植物の栽培の常識について

植物の栽培の常識について

植物の栽培にはいくつかの常識があり、これらの常識を守る場合と破る場合とでは植物の生育に歴然とした差が生まれます。以下に、多くの植物に共通している栽培に関する鉄則を記述することとします。

種蒔きや植え付けについて

まず種蒔きや植え付けの時期を守ることは正しい育て方としてどうしても無視することができません。種類によってはほぼ一年中種蒔きや植え付けが可能であるものの、最適な時期と可能な時期とが一致するとは限らないのでその点に於いて大なり小なりの注意が必要となります。

包括的に言って、種蒔きや植え付けに適している時期は春、そうでない時期は冬となっている傾向にあります。尤も、屋内やビニールハウスで栽培する場合にはそこまで季節の影響に左右されることもありません。

水やりについて

次に水やりの量や回数、水やりの方法なども育て方として重要であると言えます。量や回数は夏場ならば多めに、冬場ならば少なめにするといった基準を設けることが適切です。とりわけ冬場に水をやり過ぎると霜ができて植物が枯れてしまう危険性があります。

その方法としては、対象に漫然と如雨露やホースで水を注ぐだけでなく、スポイトで水を少しずつ染み渡らせる、霧吹きで潤すなどといった具合に多様なものが存在しております。

剪定や間引きについて

種や苗の数によっては間引きを行わなければなりません。葉が萎れているもの、色褪せているものなどは早期に除去してしまうことが望まれます。特に芽や苗が密集している場合にこそ間引きの必要性が高まります。

但し間引きの意義は個体を少なくして養分を集中させることで十分に育った個体を得ることにあるため、小さな個体を多数育てることに意義を感じるという場合には間引きという行為の結果が寧ろ非合理に働く場合があります。

その他の注意点

植物の種類によって日照を調整することも必要であり、概して日照が多ければ成育が促進され、少なければ成育が緩やかになります。夏場の場合は直射日光が植物に当たると熱で植物が弱り、場合によっては枯れてしまうこともあるので正しい栽培を実践する際にはその点に於いて留意されるべきであります。

そして害虫や病原菌を除去することも疎かにすることができません。観賞用の場合は害虫を駆除する際に殺虫剤を噴射することも手段として取られます。これが食用となると折角栽培した個体が作物として成り立たなくなるので、きちんと手で害虫を摘み取ったり公式に認可を受けた農薬を撒布したりすることが適切です。

害虫を駆除すれば同時に病原菌を除去することに成功するケースもあります。病原菌は害虫だけでなく連作障害による細菌やウイルスの異常繁殖によってもたらされる場合もあるので、連作を避けることも正しい植物の育て方として行うべき努力と言えます。

pixta_katanake

カタナンケの育て方

カタナンケの草丈は約40㎝ほどになります。寒さに弱い性質を持っている為、冬の時期は霜よけをしてあげる必要があります。また...

pixta_kinnsiuri

キンシウリの育て方

キンシウリは19世紀末期に中国、朝鮮半島から日本に伝わった覚糸ウリ(かくしうり)が訛って、呼び名がついたと言われています...

pixta_kintokisou

金時草の育て方

金時草は学名Gynura bicolorと呼ばれています。金時草の名前の由来は、葉の裏面の色が金時芋のように美しい赤紫色...

pixta_kokutan

コクタンの育て方

コクタンは、カキノキ科カキノキ属の常緑葉樹ということですが、柿の木自体も非常に硬い木ですので、同じような特徴を持っている...

pixta_lemon

レモン類の育て方

レモンと言えば黄色くて酸っぱいフルーツです。レモン類には、ライムやシトロンなどがあります。ミカン科、ミカン属になっており...

pixta_geum

ゲウムの育て方

ゲウムは、バラ科 のダイコンソウ属(ゲウム属)であり、日本のに山に咲く「ダイコンソウ」と同じ仲間です。そのためゲウムを「...

pixta_yuzurui

ユズ(実)の育て方

ユズの実の特徴として、成長して実をつけるまでの時間の長さが挙げられます。桃栗八年とはよく聞くことですが、ゆずは16年くら...

pixta_homeria

ホメリアの育て方

ホメリアは庭植えの場合に関しては、数年植えっぱなしでもそのままの状態で育つことができます。毎年球根を掘り上げるよりも、花...

pixta_saboten11

サボテンの栽培や育て方について

私はサボテンを育てた事があります。サボテンは植物の中でも育て方としては、比較的栽培しやすい方だと思われているかと思います...

pixta_tougarashi_01

唐辛子の育て方

中南米が原産地の唐辛子ですが、メキシコでは数千年も前から食用として利用されており栽培も盛んに行われていました。原産地でも...

スポンサーリンク

pixta_wata

ワタ(綿)の育て方

その後インドでは、この植物の栽培が盛んになり、それは最近...

pixta_potentexira

ポテンティラの育て方

この花の科名としてはバラ科になります。キジムシロ属、ポテ...

pixta_aronsoa

アロンソアの育て方

この花については、ゴマノハグサ科、ベニコチョウ属になりま...

pixta_vanila

バニラ(Vanill...

バニラは古くから香料として用いられていました。現在でもア...