キャッツテールの育て方

キャッツテールの育て方

キャッツテールの原産地はインドで、ベニヒモノキにも似ています。しかし匍匐性の小型種であり、亜熱帯地方や亜熱帯を生息地としています。見た目の可愛さに、日本においても栽培して楽しむ人は増えています。

育てる環境について

キャッツテール育てる環境についていえば、お日様の光が サンサンとふりそそぐ、暖かい場所がよいでしょう。出身が暖かいエリアですから、過ごす環境としても高温を好む植物です。太陽の光とともに成長するような植物ですから、薄暗い日陰でひっそりと育てるのには向きません。

日陰で管理をした場合、植物の茎などが間延びしたように伸びていきますから、見た目にも全体的に弱々しい印象になります。南国からきた元気な植物のひとつでもありますから、本らの持つイメージから離れていきます。さらに、トレードマーークでもある、ふさふさとした猫のしっぽのような花にも影響します。

日陰での環境で管理することにより、チャームポイントの花も、つきがわるくなってしまいます。キャッツテールにとって、高い気温と太陽の光は、必須の条件です。寒さに はめっぽう弱く、とうけるや露などはもってのほかです。

冬のシーズンでは、最低でも5℃以上の温かさは必須となります。鮮やかな赤い、フワッとした花を咲かせてキープさせるためには、10℃以上の暖かい気温をキープする必要があります。低すぎる温度は、花の成長にもデメリットとなります。

梅雨の季節は雨の日が多くなりますが、雨が何日も続いて降ると、花自体が傷みやすくなります。梅雨の時期や、雨が降りづくときには、直接雨が当たる場所から移動させて、雨の当たらない場所での管理をすることです。家の中でも、できるだけ窓際においてあげると良いです。

種付けや水やり、肥料について

愛くるしいキャッツテールの植え替えや植え付けについてですが、基本的にこの作業を行うのも 、気温が暖かくなってからになります。植え付けを行う時期ですが、生育中であれば、植え付けはいつでも構いません。とはいえ、温度が低くなって寒い、冬のシーズンは、植え付けの作業は行わないことです。

うえっ還に関してですが、ペーストしては、1年から2年間のあいだに1回は作業を行いましょう。適切なタイミングとしては、気温もポカポカと暖かくなってくる、新芽も芽吹き始める春の時期がよいでしょう。付いている古い土は、キレイに落としましょう。

その上で植え替え作業を行います。育てている段階において、もっと大株に仕立てるのであれば、プランターや鉢を、今まで使っているタイプよりも、一回りサイズが大きいものを用意しましょう。その大きめなサイズの、プランターや鉢に植え替 えを行います。

キャッツテールの水やりは、土の表面を見て判断をします。ほかの草花とあまり変わりはありませんが、用土が白っぽく乾燥し始めたら、水をたっぷりと保水してあげましょう。特に生育中の期間では、水分をかなり欲することになります。

十分な水分は、健康で美しい花にするためにも必要となりますから、水はたっぷりと与えてあげます。特に気温型か買うて暑い時期には、十分な保水を心がけます。温度が下がって寒くなる冬は、少し控えめで良いです。肥料はシーズン的に、春から秋にかけて、月に1回ペースで与えます。

増やし方や害虫について

キャッツテールを育てる上で気をつけたい、病気や害虫についても理解をしておくと良いでしょう。害虫で最も気をつけた いのが、アブラムシの存在です。アブラムシは、ほかの植物にもつきやすい害虫であるため、早めの対処が必要です。

成長を促すために、たっぷりと肥料を上げてしまいがちですが、窒素肥料を必要以上に与えるのは逆効果です。これがアブラムシには好都合となりますから、窒素肥料は過剰に巻くのは控えましょう。背の低いタイプであれば、しばらくのあいだ、防虫ネットを使用するといったあ手段もあります。

成虫の飛来を防止するためにも、防虫ネットでガードしてみることです。アブラムシは、太陽光が苦手な害虫でもあるので、シルバーカラーのマルチシートを強いて見るという方法もあります。乾燥のしすぎもよくありません。病気に関しては、灰色かび病には注意が必要です。

比較的温度が低い時期 に、湿気が多すぎて肥料の成分も過剰になると、人間としては良い状態に見えても、灰色かび病になりやすくなってきます。キャッツテールを健康な状態で、美しく咲かせるためにが、環境をベストな状態に整えてあげることが、とても大事でになります。

キャッツテールを増やす方法は、さし芽をすることです。温度が20℃以上の暖かさのあるシーズンに行います。鹿沼土やパーライトなどにさしましょう。発根が確認できたら、今度は植え替えをするので、ポットを用意します。発根させるためには、低すぎる温度は避けることです。

キャッツテールの歴史

キャッツテールの原産地はインドで、ベニヒモノキにも似ています。しかし匍匐性の小型種であり、亜熱帯地方や亜熱帯を生息地としています。見た目の可愛さに、日本においても栽培して楽しむ人は増えています。西インド諸島あたりに自生しているキャットテールは、

アカリファ・レプタンスともよばれている植物です。アカリファ属には、似たような見た目のベニヒモノキなどもあります。常緑性低木であり、原産国はインドやマレーシア諸島です。葉腋より、20cmから50cmくらいの長さを持つ、紐みたいな形状の花を付けます。

真っ赤な花穂をした方向へ垂らしているさまは、とても特徴のあるものです。一件似てはいますが、キャッツテールよりも、花穂が長いタ イプになります。6月から9月が開花時期となるため、わちロ眺めの期間を楽しむことのできるタイプです。真っ赤なカラーが目立ちますが、

中には乳白色の花穂を持つ変種も存在します。アカリファ属の植物は、多種であることも特徴です。赤い鮮やかな花を楽しめるのは、ベニヒモノキやキャッツテールなどがあります。ほかにもアカリファ属の植物はありますが、葉っぱが美しいことが目立つ植物が多いです。

ベニヒモノキは強い陽の光を好む傾向にあります。夏であれば、外で日差しをたっぷり与えてあげることです。冬場も、暖かい室内で管理するとよいでしょう。キャッツテールも暖かい環境を好みますから育て方としても、特に冬場は暖かい場所で管理を行うことです。

キャッツテールの特徴

キャッツテールの特徴といえば、なんといっても、あの真っ赤な花穂です。まるで猫じゃらしのような形状で、ふさふさとしていて、見た目にも柔らかくて触ったら気持ちが良さそうです。そんなふさふさとした赤い花穂はひとつではなく、多数つけているのも特徴的です。

原産国がにしインド諸島ということもあり、イメージ的にもトロピカルな印象を醸し出しています。寄せ植えにしても可愛らしいですし、コンテナや鉢など植えても良い植物です。四季咲きするタイプの植物であり、気温が高いのを好みますから、温度条件さえマッチすれば、

途絶えることなく1年中咲いていて、目を楽しませてくるというメリットがあります。バランスよく枝分かれをしており、うまい具合に丸く茂ることから、吊 り鉢に植え替えてみるのも良いです。まるで植物のシャンデリアのような感じになって、オシャレなインテリアの一つになります。

コンテナで垂らすような育て方をするのも良いでしょう。鑑賞できる期間が長いですから、上手な管理を行うことです。気をつける点としては、直接雨には当てないようにすることです。そうすれば、花穂を鑑賞できる期間も長くなります。

つぼみの段階で、すでに赤みを持っており、咲いて成長を続けて、5cmから10cmくらいの長さになります。アカリファ属である近縁種のベニヒモノキになると、花穂の長さはさらに長くなって、50cm位になります。サイズ的にも、大型になります。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ブルビネラの育て方
タイトル:ブラックキャットの育て方
タイトル:トリトマの育て方
タイトル:コエビソウの育て方
タイトル:ケイトウの育て方

pixta_satoukibi

サトウキビの育て方

サトウキビはイネ科の多年草で、東南アジアや、インド、ニューギニア島などが原産と言います。また、インドの中でもガンジス川流...

pixta_hanaikada

ハナイカダの育て方

ハナイカダはミズキ科の植物です。とても形がユニークですので一度見ると忘れないのではないでしょうか。葉っぱだけだと普通の植...

pixta_nettaisuiren

熱帯スイレンの育て方

スイレンは18世紀以前から多くの人に愛されてきました。古代エジプトにおいては、太陽の象徴とされ大事にされていましたし、仏...

pixta_tyurip02

春の風物詩 チューリップの育て方について

桜の花に次いで春の風物詩となる植物がチューリップです。独特のふっくらとした形が特に女性に人気があります。卒業式や入学式な...

pixta_andesnootome

アンデスノオトメの育て方

アンデスノオトメというものはマメ科の植物になりますので、マメ科特有の黄色い蝶形をした花を咲かせてくれます。3cmぐらいの...

pixta_stkesia

ストケシアの育て方

この花は被子植物門、双子葉植物綱、キク亜目、キク目、キク科になります。タンポポ亜科になるのでタンポポに近い植物であること...

pixta_nasutachiumu

ナスタチウムの育て方

ナスタチウムはノウゼンハレン科ノウゼンハレン属の一年草です。ブラジルやペルー、コロンビアなどが生息地となり、葉と花と種に...

pixta_tamashajin

タマシャジンの育て方

タマシャジンとは西アジアからヨーロッパが原産地のキキョウ科フィテウマ属の多年草です。アルプス山脈などの高山地帯の岩場など...

pixta_tomato02

日本の未来と、植物、食物における無農薬栽培の育て方のあり方。

日本の自給自足率が一向に上がらない今日です。国は農協解体へとメスを入れ始めているようですが、既存の農家からの反対も強く、...

pixta_ipomea

イポメアの育て方

ヒルガオ科サツマイモ属の植物です。一般的にはサツマイモの名前で知られています。原産地には諸説あり、アフリカ、アジア、メキ...

スポンサーリンク

pixta_rinaria

リナリアの育て方

リナリアの名前の由来は生物学者だったリンネが提唱していた...

pixta_nasu11

なすびの栽培やナスの...

夏野菜の中でもひときわ濃い紫が特徴なのがなすびです。日の...

pixta_baikautugi

バイカウツギの育て方

バイカウツギは本州から九州、四国を生息地とする日本原産の...

pixta_setubunsou

セツブンソウの育て方

節分の頃に花を咲かせるセツブンソウは、キンポウゲ科セツブ...