植物の栽培育て方のコツを教えます。

植物の栽培育て方のコツを教えます。

最近はインテリアグリーンとして植物を栽培するかたが増えてきました。部屋のインテリアの一部として飾るのはもちろん、植物の成長をみることで心が穏やかになるという効果もあります。夏には直射日光を遮るために緑のカーテンとしてゴーヤを育てる家庭もあります。

植物の栽培について

ベランダでミニトマトやキュウリ、ゴーヤにハーブ、花の観賞にバラや観葉植物など幅広い種類が身近に栽培できるようになりました。これから、育ててみてたいと思っている方にコツを教えます。今回はガーデニングにスポットを当てて紹介します。

こちらのゴーヤ(にがうり)の育て方も参考になります♪

こちらのベランダで出来るミニトマトの育て方を参考にしてみて下さい♪

土の選び方

植物の成長に欠かせない土の選び方です。根の成長は土の中なので目に見えません。だからこそ、根の生育状態をよくするために最初の土選びがとても大切になります。植物を支える固相、呼吸の為に必要な気相、水および養分を含む液相がバランスよくとれた土が栽培に適しています。

育てる際に必要に応じて肥料をあげます。育て方によって肥料の上げ方も変わってきます。あらかじめ土に施す肥料を元肥といいます。発育の途中に追肥として与える場合もあります。他にも、花木や果樹の開花後や収穫後の弱った状態の時に与えるお礼肥があります。

これは弱った植物の回復を図るものです。開花や収穫後には弱ってしまうのでこの時に与える肥料はとても大切です。この時期には即効性のある液体タイプの物がオススメです。液体タイプはすぐに効果がでやすく取り扱いがしやすいです。

植物の栽培の注意点

生育の害になる害虫への薬剤も大切です。初心者にはうすめる手間がなく、そのまま使用ができるスプレータイプがオススメです。薬剤の種類によっては近接散布すると冷害を引き起こすタイプがありますが、スプレータイプだと近接散布しても冷害になりにくいタイプが多いので安心して使用が出来ます。スプレータイプだと部分的に散布もしやすいです。

また、ナメクジやネキリムシといった夜間に活動するため見落としがちな害虫にはペレット剤がおすすめです。植物が加害するまに誘引して退治ができます。薬剤の散布後には石鹸でよく手をあらうようにしてください。生育を妨げるものに、雑草があります。雑草には除草剤を使用すると生えにくくなります。

ただし、除草剤は花壇などの広い面積の雑草に使用するのがいいです。枯らしたい雑草の種類や草丈によっても選ぶ除草剤が変わってきます。除草剤を間違って使用すると栽培している物を枯らす原因になるので、使用する際には説明をしっかりと読むことが大切です。

こちらの栽培が簡単な植物の育て方も参考になります!!

簡単に栽培と育て方の方法のコツを書きました。植物によって育て方は変わりますが、栽培をして綺麗な花を開花させたり、おいしい果物が実るのが栽培の醍醐味です。是非、育て方のコツを参考に育ててみてください。

pixta_sarubia14

サルビア(一年性)の育て方

サルビアの正式名称はサルビア・スプレンデンスであり、ブラジルが原産です。生息地として、日本国内でもよく見られる花です。多...

pixta_nasutachiumu

ナスタチウムの育て方について

鮮やかなオレンジや黄色の花をたくさん咲かせるナスタチウムは、ハーブの一種に分類される植物です。ハーブと言えば、花が咲いた...

pixta_marubatakebuki

マルバタケブキの育て方

マルバタケブキはキク科メタカラコウ属の植物です。原産が日本です。漢字による表記は、丸葉岳蕗です。生息地は日本と中国に分布...

pixta_ibyzeranium

アイビーゼラニュームの育て方

特徴としては多年草です。基本的には冬にも枯れません。非常に強い花です。真冬においても花を維持することもあります。ですから...

pixta_hatuyukikazura

ハツユキカズラの育て方

ハツユキカズラはキョウチクトウ科テイカズラ属で、日本の本州以南と朝鮮半島が原産の植物になります。名前の由来は、葉に入った...

pixta_tomato03

トマトの栽培は驚く事ばかりでした

今年こそは、立派なトマトを作ろうと思いながら数年が過ぎようとしていた時、テレビ番組を見た事がきっかけで、自分でトマトを作...

pixta_simobasira

シモバシラの育て方

学名はKeiskeaJaponicaであり、シソ科シモバシラ属に分類される宿根草がシモバシラと呼ばれる山野草であり、別名...

pixta_omodaka

オモダカの育て方

オモダカは、オモダカ科オモダカ属の抽水植物、湿生植物で多年草です。草丈は約30〜70cm程度です。原産地はアジアと東ヨー...

pixta_arekayasi

アレカヤシ(Dypsis lutescens)の育て方

アレカヤシという観葉植物をご存知でしょうか。園芸店などでもよく見かける人気のある植物です。一体どのような植物なのでしょう...

pixta_yanagiran

ヤナギランの育て方

花の特徴としては、まずはフトモモ目、アカバナ科、ヤナギラン属の種類となっています。多年草なので1年を通して葉などをつけて...

スポンサーリンク

pixta_santanka

サンタンカの育て方

サンタンカは、アカネ科の植物で、別名ではイクソラとも呼ば...

pixta_makisiraria

マキシラリアの育て方

この花の種類としては、キジカクシ目、ラン科、セッコク亜科...

pixta_himejoon

ヒメジョオンの育て方

ヒメジョオンは、北アメリカが原産の植物で、明治維新で日本...

pixta_buruhaibisukasu

ブルーハイビスカスの...

ブルーハイビスカスは別名をアリオギネ・ヒューゲリーやライ...