シロバナノヘビイチゴの育て方

シロバナノヘビイチゴの育て方

シロバナノヘビイチゴの特徴は何と言っても、その花が白いことです。また、赤い果実を付けるのですが、どちらかと言うと普通の苺というよりも、ラズベリーに似ている果実です。見はやや細長く、食べることができ、食べると甘酸っぱい味です。

育てる環境について

このように、様々な特徴を持つシロバナノヘビイチゴですが、育てる環境についても気になります。上記の通り、原産国は日本であるため、気候などは適応されています。育て方としては、何度も手入れを行って育てるということではなく、どこまで育って、果実は付きそうかなど、こまめな点検が大切です。

白い花を咲かせる自然開花期は、5月から7月とされているため、2ヶ月の間に白い花を見ることができます。また、果実がなるのはその後です。特に、シロバナノヘビイチゴは、半日陰の場所を好むため、直射日光が多く当たる場所に植えるのは失敗の元です。また、高温多湿よりも風通しの良いところである方がよく育ちますから、

できるだけ風通しの良く、直射日光が当たらない、影ができる場所に植えると上手く育つことが多いです。背の高い植物ではないため、気づいたら土に埋まっているということもありますから、土に埋まらない様、気をつけることが大切です。実を付けるのを焦ると失敗することもありますから、あまり過剰に手を加えることはお勧めしません。

育てる環境はズバリ、庭の風通しの良いところですから、そこをシロバナノヘビイチゴ専用のスペースとして考えて植えるのもお勧めです。そして前述した通り、半日陰のところを選び、例えば他の植物によって、太陽の日照時間により、影ができるところを選ぶことも良いです。そのため、しっかりと場所を選んだ上で意識的に育てることが大切です。

種付けや水やり、肥料について

シロバナノヘビイチゴは上記で記述した通り、原産国は日本です。栽培方法としても、日本に適用した植物であるため、水やりは雨水などの自然の物を使用しても良く、他の植物同様、水をあげすぎないことで、根を腐らせることなく育てることができます。もちろん、雨が降らず、カンカン照りの日は一日二回などあげてもいいでしょう。

とにかく、水のあげすぎには注意です。また、肥料についてですが、シロバナノヘビイチゴは、ガーデニングでは他の植物と一緒の土に植えられることが多く、その肥料を使用して育てることになります。もちろん、シロバナノヘビイチゴにもその肥料を使用しても良く、水やり同様、あげすぎには注意です。

それだけを気をつけ、日頃の管理をしっかりしていれば、自然と実を付けることになります。不安であれば、ホームセンターで苗を購入する時、心配である点や、気をつけなければならない点、疑問に思う点などを質問することが大切です。自分の不安な点を解消することによって自信を持って育てることができるため、失敗することなく、

また失敗を最小限に抑えて育てることができます。大切な植物たちですから、大事に育てることが大切です。そして、植える際には、色々な確認をした上で植えましょう。ちゃんと影になるかどうか、その点は大切です。不安であれば何度か時間になった際に点検を行い、もしもずっと直射日光に当たっている状態であれば、できるだけ早い内に植え直す必要もあります。

増やし方や害虫について

シロバナノヘビイチゴは、株分けによって増やすことができます。そのため、種から育てるのではなく、ホームセンター等で株分けされた苗を購入することによって育てることができます。増やし方も株分けですから、自分で株分けできる人は株分けしても良いですし、できない人はホームセンター等でまた購入することによってその数を増やすことができます。

シロバナノヘビイチゴの原産国は日本と前述しましたが、生息地は日本だけでなく、樺太や済州島にも生息しています。そこから、寒いところでも育つことが分かり、日本ではほぼ全国で、この株分けによって庭に生えたり、自生しています。害虫は特にいませんが、葉や茎を食べる昆虫や、根をかじる昆虫などが害虫であると言えます。

そのため、他の植物同様に害虫対策を行い、しっかりと植物を守るようにしましょう。葉がかじられると光合成が行えないため、どうしてもしっかりと育たなくなってしまいます。そこだけは注意して育てるようにしましょう。いずれにしても。シロバナノヘビイチゴは、他の植物と同様の育て方をすることによって、きちんと実をなします。

そのため、ほったらかしにせず、時には意識を向けることが大切ですし、植物は愛情をかけられた分だけ応えてくれます。そのため、ただ育てるだけではなく、特に肥料を変え、時に水やりを変化しながら育てることが大切です。それができると、シロバナノヘビイチゴの果実を食べて一息つくこともできます。

シロバナノヘビイチゴの歴史

ガーデニングがしやすいように、あらかじめ庭を設備している人も増えてきました。家に入る玄関周りが色とりどりですと、とても穏やかな気分になり、子どもたちも興味を示すため、教育的にも色使いや土に触る経験は良いと言われています。また、土に触れることによって微生物からの耐性を付けることができるため、病気になりにくいとも言われています。

趣味を作ることで認知症予防にもなると言われており、ガーデニングが趣味だと、すぐにできるため、前にも増して流行っています。ガーデニングは、その花の色の調和が大切ですが、それだけではなく、葉っぱや何らかの果実も重要で、隙間から出ている果実は、普通の物よりも綺麗に見えます。

ガーデニングで何かの果実を育てるのは変と考える人もいるかもしれませんが、ガーデニングに役立つ果実を付けることができる植物があります。それは、シロバナノヘビイチゴです。シロバナノヘビイチゴはその名の通り、白い花を咲かせる植物です。その後、果実をつけるのですが、小さく、普通の苺ほど邪魔にはなりません。

そのため、ガーデニングとの調和を取ることができ、小さくその存在を魅せることができます。もちろん、それ単体で育てる人もいますが、比較的育ちやすいこともあって、今ではガーデニング用にホームセンターやインターネットで取引されるようになり、比較的手に入りやすくなりました。また、家の裏庭に自生していることもあるため、子どもが見つけることもあるかもしれません。

シロバナノヘビイチゴの特徴

シロバナノヘビイチゴの特徴は何と言っても、その花が白いことです。また、赤い果実を付けるのですが、どちらかと言うと普通の苺というよりも、ラズベリーに似ている果実です。見はやや細長く、食べることができ、食べると甘酸っぱい味です。美味しいため、ガーデニングを楽しみながら、育てることができます。

また、ガーデニングだけではなく、家庭菜園で隙間にシロバナノヘビイチゴを植えることにより、ついでに育てることもできます。原産国は日本であり、自生地として盛んです。そのため、日本の気候に適しているということもあり、育てやすいという利点があります。ガーデニングの色使いだけではなく、食べれるということは、とても嬉しいことです。

また、似たような名前の植物に、ヘビイチゴという植物がありますが、別物です。ヘビイチゴは、白い花を咲かせませんし、身も丸く育ちます。また、果実も違い、あまり美味しくないため、食用に向きません。そのため、食べることに重点を置けばシロバナノヘビイチゴの方が美味であり、見た目もラズベリーに似ているため、綺麗に映えます。

また、ヘビという名が付いていますが、ヘビが食べるわけではありません。そのため、安心して育てることができます。特徴としてはもう一つあり、茎は分岐茎です。そのため、地面を張ったような状態で成長します。あまりにも伸びすぎると困る場合は、きちんとカットすることで、伸びすぎを防ぐことができますが、その伸びが逆にガーデニングした庭を映やす役割を持つことも数多く存在します。

pixta_ryoubu

リョウブの育て方

両部の特徴においては、まずは種類があります。ツツジ目、リョウブ科になります。落葉小高木になります。若葉に関しては古くから...

pixta_faiusu

ファイウスの育て方

花においては、ラン目、ラン科、カンゼキラン属とされています。園芸上はランになり、多年草として育てることができます。花の高...

pixta_kuromoji

クロモジの育て方

クロモジは原産国が日本の植物になります。本州や四国、九州といった幅広い地域を生息地としている植物です。クロモジはその独特...

pixta_redama

レダマ(スパニッシュブルーム)の育て方

レダマ(スパニッシュブルーム)は、マメ科の低木になります。主に、南ヨーロッパとカナリア諸島が原産地になります。世界各地の...

pixta_mandevila

マンデビラの育て方

メキシコやアルゼンチンなどの中米から南米などが生息地のつる性の植物です。ディプラデニアという名前で呼ばれていたこともあり...

pixta_ryuunohige

リューノヒゲの実の育て方

別名ジャノヒゲとも呼ばれるのがリューノヒゲの実であり、国内での生息地は北から南にかけてで、山地の林などに生息し、原産地は...

pixta_kobusi

コブシの育て方

早春に白い花を咲かせるコブシは日本原産です。野山に広く自生していたことから、古くから日本人の生活になじみ深い植物でもあり...

pixta_miyamakinbai

ミヤマキンパイの育て方

バラ科のキジムシロ属であり、原産国は日本や韓国、中国の高地になります。日本では、北海道から本州の中部地方にかけて分布して...

pixta_gasteria

ガステリアの育て方

ガステリアは、ススキノキ科、ガステリア属になります。小型の多肉植物です。日本ではマイナーな植物であり、和名が「臥牛」とい...

pixta_mayumi

マユミの育て方

マユミはニシキギ科に属しますが、ニシキギという名称は、錦のような紅葉の美しさから名づけられたと言われています。秋になると...

スポンサーリンク

pixta_niwatoko

ニワトコの仲間の育て...

ニワトコの仲間は、ヨーロッパや中国や朝鮮にもありますが、...

pixta_shuraburose

バラ(シュラブ・ロー...

バラの歴史はとても古く、恐竜が世界を支配していたころから...

pixta_hiasinsu

ヒアシンスの育て方

ヒアシンスは16世紀前半にヨーロッパにもたされ、イタリア...

pixta_roubai

ロウバイの育て方

強い香りをあたりに漂わせ、どの樹木よりもいち早く春の訪れ...