、アラセイトウはアブラナ科の植物です。原産地は南ヨーロッパで、草丈は20センチから80センチくらいです。...

pixta_sisirintium

シシリンチウムの育て方

シシリンチウムは原産地が北アメリカの常緑多年草となっています。この名前ではピンとこない人でも、庭石菖(ニワゼキショウ)と...

pixta_hinasou

ヒナソウの育て方

ヒナソウは、北アメリカ東部が原産の草花で毎年花を咲かせる小型の多年草です。日本に入ってきたのは昭和時代の後期に園芸植物と...

pixta_hasu11

ハスの育て方

ハスはインド亜大陸を原産とするハス科の水生植物です。その歴史は植物の中でも特に古く、1億4000万年前には既に地球上に存...

pixta_kohirugao

コヒルガオの育て方

コヒルガオの大きな特徴は、その花の咲き方です。アサガオやヒルガオと同じ様な咲き方をしています。またヒルガオと同様、昼ごろ...

pixta_krisutarugulass

クリスタルグラスの育て方

クリスタルグラスの原産地は南アフリカです。クリスタルグラスは植物学者によってフィシニア属のカヤツリグサ科に分類されました...

pixta_kobaimo

コバイモの育て方

コバイモは本州中部から近畿地方の山地に多く自生している植物で、原産国としては日本であるとされているのですが、その生息地は...

スポンサーリンク

pixta_koubai

コウバイの育て方

楽しみ方としても、小さなうちは盆栽などで楽しみ、大きくな...

pixta_moroheiya111

モロヘイヤの育て方

今の日本人は栄養過多で、人類の歴史が常に飢餓線上にあった...

pixta_shouga11

ショウガの育て方

現在では日本人の食生活にすっかりと定着しているショウガで...

pixta_nobiru

ノビルの育て方

原産地や生息地の中国では漢方薬としても利用されていて、す...