ミヤマハナシノブの育て方

ミヤマハナシノブの育て方

この花はナス目に該当する花になります。ハナシノブ科、ハナシノブ属に属します。高山などをメインに咲く山野草で、多年草です。ただし気候によっては枯れてしまうことがあり、そのようなときには1年草、2年草としての区別がされます。

育てる環境について

栽培をするための環境については、ある程度葉生息地のことを考慮する必要が出てくるでしょう。日当たりを好みますから、1年を通して日当たりがしっかりと当たるところを選ぶようにします。ただし真夏の日差しに関しては少し強すぎる場合があり、葉っぱなどは焼けてあまり色が良くなくなります。

そこで夏においては一定の遮光をするようにします。遮光については、まずは何もしないで育ててみます。その時にあまり色の状態が良くないとすれば、次の年に遮光をして対策をするようにします。場合によってはする必要がないこともあります。それぞれの住宅の環境によってした方がいいところ、必要ないところがあります。

無駄な作業をしないようにしなければいけません。冬においては日本中が乾燥した状態になります。また北風が強くなることがあります。風が強く吹くようなところだと保護をしないと折れてしまうことがありますこれは冬だけでなくその他の季節でも同様です。台風などが来る季節であればかなり風が吹くようになるので風からの保護ができるようにしておきます。

植木鉢などであれば、風が吹くとわかっている時には自宅内に取り込むことができるので対応がしやすくなるでしょう。庭植えにおいては鉢植えよりも気を遣うことはありません。植えるときに植える場所を考慮します。午前中に日当たりが良く、乾きにくいところを選ぶようにします。西日などが当たらなければかなりましになるでしょう。

種付けや水やり、肥料について

育て方においては種付けをする場所を設定します。植木鉢については通気性が良く、水はけの良くなるタイプにします。あまりプラスチックの植木鉢は適しません。通気性が良いタイプとして売られていることがあるので、それを選ぶようにします。この時においては根の成長のことも考慮します。根の成長は非常に早くなります。

目安としては、植えるときの株の2回りぐらい深い植木鉢にすることがよいでしょう。土の配合については、鹿沼土と日光砂と軽石を配合して行います。割合は自分なりに土地の状況などから変えていきます。軽石は2割り程度です。水やりをする時のタイミングは、1日1回与えるようにします。季節においても1回については変わりませんが、

時間については変えます。夏は夕方から夜の十分気温が下がった時に与えるようにします。春や秋においては朝に行います。涼しい時期などはあまり夜にあげるのはよくありません。夜に気温が一気に下がったりすると霜の原因になることがあります。それを避けるために、夏以外には朝に与えるようにすると凍ったりすることが少なくなります。

冬においても表土が乾いた時に水を与えます。水切れを防ぐようにします。ある程度与え続ける必要があります。肥料においては、春と秋に与えます。与える割合は2週間に1回です。チッソ、リン酸、カリが等量に入っている液体肥料をいれます。その他に行うといいこととしては置き肥をすることです。各季節1回で十分です。

増やし方や害虫について

増やす方法では株分けを行います。植え替えの時に分けるようにします。しかしどんどん増やせる花では無いことは知っておきましょう。種まきにおいては、種をとってすぐにまく方法と、保存して春にまく方法があります。発芽はし易い部類とされています。成長もし易いので、1年もすると開花する花も出てきます。

そのことから種まきのほうが行い易いタイプとされています。育てるにあたって作業をするとすれば花茎切りを行いあす。花の後に種をとらない時に行うことです。花茎を切る目的としては、株を強くすることです。花が終わっているのにだらだらと花をつけているとそれが影響して育ちにくくなることがあります。

花が終わったあとすぐに取れば種を作ることもないので、花にとっては負担がかかりません。次の年に力いっぱい花を咲かせることができます。植え付けと植え替えに関しては3月下旬から4月上旬に行うようにします。この頃には芽出しの頃になりますが、注意としては芽出しの前に行うことです。

暖かかったりすると芽出しが早まったりしますからタイミングを間違えないようにしなければいけません。9月の下旬から10月の上旬において新しい葉が広がった頃に植えると良いとされます。根については一部を切り詰めて広げるようにします。害虫は開花の時期にアブラムシ、梅雨の時期にハダニが発生することがあります。カメムシ等による食害が広がることがあり、注意点は多いとされています。

ミヤマハナシノブの歴史

日本人の男性においてしょうゆ顔、ソース顔と区別することがあります。しょうゆ顔は日本人っぽい、東洋人ぽい人顔つきのことを指します。一方でソース顔はヨーロッパやアメリカなどの西洋系の目鼻立ちがはっきりした顔つきの人を指すようです。最近はハーフと言われる人がいますが、純粋な日本人であっても少し日本人離れしている人はいます。

人において見た目の違いがありますが、日本人が好みやすい、好みにくいと言われる物があるようです。これは文化の一つですから、食べ物の味付けなどは現地の味をそのままにするのではなく、日本人好みにするのが良いと言われることがあります。花においても日本人好み、そうでない花があるようですが、

その中でも日本人が好みやすい花として言われているのがミヤマハナシノブと呼ばれる花です。この花については原産は本州の中部地区とされています。ですから日本が主な生息地になっています。ただしハナシノブと呼ばれる品種については世界においてもたくさんあるとされています。

また日本にある別の花においてもこの花に非常に似ている花があります。見分けるのに苦労をするとされています。この花については、環境省のレッドリストの危急種に指定されている花になります。原因としては、園芸用に採集されたり、登山客による踏みつけがあるそうです。雑草などの中には強い種類もありますが、こちらの花についてはあまり強くない種類になります。そっとしておく必要があります。

ミヤマハナシノブの特徴

この花はナス目に該当する花になります。ハナシノブ科、ハナシノブ属に属します。高山などをメインに咲く山野草で、多年草です。ただし気候によっては枯れてしまうことがあり、そのようなときには1年草、2年草としての区別がされます。花が咲く時期としては4月の下旬くらいから6月の上旬とされます。

自生する花の場合は7月から8月ぐらいに咲くことがあります。花の草丈としては30センチから70センチぐらいです。花の色は青紫色がメインですが、きれいな紫色になることもあります。寒さと暑さに関しては日本においては特にどちらも影響を受けにくいです。それなりに暑くても耐えますし、寒くても耐えます。

しかしあまりに寒い、暑いとなるとそれで枯れてしまうことがあります。そのこともあって1年草などで管理されることもあります。落葉性なので葉っぱは枯れて落ちていきます。葉っぱの特徴は羽状複葉になります。葉っぱは8対程度が互生します。和名においてハナシノブと付きますが、シノブと呼ばれる植物はシダ類になります。

でもこの葉の付き方が似ているのでこのように呼ばれるともされています。根茎から花と茎をのばし、分岐して直径3センチぐらいの花を咲かせます。花びらに関しては5枚の花びらがついています。紫と言っても薄い紫です。真ん中に行くほど黄色っぽい色になります。葉っぱなどについては一見すると梅の花のようにみえることもあります。花びらはしおれたりしていません。

pixta_stkesia

ストケシアの育て方

この花は被子植物門、双子葉植物綱、キク亜目、キク目、キク科になります。タンポポ亜科になるのでタンポポに近い植物であること...

pixta_serojine

セロジネの育て方

セロジネはラン科の植物でほとんどの品種が白っぽい花を穂のような形につけていきます。古くから栽培されている品種で、原産地は...

pixta_fritiraria

フリチラリアの育て方

フリチラリアはユリ科の植物でフリチラリア属に属します。生息地は北半球独自の品種であることから、地中海沿岸地方から日本、カ...

pixta_yabukouji

ヤブコウジの育て方

こちらの植物は被子植物、真正双子葉類、コア真正双子葉類、キク類になります。更にツツジ目、サクラソウ科、ヤブコウジ亜科とな...

pixta_saboten11

サボテンの育て方を知る

サボテンというと育てやすいというイメージがありますが、実際には枯れてしまったという場合も少なくありません。そこで、サボテ...

pixta_shuukaku

家庭菜園を行う場合の育て方のコツについて

自宅で植物を栽培する場合、その育て方にはいくつかのコツがあります。自宅で植物を栽培する場合、鑑賞用として育てる場合と、食...

pixta_kokabu_01

小かぶの育て方

原産地を示す説はアジア系とヨーロッパ系に分かれており定かにはなっておりません。諸説ある中でも地中海沿岸と西アジアのアフガ...

pixta_amejiseji

アメジストセージの育て方

紫色の美しい花を咲かせるアメジストセージの原産地は、通説によりメキシコと言われております。そのため「サルビアレウカンサ」...

pixta_mikania

ミカニアの育て方

こちらについては比較的身近な花と同じ種類になっています。キク科でミカニア属と呼ばれる属名になります。育てられるときの園芸...

SONY DSC

ネクタロスコルダム・シクラム・ブルガリカムの育て方

和名はアリウム・シクラムですが、アリウムの仲間ではありません。ネクタロスコルダム・シクラム・ブルガリスは、現在ではネギ科...

スポンサーリンク

pixta_ichigo_01

イチゴを種から育てる

甘酸っぱい味わいが特徴のイチゴの栽培方法として、市販され...

pixta_hoya

ホヤ(サクララン)の...

花の名前からラン科、さくらの科であるバラ科のように考えて...

pixta_amarisu

アマリリスの育て方

アマリリスが世の中に知られたのは17世紀の後半。ヨーロッ...

pixta_nanbangiseru

ナンバンギセルの育て...

ナンバンギセルはハマウツボ科でナンバンギゼル属に属し、別...