ゴマナの育て方

ゴマナの育て方

ゴマナは胡麻の菜と書きますが、胡麻の葉っぱに似ていることから、この名前がついたと言われていて、キク科ですので、花も菊に似ていて白と黄色の花が咲きます。野草なので育てるのも簡単ですし、キク科なので花の鑑賞にも面白いですし、何よりも若芽なども食べられるということが、ガーデニングでの庭のポイントにもなります。

育てる環境について

この植物の学名も面白いのですが、Asterglehniivar.hondoensisということで、Asterはギリシャ語の星から来ていて、確かに花は星に似ています。またhondoensisは文字通りで本土のということですが、本土という言葉がそのまま学名になるのも面白いです。またglehniiとは人の名前で、サハリンの植物収集家の名前だそうです。

非常に面白い命名の仕方です。花の形ですが、これも面白くて、白い花が頂上の先端で、いくつにも別れていて、ちょうど花束のようにまとまって咲くというのも特徴です。ですので豪華さも見られて、栽培でも興味深い花を咲かせることができます。キク科の花ですので、菊のように真ん中が黄色く周りに細かい花びらがたくさん細長くついています。

葉は細かい毛があってザラザラしています。また日が強いと古くなってきた葉は変色していきます。また食べられるのは若い葉や芽ですが、山菜天ぷらなどにすると美味しくいただけるようで、煮物や鍋などでも楽しめる山菜となります。そのような楽しみ方もできるので、その点でもガーデニングで栽培して山菜を楽しむということでも、

有効な利用ができますし、観賞用としても楽しめるので、一石二鳥ということになります。特に山菜の天ぷらは、食べてみたい一品になります。出来合いの天ぷらや、いつも同じような天ぷらではない新鮮な山菜の天ぷらということでも、山菜の定番の利用方法ということで好評な評価を得られるのではないかということになります。

種付けや水やり、肥料について

また保存用として乾燥させている場合には、水で戻して、その後また熱湯で茹でます。その後半日ほど、そのままにして元に戻します。そしてその後水を切ります。その後はそれぞれの料理で利用するということですが、炒めものということでは、ニンジン、マイタケ、油揚げなどや、時には魚や肉を入れて炒めれば出来上がりということで、

野菜が少ない冬などには、保存食としても利用価値が高い山菜になります。ガーデニングでは、収穫が自宅でできるということでもありますので、その点でも楽しみな植物ということになります。また他の山菜なども一緒に作っておき、山菜のガーデニングをしても、他にないガーデニングが出来ます。

他の人達と同じでは面白く無いという人たちも多いでしょうから、山菜の観点からガーデニングや家庭菜園を試してみても面白い植物の育て方ができますし、案外花もきれいな山菜も多いのですし、漢方薬になるものもあり、育ててみるのも良いということになります。またこの植物は収穫が2度でき、3度目もできますが、さすがに葉も硬くなるので、

2度は楽しめるということになります。柔らかいところが、硬いものよりも美味しいのはどの植物でも同じですので、そのようなところから若い葉などを摘んでおくということが良いようです。そのように食べるという観点でも、何度も楽しむことができる植物です。そのようなガーデニングも面白いでしょうし、それらの経験も他の山菜などにも役に立ちます。

増やし方や害虫について

このように栽培ということでも育て方は簡単で、山菜ということですから雑草と同じで、日当たりがよく水を十分に与えていれば、肥料もあまり与えなくても自然に育つということで、特にガーデニングでは、もともと土地も肥料をあげたりして、他の植物も育てているので、その点は自生している植物でもありますから、手間いらずで育てることができるということになります。

野草ですので害虫にも強く、また日本の環境にも強いということですから、普段通りに育てていれば良いという植物です。この植物も初心者用ということで簡単に育てることができます。育てるというよりも自分で育っていくという感じでしょう。またインターネットなどでも、料理のレシピもけっこうありますし、

山菜としても有名で癖がなく美味しいという評判なので、料理には最適の野菜ということで食べることができます。特にラーメン等や鍋には面白いかもしれません。色々な料理に入れてみて、楽しんでみるのも面白いです。特に自分の家で作ったという自家製ということでも、美味しさも増すということになります。そのような楽しみもガーデニングの楽しいところでもあります。

また鑑賞もできますし、食べることもできるということでも、人間のためになる植物ですし、また多年草なので、毎年収穫ができるということも楽しみのひとつになります。その他健康管理にも向いている植物でもあります。このように山菜類は、ガーデニングを楽しむということでも、試してみる価値はある植物群です。見返りも多いということでしょう。

ゴマナの歴史

自然の楽しみ方では、色々な野草も面白いですが、ガーデニングでも野草を鑑賞したり、中には山菜として食べられる植物もあって、家庭菜園兼ガーデニングとしても面白いですが、特に野草関係は育てるのが楽なので、庭の一角に食べられる野草ということで育ててみても面白いです。珍しいところでは、ゴマナという野草があります。

収穫は春先でわらびの後ぐらいに若芽を収穫しておきます。熱湯でさっと茹でて、その後天日干しにして保存をしておきますが、保存食にもなる植物ということなので、昔は冬の野菜のない時に食べたりしたそうです。またゴマナは胡麻の菜と書きますが、胡麻の葉っぱに似ていることから、この名前がついたと言われていて、

キク科ですので、花も菊に似ていて白と黄色の花が咲きます。野草なので育てるのも簡単ですし、キク科なので花の鑑賞にも面白いですし、何よりも若芽なども食べられるということが、ガーデニングでの庭のポイントにもなります。山菜ということでは、当然山奥に入らないと収穫できないようなイメージですが、東北の方では、畑で収穫をして食べたりしているそうです。

名前もサンゴクダチというそうですが、タチは菊たちの仲間ということで、そのように呼ばれたのではないかということです。また名前に関しては北海道に多く自生しているエゾゴマナが本種のようで、それが本州で育った今のようなゴマナになったということのようです。このように北海道でも育つことができるということでも、寒い地方に強いということがわかります。

ゴマナの特徴

この植物の特徴としては、胡麻に似ている葉があるということですが、14,5センチと大きくなり、葉の周りがぎざぎざになるのが特徴です。また先が尖っているのも特徴です。その他葉の筋なども深めです。花もキク科だけあって菊に似ていて、菊の花を想像すると、だいたいイメージが掴めるという花です。

花は小さめですが、きれいな可憐な花ですので、育てると愛着が湧いてきたりする花です。この植物の背丈は、だいたい1メートルから1メートル半ぐらいですので、大きく育つ心配もありません。また花の咲く頃が、9月から10月なので、その頃可憐な花を楽しむことができます。また日本の本州ではゴマナですが、東北から北海道は、

エゾゴマナが自生しているので、日本中で楽しむことができるということになります。また大きさも本州にあるもののほうが小さめで、本州の気候に合わせて変化したもののようですが、本来は寒い地方の植物ということのようです。ですので夏よりも秋や冬のほうが過ごしやすいということもあるようです。原産地は日本で、日本の固有種ですので、

日本での栽培は最適な環境ということになります。生息地も日本の山地などのやや湿った土地を好むようです。山菜ですので、そのような場所が育ちやすいのでしょう。日本での南端は九州で、九州から北海道まで生息できる柔軟な植物ということができます。それぞれの環境に適応できるということでもガーデニングや家庭菜園での栽培には向いています。

pixta_jigitarisu

ジギタリスの育て方

ジギタリスの原産地は、ヨーロッパ、北東アフリカから西アジアです。およそ19種類の仲間があります。毒性があり、食用ではない...

pixta_daimonjisou

ダイモンジソウの育て方

ダイモンジソウはユキノシタ科ユキノシタ属の多年草で、日本国内では北海道や本州、四国、九州などに分布しています。湿り気のあ...

pixta_mokubyakkou

モクビャッコウの育て方

日本では、神の島「久高島」の浜辺に群生していることで知られています。また日本では古くから南西諸島や硫黄島などに自生が見ら...

pixta_momoiroyukiyanagi

モモイロユキヤナギの育て方

花が散ると地面に砕いた米をまいたようになるので、コゴメヤナギとも呼ばれています。古来はこの花が岩のあるところを好み生える...

pixta_sirotaegiku

シロタエギクの育て方

シロタエギクの原産地は、地中海に面した南ヨーロッパの海岸地帯です。現在ではイギリス(連合王国)南部を含むヨーロッパの広い...

pixta_kutinasi

クチナシの育て方

クチナシの原産地は日本、中国、台湾、インドシナ、ヒマラヤとされており、暖地の山中に自生し、広く分布しています。主な生息地...

pixta_jiniarineasu

ジニア・リネアリス(ホソバヒャクニチソウ)の育て方

ジニア・リネアリス(ホソバヒャクニチソウ)は和名を細葉百日草といい、原産地はメキシコを中心とした南北アメリカです。リネア...

pixta_okatorao

オカトラノオの育て方

オカトラノオはサクラソウ科の多年草で、その歴史としては中国を生息地としていたこの種類の植物が朝鮮半島を経由して日本に入っ...

pixta_geum

ゲウムの育て方

ゲウムは、バラ科 のダイコンソウ属(ゲウム属)であり、日本のに山に咲く「ダイコンソウ」と同じ仲間です。そのためゲウムを「...

pixta_shungiku_01

シュンギクの育て方

キク科シュンギク属に分類されるシュンギクは、20cmから60cmの草丈となる一年草植物であり、春には花径3cmから4cm...

スポンサーリンク

pixta_kuroton

クロトンの育て方

クロトンとは、原産はマレー半島やオーストラリアなど熱帯地...

pixta_suika11

スイカの育て方

栽培スイカの原産地と言うのは、色々な説が在ります。しかし...

pixta_ingen_01

つるありいんげんの育...

インゲンは17000種に及ぶ植物、多くの渡り鳥の生息地で...

pixta_korianda

コリアンダーの育て方

地中海東部原産で、各地で古くから食用とされてきました。そ...