ヒビスクス・アケトセラの育て方

ヒビスクス・アケトセラの育て方

ヒビスクス・アケトセラが日本に入ってきた年代は詳しく知られていないのですが、本来自生しているものは周種類であるとされています。三浦半島よりも南の海岸などを生息地としていることが多く、沖縄や南西諸島にはさらに多くの種類があると言われています。

育てる環境について

育てる環境に関しては原産国がアフリカであることからあまり寒さに強くないことがわかるのですが、暑さに関してもあまり強くはないので、栽培をする場合には室内の温度管理をしないと葉の色が変色をしてしまうこともあります。ヒビスクス・アケトセラという植物は葉の色が特徴的な植物なので、

低温状態のままにしておいて葉の色が薄くなったりすると見栄えがしなくなるので、注意が必要です。基本的には熱帯の気候を好むことから、日本で育てる場合でも日向を好んでいて日光不足になると茎葉の赤色が薄くなるので、その場合には陽の光が当たる場所に移し替えるなどの配慮が必要となります。

鉢植えで育てる場合には水はけの良い用土が適していて、赤玉土小粒と腐葉土などを配合したものを使用すると順調に生育をします。また大きめの鉢で育てる場合には赤玉土の中粒と小粒を同じ割合で混ぜ合わせて使うのが一般的です。

間のびしている枝を見つけた場合には見栄えが悪くなるので切り戻しを行うのですが、4月から5月に枝先を切り戻して、さらに冬越しする前の10月から11月に強めに剪定を行うこともできます。ヒビスクス・アケトセラはハイビスカスなどの仲間なので

日本でも暖かい地域で栽培するのに向いていて、寒い地域では暖房費がかかるので、コスト高になります。また夏の暑い時期も苦手なので、ベランダや窓辺などに移動させながら育てなければならないので、かなり手間のかかる植物です。

種付けや水やり、肥料について

水やりに関しては春から秋の期間には鉢植えをした表面の土が乾いてから水を与えるようにして、冬はある程度の乾燥状態を維持しておくと翌年にも美しい花を咲かせるようになります。春や秋に水やりをして冬は乾燥状態にしておく理由としては

熱帯地方で自生している植物なので寒さには弱い性質を持っていて、冬の時期にはほとんど生育しません。生育しない場合には栄養分や水分をほとんど必要としないので、この時期に成長に必要な成分を与えてしまうと逆に株が弱ってしまうことがあります。

水分や栄養が過剰になっている状態が続くと、根が傷んでしまうことがあるので、体力が低下してしまって、最終的には枯れることもあります。また枯れることがなかったとしても、翌年に付ける花が少なくなったり、小さくなるなどの悪影響があるので、

冬の時期には生育状態に合わせて水やりをすることが重要です。肥料に関しても4月から10月の成長期に窒素、リン酸、カリの三要素が等量配合されたものを与えますが、やや多めのものを置き肥しておくと少しずつ吸収するので健康的に生育します。土は水はけの良い状態を保たなければならないので、

赤玉土や腐葉土を使うことが多いのですが、市販されている専用の土を使っても十分に育てることができます。また鉢の大きさに合わせて土を配合する必要があるので、大きく育てる場合には赤玉土を中粒にする必要があります。根詰まりなどがあると生育が衰えてしまうので、植替えを行わなければなりません。

増やし方や害虫について

増やし方に関しては基本的には挿し木によって行われることが多いのですが、方法としては4月から9月に枝を10センチくらいの長さに切り取って、それをバーミキュライトや赤玉土の小粒などを用土にした鉢の中に挿します。病気に関してはほとんど心配がないのですが、

害虫としてカイガラムシの被害があるとされていて、枝が多くなりすぎてしまって、太陽の光が当たらない部分が多くなってしまったり、日光不足であまり健康的に生育しなかった場合には枝や茎の表面に白い虫が発生することがあります。少ない場合にはあまり木にする必要がないのですが、

塊になると白くなって付着をするので、見栄えが悪くなってしまいます。駆除するためには薬剤などを用いることができるのですが、表面が硬くなっているので、薬剤の成分が効果を発揮することができない場合もあります。そういった場合には古い歯ブラシなどを使って、

こそげ落とすのが効果的なので、たくさんのカイガラムシが発生したら物理的に排除するのが効果的です。ヒビスクス・アケトセラという植物は熱帯に自生している植物なので暖かくて湿度があれば成長すると思われがちなのですが、実際には風通しの良い場所を好んでいるので、

湿気が多すぎると逆に株が弱ってしまうことがあります。また日光に関しても直接当たると温度が上がりすぎるので、直射日光が当たらない室内の窓辺などに置いて栽培をすると、コンディションが良い状態で大きな花をつけます。

ヒビスクス・アケトセラの歴史

ヒビスクス・アケトセラが日本に入ってきた年代は詳しく知られていないのですが、本来自生しているものは周種類であるとされています。三浦半島よりも南の海岸などを生息地としていることが多く、沖縄や南西諸島にはさらに多くの種類があると言われています。

また帰化植物として熱帯の原産地から日本に入ってきたものも多いなされていて、栽培は江戸時代から始まっていたとも考えられています。美しい花が咲くものが多いので観賞用のハイビスカスやムクゲ、フヨウなどの他にも食用となっているオクラなどもヒビスクス・アケトセラと近い品種です。

葉の姿が赤しそのような色をしていてアオイ科の植物であることから和名が紫蘇葵とされていて、他にもやや酸っぱいという意味のギリシャ名などもあります。花は赤紫色をしていて、品種によっては黄色のものもありますが、中心部分は濃い紫色をしているもの多くあります。

秋以降に開花をするのですが、温室などで育てる場合には主に冬に開花します。もともと熱帯の植物であることから日本の冬の寒さには弱いので関東地方で栽培する場合には温室などで育てられることが多いのですが、マンションなどでも育て方を工夫すれば

十分に育てることができる品種です。多年草で原産地はアフリカの中部や東部であるとされているのですが、いつ頃から日本に自生しているのかは未だに分かっていません。基本的には帰化植物として扱われているので外来種としての扱いは受けていません。

ヒビスクス・アケトセラの特徴

ヒビスクス・アケトセラの特徴としては紫蘇の色似ている葉で、常緑の多年草で短日性のために秋から冬の時期に花を咲かせます。全体に赤色をしていて美しいことから日本でも観葉植物として栽培されていて、新芽はサラダとして食べることができます。

鉢植えをする場合には最大で2メートルまで成長するので、室内で栽培する場合には置き場所などを工夫しなければなりません。もともとアフリカの植物とされているので耐寒性があまりないので、日本の冬の寒さや乾燥に耐えることができません。

またアフリカに自生している植物なのですが、暑さに対して特別強いわけではないので、夏の時期に直射日光を当ててしまうと葉の色が変色することもあります。特徴としては常緑性であることがあるのですが、カラーリーフなので、緑色以外の葉を持つ品種も数多く存在しています。

初心者が栽培をする場合には温度の管理が非常に難しいので、経験者の指示にしたがって育てたり、様々な情報を集めてから栽培をしないと株ごと枯らしてしまうこともあります。日光不足になると葉の赤い部分が薄くなるので、その場合には太陽の光を当てる必要があるのですが、

一般的には室内の日当たりの良い場所ならば健康的に育つとされています。最大で2メートルにまで成長する植物なのですが、根詰まりをしてしまうと生育が止まってしまうので、1年から2年程度経過したら植え替えを行う必要があるので、根の部分を傷つけないように移し替えることが大切です。

pixta_oorikyura

オーリキュラの育て方

オーリキュラは、本来はヨーロッパのアルプスに自生する植物です。高山植物として扱われていて、日本でも栽培されています。原産...

pixta_hiougi

ヒオウギの育て方

ヒオウギの名前を聞いて和歌を連想する人、京都の祇園祭を思い浮かべる人、様々ですが、原産国は東アジアとなっています。日本も...

pixta_pakipodexim

パキポディウムの育て方

パキポディウムは、アフリカやマダガスカルなどに分布している多肉植物です。約20種類ほどが分布しています。幹があまり太らな...

pixta_singoniumu

シンゴニウムの育て方

シンゴニウムとは、中央アメリカ〜南アメリカが原産のサトイモ科のツル性植物です。現在では熱帯アメリカを主な生息地として約3...

pixta_epissia

エピスシアの育て方

エピスシアはメキシコの南部からブラジル、コロンビア、ベネズエラなどを原産地としている植物で生息地は基本的には熱帯地方なの...

pixta_turunitisou

ツルニチニチソウの育て方

夾竹桃(きょうちくとう)科に属しているツルニチニチソウは、学名を「Vinca major」「Vinca」といい、ツルニチ...

pixta_nabana

ナバナ類の育て方

ナバナ類と人類との歴史は古く、その関わりは現代でも続いています。地中海沿岸が原産の野菜であり、最初の利用は麦畑を生息地と...

pixta_charbill

チャービルの育て方

チャービルはロシア南部から西アジアが原産で、特に、コーカサス地方原産のものがローマによってヨーロッパに広く伝えられたと言...

pixta_difenbakia

ディーフェンバキアの育て方

ディーフェンバキアは原産と生息地は熱帯アメリカで、名前の由来はドイツの植物学者であるエルンスト・ディッフェンバッハです。...

pixta_porchuraka

ポーチュラカの育て方

ポーチュラカの原産地はメキシコや南アメリカといわれています。日本には1980年代にドイツから入ってきたとされています。高...

スポンサーリンク

pixta_datyura11

エンジェルストランペ...

エンジェルストランペットは、茎からぶら下がるようにして、...

pixta_kanenonaruki

カネノナルキの育て方

多年草であるカネノナルキは、大変日光を好む植物です。しか...

pixta_kamisonia

カミソニアの育て方

カミソニアとは北アメリカの西部を原産とする植物であり、6...

pixta_buruclover

ブルークローバーの育...

ブルークローバーはマメ科パロケツス属の常緑多年草です。原...