キャットテールの育て方

キャットテールの育て方

キャットテールは別名をアカリファといい、主にインドが原産地で、熱帯や亜熱帯地方を生息地としている植物でおよそ300種類から400種類分布ししています。西インド諸島が原産地でアカリーファの代表的な種であるヒスピダ種は低木で、長さが20cmから50cmのひも状の真っ赤な花が咲いて垂れ下がっている「ビニヒモノキ」という和名がついています。

キャットテールの種付け

キャットテールは花が咲いた後に実ができ、熟すると下部が咲けて種子が散布され自然と種付けが行われるのですが、一般的には種付けで栽培を行うものよりも苗の形で販売されているので苗を植えることから栽培されることが多いです。水はけの良い土をもちいて苗をうえます。

キャットテールは熱帯や亜熱帯地方で生息している植物なので、夏の暑さには強いのですが7度以下の寒さには弱く枯れてしまいます。だから冬の間は室内で保管する方が良いのですが、そのためには庭の土に植えるよりも室内に持ち込める鉢やプランター、コンテナなどに植えるほうが好ましいのです。

また根が良く伸びて大きくなるため鉢の中がいっぱいになってしまうので一年に一回は大きめの鉢に植え替えるようにします。その時は半分くらい新しい土に入れ替えるとよいでしょう。

キャットテールはとにかく日当りを好むので春から秋は日のよく当たる戸外で栽培します。日当りが良くないと葉の色艶が悪くなり、枝の格好も悪くなってしまいます。そして冬の間は7度以上の室内の日の当たる場所で管理をします。

春から秋の成長期には土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えるようにしますが冬の間は成長も鈍るのであまり水を必要とせず、かえって根腐れを防ぐために土が乾いてからさらに2、3日経過した頃に水を与えるようにします。肥料は植え付けるときに土の中に、ゆっくりと効くタイプの肥料を混ぜ込み、成長期には追肥として水溶性の肥料をつきに2、3回与えてスタミナ不足にならないようにします。

キャットテールの上手な育て方

キャットテールの栽培において留意をすべき点は、熱帯地方や亜熱帯地方生まれの植物なので、日に良く当てて寒い時には室内に入れてあげることと、成長期には水や肥料をしっかりと与えてあげることです。

そのうえ上手な育て方として、鑑賞用でもある花なので、姿かたちをよくし元気に育つために切り戻しという作業を行うことも必要です。春から秋の良く成長する時期には枝が良く伸び、伸びすぎることもあります。そのようなときには全体の高さが3分の1くらいになるように短く切り落としてしまうのです。

冬の寒さで下の方の葉が落ちてしまった場合も枝分かれをしている部分から7、8㎝のところで切り、日のあたるところにおいて水やりも通常通り続けて行くうちに切り口から新しい葉が出てきて、再び元気に成長し出すことでしょう。冬の間に葉が枯れてしまったからとあきらめずに切り戻しという育て方を知っていることでまた暖かくなれば可愛い花を咲かせてくれることになるのです。

キャットテールにはハダニがつきやすいのです。ハダニは葉の裏について汁を吸い、吸ったところが穴あき状態になり、それが広がると葉がかすり状になってしまって成長に悪影響を及ぼすのです。ハダニを予防するためには葉を乾燥させず、霧吹きで水をかけるようにしていれば水に弱いハダニはつきにくくなります。は発生すれば殺ダニ剤を使用してもよいでしょう。

キャットテールの育て方のまとめ

キャットテールは種付けよりも苗から育てることが一般的で、とにかく日に良く当てて成長期には土が乾かないように水やりをしっかりとし、肥料も月に2、3回与えるようにすることで茎葉がどんどん広がって真っ赤な猫じゃらしのような可愛い花を長く咲かせてくれます。鉢の周囲からも葉や花がこぼれるように広がって行きます。

ちなみにひも状のキャットテールの花の場合は水やりの際、花の部分に水が当たらないようにすると花が腐ることなくきれいに長く咲くようになります。花が咲き終わったら摘むことも忘れないようにします。花の色が茶色っぽくなってきたら摘むようにすることでまた他の花へ栄養分がいきわたるようになります。

温かい時期を超えて再度花を咲かすには、冬の間は7度以上の室内に置いて管理をし夏よりは頻度は少ないけれど水やりも忘れないようにし、春ごえろ成長しはじめる前かし始めたころに切り戻しをすることでまた元気に成長しだします。そして霧戻しをCする際には必ず新芽は残すように切るようにします。

挿し木をして増やすという方法もあります。切り戻しで切った枝を利用するとよいでしょう。切り落とした時に水揚げをした枝を2、3節に切って川砂などに植えるとまた根がつき成長を始めます。日差しを好むのですが、根がつくまでは激しい日差しは避けるようにし土が乾かないように水をやるようにします。

キャットテールは日当り、水、肥料、切り戻しなどの作業をきちんと行っていればどんどん花を咲かせてくれます。枝が伸びすぎてきたら形を整えるようにカットしたりし、自分の思うような育ち方をするのでガーデニング好きな人にとってはとても育て甲斐のある花でしょう。育て方としては簡単な部類ではないのですが、かわいらしい花穂が咲き、育て方によっては翌年もまた翌年花を咲かせる楽しみがある花です。

キャットテールの歴史

キャットテールは別名をアカリファといい、主にインドが原産地で、熱帯や亜熱帯地方を生息地としている植物でおよそ300種類から400種類分布ししています。西インド諸島が原産地でアカリーファの代表的な種であるヒスピダ種は低木で、長さが20cmから50cmのひも状の真っ赤な花が咲いて垂れ下がっている「ビニヒモノキ」という和名がついています。

また地面をはうような茎に真っ赤な猫のしっぽのような短い花穂がついたカマエドリフォリアという品種が一般的に「キャットテール」と言われて出回っています。赤胴色、赤っぽいピンク、黄色、白などの色でモザイク模様が入った葉を楽しむことができるウィルクシアナという品種は明治の初めころに日本に入ってきましたが、変種がとても多いので様々な種類の葉を鑑賞することができる園芸植物です。

キャットテールの特徴

トウダイグサ科、アカリファ属の非耐寒性の常緑多年草で、真っ赤な猫じゃらしのような可愛らしい花が咲くことが特徴で、温かい時期ならずっと花を咲かせています。草丈は5㎝から15cmほどで花は4㎝くらいのものもあれば、50cmくらいの紐のような花が咲く品種もあります。

葉は卵型で互い違いに生える互生タイプです。葉の周りにはギザギザがあるのが短いタイプのキャットテールの葉の特徴です。トロピカルな雰囲気があり、鉢やコンテナに向き、寄せ植えにも利用されます。枝分かれしてコンテナの周りから花穂をたらすように育てるのもよいでしょう。

花穂は蕾のころから赤く咲きながら大きく成長していきます。四季咲きなのであたたかければ一年中でも花が咲き、雨にあたらないように管理すると一つの花穂が一カ月以上咲き続けることができます。株分けや挿し木、または思い切って切り戻しをすることで増やしていくことができます。

キャットテールの品種にもよりますが、何年も栽培していると2メートルほどの大きさになることもあります。栽培はあまり簡単ではありませんが、日当りや気温に気を付け、水や肥料を適切に与え、また霧戻しなどの作業をこまめにすればどんどん大きくなり、何年も可愛い花を付けてくれる花なので、手がかかるけれども楽しみな花といえるでしょう。

そして花壇や鉢植え、ハンギングバスケットなど色々な用途で楽しみことができるな花で、ハンギングバスケットに仕立てるととても可愛らしくなり、ガーデニングを楽しむことができるでしょう。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ブルビネラの育て方
タイトル:ブラックキャットの育て方
タイトル:トリトマの育て方
タイトル:ケイトウの育て方
タイトル:キャッツテールの育て方
タイトル:アカリファの育て方
タイトル:タデアイの育て方

pixta_teikakazura

テイカカズラの育て方

テイカカズラという名前の由来は鎌倉時代初期にいた歌人である藤原定家です。定家は後白河法皇の娘である式子内親王に恋するので...

pixta_yukimotisou

ユキモチソウの育て方

ユキモチソウ(雪餅草)は非常にユニークな花を咲かせます。名前からも分かるように、真っ白な平皿に真っ白な餅が載せられている...

pixta_satoukibi

サトウキビの育て方

サトウキビはイネ科の多年草で、東南アジアや、インド、ニューギニア島などが原産と言います。また、インドの中でもガンジス川流...

pixta_difenbakia

ディーフェンバキアの育て方

ディーフェンバキアは原産と生息地は熱帯アメリカで、名前の由来はドイツの植物学者であるエルンスト・ディッフェンバッハです。...

pixta_endou_02

エンドウの育て方

古代エジプトの王の墓から発見されたというエンドウは、地中海地方と中国が原産地や生息地とされています。日本には10世紀のこ...

pixta_reuisiakotidoren

レウイシア・コチレドンの育て方

この植物の特徴は、スベリヒユ科、レウイシア属になります。園芸上の分類としては山野草、草花となることが多くなります。花の咲...

pixta_hanakanzasi

ハナカンザシの育て方

原産地はオーストラリア西南部で、砂地でよく育ち乾燥を好み自生しています。日本ではドライフラワーなどに良くつかわれています...

pixta_sekishou

セキショウの育て方

元々はサトイモ科に属していました。しかし実際の姿とサトイモの姿とを想像してみても分かる様に、全くサトイモとは性質が違いま...

pixta_dokudami

ドクダミの育て方

ドクダミは、ドクダミ科ドクダミ族の多年草であり、ギョウセイソウやジゴクソバ、ドクダメとも呼ばれています。

pixta_saboten

多肉植物の育て方のポイント

初めての人でも比較的簡単に栽培することが出来る多肉植物の育て方のポイントについて記述していきます。まず、多肉植物は、乾燥...

スポンサーリンク

pixta_mokubyakkou

モクビャッコウの育て...

日本では、神の島「久高島」の浜辺に群生していることで知ら...

pixta_kinkan

キンカン類の育て方

柑橘系果物の一つにキンカンが有ります。一言でキンカンと言...

pixta_nasu11

失敗しない植物の育て...

植物や野菜の育て方は、難しいと思われがちですが、植物や野...

pixta_kingyosou

キンギョソウの育て方

キンギョソウはもともとは多年草ですが、暑さで株が弱り多く...