ひめゆずりはの育て方

ひめゆずりはの育て方

この植物は被子植物で真正双子葉類となります。その中でもコア真正双子葉類にも該当します。ユキノシタ目、ユズリハ科、ユズリハ属に属するようになっています。常緑の高木とされています。潮風などにも強いことから、海岸林において植えられることが多いとされています。ヒメがつかないユズリハとの区別としては、全体的に小ぶりなタイプとされています。

育てる環境について

育て方として環境を知るには日本における生息地を把握しておきます。日本全国で見られるわけではなく、関東地方、北信越までとされています。それより南が主な生息地になっています。北海道であったり東北になると少しむずかしいとされています。これは耐寒性がやや弱いところが原因になるのでしょう。日当たりについては良い所が好まれます。

この木に関しては、一般家庭以外においては、海岸などに植えられる事が多いとされます。海岸といいますと周りにあまり建物などがありませんから遮られることがありません。そのことからも日当たりの良い所でよく育つことがわかります。自宅などにおいても日当たりの良い所を探すといいかもしれません。一旦植えてしまうとそれなりに育ちます。

枝もどんどん増えるでしょうし、木の幹なども太くなります。将来的なことも考えて最も良い日当たりではなくちょっとした日陰にしようとすることもあるでしょう。日陰においても育たないことはありません。耐陰性があるからです。日陰で育てた場合は枝が間延びがちになったりします。

できれば日当たりにしたいところです。土においては乾燥しているよりもやや湿り気がある方が好まれるとされます。また粘り気のある土壌が良いとされます。庭土などがそれに該当する土かどうかです。乾燥にあまり強くない性質になるので、土が乾きやすくないほうが良いとされてます。乾いた風が当たるようなところもあまり適しません。

種付けや水やり、肥料について

栽培上植え付けを行うにあたっての用土としては庭土になるでしょう。庭土においてあまりに適さない時には自分で作るなり配合するなりが必要になってくるでしょう。あまり適さない土の場合においては、堆肥と腐葉土などの有機質が含まれた土を混ぜるようにします。こうすることで土壌の湿度が高くなりやすくなります。

水をまいたときにどんどん抜けていくのではなく、しばらくキープするような土がいいとされています。水やりについてはどのようなタイミングで行うようにするかですが、ほぼ庭植えになるでしょう。植木鉢で育てようとする人はいないでしょう。この場合においては、土さえ保水力があるのであればあまり考える必要はありません。

日本は1年を通して平均的に雨が降ってくれます。確かに多少の多い少ないはありますが、他の地域のように雨季と乾季がはっきり分かれているような雨の振り方ではありません。水がなくなったくらいのところでちょうど水分が補給されるようになります。自然にまかせるのが一番でしょう。

もちろんあまりにも雨が降らない期間が長く続いたのであれば水を与えても問題はありません。ただし毎日のようにたっぷり与えるなどは必要ありません。肥料に関しては、2月から3月にかけて堆肥、鶏糞などの有機肥料を与えるようにします。痩せすぎた土地の場合葉っぱが時期はずれに落ちることがあります。木に元気がない状態なので、窒素分を控えたタイプの肥料を与えます。

増やし方や害虫について

自宅内にあまりこの木がたくさんあっても困るかもしれません。大きなお屋敷なら数本あってもいいでしょうが、一般的な住宅だとそれ程庭も大きくないでしょう。となると一本丈夫な気があれば十分のようにも感じられます。でももう一本欲しい、別の家庭の庭用にもう一本育てたいと考えることがあります。増やし方としては種まきをすることができます。

さすがに木になると株分けはできません。行う方法としては種をまくことで行うことができます。花については咲いたかどうかわからないようなものが咲きます。そしてその後に実がなります。最初実は赤い状態ですが、この状態ではまだ熟していません。熟してくると赤紫から更に黒紫色になってきます。

この果実を採取しておき、乾かさないように砂に貯蔵しておきます。実際に種をまくのは春の暖かい時期です。秋であったり冬などにまいてはいけません。成長するようになるとかなり大きくなることもあります。そのために枝を切る作業などが必要になることがあります。日陰において間延びしている場合などに行っておきます。

きれいに切り詰めておくと、そこに新しい枝を出させる事ができるようになります。枝葉が密集している場合においても大きな葉に遮られるようになることがあります。そうすると枯れやすくなることがあるので枝を少し切るようにします。全体的に日当たりがよく当たるようにします。病気や害虫などはあまり心配する必要がない木になります。

ひめゆずりはの歴史

縁起を担ぐ人はいるでしょう。うまくいった時のことを真似て行ったり、昔から良いと言われれている方法を行うようにしたりすることがあります。昔からある風習においては伝統的に縁起の良い物を使うことがあります。長い年月が経つとそれが何のために使われているのかをあまり知らないこともあります。

その意味などを知っておくと実際に使うときにありがたみが分かりますし、それを意識して生活していこうと考えることもあるかもしれません。縁起が良い植物として知られているのがひめゆずりはと呼ばれているものがあります。こちらにおいては元々はゆずりはと呼ばれる種類があって、

そちらに比べて少し木が小さいなどの種類からひめと付けられています。ではなぜゆずりはと呼ばれるようになったかですが、これはこの植物の葉の付き方、遠方に由来するとされています。一般的な樹木の葉っぱに関しては、新しい葉っぱが育つと古い葉っぱが落ちていきます。この植物においては単に新しい葉っぱが生えたからといって古い葉が落ちるわけではありません。

きれいに若葉が生えそろったときに古い葉が待っていたかのように一斉に枯れ落ちるようになっています。人間の社会における世代交代がうまく行われているとされています。家が続いていくにはこのようなことが必要なので、木においてそのようなことをしているのは非常に演技が良いとのことで正月などの飾りにおいては古くから使われていたとされています。

ひめゆずりはの特徴

この植物は被子植物で真正双子葉類となります。その中でもコア真正双子葉類にも該当します。ユキノシタ目、ユズリハ科、ユズリハ属に属するようになっています。常緑の高木とされています。潮風などにも強いことから、海岸林において植えられることが多いとされています。ヒメがつかないユズリハとの区別としては、全体的に小ぶりなタイプとされています。

原産地は日本もありますが、中国や朝鮮半島などでも見ることができます。生息地としてはアジア周辺になってくるのでしょう。花が咲きますが、開花時期としては5月から6月くらいとされています。育てる上での難易度としては育てやすくなっています。耐寒性は多少弱いところもありますが、耐暑性があるとされています。

木の高さは3メートルから10メートルくらいです。ユズリハは10メートル以上のことが多いですが、この植物はそれ以上になることは少ないです。この植物においては、枝先に葉を束生させるタイプになります。葉が単葉で互生でつくようになっています。葉の形は楕円形ですが、一般的な植物の葉っぱにしてはやや長めの印象がある葉っぱになります。

超楕円形、狭長楕円形と言われることもあります。葉っぱの長さは大きいもので12センチぐらい、幅は5センチぐらいです。葉っぱの表面については濃い緑色で艶があります。裏側は淡い緑色で艶はありません。花は咲きますが花びらがないタイプなのであまり咲いている様子はわかりません。赤い実がなります。

pixta_tamagayaturi

タマガヤツリの育て方

タマガヤツリはカヤツリグサ科の一年草で、湿地帯に多く見られます。生息地は日本においてはほぼ全土、世界的にみても、ほぼ全世...

pixta_shusuran

シュスランの育て方

シュスランはラン科の植物です。ランという名前がついていますが、洋ランのように大きな花を咲かす植物ではなく、比較的小ぶりの...

pixta_ichijiku

イチジクの育て方

イチジクのもともとの生息地はアラビア半島南部、メソポタミアと呼ばれたあたりです。文明発祥とともに身近な食物として6000...

pixta_yabumyouga

ヤブミョウガの仲間の育て方

ヤブミョウガはツユクサ科の花です。したがって、ヤブミョウガの仲間はミョウガではなくツユクサです。ちなみに、ミョウガは歴史...

pixta_minimeron

メロンの育て方

園芸分野では実を食用とする野菜、「果菜」とされています。青果市場での取り扱いや、栄養学上の分類では果物や果実に分類されて...

pixta_keitou

ケイトウの育て方

ケイトウの原産地は、アフリカやアジアの熱帯地方であるとされており、主な生息地としても熱帯アジアインド方面です。日本へわた...

pixta_kagabuta

カガブタの育て方

この植物は、ミツガシワ科アサザ属の多年草ということで、湖沼やため池などにみられる水草ですが、原産地及び生息地はアジア、ア...

pixta_gama

ガマの育て方

多年草で、水中の泥に地中茎を伸ばし成長します。ガマの穂と呼ばれる円柱型の穂をつけます、冬には枯れて根茎のみになります。ガ...

pixta_ivyzeranium

アイビーゼラニウムの育て方

アイビーゼラニウムは南アフリカのケープ地方原産の植物です。科名はフウロソウ科で、テンジクアオイ属です。テンジクアオイ属は...

pixta_umemodoki

ウメモドキの育て方

ウメモドキは、日本の本州、四国、九州、そして中国原産の落葉低木です。モチノキ科モチノキ属に分類され、生息地は暖帯の山間部...

スポンサーリンク

pixta_asupara

アスパラガスとスイゼ...

まずはアスパラガスの育て方を説明します。保健野菜で有名な...

pixta_minimeron

メロンの育て方

園芸分野では実を食用とする野菜、「果菜」とされています。...

pixta_karatea

カラテア(Calat...

カラテアの名前はギリシャ語のかごという意味があるカラトス...

pixta_kutinasi

クチナシの育て方

クチナシの原産地は日本、中国、台湾、インドシナ、ヒマラヤ...