植物を元気いっぱいに育てるには

植物を元気いっぱいに育てるには

どれを選ぼうか迷うほど園芸店などにはたくさんの植物が並んでいます。好みの花色や珍しさで選ぶとうまく育たないこともあり、植物の特性を把握した上で選ぶのが理想的です。また、土作りや肥料、水やりといった栽培の基本を押さえていれば致命的な失敗はしないで済みます。

植物の育てやすさの違いとは?

育てやすい植物と言われるものには置き場所を選ばず、日なたでも少し日照が悪くてもよく育ち、乾燥や寒さにも耐え病虫害が少ない。と言われるもので、一方、育てにくいと言われるものは日照不足や水ぎれを起こすとすぐに弱ってしまう、

病気や害虫が出やすい。と言われるものです。一般的に言えることは、その植物の原産地の気候が日本の気候と大きく異なっているほど育てにくいということです。

育てやすい観葉植物についても見てみると良く理解できます♪

土選びの重要性

次に大事なことは土選びです。特殊なものを除いては、赤玉と腐葉土が基本用土になります。草花類を育てるときは、赤玉土小粒6粒に対して腐葉土4の割合で混ぜた用土が標準です。それでも乾くのが速い場合は、

腐葉土の割合を5に増やし5対5の配合にします。花木などの樹木類を育てる場合は、赤玉土7に対し腐葉土3のやや重めの土を使います。また、赤玉土は大きな木は根があらいので中粒のものを使い、根が細い木の場合は小粒のものを使います。

植物の栽培に必要な土と水と光が参考になります♪

植物の栽培の水やりの基本

水やりは毎日とか1日おきとか機械的にするものではなく、鉢土が8分通り乾いてきたときに、鉢底から水があふれ出るくらいまでたっぷり水をあげることが基本です。もちろん、乾燥しすぎてもしおれたり枯れたりしてしまいますが、

そうかといってまだ鉢の中が十分湿っている状態の時に水やりを繰り返していると、用土の土粒と土粒の間に水がたまり常に水浸しの状態になり根は呼吸ができず枯れる原因になってしまいます。鉢土が8分通り乾いた時を判断するには、

鉢土の表面が白っぽくなった状態を目安にします。水やりをする時間帯も重要で、土が凍る厳冬期を除き、できるだけ朝の時間帯に済ませるのが原則です。なぜなら夜間は吸水活動が緩やかで朝方から吸水が次第に活発になっていくからです。

真夏の時期、日中の水やりがよくないと言われるのは強い直射日光を受けるため鉢の中が高温になり、根を傷める原因の一つになるからです。花壇植えの場合は、植え付け前の土作りさえきちんと行っていればあとはそれほど頻繁に手入れをしなくても、しっかりとした株に成長し花も咲かせてくれるます。

しかし、鉢やコンテナで育てる場合は根の伸びる容量が限られることもあり、ある程度きめの細やかな手入れが必要になるなど、育て方に工夫が要ります。一つは肥料やりで、容器での栽培は長く育てると肥料切れを起こすので1か月に一度は置き肥を与えるようにします。もう一つは花が咲いた後の花柄摘みです。

pixta_massonia

マッソニアの育て方

マッソニアはヒアシンス科に属して原産地が南アフリカです。この花の由来は、アフリカではなくイギリスの人の名前からついていま...

pixta_fujibakama

フジバカマの育て方

フジバカマはキク科の植物で、キク科の祖先は3,500万年前に南米に現れたと考えられています。人類が地上に現れるよりもずっ...

SONY DSC

ネクタロスコルダム・シクラム・ブルガリカムの育て方

和名はアリウム・シクラムですが、アリウムの仲間ではありません。ネクタロスコルダム・シクラム・ブルガリスは、現在ではネギ科...

pixta_umebatisou

ウメバチソウの育て方

ウメバチソウは北半球に生息する植物です。古くから北半球に多くの地域に分布しています。品種改良が行われていて、色々な品種が...

pixta_ichigo_01

イチゴの育て方

イチゴは比較的古くから人間に食されていた果物です。その歴史は石器時代にさかのぼります。農耕技術や養殖などを行う前から野生...

pixta_hourensou_01

ほうれん草の育て方について

ほうれん草は日常の食卓にもよく出てくる食材なので、家庭菜園などで自家製のほうれん草作りを楽しんでいる人も少なくありません...

pixta_hatiue

植物を鉢植えで育てるための基本

観葉植物は、文字通り観賞用なのでインテリアとして役立ちますし、ミニトマトやブルーベリーなどの食用の植物には、収穫する喜び...

pixta_utubokazura

ウツボカズラの育て方

ウツボカズラとは、ウツボカズラ科の植物で、食虫植物として広く知られているものの一つです。原産国は東南アジアを中心とした熱...

pixta_mansaku

マンサクの育て方

マンサクの名前がついた由来といわれるものは3つあります。1つは豊年満作というところからきたという説です。マンサクは樹木い...

pixta_satsumaimo_01

さつまいもの育て方

さつまいもは原産が中南米、特に南アメリカ大陸やペルーの熱帯地方と言われます。1955年にさつまいもの祖先に該当するイポメ...

スポンサーリンク

pixta_nasu_01

ナスの育て方

インドが原産の植物といわれ、中国でも古くから伝わる植物で...

pixta_islandpopi

アイスランドポピーの...

ポピーというケシ科はなんと26属250種も分布しており、...

pixta_ragurasu

ラグラスの育て方

ラグラスは、ふさふさした穂がかわいらしく、野兎のしっぽの...

pixta_perarugonium

ペラルゴニウムの育て...

和名においてアオイと入っていますがアオイの仲間ではありま...