育てやすい観葉植物について

育てやすい観葉植物について

観葉植物のある部屋に憧れを持っていたり、お店やオフィスに観葉植物を置きたいと考えている人は多いです。園芸店やホームセンターなどで観葉植物を購入するにしても、ある程度の知識が無いとどれを選べば良いのか、買ったにしてもどう栽培したら良いのか難しいです。

アイビーの育て方

初心者にとっては手のあまりかからない、育てやすい観葉植物で育て方の基礎を学ぶ事が重要です。育てやすい観葉植物にはどの様なものがあるかいくつかの例を挙げます。まずは「アイビー」です。ヘデラ属に当たるものになります。アイビーとは元々つたと言う意味になります。

どうしてアイビーが育てやすいかと言うと、暑さや寒さに強いので屋内でも屋外でも場所を選ばないという事です。また、陰にも強くなっているので、日当たりがあまりよくない場所でも栽培が可能です。寒暖だけでなく、乾燥にも強いので非常に手軽です。

グランドカバーにも向きますし、寒さに強く冬でも外で栽培が可能なのでフェンスなどに這わせて育てるのもオシャレです。アイビーは水も土が乾いたら与えれば良いだけで、夏場は成長するので毎日与える必要がありますが、冬場などはほったらかしでも大丈夫なほどです。

オーガスタの育て方

他には「オーガスタ」も育てやすいです。見た目は大きな葉なので寒さに弱そうな感じもしますが、霜さえ降りなければ外でも育てる事が可能なほど寒さに強いです。耐陰性も高くて育てやすいのです。

ガジュマルの育て方

葉に蒸散作用があるので、乾燥が気になるお店やオフィス、女性などにも最適になっていて、プレゼントにも良いです。「ガジュマル」なども育てやすい種類です。上記の2つほどではないですが寒さに強く、5℃以上あれば大丈夫なので室内だったら冬でも問題ありません。

ストレリチアの育て方

これも日陰に強くなっていて、場所を選ばないので育てやすいのです。「ストレリチア」も育てやすく人気です。オレンジ色の花が咲くので、緑だけでは味気ないという人にも人気です。オーガスタなども花は咲きますが、こちらの方が咲きやすいのです。これも、陰や寒さに強くなっているので育てやすいです。

ベンジャミンの育て方

他には「ベンジャミン」なども人気です。ベンジャミンはインテリアにもなるようなスタイルで、お店などに置かれている事も多いです。陰にも強いのですが、ベンジャミン自身が暗い所になれるまで落葉してしまうのが難点とも言えます。

寒さに強く、室内であれば冬でも全く問題は有りません。色々なデザインやサイズがあるので、ベンジャミンだけでも楽しみ方が多様になります。この他にも育てやすい観葉植物はたくさんあります。

育てやすい観葉植物の特徴としては、寒さに強かったり陰に強かったり、乾燥に強いなど強健である事が特徴です。初めての人でも非常にハードルの低いものからスタートすると続けやすいです。

観葉植物の育て方など植物の育て方に興味がある方は下記の記事も参考になります♪
タイトル:ネフロレピスの育て方
タイトル:シュガーバインの育て方
タイトル:コクリュウの育て方
タイトル:バニラの育て方
タイトル:アグラオネマの育て方

pixta_astrantia

アストランティアの育て方

アストランティアは原産が中央や西部ヨーロッパのセリ科の宿根草で、生息地はヨーロッパだけではなく西アジアのほうにまで広がっ...

pixta_siperas

シペラスの育て方

シペラスは、カヤツリグサ科カヤツリグザ(シぺラス)属に分類される、常緑多年草(非耐寒性多年草)です。別名パピルス、カミヤ...

pixta_matorikaria

マトリカリアの育て方

花の特徴は、キク科のヨモギギク属とされています。タナセツム属に入ることもあります。園芸分類としては草花に属します。形態と...

pixta_monaruda

モナルダの育て方

この植物に関しては、被子植物に該当し、シソ目、シソ科、ヤグルマハッカ属になります。非常に見た目がきれいな花が咲くことから...

pixta_kaneshon

いろんなものを栽培する喜び。

趣味としてのガーデニングについては本当に多くの人が注目している分野です。長年仕事をしてきて、退職の時期を迎えると、多くの...

pixta_nobiru

ノビルの育て方

原産地や生息地の中国では漢方薬としても利用されていて、すりおろして痒み止めやかぶれ等の付け薬にしているということでした。...

pixta_tanji

タンジーの育て方

タンジーはキク科の多年生草本で、和名はヨモギギクと言います。別名としてバチェラーズボタン・ジンジャープランツ・ビターボタ...

pixta_torebisu

チコリ、トレビスの仲間の育て方

チコリはキク科キクニガナ属の植物で、和名はキクニガナと言います。フランスではアンディーヴと言う名の野菜で、広く生産されて...

pixta_marou

マロウの育て方

マロウは、アオイ科のゼニアオイ属になります。マロウはヨーロッパが原産地だと言われています。生息地としては、南ヨーロッパが...

pixta_meranpojiumu

メランポジウムの育て方

メランポジウムはメキシコや中央アメリカを原産としていて、その用途は鉢植えや寄せ植え、切り花などに用いられています。なお、...

スポンサーリンク

pixta_kibusi

キブシの育て方

キブシは日本の自然の中では、山の中でよく見られる木ですが...

pixta_okisipetaram

オキシペタラム(ブル...

オキシペタラム(ブルースター)は和名では瑠璃唐綿と呼ばれ...

pixta_paseri_01

パセリの育て方

その歴史は古く、紀元前にまでさかのぼります。特徴的な香り...

pixta_gardenshikuramen

ガーデンシクラメンの...

シクラメンの原産はトルコからイスラエルのあたりです。現在...