ドルステニアの育て方

ドルステニアの育て方

ドルステ二アはクワ科の植物で、アフリカ東部のケニアやタンザニアのあたりから、海を挟みアラビア半島の紅海沿岸が原産となり生息地もかなり広範囲にわたっているでしょう。岩のある場所の陰になっているあたりに自生していますので探してみるといいかもしれませんね。

育てる環境について

栽培するには日当たりは必要になるでしょう。ドルステニアは明るい場所が大好きな植物です。ですからできるだけ明るい場所を探し、そこに置いてあげるようにしましょう。理想的なのは1年を通して明るい場所で育ててあげる事ですが、夏場の強い光はあまり好ましくありませんので気をつけましょう。確かに明るい場所が好きなのはそうですが、

あまりにも日光が強すぎると葉っぱや茎が赤くなって焼けてしまいますので注意が必要です。夏場は直射日光が当たらないように気をつけてあげましょう。少し場所を移動して光がほどよく入る場所にしてあげるか、遮光するなどして対策をたててあげます。また春は成長期になりますので日当たりのいい場所において、たくさん日光を浴びせてあげましょう。

そうすることでしっかりと育ってくれます。また、秋から冬、春になるまではどうしても日当たりが弱くなってしまいます。明るい場所が大好きですから、できるだけそうした場所を探し移動させてあげるといいでしょう。しっかりと太陽の光を浴びせるとそれだけ強くなりますし、冬場の耐寒も増してきます。

耐寒温度は3度くらいのようですが、10度くらいで保てるようにしておくといいでしょう。ドルステニアの育て方としてはやはり日当たりが重要なポイントになるでしょう。明るい場所が好きという事を念頭におき、常にそうした環境づくりをしてあげるといいでしょう。夏場の直射日光に注意し、あとはたっぷりと光を浴びせてあげるようにします。

種付けや水やり、肥料について

ドルステニアの水やりですが、乾燥しすぎるのはよくありません。特に成長期はたっぷりと水をあげるようにしましょう。成長期はだいたい夏場になるのですが、土も乾きやすいので注意します。この植物は日光を浴びるのも大好きですが、成長期は特に水もたくさん欲しいです。どんどん成長している時期は特に毎日水をあげても大丈夫でしょう。

水が途切れることがないように様子を見ながらあげていきます。ただ秋口に入り暑さが落ち着いてきたら水の量も減らしていきましょう。この頃から葉が落ちてきますが、それくらいから春になるまでは水の量を減らしていきます。断水気味でもいいでしょう。また休眠期になるとつい水をあげるのを忘れてしまいがちですが、それだと枯れてしまいます。

休眠期でも根は生きていますので少しでいいですから水をあげるようにしましょう。春になって芽がでてきたら再び水の量を増やしていきます。ただ芽がでたからといって急にたくさんの水をあげるのではなく、徐々に増やしていくようにします。その他、肥料については成長期に与えるようにします。

成長期は夏場になりますが、液体肥料を少し薄めたものでいいでしょう。また用土にしっかりと発酵した有機質肥料や緩効性肥料などを加えてあげるのも有効です。成長期は特にぐんぐん大きくなりますので、たくさんの栄養が必要となりそうです。液体肥料を与え、乾燥しないようにたっぷりと水やりなどもするようにしましょう。

増やし方や害虫について

ドルステニアは種で増えていきますが、比較的簡単にたくさん増やす事ができるのではないでしょうか。雌花と雄花があり自家受粉で増えていきます。雌花が先に咲きますが、よく見ると細い針のような雌しべがたくさんついています。1つの花につき1つの雌しべができますので、そこにたくさんあればそれだけ花が密集している事になります。

また雌花が咲いてしばらくしてから雄花が咲きはじめます。雌しべがはえてくるのですが、そこに雄花が咲き白っぽい葯が見られるでしょう。そこで自家受粉となり種をつけますが、ちょっと手で触ってみると勢いよく種が飛び出す事もあるでしょう。パチッと音がして目にもとまらぬ速さで飛んでいくのでどこにいったかわからなくなることもしばしばです。

気温がそれなりにあって暖かい場所ならどこでも育ちますので、室内だとすぐに芽がでてくるのではないでしょうか。勢いよく種が飛び出ますので、芽がでて初めて飛んで行った場所に気づかされることもあるでしょう。自分では蒔いたつもりがなくてもあちらこちらで顔を出すかもしれません。

また種が飛び出す際はとても勢いがありますので、思っていた以上に遠くの鉢で芽を出す事もあります。そういった意味ではとてもタフで繁殖する力も強いのではないでしょうか。害虫も特に気をつけるほどではありませんし、初心者の人でも気軽に育てる事ができるでしょう。いろいろな形のものがありますのでたくさん集めて楽しむのもいいでしょう。

ドルステニアの歴史

ドルステ二アはクワ科の植物で、アフリカ東部のケニアやタンザニアのあたりから、海を挟みアラビア半島の紅海沿岸が原産となり生息地もかなり広範囲にわたっているでしょう。岩のある場所の陰になっているあたりに自生していますので探してみるといいかもしれませんね。また名称にドルステ二ア・フォエチダとありますが、

このフォエチダには意味があり、ラテン語で「悪臭がする」という事のようです。ただ実際にはそういった悪臭はありませんので心配はないでしょう。先程述べましたが、ドルステ二アは広範囲にわたって生息していますので種類もそれなりに多くあるようです。生息している地域によっても環境の違いがありますし、

そういったことも関係しているのではないでしょうか。同じ植物でも形などいろいろなものがありますので楽しんでみるのも面白いかもしれません。パッと見は同じ植物とは思えないくらい違っている物もあります。とても背が高い物もあれば低い物もありますし、いろいろ集めてみたくなるのではないでしょうか。

岩場などに自生していますが、環境の影響を多く受けますので地域によって育ち方も違ってくるのでしょう。あちらこちらのものを収集してみると違いがわかって面白そうです。また実際にその形の面白さにひかれ、たくさんのドルステ二アを収集している人もいるようです。もともとの形もユニークですから部屋の中に1つあるだけでも退屈しないのかもしれません。

ドルステニアの特徴

ドルステ二アは広範囲にわたって生息しています。また自生しますのでその環境によって形もいろいろでしょう。同じ植物とはわからないくらいバラエティーに富んでいます。どっしりとした茎が印象的ですが、自生している場合はわりと大きく育つようで30センチから40センチくらいの大きなものとなりそうです。

ただ室内などで栽培する場合はやや小ぶりとなり、20センチくらいにおさまります。茎の部分は多肉質でどっしりとしていますが、もともとそこには葉がありその葉が落ちた後がでこぼこに残っている状態です。普通、茎というとなめらかなものをイメージしますが、この植物の場合はそうではなくボコボコしたところが特徴です。

またその茎の先には落ちないで残っている楕円形の葉がついています。その他花も咲きますが、その形もまたユニークなものとなっています。花と言うと花弁があってきれいなものと思われがちですが、ドルステ二アの花は少し不思議な形をしています。緑の太陽というかヒトデにも見えるかもしれません。花弁とは思えないような突起が飛び出ていて、

最初は花と気がつかないこともあるでしょう。太いデコボコの茎とそこからすらりと楕円形の葉っぱが飛び出ています。また季節になるとヒトデのような不思議な形の花がつき、さらにユニークさを増していくでしょう。いつまででも見ていたいような植物かもしれません。愛好家も多く、たくさんの種類を集めている人も多いでしょう。

pixta_heriasans

ヘリアンサスの育て方

特徴としてはまずどの種類に属するかがあります。キク科のヘリアンサス属と呼ばれる種類に該当します。ヒマワリ属としても知られ...

pixta_erigeron

エリゲロン・カルビンスキアヌの育て方

エリゲロン・カルビンスキアヌはロッキー山脈からメキシコにかけてまでの北アメリカを原産とし、現在生息地を世界中に広げている...

pixta_gajumaru

観葉植物を育ててみよう

初めての人でも比較的簡単に栽培することが出来る観葉植物の育て方について記述していきます。まず、観葉植物と一口に言っても、...

pixta_kriptansas

クリプタンサスの育て方

クリプタンサスはブラジルに広く分布している多年草で多くの場合は森林の中で自生しているのですが、個性的な葉の色の物が多いこ...

pixta_bllnevila

ブルビネラの育て方

ブルビネラは南アフリカやニュージーランドを原産とする花であり、日本で見ることが出来るようになってきたのはごく最近のことで...

pixta_guramato

グラマトフィラムの育て方

グラマトフィラムの原産は東南アジアで、暑い地域の植物です。生息地では12種の原種があります。洋蘭の一種で、熱帯からヨーロ...

pixta_siraneaoi

シラネアオイの育て方

シラネアオイの原産地は、日本で日本固有の壱属一種の多年草の植物ですが、分類上の位置が二転三転してきた植物でもあります。昔...

pixta_nejibana

ネジバナの育て方

もともと日本では江戸時代に栽培されていた植物です。別称であるモジズリ(捩摺)は、かつて都で重宝された絹織物シノブズリ(忍...

pixta_okisipetaram

オキシペタラム(ブルースター)の育て方

オキシペタラム(ブルースター)は和名では瑠璃唐綿と呼ばれるトゥイーディア属キョウチクトウ科の植物です。原産はブラジル南部...

pixta_saboten12

植物の育て方の楽しみについて

家の中で育てる植物には、いわゆる観葉と菜園の2種類があります。いずれについても多様な種類が存在しますが、ある程度成長した...

スポンサーリンク

pixta_baobabu

バオバブ(Adans...

バオバブは古くから人類の歴史と深く関わり続けている樹木で...

pixta_susuki

ススキの育て方

ススキはイネ科ススキ属の植物で、秋の七草の一つです。十五...

pixta_agapansasu

アガパンサスの育て方

生息地の南アフリカから明治時代の中ごろに日本に伝わりまし...

pixta_tougan

トウガン(ミニトウガ...

トウガンは漢字で書くと冬瓜と書きますが、冬の瓜と言う事か...