ホースラディッシュの育て方

ホースラディッシュの育て方

アブラナ科セイヨウワサビ属として近年食文化においても知名度を誇るのが、ホースラディッシュです。東ヨーロッパが原産地とされ、西洋ワサビとして料理に利用できるハーブの一種でもあります。

育てる環境について

生息地となる北の大地同様、育てる環境としては日当たりが良い場所を好み、手間いらずで成長します。根がグングン成長することから柔らかい土壌を好むため、食用として栽培する場合においては畑などの根が張りやすい土壌環境が適しており、花を観賞する場合には深めの鉢など、成長具合を見極めながら深い鉢へと植え替えながら育てるのが適しています。

収穫地としても知られる北の大地同様に冷涼場所を好むため、半日陰となる環境が最も適しており、食用となる根茎の成長を促すためには収穫までに早くて1年、長くて3年の栽培期間を必要とするため、栄養の吸収を妨げる雑草が生い茂る畑などの環境下ではなく、人工による畑を作り、栽培環境を整えることも適しています。

冷涼場所を根茎は好みますが、アブラナ科でもあるホースラディッシュは白い花を咲かせるため、花植物としての育て方としての適温は15度から25度と比較的温暖な気候で開花を促すことが可能です。さらに土壌環境では湿った土壌を好み、寒さに強いために冬越えさせるための手間が不要で育てる環境を極力選ばないのも魅力で、

近年話題となるキッチンハーブとして室内栽培も可能とします。育て方でポイントとなるのが、日当たりだけではなく風通しの良さにもあり、葉が大きく繁るために風通しは重要で、畑では周囲に高めの木々がなく、風が吹き込みやすい環境を用意することで葉を大きく広げ、繁殖力を高めることに繋げられます。

種付けや水やり、肥料について

ホースラディッシュは生産地でなければ種子の出回る率がまだまだ低いため、株分けによる種付けが適しています。3月から4月の春先に耕した畑には化成肥料と堆肥を施しますが、植え付ける1週間から2週間前までに石灰を散布して耕しておき、根を適当な長さに切り分けた株を植えます。

畝幅は約80cmで、株と株の間は30cm開けることで根の成長を促し、放任を可能にしますので比較的増やしやすい品種です。柔らかな土壌を好み、植え付けから1ヶ月ほど経過した頃に株元に追肥を行い、食用として収穫するまでに1ヶ月間隔で追肥を行います。水やりでは適度な湿り気を好むため、1日に一度たっぷりの水を散布することが適しており、

収穫時期を翌年以降とする場合には土を柔らかくする目的も含めた土寄せを行いながら、水ハケを良くする畝を作り、株元にたっぷりの水を散布する方法が適しています。また花の観賞用として育てる場合においては、根を張るために深めの鉢やプランターにて植え付けた後、液体肥料を4月から5月の春先や10月からの秋口に与えることにより花付きが良くなります。

さらにホースラディッシュは収穫した後、土壌には栄養分が少ないため、増やす目的で新たに植え付けを行う場合には畑を一から耕すことも重要であり、枯葉や培養土などで栄養分を土壌にしっかり与えた土作りも必要です。水分が不足してしまうと、食用となる根が固くなってしまい、食感や香りの乏しい根が成長してしまうため注意も必要です。

増やし方や害虫について

ホースラディッシュを増やすためには、根茎部分を適当な大きさに切り、水に浸しておくことにより発芽し、根が張り巡らせた後に株分けさせることが可能です。さらに収穫には根を掘り上げて行うために、主根の一部を植え付けておくだけでも増やすことが手軽に行えます。発芽してから土に植え付けるだけで株は成長しますが、

上記で挙げたように国内において種子の入手は困難であることから、株や根から増やす根伏せ方法が提案されています。さらに初根や発芽を促すため、直接土に植え付けるだけではなく、水の中で発芽を促した後に土壌に植え付ける方法も手軽で、根の上部を縦に切り分けた後に、清潔な水に下側が1cmから2cm程度浸るようにタッパーなどに入れ、

日当たりの良い適温で管理します。水の入れ替えを行いながら約10日程度で根が出て発芽するため、その後植え付けを行うと手軽です。春夏が成長期であり、気温が高くなることでアオムシをはじめ、アブラナ科であることからアブラムシなど害虫被害にあうこともあります。害虫対策としては、防虫ネットをはじめ、

殺虫効果の高い木酢液などを利用することで無農薬を可能とします。害虫で厄介となるのがアブラムシであり、アブラムシは吸汁活動で葉などを枯らすことはないものの、食用として収穫する場合にはウイルス病がネックになりやすく、そのウイルスを媒介するのがアブラムシです。ですので、トウガラシや木酢液でしっかり対策が必要です。

ホースラディッシュの歴史

アブラナ科セイヨウワサビ属として近年食文化においても知名度を誇るのが、ホースラディッシュです。東ヨーロッパが原産地とされ、西洋ワサビとして料理に利用できるハーブの一種でもあります。世界各国で親しまれ、様々な名で呼ばれているホースラディッシュは、別名としてレフォールという名でも東ヨーロッパ地方では定着している名の歴史も存在しています。

外来種であるため、もちろん和名も存在しており、山ワサビとする品種で明治初期頃に日本にも伝えられ、その繁殖率の高さから明治を境に普及されるようになると、栽培に適した冷涼となる北の大地で広く栽培されるようになっています。現在ではその繁殖率の高さから野生化した品種も含め、国内に出回るほとんどの種子や食品として

用いられる山ワサビは、北の大地が産地として盛んにホースラディッシュが栽培されています。栽培では冷涼となる環境が好ましいものの、根の収穫は翌年以降となることから広い土壌で長きに渡る栽培が行える地域としても北の大地が栽培に適しており、明治初期に根茎の部分を食用として薬味に使用したのも、

栽培を始めた道民からであることも食の歴史の1つです。原産地では白い小さな花を咲かせることから、発見当時は白い花を観賞する目的で栽培されていた歴史があり、増やす目的で株分けを行う際に香りの良さから根茎部分を食したことで観賞した花が落ちた後、食用として西洋料理に使われる歴史が残されています。

ホースラディッシュの特徴

東ヨーロッパ地方が原産地であり、ハーブの一種であるホースラディッシュの特徴の1つには、栽培法が挙げられています。類似した本ワサビの生息は山間部で水を張る水田栽培によるものですが、本ワサビと異なり西洋ワサビとして知られるホースラディッシュは畑などの土壌栽培です。

根茎部分は粉ワサビなどの加工製品の原料としても使われます。ホースラディッシュの葉は、根出葉で大きくて長梢円形の形をしており、細かな鋸歯や長い葉柄が特徴的で、春先に茎を伸ばすと白い花を咲かせます。花の香りはほんのり香る程度であり、茎は辛味のあるスパイシーな刺激的な香りを漂わせます。花はもちろんですが太い根にも特徴があり、

ホースラディッシュはワサビ同様に辛味成分であるアリルイソチオシアネート成分を含むため、刺激的な辛味と香りがあり、すりおろす前は大根と似た香りを漂わせています。本ワサビとして流通している食品と異なり、本ワサビと原材料に明記されていないワサビは全て西洋ワサビであるホースラディッシュであるのも特徴の1つです。

一年草と違い多年草であり、晩秋頃には大きく成長した葉は黄色く枯れてしまうのですが、根は冬を越し、年を越すごとに太く大きく成長します。収穫の際の特徴としては若葉は春から初夏にかけて収穫可能となり、逆に根の部分は葉が枯れた後の晩秋から次の新芽が出始める3月までが収穫時期であり、葉と根の収穫にも異なる特徴の違いがあります。

pixta_suzumenoendou

スズメノエンドウの育て方

生息地は日本となっていますが、マメ科のソラマメ属に分類しています。後援などに雑草のようにその姿が見られ、古くから周りの草...

pixta_abokado

つい捨てちゃう、アボカドの育て方

最近では、サラダやグラタン、パスタなどに使われることもなりスーパーでもよく見かけるようになったアボカド。「森のバター」や...

pixta_tumerenge

イワレンゲの仲間の育て方

イワレンゲの仲間は、ツメレンゲやコモチレンゲなど、葉っぱが多肉状態で、サボテンと育て方と同じ配慮で育てれば、毎年美しい花...

pixta_tomato02

トマトの栽培やトマトの育て方やその種まき方法について

トマトはその赤い色が食欲をそそる野菜となっています。トマトはなす科の野菜となっているので、トマトの育て方としては連作障害...

pixta_sakurasou11

サクラソウの育て方

サクラソウとは、サクラソウ科サクラソウ属(プリムラ属)の植物で、学名をPrimula sieboldiiといいます。日本...

pixta_nasutachiumu

ナスタチウムの育て方について

鮮やかなオレンジや黄色の花をたくさん咲かせるナスタチウムは、ハーブの一種に分類される植物です。ハーブと言えば、花が咲いた...

pixta_daizu111

ダイズの育て方

ダイズの歴史を調べてみると、はっきりとした起源がわからず、いくつかの説によって現代に伝えられていることがわかります。つま...

pixta_ionopsis

イオノプシスの育て方

イオノプシスとはメキシコ〜南アメリカなどを原産地とする多年性草本です。ブラジルから西インド諸島へと分布し、ガラパゴス諸島...

pixta_fitnia

フィットニアの育て方

フィットニアはキツネノマゴ科フィットニア属の植物です。南米、ペルー・コロンビアのアンデス山脈が原産の熱帯性の多年草の観葉...

pixta_baobabu

バオバブ(Adansonia)の育て方

バオバブは古くから人類の歴史と深く関わり続けている樹木です。人類が2足歩行をする400万年前以前からフルーツや葉を食料と...

スポンサーリンク

pixta_katasetam

カタセタムの育て方

カタセタムの科名は、ラン科、属名は、カタセタム属になりま...

pixta_sissasu

シッサスの育て方

シッサスはオランダで品種改良をされたという歴史を持ってい...

pixta_zakuro

ザクロの育て方

ザクロの歴史は非常に古く、古代ギリシャの医学書では、すで...

pixta_snowdrop

スノードロップの育て...

真っ白な花に緑色の斑が美しいスノードロップを自宅で育てる...