植物や果物を育ててみませんか

植物や果物を育ててみませんか

仕事や行事などで毎日が忙しく、たまに休みがあったとしてもやりたい趣味活動がなかなかないという人も最近ではよく見かけることが多いです。そのような人たちはたくさん時間がかかってしまう趣味は忙しくて出来ないでしょうし、覚えるのに時間や技術が必要な趣味も続けることは難しいと思います。

キンカンを育てるにあたって

そういった社会人にも個人的にお勧めしたいのが花や果物といった植物の栽培です。これは一見敷居が高くて難しそうに思われる人もいるかもしれませんが、植物栽培は育てる種類によって簡単に栽培することも可能でスペースもそれほどとらないので気軽に行えます。

そこで今回は植物の中でもキンカンの育て方について紹介したいと思います。キンカンのような柑橘類は昔から食べられているので日本でも馴染み深く人気の高い果樹です。その中でもキンカンは比較的小ぶりで育てやすく初めての栽培に向いています。

またジャムやハーブティーにすることも出来ますし、そのまま食べることも出来るのでそういった楽しみもあります。まず用意するものはキンカンの株と柑橘系の香りのハーブの苗に鉢と鉢底石、そして肥料に鉢底ネットと培養土とあるならば化粧砂です。

キンカンの栽培のための土づくり

まず始めに培養土に適量の肥料を混ぜておきます。次は鉢穴に鉢底ネットを置いて鉢底石を置き、先程の培養土を鉢底石が隠れるくらいに入れます。そしてキンカンの株をポットから取り出して、根鉢の表面の土を軽く削り落としてさっきの培養土の上に置きます。

それから柑橘系のハーブの苗をポッドから取り出し、同様に根鉢を軽く崩して株の横に置きます。次に根鉢が隠れるように最初に作った培養土を入れます。鉢をトントン軽く床に打ちつけ減った分の培養土を足します。その後はなければ構いませんが化粧砂を培養土の表面に敷いて飾ってみます。

栽培時のその他の注意点

化粧砂は園芸店や雑貨店で購入することが可能です。これで完成です。鉢穴から流れ出てくるまでたっぷり水やりをして日なたに置いて育てます。日常でお手入れすることはハーブがはびこり過ぎないように葉を適宜切り取って収穫してください。

収穫したハーブはお茶にしたりスイーツの飾りとして利用出来ます。あとはキンカンが成熟するまで育てるだけです。もし殺虫剤もあったなら柑橘類につきやすいアブラムシやミカンハモグリガをを防除するのでお勧めです。植物栽培はこのような簡単な手順で育てることが出来ます。

これなら普段仕事が忙しくて趣味の時間をあまり持てない人でも行えますし、慣れてきたらもっといろんな種類の植物を育てたり、ガーデニングを行うなど手を広げてみてもいいかもしれないです。少しでも興味がある人は気軽な気持ちで今度の休みにでも始めてみることをお勧めします。

キンカンの育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪ タイトル:キンカンの育て方

pixta_ansulium

アンスリウムの育て方

アンスリウムは、熱帯アメリカ・西インド諸島原産で、日本には明治の中頃に渡来してきた歴史ある植物です。木の枝などに着生する...

pixta_turubara

バラ(つるバラ)の育て方

バラの種類は、かなりたくさんありますが一般的には世界で約120種類あると言われています。記録によれば、古代ギリシアの時代...

pixta_yotubasiogama

ヨツバシオガマの育て方

ヨツバシオガマ(四葉塩竈)学名Pedicularisjaponicaは、初夏から夏の、北海道から本州中部の高山の湿地を生...

pixta_kanpanyuraturigane

カンパニュラ・メディウムの育て方

カンパニュラ・メディウムは南ヨーロッパを原産とする花で、日本には明治の初めに入ってきたものとされています。基本的な育て方...

pixta_karatatibana

カラタチバナの育て方

カラタチバナの原産地は日本、台湾、中国です。日本では本州、四国、九州、沖縄などを主な生息地としています。日本では江戸時代...

pixta_aeonium

アエオニウムの育て方

アエオニウムはアフリカ大陸の北西の北アフリカに位置するカナリー諸島原産の植物です。生息地は亜熱帯を中心に多くく見られる植...

pixta_osiroibana

オシロイバナの育て方

日本に入ってきたのは江戸時代に鑑賞用として輸入されたと言われており、当時この花の黒く堅い実を潰すと、白い粉が出てきます。...

pixta_rakkasei

ラッカセイの育て方

ラッカセイは、マメ科になります。和名は、ラッカセイ(落花生)、その他の名前は、ピーナッツと呼ばれています。ラッカセイは植...

pixta_epidendoram

エピデンドラムの育て方

エピデンドラムはラン科の植物であり、日本においては観葉植物としてその地位を安定させています。この植物の本来の生息地はメキ...

pixta_hetima

ヘチマの育て方と食べ方

ヘチマ(糸瓜、天糸瓜)は熱帯アジア原産のつる性の一年草で、キュウリやゴーヤなどと同じく巻き鬚で他物に絡み付きます。ヘチマ...

スポンサーリンク

pixta_nisikiutugi

ニシキウツギの育て方

ここでは、「ニシギウツギ」の特徴について、いくつかピック...

pixta_gobou

ゴボウの育て方

ゴボウは世界の中でも食べるのは日本だけとも言われています...

pixta_asidansera

アシダンセラの育て方

花の特徴としてはアヤメ科になります。草の大きさとしては6...

pixta_seironraitexia

セイロンライティアの...

セイロンライティアはキョウチクトウ科の植物となります。白...