クレマチス ネリー・モーサーの育て方

クレマチス ネリー・モーサーの育て方

この花についての特徴としては、まずはキンポウゲ目、キンポウゲ科、キンポウゲ亜科の種類となります。さらにセンニンソウ属に属するとされています。多年草として知られているので、一度さけばそれ以降も花をつけていくれる楽しみな花になります。

育てる環境について

栽培をするときにおいて育て方で重要な環境はどういったところになるかです。まず日本であれば比較的どこでも育てることができます。寒さ、暑さにも特に強いわけでも無く弱いわけでもない花になります。初心者でも簡単に咲かせることが出来る花として知られているので、育てやすくなっています。まずは日差しがどのようになっていないといけないかがあります。

日光を非常に好む花ですから、必ず日の当たるところに置くようにします。どのくらいあたっていると良いかですが、1日中当てる必要はありません。半日程度当たっていれば十分とされています。それくらいの日差しがあれば生育してくれます。半日陰程度の明るさがあっても育てることが出来るようになるので、少し暗めの庭であっても特に問題なく育てられるようになっています。

置き場として風通しについて考える必要があります。風通しをあまり考えすぎると強い風が直接当たることがあります。つる性なのでそれ程丈夫な花ではありません。そのことから風が強かったりするとつるが切れてしまう可能性があります。風通しをあまり重視しすぎないことも必要になってきます。

水はけに関しては良い土地が必要になってきますが、庭土においてあまり水はけが良くない場合においては調整をすればいいでしょう。自分で育ちやすい土を入れることで対応はいくらでも行うことができます。ホームセンター等で販売されている土をそのまま使うことも可能です。

種付けや水やり、肥料について

育てるにあたっての用土をどのように作ればよいかですが、水はけを中心に考えます。更には肥料を与えた時にしっかりと肥料が持つような土も必要になります。水はけだけを考えてしまうと肥料がとどまらずに流れてしまうことがあります。流れてしまってはせっかく与えたのに栄養分を吸収することができなくなります。

配合としては、硬質の赤玉土を用います。小粒から中粒ぐらいのものを選ぶと良いとされています。更には硬質の鹿沼土を使います。更には完熟の腐葉土を使います。それぞれをだいたい同じような割合で混ぜたものであれば丁度良い具合の土にすることができます。水はけがよく、更に肥料についてもしっかり行き渡るような土になります。

ホームセンターによってはこの花専用の土を用意してくれていることもあるので聞いてみると良いかもしれません。植え付けをするのは真夏以外とされています。その他の季節においては特に行ってはいけない季節などはありません。植え替えに関しても行うことができ、休眠中を狙って行います。

12月くらいから2月ぐらいに休眠期になりますから、その頃に行うようにします。植え替えに関しては同時に剪定なども行います。花が終わった後などに一緒に行うようにすれば作業も一回で済ませることができます。年末年始などに行おうとすると非常に忙しい時期になるので細かいことができない場合があります。分けてしないといけないと時間も手間もかかってしまいます。

増やし方や害虫について

増やし方として行うのがいいのがさし木があります。行う時期は4月から7月ぐらいです。清潔な用土を利用します。今まで使っていたような土では少し成長が良くなくなります。新たに作るといいでしょう。その年に伸びたつるをきり、それを挿し穂にします。数箇月ほどで発根することができます。つる伏せと呼ばれる方法でも増やすことが可能になります。

これは親株とつながったまま節から根を出させる方法になります。そうすると新しい株ができます。これに関しては4月から7月ぐらいをめどに行うようにします。前年から今年にかけて伸びているつるを地中に埋めます。翌春にそのつるを軽く引っ張ってみます。抜けなければそれで発根掛完了しているので、そのまま成長を待つことになります。

病気の心配としては立枯病があります。土に問題があると起きることがあります。あまり成熟していない腐葉土などを混ぜた時にこの状態になってしまうことがあるので注意が必要です。初心者でも比較的育てることは簡単ですが、土の作り方においてはなかなか本格的にできないことがあります。

知り合いの人などにどのように作ればいいかを聞いておきます。風通しなどにも気をつけます。どんどん増えた状態になると風通しが悪くなって病気になることがあります。害虫として発生しやすいのがアオムシやナメクジなどになります。葉が加えてしまうのであまりみためがよくなくなります。その他の虫の幼虫が原因になることもあります。

クレマチス ネリー・モーサーの歴史

地球は丸いとされています。性格な丸ではないでしょうが、ある程度は球形をしています。それが太陽に対して傾いた状態でまわっています。もし平行に回っているとしたら南半球と北半球の違いはあまりないかもしれません。実際のところは少し傾いた状態で回っているとされています。

そのため、北半球と南半球では少し気候などにおいては違いが出ることがあるようです。日本においては北半球ですから、北半球の気候などが主に該当してきます。夏と言われる6月から8月が暑くて12月から2月は寒いです。南半球になるとそれが逆になるとされています。花においても南半球か北半球かによって咲き方が異なる場合があるようです。

この花については北半球でしか見られない、南半球でしか見られない、中央部分でしか見られないなどが存在するとされています。クレマチス ネリー・モーサーに関しては今のところは北半球が原産、生息地とされていて、あまり南半球では見られないとする歴史があります。日本に古来かららある種類も存在するので日本が現在としている種類もあります。

非常にきれいな花において日本でしか見られないものがあるのは日本人にとっては嬉しいです。一方で日本では見られない種類もあるとされていますから、他の種類についても見てみたいでしょう。かつては貿易の航行において取引がされたりしていたことがあるようですが、現在においてはより自由にやりとりがされているので多くの花がやってきます。

クレマチス ネリー・モーサーの特徴

この花についての特徴としては、まずはキンポウゲ目、キンポウゲ科、キンポウゲ亜科の種類となります。さらにセンニンソウ属に属するとされています。多年草として知られているので、一度さけばそれ以降も花をつけていくれる楽しみな花になります。特に花の観賞価値の高いものについてこのように名付けられているようです。

草の丈としては2メートルから4メートルとかなり大きなタイプになります。花が咲く時期としては四季咲きになり、4月から10月にかけて長く楽しむことが出来るようになっています。花の色については必ずしも一つではありませんが、ピンク色と白のコントラストのものがよく知られています。その他には薄いブルーが入っているものも知られています。

形としてはマーガレット形になっていて14センチから18センチの比較的大きな花を咲かせるようになっています。茎においては落ち葉つる性になっています。つるが伸びて、それに花がどんどん咲くような形になっています。花の見た目としては星のようにみえることもあります。花びらの枚数は7枚であったり5枚などの種類があります。

花びらは真っ白の状態で中央にピンクの色が入っているような色合いになっています。中央ほど濃い色になっていて、外に行くほど徐々に色が薄くなっているタイプになっています。中央部分は非常に赤くなっているのが特徴的といえるでしょう。花びら以外の部分に関しても豪華に広がっています。

pixta_guroriosa

グロリオサの育て方

グロリオサはアフリカ、熱帯アジアが生息地で5種が分布するつる性植物です。グロリオサの名前はギリシア語の栄光ある、名誉ある...

pixta_bazil_02

バジルの育て方

原産国や生息地はインド地方といわれ、ヒンドゥー教の神に捧げる高価な植物だったのです。人々の幸福を願う意味が込められ、寺院...

pixta_minikabotya

ミニカボチャの育て方

ミニカボチャをはじめとするカボチャの原産地は、インド地方やナイル川の沿岸地域、南米大陸北部のペルー、アンゴラなど様々な学...

pixta_uramurasaki

ウラムラサキの育て方

ウラムラサキの歴史に関しては、ミャンマーやタイが原産地となっています。現在でもこれらの地域が生息地となっています。ミャン...

pixta_shuumeigiku

シュウメイギクの育て方

シュウメイギクは中国が原産とも言われています。中国では根を解毒・解熱に使用されてきました。日本でも古くから本州、四国、九...

pixta_fuuran

フウランの育て方

原産地は日本(関東南部・以西)、朝鮮半島、中国南部です。ラン科のフウラン属に分類され、日本では江戸時代から園芸植物として...

pixta_daria

ダリアの育て方

ダリアの原産国はメキシコとされ、ダリアという名前はスウェーデンの植物学者に由来しています。ヨーロッパでの栽培が始まったの...

pixta_okinawasuzumeuri

オキナワスズメウリの育て方

この植物は被子植物に該当します。バラ類、真正バラ類のウリ目、ウリ科になります。注意しないといけないのはスズメウリ属ではな...

pixta_tionodokusa

チオノドクサの育て方

チオノドクサという植物は東地中海クレタ島やトルコの高山が原産で、現在ではヨーロッパの山々を生息地とする高山植物の一種です...

pixta_niseakasia

ニセアカシアの育て方

ニセアカシアは北米原産のマメ科ハリエンジュ属の落葉高木です。北アメリカを生息地としていますが、ヨーロッパや日本など世界各...

スポンサーリンク

pixta_dodonaena

ドドナエアの育て方

ドドナエアという木は葉を楽しむ木です。原産はオーストラリ...

pixta_himejoon

ヒメジョオンの育て方

ヒメジョオンは、北アメリカが原産の植物で、明治維新で日本...

pixta_kyuuri

キュウリの育て方につ...

キュウリは、夏を代表する野菜であり、カリウム・ビタミンC...

pixta_suisen

スイセンの育て方

スイセン、漢字で書くと水仙。この植物は、ヒガンバナ科(旧...