植物の栽培とこの育て方とこの種まきのやり方

植物の栽培とこの育て方とこの種まきのやり方

趣味としてガーデニング等をしている方々は大勢いますが、野菜等の栽培をしたり、この育て方やこの種まき等の知識を身につけることは必要不可欠になります。

趣味としてガーデニングについて

このような野菜等の栽培の方法やこの育て方、またこの種まき等に関して専門のサイトをネット上からみて知識を得たり、専門の書籍を見て知識を吸収することで楽しくガーデニング等をしてよい趣味にすることができます。

庭を使ってこうした植物の栽培等をすることができますが、マンション等に住んでいるような場合でもこうした趣味をすることができます。ベランダ等の小さいスペースを利用してこうした野菜等の種まきをしたり、この栽培をしてみることができ野菜等の育て方を知って楽しむことができます。

こうした趣味のガーデニングでは簡単に道具を揃えることができるようになっており、身近な所でこれらの様々な野菜等を育てて楽しむことができます。この他に趣味として家庭菜園をやってみることができ、いい趣味になります。こうした家庭菜園では、様々な野菜について栽培等を学ぶことができます。

ラディッシュの育て方

例えばラディッシュの育て方に関しては、先ずは種のまきすぎには注意をすることが必要になります。この種まきをするような場合には間引きが大変になるので、頭に入れておく必要があります。このラディッシュの栽培に関しては知識を学ぶことにより、家庭菜園にて育てていくことができます。

こちらのラディッシュの育て方も凄く詳細に書いてあり、参考になります♪

ラディッシュの栽培のコツ

余暇を有効に利用したり、趣味を持つような場合には家庭菜園にて野菜等を育てて楽しい時間を過ごすことができます。ラディッシュの栽培のコツでは畑をよく耕すようにすることが大事になり、苦土石灰等を用意するようにします。

こうして土がやらかくなると、良いラディッシュを収穫することが可能になります。発芽をするまでにはしっかりと水をまくことが大事になります。この種まき等ではすじまきが適していますが、土壌にすじ状のまき溝を作るようにして溝に沿ってまいていき、指先をひねるようにしてまきます。

また隣のすじとの間隔には注意をして10センチ位を離すことにより、うまく育てることが可能になります。この他最初の間引きが重要になりますが、育ち方がいいものを残して間引きをします。この間引きの時期が重要となり、早めのタイミングで行なう必要があります。

また使用する苦土石灰に関しては、石灰とマグネシウムが混ざったものになります。野菜は弱酸性の土にてよく育つようになりますが、このため土にはこのような苦土石灰が必要になります。

こうした石灰は土壌の酸度調整に使用されていますが、酸性になっているとこれにより中和をすることができるので野菜にとって適した土壌になります。またこの入れ過ぎには注意をする必要があります。

こちらのミヤマホタルカズラの育て方の記事も興味深いです♪

pixta_orenjirui

オレンジ類の育て方

インドのアッサム地方が生息地のオレンジ類は、中国からポルトガルに渡ったのは15世紀から16世紀はじめのことでした。地中海...

pixta_nabana

ナバナ類の育て方

ナバナ類と人類との歴史は古く、その関わりは現代でも続いています。地中海沿岸が原産の野菜であり、最初の利用は麦畑を生息地と...

pixta_nanakamado

ナナカマドの仲間の育て方

ナナカマドの仲間は、バラ科の落葉高木で、学名がSorbuscommixta、漢字で「七竈」と書きます。「庭七竈」は、学名...

pixta_newsilan

ニューサイランの育て方

ニューサイランはニュージーランドを原産地としている植物であり、多年草に分類されています。ニューサイランはキジカクシ科、フ...

pixta_rupinas

ルピナスの育て方

特徴の1つは寒さに強く、暑さに弱い事があります。具体的には寒さであればマイナス5℃程度まで耐えられます。外に置いておいて...

pixta_rukuria

ルクリア(アッサムニオイザクラ)の育て方

花の種類としてはアカネ科となっています。花が桜に似ていることからバラ科かと考えがちですがそうではありません。桜とはかなり...

pixta_tatitubosumire

タチツボスミレの育て方

タチツボスミレに代表されるスミレの歴史は大変古く、日本でも最古の歌集万葉集にスミレが詠まれて登場するというほど、日本人に...

pixta_barbena

バーベナの育て方

バーベナは、クマツヅラ科クマツヅラ属(バーベナ属とも)の植物の総称です。様々な種類があり、基本的には多年草、あるいは宿根...

pixta_riceflower

ライスフラワーの育て方

ライスフラワーの特徴として、種類としてはキク科、ヘリクリサム属になります。常緑低木です。草丈としては30センチぐらいから...

pixta_miyamakinpouge

ミヤマキンポウゲの育て方

この花の種類はキンポウゲ目、キンポウゲ科、キンポウゲ属です。漢字で記載すると深山金鳳花となります。高山に主に生えることが...

スポンサーリンク

pixta_gongora

ゴンゴラの育て方

花の特徴としては、ラン科になります。園芸分類はランで、多...

pixta_besseraeregans

ベッセラ・エレガンス...

この花については、ユリ科のベッセラ属に属します。花として...

pixta_shefrera11

シェフレラの育て方

シェフレラは台湾や中国南部を原産としたウコギ科の常緑低木...

pixta_kuri

クリ(栗)の育て方

クリの歴史は非常に古いものであり、縄文時代の遺跡である三...