リューココリネの育て方

リューココリネの育て方

分類としてはヒガンバナ科になります。ユリ科で分類されることもあります。ユリのようにしっとりとしているようにも見えます。園芸上の分類としては草花で、球根から育てるタイプになります。咲き方としては多年草ですから、枯れることなく楽しむことができます。

育てる環境について

栽培にあたっての環境としては日当たりの良い所とされています。1年を通して日当たりに置くことができればいいでしょう。気をつけないといけないのは高温多湿です。日本においては夏に蒸し暑くなることがあり注意が必要になってくるでしょう。管理を間違えてしまうと球根が腐ってしまうことがあります。

更に球根を傷めやすい季節としては冬があります。寒さにあまり強くないので、霜などによって土が凍結した状態になると球根が枯れてしまうことがあります。夏は休眠中ですが、冬は春に咲こうと準備をしているところですから特に残念なことになってしまいます。

耐寒温度としては4度位されているので、太平洋側、西日本などであればなんとか外でも育てることができそうです。庭植えも可能になります。東北や日本海側となるとかなり寒くなり霜が降りることも多くなります。霜よけのための対策をするなどしておけばなんとか冬越をすることが出来る場合もあります。

雪がふるようなところではかなり寒いですから無理に外で育てるのではなく自宅内などで育てるのを考えるのも必要になってくるでしょう。冬には十分日当たりが取れるところが良いですから、庭においては1日、奥愛においても窓際でしっかりと明るさと暖かさが得られるところにします。葉っぱ自体は晩秋から徐々に展開してきます。この時期ぐらいからがポイントになってきます。冬の間は葉っぱのみですが、春になると一気に花が咲き始めます。

種付けや水やり、肥料について

育て方としてはどのように土に植えるようにするかです。庭植えにおいては、球根の高さの2倍の深さのところに植えるようにします。球根が完全に隠れるくらいなので少し深めになるでしょう。複数植えるようなときは球根の幅で3個分位を開けておきます。この花については、球根に比べて花が非常に大きく成長します球根の大きさで育てようとすると、育ってからかなり込み合うことになります。

余裕のある間隔で植えていく必要がありそうです。鉢植えの場合は庭植えに比べると浅めにします。球根の上に2センチほど土が乗る程度の深さで植えるようにします。なぜこのようにするかですが、これは成長するときに根がどんどん張っていくからです。深く植えてしまうとすぐに下まで到達してしまいます。

ですからできるだけ上に植えたほうが良いようです。5号鉢といいますと直径が15センチぐらいになりますが、これくらいの大きさがあるなら4つぐらいの球根を植えることができます。用土に関しては赤玉土が5割、腐葉土が3割、川砂が2割ぐらいです。水やりについては、冬の水やりの管理が大事になります。

冬が生育期間になり、湿り気味に管理をしたほうが良いとされます。冬においても表面が乾いているようであればすぐに水分を与えるようにします。乾かし過ぎの状態だと花が咲かないこともあります。水を与える必要はありますが、湿気が多すぎるのは良くありません。与えてジメジメしたようにならないようにします。

増やし方や害虫について

増やし方では、球根の子球の利用があります。それを親の球根から外して植えつけるようにします。芽が出始めたら液体肥料を与えるようにします。子どもの球根を植えてもすぐに花がさくわけではありません。2年ぐらいは立つことがあります。その間にしっかりと球根を太らせ、育てるようにします。

種類によっては子球ができにくいタイプがあります。子球ができないようなタイプなら種まきを行います。花が咲いたあとに種を採取してそれをまいて増やすことができます。子球からだと数年ですが、種からの場合はその倍以上かかることもあります。まず球根ができなければ話にならないでしょう。ですから計画的に増やすようにしなければいけません。

数年後にこのようにしたいとするなら、それに合わせて数年前から準備をする必要があります。もっと簡単に増やそうとするなら球根などを買うか苗を購入する方法もあります。苗であれば今年に咲く花を選ぶこともできます。手入れとしては、花が終わったあと、徐々に水を減らしていくようにします。休眠に備えた対応です。

休眠に入ったら、鉢ごと雨の当たらない場所で管理をします。ここで湿らせてしまうと腐らせる原因になります。庭植えの時は花が終わって地上部が枯れるようになれば球根を掘りあげて乾かします。そして保存します。病気はあまり無いとされます。アブラムシが発生することがあります。他の球根種などと同様に対応するようにしましょう。

リューココリネの歴史

親の遺伝を受けると言われることがあります。母親の遺伝子、父親の遺伝子の両方を受け、それが子どもに引き継がれることがあります。そのために体の大きな人から生まれた人は体が大きくなりやすいことがあるようです。小さい人であれば小さくなります。その他運動神経などにおいても、より筋肉の発達した人から子どももそういった人になる可能性があるとされています。

植物においてもそれは言えるようですが、子供の頃にこじんまりとしているからといっておとなになってもこじんまりとしているわけではありません。それが言える花としてはリューココリネと呼ばれる花が該当するかもしれません。球根種の花ですが、球根はかなり小さいタイプです。ですから花もこじんまりした可愛らしい花が咲くと考えていたら立派は大きな花が咲くとされています。

この花の原産、生息地としては南米のチリになります。種類としては南米の方で10種類以上あるようです。この名前の由来としては、白いこん棒になります。真っ白い花が印象的です。誕生花としても設定されていて、2月において2日、4月にも1日設定されています。

別名としてグローリーオブ・ザサンと呼ばれることがあります。こちらのほうがかなり豪快な名前になっています。花言葉としては温かい心、信じる心、貴婦人などがあります。花としては男性的よりも女性的なイメージが漂ってきます。日本においても美しい花としてどんどん取り入れられたのでしょう。

リューココリネの特徴

分類としてはヒガンバナ科になります。ユリ科で分類されることもあります。ユリのようにしっとりとしているようにも見えます。園芸上の分類としては草花で、球根から育てるタイプになります。咲き方としては多年草ですから、枯れることなく楽しむことができます。草の丈は30センチから60センチぐらいです。

花の開花時期としては3月から4月くらいです。春の中でも比較的早めに咲いて咲き終わってしまいます。花の色としてはまず白が知られています。花の名前にも白が入っていますから白が代表的な色になるでしょう。その他には青と紫色があります。豪快さからするとこれらの色のほうがあるかもしれません。

白のタイプとはまた違った良さを見ることができます。耐暑性については一般的です。この花は夏の前に花を終えます。その後夏には休眠をします。ですから夏は特に活動をしません。あまり強い、弱いがありません。耐寒性についてはそれなりにあります。冬に耐えて、春先に咲かなければいけません。

どこでも咲かせられるわけではないですが、一般的なところであれば咲かせることが出来るでしょう。葉っぱを見るとヒガンバナ科であることがわかりやすいかもしれません。細い糸のように球根から直接出ています。葉っぱが伸びてくるとその真伸び切れずに地面に張り付いていきます。花びらは6枚ついています。すべて同じ大きさです。青や紫は、中央部分が白で、その外側に色がつくようになっています。

pixta_seiyouninjinboku

セイヨウニンジンボクの育て方

学名はビテックス・アグヌス・カストゥスといいます。シソ科の植物で、原産地や生息地は南ヨーロッパや西アジアなどです。 ...

pixta_ingen_01

つるありいんげんの育て方

インゲンは17000種に及ぶ植物、多くの渡り鳥の生息地で知られる中米原産です。スペイン人によりヨーロッパに持ち帰られたの...

pixta_oogahasu

オオガハスの育て方

オオガハスは2000年以上も昔の種から発芽した古代のハスです。「世界最古の花」として知られ、世界各国に友好の証として贈ら...

pixta_sikimi

シキミの育て方

シキミはシキビ、ハナノキ、コウノキなどとも呼ばれる常緑の小喬木です。以前はモクレン科でしたが、現在ではシキミ科という独立...

pixta_seiyoumurasak

セイヨウムラサキの育て方

セイヨウムラサキの特徴について書いていきます。日本を本来の生息地とするムラサキと比較してみると、茎に特徴があります。茎が...

pixta_pentuia

ペンツィアの育て方

特徴としては、種類はキク科のペンツィア属になります。1年草として知られています。花が咲いたあとに種をつけて枯れますから次...

pixta_farenopusisu

ファレノプシス(コチョウラン)の育て方

学名はファレノプシスですが、和名をコチョウランとも言い、日本でランと言えば、胡蝶蘭を思い浮かべるくらい有名で、人気がある...

pixta_kibusi

キブシの育て方

キブシは日本の自然の中では、山の中でよく見られる木ですが3メートルから5メートルぐらいまで成長するということで、山の中の...

pixta_sinbijium

シンビジウムの冬の育て方について

クリスマスやお正月のギフトによく利用されるのがシンビジウムです。洋ランの一種でありながら、比較的素人にも育てやすく日本で...

pixta_okura_01

オクラの育て方

アオイ科に属する野菜で、原産地は、マントヒヒの生息地で知られるアフリカ北東部です。エジプトでは紀元前から栽培されていまし...

スポンサーリンク

pixta_tumerenge

イワレンゲの仲間の育...

イワレンゲの仲間は、ツメレンゲやコモチレンゲなど、葉っぱ...

pixta_okura_01

オクラの栽培オクラの...

オクラはプランターなどでも手軽に育てることが出来るという...

pixta_youforvia

ユーフォルビアの育て...

ユーフォルビア、別名、ユーフォルビアダイヤモンドフロスト...

pixta_hagoromojasumin

ハゴロモジャスミンの...

ハゴロモジャスミンの原産地は中国雲南省ですが、現在では外...