アスペルラの育て方

アスペルラの育て方

アスペルラはクルマバソウとも呼ばれていて歴史的にはトルコの周辺が原産であるとされていて、生息地としてはアジアやコーカサス地方に自生している植物です。比較的丈夫な一年草なので育て方などに関しては注意事項などが少ないので栽培が容易なのです。

育てる環境について

アスペルラを栽培する環境としては日光を好む性質なので、日当たりの良いベランダや庭などに植えることで順調に生育することが知られているのですが、湿度に弱いという弱点があるので、水やりのタイミングをしっかり考えなければなりません。

基本的には鉢の表面部分が白くなるくらい乾燥をしてから水やりを行うことが良いとされていて、花に水がかからないようにして与えることで花の咲いている状態を長くすることができます。また多くの花が同時に咲き始めるので変色し始めてきた花をこまめに摘むことで栄養分を集中させることができるので、

花がら摘みをすることで青紫の花を7月の終わり頃まで楽しむことができます。日本の夏の高温多湿な状態が苦手な植物なのでなるべく直射日光を避けて、水分を少なめにする必要があるのですが、夏の強い日差しに当てすぎてしまうと葉が変色してしまったり、

花が茶色になるので、その場合にはその部分を切り取ることが重要です。切り取らないままにしておくと、栄養分がその部分にも供給されてしまうので、綺麗に咲いている花や緑色の葉の部分の栄養状態が悪くなることがあります。

また放置していて、根の部分が腐ってしまうと、細菌が増殖してしまうので全体的に枯れてしまうこともあるので、注意深く観察しておくことが重要です。一般的には秋に種をまいて春の終わりから初夏にかけて花を楽しむことができるのですが、日本では苗で購入することが多くなっています。

種付けや水やり、肥料について

種から育てる場合には日本の中では関東よりも西の地域では秋に種まきをすることが一般的となっていて、春に種をまくこともできるのですが、日本の春に種をまいたとしても夏になると高温多湿な日が続くので生育が阻害されてしまうことが多く見られます。

とくに温暖化が進んでいる日本では夏の気温が上昇して、大雨が降ることが多くなっているので、高温多湿な状態が年々ひどくなっています。そのため日本のガーデニングの専門店やホームセンターなどで販売されているものは苗として売られているものが多いので、

通常は苗を植えて花を楽しむことになります。寄せ植えなどにも使用される品種なのですが、基本的には庭植えに向いているとされていて、複数の株を同時に植えることが普通になっています。水やりに関してはあまり頻繁に与えると根腐れを起こしやすい性質を持っているので、

庭植えの場合には水やりをする必要はありません。鉢で育てている場合には土の表面の乾燥状態が進行した状態で十分な水分を与えることでコンディションの良い状態を保つことができます。また花は小さいので水をかけ過ぎると茶色に変色することがあるので、

土の部分を中心に水やりをする必要があります。肥料に関してはあまり必要としていないので、市販されている花や野菜専用の用土で育てることができます。そとに植える場合には冬の時期の冷たい風や霜に弱いのでなるべく暖かい場所に植えなけらば、根の部分が傷んでしまうことがあります。

増やし方や害虫について

増やし方は基本的には種なのですが、日本では種から育てるのが難しいので苗として販売されていることが多いとされています。寒冷地で育てる場合には夏の季節でも十分に生育が可能なので種から育てることもできます。アスペルラはグランドカバーとして使われることのある植物なので繁殖力が強く管理も楽なのですが、

アスペルラのような匍匐する性質の植物なので、平面的に広がって増殖していくので雑草などがあまり生えてこないという特徴をもっています。日本では芝生などが用いられることが多いのですが、管理が難しいことからアスペルラなどの植物が選択されることもあります。

常緑の植物で太陽の光に強い性質のものが適しているのでアスペルラなども使われているのですが、梅雨の時期などの高温多湿に弱いのであまり多くは普及していません。日本ではリュウノヒゲという植物が利用されることが多く、日陰でも日向でも栽培が可能で、

夏の暑さにも強いのでアスペルラよりも日本の気候に適応しやすいというメリットが有ります。害虫や病気に関してはあまり心配がないとされているのですが、鉢植えで育てる場合には変色した花や葉の管理をしっかり行わないと体力が弱まる可能性があるので、

こまめな管理を必要とします。また水分を多く与えすぎてしまうと根腐れを起こすので、一般的な観葉植物と同じような感覚で栽培をすると枯れてしまうことがあります。寄せ植えを行う場合には秋蒔きの一年草と相性が良いとされています。

アスペルラの歴史

アスペルラはクルマバソウとも呼ばれていて歴史的にはトルコの周辺が原産であるとされていて、生息地としてはアジアやコーカサス地方に自生している植物です。比較的丈夫な一年草なので育て方などに関しては注意事項などが少ないので栽培が容易なのですが、

日本国内では苗を手に入れることが難しいので、種を栽培することで花を咲かせることが多い植物です。茎の部分などは最初は立ち上がっているのですが、葉や花が増えてくると横方向に広がりながら生長していくので、植え替えを行う必要があります。

花は一般的には青みがかった紫色のものが多く販売されていて、欧米では古い歴史のある花なので初夏を代表する植物であるとされています。オリエント地方原産とされているのですが、繁殖力が非常に強いことから現在では世界各地で栽培されている植物で、

日本でも様々な場所で見つけることができます。開花期が5月から7月までの一年草で草の高さは約30センチ程度で、種まきを9月下旬から10月上旬にすることで4月の終わりから8月にかけてきれいな花を楽しむことができます。この植物は歴史的に見るとヨーロッパで栽培されてきた歴史があるので、

日本ではあまり入手できませんが、欧米では数多くの品種が作られて栽培が続けられています。また温暖化の影響で夏の暑い時期などにはグランドカバーとして植え付けられることも多くなってきているので、地面の温度を下げる効果などが注目されています。

アスペルラの特徴

アスペルラは繁殖力が強いのですが、日本で栽培する場合には夏の季節の高温多湿が苦手なので、秋に種をまくことが一般的とされているのですが、寒冷地などでは春に種をまくことができます。この植物は基本的には湿気に弱いので、水やりなどには注意が必要なので初心者が育てるには少し難易度が高いとされています。

また水やりをし過ぎると根腐れなどを起こしやすい品種なので土の乾燥をしっかりと観察して、十分に乾いたのを確認してから水を与えるようにする必要があります。根が腐るという状態は土の中に生息している細菌が根の部分に入り込んだことで腐食を起こしているので、

その部分の細胞はすでに死滅しています。水を与えすぎて根腐れを起こすのは根が吸収できる以上の水分を与えてしまって、湿度の高い状態が長く続くことによって細菌が繁殖することが原因となるので、アスペルラを栽培する場合には土に含まれている水分に注意が必要です、

茎が倒れて育っていく植物なので平面的に生長を続けていき、地面を覆うような形で栽培されることもあります。夏の日差しを遮るためのグランドカバーとしての用途でも使用されることが多くなっていて、アスペルラのような匍匐する性質を持っている植物で、

フェンスを這わせたり、芝生などのように地面を全体的にカバーするように利用されます。グランドカバーとして利用される植物は一般的には雑草が生えにくくて管理が簡単なものが多いとされています。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:アブチロンの育て方

pixta_jackfruit

ジャックフルーツの育て方

果実の大きさは世界最大として知られています。世界最大の実をぶら下げているのは、太い幹です。大きな実をぶら下げているだけあ...

pixta_sirobanatanpopo

シロバナタンポポの育て方

シロバナタンポポの特徴は、花の色が白色であることです。舌状花の数は他のタンポポと比べると少なく、1つの頭花に100個程度...

pixta_sisiudo

シシウドの育て方

シシウドの原産地は日本になります。別名をウドタラシと言うのですが、猪独活ともいった名前が付いているのが特徴です。夏の暑い...

pixta_pakira02

パキラの育て方について

大鉢仕立てにすることもできれば、手のひらサイズのミニ観葉に仕立てることもできるので、いろいろな場所で目にすることができま...

pixta_umemodoki

ウメモドキの育て方

ウメモドキは、日本の本州、四国、九州、そして中国原産の落葉低木です。モチノキ科モチノキ属に分類され、生息地は暖帯の山間部...

pixta_setubunsou

セツブンソウの育て方

節分の頃に花を咲かせるセツブンソウは、キンポウゲ科セツブンソウ属の多年草のことを言います。日本原産の植物で関東地方以西に...

pixta_susuki

ススキの育て方

ススキはイネ科ススキ属の植物で、秋の七草の一つです。十五夜の月見にはハギとともにススキが飾られていることが多いです。沖縄...

pixta_epidendoram

エピデンドラムの育て方

エピデンドラムはラン科の植物であり、日本においては観葉植物としてその地位を安定させています。この植物の本来の生息地はメキ...

pixta_katorea

カトレアの育て方について

カトレアと言えば、バラと並んで花のクイーンとも言える存在になっています。ただし、カトレアとバラには大きな違いがあります。...

pixta_himejoon

ヒメジョオンの育て方

ヒメジョオンは、北アメリカが原産の植物で、明治維新で日本が揺れているころに、入ってきて、以来日本中に広がり、色んな家の庭...

スポンサーリンク

pixta_daruberukudeji

ダールベルグデージー...

ダールベルグデージーはキク科の植物で黄色い花を咲かせるの...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガルトニアの育て方

ガルトニアは南アフリカを生息地とする植物で、原産はこの地...

pixta_kurukuma

クルクマの育て方

クルクマは歴史の古い植物です。原産としての生息地がどこな...

pixta_tamanegi_03

野菜作りを趣味にする...

最近では趣味で野菜作りを行う方が増えています。栽培方法を...