シロタエギクの育て方

シロタエギクの育て方

シロタエギクの原産地は、地中海に面した南ヨーロッパの海岸地帯です。現在ではイギリス(連合王国)南部を含むヨーロッパの広い範囲に分布しており、北米やオセアニアなどに帰化しています。日本でも白妙菊という漢字で表記され、各地で見かけることの出来る植物です。生息地は世界各国におよんでいます。

シロタエギクの種付けについて

人口の多い東京にスポットをあてると、このあたりでは、秋の彼岸頃に種付けを行います。シロタエギクのタネは細かいものですから、扱いに少し注意を要します。まず浅鉢を用意します。この浅鉢にまずタネをまいて、下から吸水させることをします。

また路地まきの場合は、まいた上を軽く手で押さえ、水やりを丁寧にすることで、比較的よく発芽をします。種付けから体験をすると、シロタエギクに愛着を持てるようになります。また種付けを行う場所や鉢を置く場所は、日のよく当たる場所や半日陰のところでも大丈夫です。そして少し乾燥した土地を好む傾向があるため、そのあたりのところも気をつけます。

シロタエギクの育て方で注意すること

シロタエギクはもともと高温多湿にやや弱いため、そのあたりに気をつけます。夏場は鉢植えの場合は、半日陰の場所に移すなどして、大切に扱います。また水やり等はある程度育ってきたら、やりすぎないようにすることが大切です。また花の咲く時期は、花を観賞し楽しみますが、花が終わったら、きれいにつまみとることが必要です。

どんな植物でもそうですが、シロタエギクの場合も同じです。葉へ栄養がいきとどくよう、終わった花やつぼみは取り除きます。肥料は、ホームセンターなどでこの植物にあうものを購入し、定期的に与えることが必要です。この肥料も必要以上にやりすぎることを気をつけることが大切です。

シロタエギクの育て方は特に難しいことはありませんが、この植物の原産地や生息地等、生息に向いた環境を思い出すことで、この植物がいやがるような環境に置くことを気をつけることが必要です。育て方で大切なことは、そのあたりの思いやりとなります。育て方のうまい人達は、この植物の特徴をよく理解している人達です。よく観察をし、適した環境で大切に育てると、特徴のある葉の色や花を咲かせてくれ、楽しむことが出来ます。

シロタエギクの栽培

シロタエギクは、単独で植えても映えるものでもありません。花壇や鉢植え、プランターの寄せ植えなどで、他の植物とうまくアレンジをすることで、引き立つものとなります。したがって、この植物の付近にはいつも他の花や葉が栽培されていることを理解しておくことが大切です。シロタエギクの栽培は、他の植物の栽培とともに成り立っていきます。

したがって、どの植物も、元気でよい状態に育っていくように、気遣うことが必要なこととなります。単独で育てることよりは、少し手間がかかりますが、全体が調和がとれ、種類のバランスがうまくいっている場合は、観察をすることはとても楽しくなります。この状態に持っていく努力をすることが、必要なことです。

シロタエギクおよびその他の植物の日々の健康をチェックします。人と接する時のように、深い愛情と思いやりをもって、大切に接します。毎日花に語りかけてあげると、花は美しく咲きます。シロタエギクのような葉物も、独特の粉をふいたような銀白色が、さえざえとした色に輝いていきます。

すべて人の思いやりによります。前述のように、水や肥料をやりすぎることは避けることが必要です。季節に応じて、置く場所や日あたりや風通しに気を遣うなどして、丈夫に育てることが大切です。花壇などでは、あまり手をかけない場合は、雑草のように伸びきってしまうことがあります。せっかく植えても草のようになっていっては、かわいそうです。

長くその場で育っていけるように、手をかけ、かまってやることが大切なこととなります。植物も生き物です。ものは言いませんが、生きているものとして実感をすることがよくあります。こういった植物から人は色々なことを教えられます。季節によって、思いがけない美しい姿となり、人の目の前にあらわれることもあります。様々なよい思い出を一緒に体験していけます。

植物には日々感謝の気持ちで、大事にしていくことが大切なこととなります。シロタエギクも、種付けから体験をすると、いつ芽が出るのか、その後どう育っていくのか、毎日楽しみに観察が出来ます。他の植物とのアレンジも楽しいことです。シロタエギクには、どういった植物を合わせればよいのか、様々な種類の中から他の植物を選ぶことも楽しみです。

そしてどういった向きに植えていくか、考えながら手を動かすことも楽しさがあります。すべて自分達の意志が反映されて、育っていきます。単独ではさびしくても、他の植物と合わさったことで、それぞれの持つ個性がさらによい方向に発揮されていきます。この植物は他の植物と様々な出会いを重ねることによって、様々な味を出していきます。

奥の深い、様々な巡り合わせを体験出来る植物です。シロタエギクも幸せな植物です。様々な出会いが体験でき、大切に長く扱われていくことで、この植物の生をまっとうしていきます。一見地味な葉物ですが、多くの魅力に溢れています。大切に育てる気持ちが向いてきます。

シロタエギクの歴史

シロタエギクの原産地は、地中海に面した南ヨーロッパの海岸地帯です。現在ではイギリス(連合王国)南部を含むヨーロッパの広い範囲に分布しており、北米やオセアニアなどに帰化しています。日本でも白妙菊という漢字で表記され、各地で見かけることの出来る植物です。生息地は世界各国におよんでいます。

寒さには強いですが、高温多湿にやや弱いため、生息出来る場所は限定されてます。高温で多湿の地域には生息が不可能であるため、シロタエギクを見たことのない人達も多くいます。シロタエギクは、ラテン語で老人の白髪を意味する単語に由来しています。葉の色が独特で、銀色に輝いて見えることから、この名前がつけられた歴史があります。また英名では、ダスティーミラーと呼びます。

ほこりをかぶった粉屋という意味です。葉に粉がかかったイメージがあるため、このように呼ばれています。同じ植物でも、色々な呼び方があり、この植物の放つ雰囲気から様々な名前がつけられていることを覚えておくと役に立ちます。原産地、生息地、名前の由来を理解しておくと、この植物を観賞したり、育てる場合には、とても役に立ちます。

シロタエギクの特徴

寒さには強いのですが、高温多湿にやや弱い特徴があります。したがって気候や風土を選んで栽培することが必要です。この植物は、常緑多年草です。草丈は、50~100cmくらいが一般的です。葉の長さは、だいたい10cmくらいで、切れ込みがあります。茎や葉は緑色ですが、白い繊毛があり、白銀色に見えます。この色がシロタエギクの特徴となっています。

また日本では、6月か7月頃に黄色い花が開花します。茎の頭に花序がつき、濃い目の黄色い花が可憐に咲きます。葉の独特の色と、花の色とがマッチし、この植物特有の美しさを楽しませてくれます。さらに根元から茎が分岐し、太い株になる特徴があります。シロタエギクは単独で植えられていることは珍しく、花壇や寄せ植えなどでは、他の植物を引き立てる役割をしています。

この植物があるおかげで、他の植物もいきいきと育っていきます。他とうまく共存出来る特徴を持っていることも覚えておくと役に立ちます。したがって何種類かの花や葉物をセンスよく組み合わせると、花壇や寄せ植えが明るくなり、魅力的な空間となります。シロタエギクを忘れないようにアレンジすると、うまくいきます。この植物の特徴を思い出し、うまく使うと効果的です。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:アズマギクの育て方
タイトル:パンパスグラスの育て方
タイトル:マツバギクの育て方

pixta_jagaimo

ジャガイモの育て方と植え付けからの仕事

ジャガイモの種まき時期は、春植えと秋植えが出来る1年を通しての栽培が出来る人気の野菜で、8月下旬から9月上旬に植えておく...

pixta_astrantia

アストランティア・マヨールの育て方

アストランティア・マヨールは、中央・西部ヨーロッパが原産のセリ科の宿根草で、生息地は主にヨーロッパからアジアの西部にかけ...

pixta_bazil_01

お料理に重宝バジルの栽培のコツ

ベランダやお庭でのバジルの育て方は簡単で誰にでも挑戦する事が出来ます。バジルの種まきの時期は春から初夏にかけてがベストで...

pixta_fitnia

フィットニアの育て方

フィットニアはキツネノマゴ科フィットニア属の植物です。南米、ペルー・コロンビアのアンデス山脈が原産の熱帯性の多年草の観葉...

pixta_rikunisu111

リクニス・コロナリアの育て方

花の特徴として葉、ナデシコ科、センノウ属となっています。いくつかの花の名前が知られていて、スイセンノウの他にはフランネル...

pixta_ipomea

イポメアの育て方

ヒルガオ科サツマイモ属の植物です。一般的にはサツマイモの名前で知られています。原産地には諸説あり、アフリカ、アジア、メキ...

pixta_sakuranbo

サクランボの育て方

栽培の歴史はヨーロッパでは紀元前から栽培されており、中国に記述が残っていて3000年前には栽培されていました。日本には江...

pixta_gabera

ガーベラの育て方

ガーベラの歴史は比較的新しく、原産地は南アフリカで、元々自生していたキクの一種をイギリス人の植物採集家ジェイムソンらが本...

pixta_rakkyou

ラッキョウの育て方

ラッキョウの生息地や原産地は中国のヒマラヤ地方といわれ、中国では紀元前から栽培されていたのです。主に薬用として利用されて...

pixta_mango

マンゴーの育て方

マンゴーは、ウルシ科のマンゴー属になります。マンゴーの利用ということでは、熟した果実を切って生のまま食べるということで、...

スポンサーリンク

pixta_tamagayaturi

タマガヤツリの育て方

タマガヤツリはカヤツリグサ科の一年草で、湿地帯に多く見ら...

pixta_susuki

ススキの育て方

ススキはイネ科ススキ属の植物で、秋の七草の一つです。十五...

pixta_saboten

サボテンの育て方

サボテンといってもその名前が指す種類はとても幅広いです。...

pixta_kasiwaajisai

カシワバアジサイの育...

カシワバアジサイは古くからアジサイ類の仲間として広く親し...