主婦の間で密かなブームとなっている栽培方法

主婦の間で密かなブームとなっている栽培方法

現在、主婦の間で密かなブームとなっているのが、お金のかからない種取り栽培です。これは、スーパーで買ってきた野菜や果物のタネを保管しておき、自分で用意した鉢植えで育てると言ったもので、うまくいけばタネから実も取れることもあり話題となっています。

種取り栽培で人気のある野菜は?

人気があるのは、比較的育てやすく目が出やすいピーマンや、スイカです。この種取り方法で植物を育てている人も多く、育て方をレクチャーしてくれるホームページ等もあり、手軽に始められる家庭菜園としても人気があります。

人気の秘密は、他の家庭菜園と違い最初は植木で育てるので、観葉植物の一種として、毎日眺める楽しみがあります。また、土地を必要としないため庭が無かったり、一定の場所を確保できない人でも小さな植木鉢一つで植物を育てられる手軽さがあります。

ピーマンの栽培方法も参考になります♪

種取り栽培の野菜の育て方のポイント

果物や野菜から採取したタネは、まず常温の水の中において発芽させやすい状態にさせます。タネによっては、乾燥させる必要があるものも一部あります。その後、ホームセンター等で入手した植木鉢に土を入れます。土は、なるべく栄養価の高い肥料が含まれた物を選ぶと良いでしょう。

タネによっては、特殊な土でないと、なかなか芽を出さない物もあります。また、植物によっては、最初は水栽培させる必要があるので、まず野菜や果物の属性を調べてから栽培をスタートさせる必要があります。

ホームセンターでは、一般的な家庭菜園に向く腐葉土や栄養が入った肥料が売っています。こう言った物を混ぜあわせ、植物に合わせてオリジナルの土を作るのも良いですし、初心者は、あらかじめパッケージで売られた物を購入するのもお勧めです。

アボカドの種取り栽培

アボカド等、大きなタネのものは最初水栽培から始める必要があります。そのうちタネが割れ、その中から少しずつ芽が出てきます。芽は、比較的大きく観葉植物として育てても、申し分無い存在感があります。日本には四季があり、およそ南国で育てられることが多い果物は、栽培が難しくなかなか実まで辿り着くのは至難の技と言えます。

しかし、芽が出てからしばらく観葉植物として育てるのは、比較的簡単であり、できるだけ日光に当て適宜水やりを行うことで自然と育っていきます。野菜の場合、夏野菜と呼ばれ夏に収穫できる物が多いので、春先に植えると良いでしょう。

また室外ではなく室内で育てることが中心となるため、虫の被害が少なく、農薬を使う必要がありません。そのため、オーガニックで優しい野菜や果物を作ることが可能です。オーガニックと呼ぶためには、化学肥料を一切使っていないことも条件の一つです。また観察日誌等や、写真を撮影することで、より一層植物を育てる楽しみが倍増します。

アボカドの種を植えて観葉植物にしようがかなり参考になります♪

pixta_rikyubai

リキュウバイ(バイカシモツケ)の育て方

リキュウバイは別名バイカシモツケと言われています。育て方も簡単で、原産地は中国北中部が生息地になっています。栽培して大き...

pixta_reirandohinoki

レイランドヒノキの育て方

この木の種類としてはヒノキ科になります。園芸上の分類としては、庭木、花を楽しむ木、コニファーとしての利用があります。木の...

pixta_amondo

アーモンドの育て方

アーモンドの主要である、カリフォルニアでは、どのようにして身の収穫をしているのでしょうか。また、特徴とは一体なんなのでし...

pixta_satumaimo

サツマイモの育て方

サツマイモは薩摩芋と書き、生息地は薩摩と言うイメージが強いのですが、現在国内における生息地は全国となっています。また、サ...

pixta_meranpojiumu

メランポジウムの育て方

メランポジウムはメキシコや中央アメリカを原産としていて、その用途は鉢植えや寄せ植え、切り花などに用いられています。なお、...

pixta_wadan

ワダンの育て方

この植物は花から見てもわかりますが、キク科アゼトウナ属でキク科ということですが、キク科の野草は黄色い色や白が多くて、特に...

pixta_amerikaazena

アメリカアゼナの育て方

アゼナ科アゼナ属で、従来種のアゼナよりも大きく、大型だが花や葉の姿形や生育地はほとんどが同じです。特徴はたくさんあります...

pixta_tyaborindou

チャボリンドウの育て方

チャボリンドウは、アルプスやピレネー山脈の草地原産の常緑の多年草です。チャボといえば、茶色を基調とした鶏の色をイメージす...

pixta_rurimaturi

ルリマツリの育て方

「ルリマツリ」は、南アフリカ、オセアニア原産のイソマツ科プルンバゴ属常緑小低木です。半つる性の熱帯植物であり別名「プルン...

pixta_babiana

バビアナの育て方

花の特徴では、被子植物、単子葉類となります。キジカクシ目、アヤメ科、ホザキアヤメ属となります。この花においては旧名、もし...

スポンサーリンク

pixta_turumurasaki

ツルムラサキの育て方

ツルムラサキがどこに自生していたのかというのは、詳しくは...

pixta_guramato

グラマトフィラムの育...

グラマトフィラムの原産は東南アジアで、暑い地域の植物です...

pixta_rakkasei_02

落花生の育て方

落花生は、豆科植物で生息地は、南アメリカ・アンデス山脈の...

pixta_minarobata

ミナ・ロバータの育て...

花の種類としては、ヒルガオ科、サツマイモ属、イポメア属と...