ヘリオフィラの育て方

ヘリオフィラの育て方

ヘリオフィラはアブラナ科の植物で小さな青い花を咲かせてくれます。つぎつぎと花を楽しむことができる植物になっています。南アフリカ西部が原産地として約70種類が生息地になっていて、栽培されてる植物です。育て方は寒さを気をつけないといけないですが、長い期間花を楽しむことができる植物です。秋播き一年草で、春になると青い色の鮮やかな美しい花が咲いてくれます。

育てる環境について

ヘリオフィラは秋に種をまきます。そして寒い冬を土の中で育って春になると花を楽しむことができる植物です。冬は土の中で育ちますが、寒さ対策をしたりしておくことによって、花の咲く時期も少し早めることもできますので、対策をしてあげることをおすすめします。ヘリオフィラは秋まき一年草として扱われています。秋まき一年草というのは秋に種をまいて、春に花を楽しんでその後は枯れてしまいます。

一年を楽しむことができるものになっています。その一年の時期でもヘリオフィラは花の時期が長く花はとても鮮やかでかなり濃い色のブルーで美しい花です。寒冷地を除いては鉢植えで育てることもできますし、庭の花壇などで育てることもできます。花の時期はとても鮮やかで小さな青い花がたくさん咲いてくれます。特徴として茎葉はとても細長く倒れそうなぐらい細長いです。

そして背丈も40cmから50cmぐらいと長身で花が咲いたら倒れてしまいそうなほどです。ですから支柱などをして支えてあげてもいいです。そして育てる場所は日当たりのいいところに鉢植えならば置くようにします。そして庭に植える場合も日当たりのことはしっかりと考えてあげて、

日陰にならないようにします。そして0度以上になっていれば庭に植えることもできますし、霜などにさらされてしまうと、株が痛んでしまったりしますので、農ポリなどをしたりして、霜にあたらないように対策をしてあげることによって、丈夫なヘリオフィラが育ちます。

種付けや水やり、肥料について

ヘリオフィラの水やりに関しては、難しいことはなく、乾燥気味にすることが大事です。どうしても夏場などは毎日上げてしまったり、乾いてるのを確認しないまま水やりをしてしまったりします。そうするとどうしても蒸れの原因になってしまって、害虫や病気やまたは根ぐされをしてしまって、枯れてしまう原因になってしまいます。

だから水やりはあまり与えすぎないように少な目がおすすめです。植木鉢の土の表面が乾いたら与えるようにしておきます。乾燥してない状態では水があたえないようにします。庭植えの場合は特に水を与える必要はないです。しかし夏の雨の降らない時期が長い間続いたりした場合は水が足らない状態になってしまったりしますので、そのときは水を与えてあげるといいです。基本的には水やりは要らないです。

そしてヘリオフィラはやせ地でもよく育つ植物です。ですから肥料などは特に与える必要がないです。肥料を与えていると丈夫でたくさんの花が咲いてしっかりとしていくように感じますが、茎が伸びていって貧弱になってしまいます。ですからあまり肥料をあたえすぎないように気をつけて、

はじめの土に肥料を与えておいてあとは、花が咲く時期などに追肥を少し液肥を与えてあげるだけで済みます。そして水やりや肥料など、また寒さ対策をしっかりとしてあげることによって、長いあいだ花の時期を楽しむことができますし、種もたくさんとることができてまた来年も楽しむことができます。

増やし方や害虫について

害虫や病気に関しては特に気をつけておく心配のあるものはないですが、どうしても蒸れてしまったり、夏の直射日光などによって、葉っぱが乾燥してしまったりすると、どうしても害虫の被害にあってしまったりします。だからそういったことなどは気をつけておくと、特に心配をすることはないです。そしてヘリオフィラの増やし方に関しては種をまいて育てることができます。

種まきをすることが出来る適した時期は9月下旬や10月の中旬ぐらいの冬になる前の秋がいいです。そして発芽してからは弱そうな葉っぱが生えてきますが、そのうち根がしっかりとしてきて、立派な株に育ってきます。種まきでも十分育てることはできますが、株を買ってきてそのまま植える場合も多いです。お店などに時期になると売り始めるので、その苗を植えることによって、簡単に育てることもできます。

育てる方法はそんなに難しい管理は必要なく肥料などもはじめの土に混ぜておくだけのものでいいですし、水やりも乾いたらたっぷりと与えてあげるだけでいいです。そして種を自分で取ることも出来ます。花が終ったら種ができます。その種はたくさんとることができて、発芽もよいです。

次の年も咲かせたいと考えてる場合は採っておいて、天日干しをしておきます。指で押すと莢がキレイに2つに割ることが可能です。その中から種を取り出して、時期がきたら植えておけばまた簡単に育てることができます。毎年楽しむことができるようになります。

ヘリオフィラの歴史

ヘリオフィラはアブラナ科の植物で小さな青い花を咲かせてくれます。つぎつぎと花を楽しむことができる植物になっています。南アフリカ西部が原産地として約70種類が生息地になっていて、栽培されてる植物です。育て方は寒さを気をつけないといけないですが、長い期間花を楽しむことができる植物です。秋播き一年草で、春になると青い色の鮮やかな美しい花が咲いてくれます。

寒さには少し弱い植物になりますが、寒さなどの対策をしっかとして、霜よけの工夫をしてあげておけば早い時期から咲いて、長い間楽しむことができるので、寒さにだけはヘリオフィラは気をつけてあげるといいです。30cmから40㎝ほどの大きさになり、背も比較的高く多くの小さな鮮やかなブルーの花が咲きますので豪華です。花径1cmほどの小さな花で、青い色の花が一般的です。しかし中には白だったりピンクもあったりします。

寒さには気をつけてあげないといけないですが、高温多湿にも弱かったりすることがあります。ですから夏などは高温になりやすく、過湿になってしまったりします。ですからあまり直射日光が夏の暑い時期は当たらないようにして、あまり蒸れないように風通しのいいところにおいてあげたりするといいです。植える場合は苗として売られてるものなどを利用したり、種から植えることも可能になっています。自分の好みで育ててあげて、過湿や寒さなどに気をつけると特に育てにくい植物ではないです。

ヘリオフィラの特徴

ヘリオフィラは日当たりと水はけのいい場所が好みの植物です。日当たりのいい場所が好みの植物になりますが、真夏は気をつけないといけないです。真夏になるとどうしても過湿になってしまいます。それに水はけがよくないと、蒸れてしまって、病気の原因になってしまったり害虫の被害を受けてしまったりしますので、できるだけ風通しのいい場所がいいです。

そして株と株の間は15cmぐらいあけて植えてあげるといいです。寒い時期は弱くなるので霜よけをしてあげることによって丈夫でしっかりとしたヘリオフィラが育ちます。そして茎などがどうしても細い植物です。ですから花がたくさん咲いたりした場合に倒れてしまったりして、格好がよくなかったりします。だからたくさん花が咲いたときにきれいに見えるように、支柱などで支えてあげると、花の重みで倒れる心配がなくなります。

そして肥料に関しては、特に追加で与えないといけないようなことはなく、肥料ははじめに土に混ぜてあげるだけで十分持ちます。だからはじめに土にしっかりと肥料を混ぜて植えてあげて、花が咲く時期になったら液肥を適度に与えてあげるだけで十分育てることができます。

あまり与えすぎてしまわないように気をつけないといけないです。そしてきちんと育てておけば病気や害虫の被害にあうことはほとんどなく、育てやすい植物になっています。だから水やりもあまり与えすぎて過湿になってしまわないように注意をしておくことが大事です。

pixta_raseni

ラセンイの育て方

”ラセンイ”は畳の原料である「イグサ」と同じ種類の植物になります。葉っぱが退化し、くるくるとらせん状にうねうねと曲がって...

pixta_prektransas

プレクトランサス(観葉植物)の育て方

プレクトランサスは、シソ科、ケサヤバナ属となります。プレクトランサスの生息地はアジア・アフリカ・オーストラリアの熱帯や亜...

pixta_tyorogi

チョロギの育て方

チョロギはシソ科の植物です。中国が原産の植物です、日本には江戸時代に伝わった植物です。その名の由来は、朝鮮語の”ミミズ”...

pixta_tyanoki

チャノキの育て方

そのように非常に日本でも親しまれているチャノキですが、元々は熱帯地方の植物で、ツバキ科ツバキ属の常緑樹ということですから...

pixta_haibisukasu

ハイビスカスの育て方

熱帯地方や亜熱帯地方を生息地として大きな花を咲かせているハイビスカスの種類の中には古代エジプトの3000年から4000年...

pixta_gama

ガマの育て方

多年草で、水中の泥に地中茎を伸ばし成長します。ガマの穂と呼ばれる円柱型の穂をつけます、冬には枯れて根茎のみになります。ガ...

pixta_hisakaki

ヒサカキ(実)の育て方

ヒサカキは、日本でもよく見られる低木ですが、よく神社などにあります。それは榊の代わりに玉串などで用いるからで、仏壇などに...

pixta_serinsemayoru

セリンセ・マヨールの育て方

セリンセ・マヨールは、セリンセの園芸品種です。セリンセはムラサキ科キバナルリソウ属の一年生です。「黄花瑠璃草」という和名...

pixta_madagasukarujasumin

マダガスカルジャスミンの育て方

一般的なジャスミンはモクセイ科になります。キンモクセイなどと同じ仲間です。同じような香りをさせています。一方この植物に関...

pixta_katura

カツラの育て方

カツラは日本特産の植物で大昔である太古第3紀の頃から存在します。日本とアメリカに多く繁茂していましたが、次第にアメリカに...

スポンサーリンク

pixta_arktotisu

アークトチスの育て方

アークトチスはキク科の可愛らしい植物です。とてもかわいら...

pixta_hakubai

梅(ハクバイ)の育て...

梅は非常に色が豊富です。濃いピンクがありますがそれ以外に...

pixta_sebrina11

ゼブリナの育て方

ゼブリナは、ツユクサ科トラデスカンチア属で学名はTrad...

pixta_fikasuunberata

フィクス・ウンベラタ...

フィクス・ウンベラタとは、フィカス・ウンベラータとも言わ...