イベリスの育て方

イベリスの育て方

アブラナ科のイベリスは、地中海沿岸が原産の花です。ヨーロッパから北アフリカ、西アジア原産で、その可愛らしホワイトカラーの花が特徴的です。生息地は暖かい気候の場所がメイン、湿気が多すぎるのはあまり好まない植物です。

育てる環境について

イベリスの育て方でお手本にしたい栽培環境は、原産地でもある地中海性気候の環境です。地中海というと、リッチなバカンスのイメージもあります。イベリスの出身地がそちらなので、植物のためにも近い環境にしてあげることで、植物も快適にそだつことができます。

日照がよいことは必須の条件の一つであり、暖かい気候であることが大切です。乾燥していていいというのも、イベリスを育てる環境の特徴的なところです。ただパサパサ乾燥した状態ではなく、地中海性気候の環境に近いというのがポイントです。

秋の季節にタネをまくウンベラータ種など、1年草であれば、水はけが良くて、太陽の日差しもあたりやすい場所で栽培するのが良いでしょう。気候的にも寒い場所で育てるときには、植物にも防寒対策を施します。センペルビレンス種といた多年草の場合、

耐寒性という面では強いタイプになります。そのため、空気も冷たい寒い地であったとしても、冬のシーズンを越すことができます。冬の寒さには強いですが、高温期に入っての湿気の多さや、多肥には弱い面があります。多肥多湿の状態で蒸れてしまい、株の状態が腐りやすくなります。

株が腐ってしまうのを防ぐためにも、状態としては水はけを、可能な限り良くしておくことが必須となります。日あたりが好きな植物なのですが、高温期には少し注意が必要です。真夏の西日などは避けて、真夏などの暑い時期には、風通しの良い場所での管理が向いています。

種付けや水やり、肥料について

イベリスの植え付けは、センペルビレンス種などは、比較的入手しやすいポット苗を利用すると良いです。庭の花壇や、コンテナへの寄せ植えなどに植え付け作業を行います。プランターや鉢に植えるのであれば、時期的には毎年、涼しくなる秋のシーズンに植え直し作業を行います。

タネまきをする場合ですが、ウンベラータ種やアマラ種などは、時期的に秋のシーズンにまいて成長を楽しみにします。ポットにタネをまいて、少し育ててから植え付けをするのは、イベリスが移植を好まないためです。ほどよく大きくなった頃に、コンテナや、

庭の花壇などに植え付け作業を行いましょう。日々の水やり作業ですが、春の時期と秋のシーズンは、植物の成長が著しくよくなる時期です。水やりは成長期には大切ですから、土の状態を観察して、感想をした時が付いたら、水分をたっぷりと与えてあげましょう。

日本には四季がありますから、6月くらいの梅雨シーズンは、水やりにも気をつけます。雨が続くことで水はけがよくなくなり、株が群れる可能性も出てきますから、水を与えるにしても、乾かし気味にしましょう。肥料を与えるシーズンは、気候の良い春と秋の時期に施します。

6月を過ぎた頃には、肥料の成分が残らぬようにすることも大事です。秋にまくタイプの1年草は、秋に備えて株をしっかり作っておく必要があります。本葉が開いてくる頃に、薄いタイプの液体肥料を、毎月3回から4海程度施してあげると良いです。

増やし方や害虫について

イベリスを栽培していく上で、気になる害虫には、いくつかの種類がいます。植物を育てるときに、登場回数がトップレベルの、アブラムシもそのひとつです。コナガやアオムシなどの害虫も発生しやすいので、気をつけたいところです。害虫による被害を察知したら、即座に防除を行いましょう。

アブラナ科を好む害虫というのは、植物の持つカラシ成分に魅力を感じて飛来するのが一般的です。アブラナ科のカラシ成分は、病気が害虫にも対処できる成分です。しかし、積極的にアブラナ科の植物を攻撃してくる、アブラナ科が好みという害虫は、本来対処するための成分に対して、

解毒するパワーをもっています。ゴミムシなどに対しての殺虫成分などは、逆にコナガ発生の要因ともつながるケースがあります。害虫だけに効果を発揮する殺虫剤を使ったり、防虫ネットを使うなどするのも良いでしょう。セリ科とキク科の植物を混作してみると、

害虫被害も軽減できます。増やし方としては、タネまきをするか、さし芽やっ株分けといった手段を取ることも可能です。タネまきの場合は、結実したタイミングでタネをとっておきましょう。大切に保管しておき、タネまきするのは秋になってからです。

さし芽や株分けですが、センペルビレンス種は増やすことが可能です。花が咲いてすぐに作業することもできますし、涼しい心地よい秋の季節になってからでも、作業を行うことは可能です。株はさし芽で更新しておくと良いでしょう。

イベリスの歴史

アブラナ科のイベリスは、地中海沿岸が原産の花です。ヨーロッパから北アフリカ、西アジア原産で、その可愛らしホワイトカラーの花が特徴的です。生息地は暖かい気候の場所がメイン、湿気が多すぎるのはあまり好まない植物です。多年草と1年草という、

2種類のタイプがあるのもイベリスの特徴です。イベリス・センパーヴィレンスの花に関しては、多年草で楽しめる花になります。アブラナ科に属していて別名もあり、キャンディタフトといった呼ばれ方をすることもあります。スペインのイベリア半島の何由来しているのも、

イベリスにまつわる話です。地中海沿岸地域でのびのびと咲いていた花が、日本お口にやってきたのは、1870年頃のことです。日本へ渡来した花は、キャンディタフトと呼ばれて可愛らしい印象を振りまくこととなります。そんなキュートな印象のネーミングは、

羽の束といった意味を持っており、タフトの意味を知ると少し違った見方もできるようになります。それは白い可憐な花が、シュガーでできた甘いお菓子のようにも見えるために、ネーミングとして付けられたとも言われています。ミニサイズの花びらをたくさんつけた花は、

草丈が20cmくらいから40cmくらいのものです。イベリスの1年草は秋に膜タイプで、アマラやウンベラータなどがあります。スイートな芳香を持っているアラマは、白い花が可愛らしく、ウンベラータはピンク色や紅色など、鮮やかな色彩も豊かです。

イベリスの特徴

イベリスの花は、1cm程のミニサイズの花が集結して、ふんわり盛り上がるような開花をするのも特徴的です。その姿はまるで、甘雨砂糖菓子のような光景にも映ります。そのため、キャンディータフトという英名も持っており、そのまま砂糖菓子という意味を持ちます。

日本における和名も持っており、マガリバナと呼ばれています。漢字では屈曲花と書きます。花序がロングで、お日様の方に向かって花茎がクイッと曲がるといった特徴を持つためです。さらに別名もあって、感じでは常盤薺と書き、イベリス センペルヴィレンスといった

ネーミングでも呼ばれることがります。多肥や酸性土、高温多湿は苦手エスが、土の質としても痩せた土地でも花を咲かせることのできる植物です。そのため、栽培をするのにも容易なタイプの植物です。暑い夏を通り過ぎた、9月から10月の半ばころにタネをまきます。

水はけのよい、太陽もよく当たる肥沃地が最適な環境です。そうすると、春が訪れる3月から5月の半ばころには、可愛らしい花を咲かせて見せてくれます。花が咲き終わったら、それらの花柄を、こまめに摘み取る作業をします。そうすると、再び花を咲かせます。

花のついていない枝を、5月くらいに選んで、さし芽用に挿し穂を取りましょう。注意点は水分切れで、そこに気をつけておけば冬越しも野外でできます。オドラータ種などには香りがあります。イベリスは、開花時期も長めですから、花を長く楽しみたい人には向いています。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:オーブリエタの育て方
タイトル:エリシマムの育て方
タイトル:イワチドリの育て方
タイトル:イワシャジンの育て方
タイトル:イワカガミダマシの育て方

pixta_musukari

ムスカリの育て方

ムスカリは、ユリ科ムスカリ属の球根植物で、ヒヤシンスの近縁とも言える植物です。約30~50ほどの品種があるといわれ、その...

pixta_tomato03

おいしいトマトを作りましょう

トマトにはさまざまな種類があります。大きなトマトからプチトマトまで、収穫のサイズも種類によって変わってきます。以前は病気...

pixta_hageitou

ハゲイトウの育て方

熱帯アジア原産の植物である”ハゲイトウ(葉鶏頭)”。暑い地域を生息地とし、春に種をまくと秋頃には枯れてしまう一年草になり...

pixta_spatifiram

スパティフィラムの育て方

スパティフィラムは中央アメリカから南アメリカの熱帯地域を原産とするサトイモ科の多年性植物です。主に森林の湿地帯を生息地と...

pixta_mousengoke

モウセンゴケの仲間の育て方

まずは種類としてはウツボカズラ目、モウセンゴケ科になります。その他の名前としてはドロセラがあります。コケとなっている名前...

pixta_oruhigi

オヒルギの育て方

オヒルギはマングローブを構成する植物の種類のうちの一つです。仲間の種類として、ヤエヤマヒルギやメヒルギなどがあります。自...

pixta_mandevila

マンデビラの育て方

メキシコやアルゼンチンなどの中米から南米などが生息地のつる性の植物です。ディプラデニアという名前で呼ばれていたこともあり...

pixta_okahijiki

オカヒジキの育て方

オカヒジキの原産地は日本や中国、シベリア、ヨーロッパ南西部です。「ヒジキ」と言いますが海藻ではなく海辺の砂地などを生息地...

pixta_oregano

オレガノの育て方

オレガノは、もともとはヨーロッパの地中海沿岸を生息地とする植物です。ギリシャの時代からあり、ヨーロッパの文化の一員になっ...

pixta_hiougi

ヒオウギの育て方

ヒオウギの名前を聞いて和歌を連想する人、京都の祇園祭を思い浮かべる人、様々ですが、原産国は東アジアとなっています。日本も...

スポンサーリンク

pixta_midorinokaten

緑のカーテンの育て方

緑のカーテンの特徴としては、つる性の植物であることです。...

pixta_nekoyanagi

ネコヤナギの育て方

ネコヤナギの特徴は、なんといってもその見た目にあるでしょ...

pixta_hanakaidou

ハナカイドウの育て方

ハナカイドウは、原産は中国です。「カイドウ」と呼ばれるこ...

pixta_hiiraginanten

ヒイラギナンテンの育...

ヒイラギナンテンの原産地は中国や台湾で、東アジアや東南ア...