トマトの育て方について

トマトの育て方について

自宅の庭に花が咲く植物を植えてキレイなフラワーガーデンを作るというのも一つの方法ですが、日常的に使う野菜を栽培することができたらどんなに便利だろうと考える人が少なくありません。

なぜトマトがオススメなのか?

ごくまれに、庭を全部潰して野菜を栽培する人がいますが、そうなってしまうと、もう庭ではなく完全な畑です。気軽に足を踏み入れることなどできなくなってしまいますし、見た目もあまりよくありません。

また、肥料の臭いで近所から苦情を寄せられてしまうこともあります。ですので、実際には花壇の隅っこで、こじんまりと野菜を作ったりするケースが大半です。花壇の隅っこで野菜を作ろうと考えている人におすすめできるのが、トマト作りです。

家庭菜園の栽培、野菜の育て方、野菜の種まきで勉強しましょう♪

トマトの特徴

トマトにはリコピンという健康成分が含まれていますので、継続的に摂取し続けていると、アンチエイジング効果や生活習慣病の予防効果が得られます。生で食べることができますので、サラダの彩りとして使う人が多いですが、焼いたり煮たりすることも可能です。

また、最近ではトマトジャムやトマトゼリーなども登場してくるようになりましたので、幅広い用途に使うことができます。でも、案外値段が高いので、そんなにポンポンと買うことはできません。なので、自宅で育てることができると、とても重宝します。

園芸店やホームセンターへ行くと、トマトの種が販売されていますが、素人が種からトマトを育てるのはなかなか大変ですので、ポット苗を購入することをおすすめします。植え付け時期は、遅霜の心配がなくなる4月下旬から5月中旬頃にかけてです。

トマトの栽培や育て方についても参考になります♪

トマトの育て方

トマトの育て方にはいくつかのポイントがありますが、前の年にトマトを栽培した場所に続けて植えることは避ける必要があります。トマトはナス科の植物なので、連作障害が出る可能性があります。

ですから、栽培する場所は毎年変えるようにしなくてはなりません。どうしても同じ場所に植えざるを得ないという時は、可能な範囲で土を入れ替えるようにするとよいでしょう。また、実付きをよくしたい場合には、脇芽摘みをしっかりとやることが大事です。

暖かくなるにしたがって、茎がぐんぐん伸び、葉が生い茂るようになりますが、それにともなって葉の付け根から脇芽が生えてくるようになります。この脇芽を残しておくと実付きが悪くなってしまいます。

ですので、面倒でも手で摘み取っておく必要があります。余分な葉を摘み取っておけば、その分の栄養が実に行き渡りますので、大きな実がなるようになります。また、風通しが良くなりますから、病害虫の予防効果も期待できます。

トマトの場合、開花後2ヶ月程度経つと収穫できるようになります。ただし、実に雨があたると皮が裂けてしまいますので、雨よけの工夫をしておくことが大切です。

こちらのトマトの育て方も凄く参考になります♪

pixta_banda

バンダの育て方

原産地は赤道を挟んだ北緯南緯とも30度の間の国々で主に熱帯アジア、インド、オーストラリア北部、台湾などがあります。また標...

pixta_minibara

ミニバラの育て方

バラと人間との関わりは古く、およそ7000年前のエジプトの古墳にバラが埋葬されたとも言われています。またメソポタミア文系...

pixta_hourensou

ホウレンソウの育て方

ホウレンソウの特徴としては、冷涼な地域などや季節に栽培されると育ちやすいということで、冷え込んだりすると柔らかくなり美味...

pixta_sugavine

観葉植物として人気のシュガーバインの育て方

シュガーバインは可愛らしい5つの葉からなるつる性の植物です。常緑蔓生多年草で育て方も簡単なので初心者の人にもおすすめです...

pixta_hanatoranoo

ハナトラノオ(カクトラノオ)の育て方

種類としては、シソ目、シソ科に属します。多年草の草花で、草丈としては40センチから高くても1メートルぐらいとされています...

pixta_hyoutan

ヒョウタンの育て方

ひょうたんの歴史について、ご紹介したいと思います。ヒョウタンは本来中国原産の植物で、日本に入ってきたのは、奈良時代前期だ...

pixta_miyamaodamaki

ミヤマオダマキの育て方

ミヤマオダマキはキンポウゲ科のオダマキ属になります。ミヤマオダマキの特徴としては、葉はハート形になっていても、その丸美帯...

pixta_kurbanaroubai

クロバナロウバイの育て方

クロバナロウバイは北アメリカ南東部原産の低木で、原産地全域の山林や人里周辺を生息地としています。漢字では黒花蝋梅と書き表...

pixta_habotan

ハボタンの育て方

ハボタンは日本で改良されて誕生したもので、海外から伝わってきたものではありません。江戸時代の前期に食用のケールがつたえら...

pixta_santrina

サントリナの育て方

種類はキク科になります。除虫菊と同じ仲間なので、そのことからも虫をあまり寄せ付けないのかもしれません。草丈は大きいものだ...

スポンサーリンク

pixta_gunnera

グンネラの育て方

グンネラの科名は、グンネラ科 / 属名は、グンネラ属で、...

pixta_begonia

エラチオール・ベゴニ...

エラチオール・ベゴニアは、日本でもポピュラーな園芸植物の...

pixta_ramuzuiya

ラムズイヤーの育て方

この植物は被子植物になります。双子葉植物綱になります。キ...

pixta_baioukaren

バイカオウレンの育て...

バイカオウレンは日本原産の多年草の山野草です。生息地とし...