ゲンノショウコの育て方

ゲンノショウコの育て方

この植物の原産地と生息地は東アジアで、中国大陸から朝鮮半島を経て日本全国に自生しているということですので、昔から東アジアでは親しまれてきた植物ということにあります。日本でも自生しているということでは、ガーデニングや家庭菜園でも、初心者から栽培できるということで、育て方も簡単ということになります。

育てる環境について

この植物の特徴としては、やはり漢方薬としての効能ということですが、具体的には、下痢止めや胃薬などです。また整腸生薬としても非常に優れていますし、お茶としても飲めますが、たくさん飲んでも健康に害はなく、その点も非常に優れた薬ということでもあります。別名医者要らずとも言われているほどです。

お茶として飲んでもよいほどですから、副作用なども心配しないで摂取できるということです。分類としてはフウロソウ科フウロソウ属の多年草ということですので、毎年楽しむこともできます。環境的には、日本全国の野山や草原でも自生しているくらいですので、ガーデニングや家庭菜園の環境でも育てられるということですが、日当たりが良くても、

半分ぐらい日陰でもよく育つということで、庭の狭い日本人の庭でも育てることができやすいという優秀な植物でもあります。ガーデニングとして鑑賞もできますし薬草にもなりますし、環境も日本では、あまり場所を選ばないですから、非常に願ったり叶ったりの植物ということになります。また自分で育てたゲンノショウコの薬草で、健康管理ができるということでも、

なかなか味わえないガーデニングや家庭菜園を体験できるということになりますし、庭がなくてもベランダなどがあれば簡単に栽培できるので、育て方も心配ないということになります。また観賞用ということでも、花の可憐な美しさは魅了されるほどです。小さなものは美しく見えるものですが、実際にも美しいので、ガーデニングなどでも、特におすすめの植物です。

種付けや水やり、肥料について

育て方でも、そのように日本全国に自生しているほどですから、非常に簡単に育てることができ、ガーデニングや家庭菜園の初心者にも最適な植物ではないかということになります。育てる場所としては、水はけの良いやや湿り気の場所が良いということです。花が咲くのは7月から10月頃までで、夏から秋の植物ということになります。

また漢方薬としては、夏に花が咲いている茎葉を全部採取します。そして水洗いをして、日陰干しにて乾燥させます。そうすると出来上がりという非常に簡単な作業になります。具体的には種まきは3~4月と9~10月頃が良いようです。また面白い習性ですが、非常に繁殖力が強いので、雑草化して他の雑草と混ざってしまい、

わからなくなってしまうということがあるので、他の植物との区分けを厳重にするということが重要になります。しかしそれはそのまま、誰でも育てることができるということですので、薬草にもなりますから、初心者は特に試してみるのが面白いということでしょう。また薬草などでも購入すると、お金もかかりますが、

ゲンノショウコは、このように雑草化までしてしまう植物なので、簡単に収穫もできて副作用もない驚きの植物ですから、無料で得られますので、非常にガーデニングや家庭菜園には向いているということになります。ともすれば失敗してがっかりして、家庭菜園やガーデニングをやめてしまうということもありますが、この植物ならば、その心配もないということになります。

増やし方や害虫について

また観賞用としての花ですが、色は白、赤、紫などがあり、小さな5弁の花になります。この花を観察するだけでも、育てた価値があるということですが、漢方薬としての効能をということでは、生理不順、生理痛、腹痛、下痢、便秘、高血圧予防などや、かぶれ、口内炎、扁桃腺、糖尿病、食中毒など、また湿疹、動脈硬化、脚気、冷え、切り傷、擦り傷、しもやけ、ただれと書いてもきりがないほどの効果があります。

これだけでも育てる甲斐があるということになります。また整調、利尿、緩下、消炎、抗菌、健胃、強壮などに効果的ということです。これほどの植物を、簡単に雑草のように育てられ、植物の根から幹や葉まで、すべて乾燥させて薬にできるのですから、これは育てない訳にはいかないだろうという感じの、

非常に人間には有益な植物ですが、さすがに医者いらずの現の証拠ということになります。特に胃腸の弱い人には、良い薬になります。また人により効果は違うでしょうが、副作用もないので、効果があれば日常生活での常備薬にもなりますから、試してみるのが良いということになります。また花言葉も面白くて、

強い心ということだそうですが、まさにこの可憐な雑草的な植物に合っている花言葉でもあります。このように非常に優れた植物なので、ぜひ育ててみたいという感じがしてきます。また田舎では道端にも咲いている野草なので、気分的にも田舎の雰囲気も味わえるということになります。

ゲンノショウコの歴史

健康管理が重要になってきている昨今ですが、インターネットやテレビなどでの話題でも、生活習慣病や寿命のことや、高齢者の生活のことなど、健康管理を如何にするかということも重要な日常生活でのポイントになっています。以前は、そのようなことは考えず、今を如何に生きていくかということが主眼でしたが、だいぶ様変わりしました。

そのような中で食品からの健康管理も重要になってきていて、家庭菜園やガーデニングでも、薬草関係を栽培するということも人気になってきています。日本の昔からの薬草ということでは、どくだみやセンブリ、ゲンノショウコなどがありますが、それらを家庭菜園で育ててみるのも、薬効を得られるので良いのではないかということになります。

例えばゲンノショウコなども、一度は名前を聞いたことがある人が多いということですが、ネーミングも面白くて、日本語で書くと、現の証拠と書きますが、何故そうなったかというと、胃腸に効きく証拠という意味だそうで、それほど人々の印象に残った証拠ということでもあります。そのように、昔から効果を発揮したので、そのような名前とともに今に至るということでしょう。

これほど直接的な名前の植物も珍しいです。また別名ミコシグサとも呼ばれていますが、その理由も秋に種子が飛んだ後の様子が、神輿のようなので、そのように命名されたという話もありました。いずれにしろ、それほど親しまれた植物ということになります。また最近では日本でも漢方薬が見直されていますので、その点でも育てるのには面白いということになります。

ゲンノショウコの特徴

この植物の原産地と生息地は東アジアで、中国大陸から朝鮮半島を経て日本全国に自生しているということですので、昔から東アジアでは親しまれてきた植物ということにあります。日本でも自生しているということでは、ガーデニングや家庭菜園でも、初心者から栽培できるということで、育て方も簡単ということになります。

また自生しているということでは、環境的にも合っているということですから、ガーデニングや家庭菜園でも選んでみたい植物です。また漢方薬を育てるということでは、ステータスのような響きもありますし、薬草園ということで、それらの漢方の薬草を育てるコーナーを作ってみるのも、非常に有益です。

また薬草ということでもですが、観賞用としても良いようで、それぞれ魅力的な花を咲かせます。ゲンノショウコなども白い可憐な小さな花を咲かせますが、日本人のイメージにもぴったりで、ガーデニングなどでも、鮮やかな花ばかり咲かせるよりも、そのような可憐な花の植物も一緒に育てたほうが、変化があって良いのではないかとも感覚的には感じます。

自然も変化があるので美しいのですから、色々な花や植物があってのガーデニングであり家庭菜園でしょう。特に漢方薬関係は、年齢とともに必要になってくるので、抑えておきたいところでもあります。必ず将来、役に立つ時が来るでしょう。日本で自生している地域では主に、北海道の草地、本州から九州の山野ということですので、そのような環境が合っている植物ということになります。

pixta_ginura

ギヌラの育て方

ギヌラは、アフリカからマレー半島にかけてが主な生息地とするキク科ギヌラ属に属する多年草の植物です。ギヌラ属と言うのは、ユ...

pixta_buruclover

ブルークローバーの育て方

ブルークローバーはマメ科パロケツス属の常緑多年草です。原産はヒマラヤやスリランカ、東アフリカなどで、主に高山帯を生息地と...

pixta_ivyzeranium

アイビーゼラニウムの育て方

アイビーゼラニウムは南アフリカのケープ地方原産の植物です。科名はフウロソウ科で、テンジクアオイ属です。テンジクアオイ属は...

pixta_panzyzeranium

パンジーゼラニウムの育て方

パンジーゼラニウムはフロウソウ科のテンジクアオイ属の植物です。品種改良によって、南アフリカ原産のトリコロル種とオウァーレ...

pixta_hayatouri

ハヤトウリの育て方

原産地はメキシコ南部から熱帯アメリカ地域で、アステカ文明やマヤ文明のころから食べられてきたと記録されている野菜です。はじ...

pixta_baikautugi

バイカウツギの育て方

バイカウツギは本州から九州、四国を生息地とする日本原産の植物になり、品種はおよそ30~70種存在し、東アジアやヨーロッパ...

pixta_rueria

ルエリアの育て方

ルエリアはルエリア属キツネノマゴ科の多年草で生息地はアメリカ、アジア、南アフリカの熱帯地域などです。その名前は、フランス...

pixta_spatifiram

スパティフィラムの育て方

スパティフィラムは中央アメリカから南アメリカの熱帯地域を原産とするサトイモ科の多年性植物です。主に森林の湿地帯を生息地と...

pixta_misebaya

ミセバヤの育て方

特徴として、バラの種類であることがわかっています。バラ亜綱、バラ目、ベンケイソウ科、ムラサキベンケイソウ属になります。園...

pixta_mandevila

マンデビラの育て方

メキシコやアルゼンチンなどの中米から南米などが生息地のつる性の植物です。ディプラデニアという名前で呼ばれていたこともあり...

スポンサーリンク

pixta_dodonaena

ドドナエアの育て方

ドドナエアという木は葉を楽しむ木です。原産はオーストラリ...

pixta_fuyusango

フユサンゴの育て方

リュウノタマ、フユサンゴとも呼ばれているタマサンゴは、ナ...

pixta_kuranberi

クランベリーの育て方

クランベリーという洒落たネーミングは、可愛らしい花びらの...

pixta_kijimusiro

キジムシロの育て方

被子植物で、バラ目、バラ科、バラ亜科となっています。特徴...