シデコブシの育て方

シデコブシの育て方

シデコブシはモクレン科の植物です。そして原産国は日本の植物で生息地などは愛知県や岐阜県または三重県の一部の東海地方を中心としたところで栽培されています。育て方はそれはど難しくはないですが、絶滅危惧種とされている植物です。

育てる環境について

シデコブシはかなりの大きな植物になります。だから鉢植えなどをすることは出来ないですし、小さな庭などに植えることもできないです。広大な敷地がある庭などに向いています。だからなかなか都会で育てるのは難しいです。だから大きく育つことを考えて、十分広い場所を確保してから植えることが大事です。

そして大きく健康に育てていくためには、日当たりのいいところに植えるようにします。日当たりがいいと、花をたくさん咲かせてくれます。そしてその庭の土に関しては、水はけのよい土が好ましいです。シデコブシの場合は根が粗くて細根が少ないです。だから成木になってからの移植は難しいです。根を傷つけてしまう可能性が出てきてしまうので、

ずっとその場所に植えておかないといけないです。移動をしないようにしておかないといけないです。だから鉢植えでは育てることが出来なくて直接庭の土などに植えないといけないです。そして十分スペースのある場所に育てないといけないです。剪定などは特に行なう必要がなく、大きく育ったらそのままの状態で育てていくことができます。

しかしスペース的にそのまま育てていくのは難しいという場合は剪定を行います。大きく育てるのにスペース的に無理があるという場合は切って小さくします。それ以外に特にスペースには関係ないというのであれば、そのままの形で育っていくことができる自然樹形のままでいいです。自然樹形のままで成長させていくことができるのは、簡単で楽です。

種付けや水やり、肥料について

シデコブシを庭などに直接土に植えつけた後は、しばらくの間その土になじむようにしっかりと乾いたら水分をたっぷりと与えるのがいいです。そしてしばらくしてきっちりと植えることができたら、後は自然に任せて水をあげる必要がないので、自然体のままでいいので楽です。そして肥料に関しては若木の場合は定期的に成長のときに肥料を与えていきます。

そしてしばらく成長して成木になった場合は肥料をあげる頻度を少なくしていいです。それに木が十分に成長してしまったら特に追肥をすることなく自然のまま育てていくことができます。そして植える際には、種から育てることができます。それはコブシに関してのことですが、シデコブシの場合は接ぎ木で増やすことができます。

種を確保するためには、秋に熟した種を採取して乾かさないように保存します。乾かないことが大事になってきます。そしてその保存した種を翌春の3月中旬以降に種をまきます。そしてその花が咲くまでには時間がかかってしまいます。花が咲いてくれるまでには5年から7年ぐらいの期間が必要になってきます。

そして種をまいてどんどん育ってきたらお手入れというものは特に行なうことはないですが、害虫の駆除や予防など、また雨などがあまり降らない夏の場合は水の管理には気をつけないといけないです。基本的に特に気をつける点はあまりなく、ただ大きく育ってしまうので、植え替えを出来ないということをしっかりと理解しておくことが大事です。

増やし方や害虫について

害虫に関しては、かなり高層の木になっていきますので、なかなか上のほうまで見ることができなくなってきます。だから害虫にはしっかりと対策をしておかないといけないです。そしてシデコブシについてしまった害虫はしっかりと見つけ次第害虫駆除をしないといけないです。さまざまな害虫の被害にあってしまいます。

だから予防はきっちりとするのは大事ですが、もしが害虫が付いてしまった場合は駆除の薬剤が必要になります。光合成を妨害してくる害虫もいたりします。あまり大きくなっていったりすると、肥料などを考えることはなく成長を見ることができます。そして増やし方に関しては種まきが一般的です。

種をまいて一生懸命お世話をしてどんどん成長してきます。そしてシデコブシに関しては、接木になります。接木のほうが成長しやすくて育てやすいです。種をまいてから結構な年月がたってから花がさきます。花が咲くためにはまずは7年ほどの期間が必要になります。そして7年もの間は成長をしっかりと見届けてあげることと、

病気になってないかの確認をしっかりとしておかないといけないです。庭に直接植えるので、特にいろいろと手間をかけることはないですが、水分や肥料に関してしっかりと見守らないといけないです。後は害虫に関して駆除をして事前に葉っぱに害虫を近づけないようにすることが成長を妨げないことになります。かなり大きく育っていきますので、高いところはどのようになってるのかは、確認することができないです。

シデコブシの歴史

シデコブシはモクレン科の植物です。そして原産国は日本の植物で生息地などは愛知県や岐阜県または三重県の一部の東海地方を中心としたところで栽培されています。育て方はそれはど難しくはないですが、絶滅危惧種とされている植物です。自然に花が開花してくれるのは、3月から4月の春になっています。そして育てる場所に関しては、日当たりのいいところを好みます。

そして日当たりのいいところに育てているので、夏場などは暑くなってしまって、水切れなどを起こしてしまう可能性があります。だから夏場には水切れを起こしてしまわないように気をつけて年に2回か3回ぐらいには虫除け消毒を行なって、害虫によって病気にならないように気をつけないといけないです。

3月頃になってくるとシデコブシから香りのいい白い花がたくさん咲いてくれます。かなり大きな白い花になるので、見ごたえがあって、ボリュームがあります。高い木に成長していきますので、大きな庭があるところなどでないとなかなか植えることができないです。そして鉢植えではなく、庭植えになっていきます。

かなりのスペースを確保しておかないといけないです。剪定などはそんなに頻繁にしなくてもいいですが、もし形を整えたいというのならば花が終って新芽が出る前に切って整えてあげるといいです。移植は困難になってしまいますので、ずっと育てていくという場所に育てないといけないです。大きなスペースを初めから確保しておきます。

シデコブシの特徴

シデコブシは剪定を必ずしないといけないのではなく、大きく育ってそのままでいいという人もいます。しかし自分の土地によって、そのまま植えることができないといったこともあります。それに大きく育っていきます。だから特に大きく育っていきますので、鉢植えで育てることが難しいです。どんどん成長してきますので、鉢植えは向いてないです。

そして剪定なども自由に行なうことができて、いいですが特に自分達で剪定をする必要もないです。そして植えてしまったら特に手を加える必要がないです。植えた直前などの場合は、水分をしっかりと土の中にしみこませないといけないですが、大きく成長してきたら、庭植えですので水の心配はないです。そして日当たりのいいところを好みますので、

室内の中でも日当たりがいいところや、半日陰になってしまうところなどが理想的です。夏の暑い日ざしは避けるほうがいいですが、真夏以外の場合は日当たりの十分出来てるところで育てることがおすすめです。そして一度育ったら移動をすることはできないです。植え替えや植え付けなどもしっかりとしたほうがいいですが、

基本的にはその木を移動させることはできないですし、もし移動させてしまったときに根を傷めてしまったりします。だから傷まないように気をつけても、傷がついてしまうことが多いです。大事な根をそのままにしておいて、植え替えや植え付けはしないように決めておくことが大事になってきます。

pixta_hideriko

ヒデリコの育て方

ヒデリコは高さが20~60cmの小柄な植物で、秋には種子を落として枯れてしまう1年草です。湿地や田んぼのあぜなどに生育し...

zukkini_01

ズッキーニの育て方

アメリカ南部付近、メキシコあたりまでが生息地であり原産地ではないかといわれています。本格的に栽培が始るのがヨーロッパに入...

pixta_flkuraea

フルクラエアの育て方

フルクラエアはリュウゼツラン科の植物で原産地は熱帯や亜熱帯地方の乾燥地帯なので日本には自生していません。またこの品種には...

pixta_kinnsiuri

キンシウリの育て方

キンシウリは19世紀末期に中国、朝鮮半島から日本に伝わった覚糸ウリ(かくしうり)が訛って、呼び名がついたと言われています...

pixta_rairakku

ライラックの育て方

ライラックの特徴としてあるのはモクセイ科ハシドイ属の花となります。北海道で見られる事が多いことでもわかるように耐寒性があ...

pixta_beradon

ベラドンナリリーの育て方

特徴としては、クサスギカズラ目、ヒガンバナ科、ヒガンバナ亜科となっています。ヒッペアストルム連に属するともされています。...

pixta_nokonggiku

ノコンギクの育て方

ノコンギクの歴史としまして、伝統的にはこの種には長らく「Aster ageratoides Turcz. subsp. ...

pixta_ominaesi

オミナエシの育て方

オミナエシは多年草で無病息災を願って食べる秋の七草の一つです。原産や生息地は日本を始めとした東アジア一帯です。草丈は20...

pixta_sirotaegiku

シロタエギクの育て方

シロタエギクの原産地は、地中海に面した南ヨーロッパの海岸地帯です。現在ではイギリス(連合王国)南部を含むヨーロッパの広い...

pixta_abtiron

アブチロンの育て方

アブチロンはアオイ科の属の一つで、学名はAbutilonです。別名としてウキツリボクやショウジョウカ、チロリアンランプと...

スポンサーリンク

pixta_kinkan

キンカン類の育て方

柑橘系果物の一つにキンカンが有ります。一言でキンカンと言...

pixta_bluberry_01

ブルーベリーの育て方

歴史の始まりはヨーロッパ大陸からアメリカに移住してきた人...

pixta_jackfruit

ジャックフルーツの育...

果実の大きさは世界最大として知られています。世界最大の実...

pixta_babasukamu

バーバスカムの育て方

バーバスカムはヨーロッパ南部からアジアを原産とする、ゴマ...