タチアオイ(立葵)の育て方

タチアオイ(立葵)の育て方

タチアオイは立葵と漢字で書かれて、名前の通り立ってるように高く伸びて育つ植物です。育て方は比較的簡単な植物になります。しかし株分けなどはあまり向いてない植物になりますので、育てる際に関しては種植えがおすすめです。そして植物分類に関してはあおい科のタチアオイ属です。

育てる環境について

育てる環境に関しては、草丈がとても高くなってしまう植物です。名前が立葵というだけあって、高くまっすぐに成長してきます。だから大きくなることを前提に考えて育てることが大事になってきます。草丈が高くなるということから支柱を早めに建てておくことがおすすめです。何も支柱を建てないで育ててしまうと倒れてしまう可能性もでてきます。

だから早めに対策をしておくことが大事です。そしてタチアオイは丈夫な植物です。だからはじめに種をまいて、発芽して育っていけば後はお手入れなどをしなくてもすくすくと育ってくれる植物です。だからはじめに大きく育っていくのでしっかりと対策をしておきます。そして日当たりに関しては太陽に光を好む植物です。

だからできるだけ日の光があたる場所で育てることがおすすめです。しかし真夏の暑さは少し嫌がる性質がありますので、蒸れないように風通しのいいところに育てるようにするといいです。二年草のタイプのものは種をまいて、冬を迎えたりすると、どうしても寒くなってしまったりします。そんなときに寒さに弱いので、防寒対策をしておくことが大事です。

多年性タイプのものは花が終ったときに株分けを兼ねて植え替えることができます。そして植え替えた際にはどうしても株が弱ってしまったりすることが多いので、毎年種を植えて育てるほうが丈夫で強いタチアオイが育ちます。そして、沢山の株を植える場合には間隔をしっかりと分けてあげるといいです。

種付けや水やり、肥料について

タチアオイの水やりに関しては、土が乾いたらたっぷりと与えてあげます。種類的に過湿を嫌う植物になりますので、あまり水やりをしすぎるのは控えるほうがいいです。だから鉢植えの場合は土の表面が乾いたときにたっぷりと植木鉢からあふれるほど与えてあげるといいです。そしてじめじめとした土は苦手な植物になりますので、水はけのいい土に植えてあげるといいです。

また庭植えの場合に関しては、乾燥しない程度に時々水やりをしてあげるといいです。また肥料に関してはそんなに与えなくてもいい植物になっています。だから適度に与えておけばいいです。そして適度に与えておいて、成長期以外は特に普通に成長している場合に関しては、あまり与えなくてもしっかりと育ってくれます。

肥料を与えれば大きく成長してくれると感じますが、あまり与えすぎてしまうとひ弱になってしまったりします。だからあまり与えすぎないように注意しておくことが大事です。そしてタチアオイの場合は種によって育てる方法になります。また移植をしたりするのを嫌う植物になりますので、一旦植えると今度は植え替えをすることができないので、

しっかりと場所は決めておくほうがいいです。そして植えて成長してくると、かなり大きくなってしまうので、深い場所に植えるようにしておくことが大事です。長い期間時間がかかりますし、楽しむことができるように場所選びはしっかりとしておかないといけないので計画的にしておきます。

増やし方や害虫について

タチアオイの場合はかなりの頻度で害虫が発生してしまう可能性があります。だから気をつけて観察をしておくことが大事です。観察をしてもし害虫が発生してしまっていた場合は、早めに対処をしておかないといけないです。夏の暑さなどにはとても強いタチアオイです。しかしイモムシなどが発生してしまって、葉っぱを食べられてしまったりすることが多くなります。

結構植物の中ではタチアオイは発生しやすい植物になっていますので、定期的に予防として薬剤を使っておくことがおすすめです。予防をしておくことによって、虫による被害を防ぐことができます。害虫にはとても弱い植物になりますので、気をつけて観察をしておくことがおすすめです。

また増やし方については種をまくことによって育てることができます。そして発芽できる適温は20度前後です。だから20度前後になったときに種をまいたらいいです。タチアオイの種類に関しては二年草と一年草というものがあります。二年草のものに関しては、4月ぐらいに種をまいて翌年の夏に花を咲かせてくれます。

そして期間が長いので株も大きく育って沢山の花を咲かせてくれます。また一年草のものに関しては、3月ぐらいに種をまいてその年の夏に花が咲きます。すぐに花が咲いて楽しむことができますので、手軽に育てることができます。だから短期間で咲かせたいのか長期で育てたいのかどちらがいいのかは自分で好みになりますので、種を選ぶといいです。

タチアオイ(立葵)の歴史

タチアオイは立葵と漢字で書かれて、名前の通り立ってるように高く伸びて育つ植物です。育て方は比較的簡単な植物になります。しかし株分けなどはあまり向いてない植物になりますので、育てる際に関しては種植えがおすすめです。そして植物分類に関してはあおい科のタチアオイ属です。春と秋まきの一年草や二年草扱いになっていて、常緑多年草です。

原産地は東ヨーロッパやアジアで中国やシリアなどが生息地です。栽培する場所は比較的暖かいところが好ましいです。夏の暑さなどにも強く、逆に寒さには弱かったりしますので、二年草などの場合は冬を越す際には防寒をしっかりとしてあげることが大事です。そして自然に開花してくれる時期に関しては夏や真夏に花がさきます。

背の高さはとても高くなってきて、太陽に向かって大きく伸びて大きな花が太陽に向かって沢山咲いてくれます。かなり大きな花が咲いてくれて、ボリュームがとてもあり、存在感があります。そして植え替えなどはあまり出来ない植物になりますので、種として植えた際には、移動をしないようにすることが大事です。

そして種はこぼれ種でも育つ丈夫な植物です。だからタチアオイを植える場所を初めから決めておくと、長い間毎年咲いてくれたりして長年楽しませてくれます。特に管理をしないといけないことはないですが、害虫などの被害には気をつけて管理しておかないといけないです。害虫の被害に合わないように予防も大事です。

タチアオイ(立葵)の特徴

タチアオイは背が高くなります。かなりの大きさになり、背丈が200cmになる場合もあるので、かなり大きくなることを想定して植える場所を決める必要があります。そしてかなり大きな鮮やかな花を沢山咲かせてくれます。大きな花が日光を遮るほどになってしまったりする場合はとても暑く邪魔に感じる場合もあります。

夏の直射日光を遮ってしまったりします。だから庭などに植えると、日陰になってしまう場合もあるので、できるだけ植える場所を考えて、密集させないようにしないといけないです。密集してしまうと、日の光が下のほうまで浴びれなくなって蒸れの原因などになったりします。そしてかなり高い背丈のものになるので、支柱は必要になります。

支柱の準備をしっかりとしておくことが大事です。最近は夏にはタチアオイを育てる方も多くなってきています。こぼれ種でも育てることができるので、丈夫で育てるのが簡単です。害虫に関してだけ気を使っておけば立派なタチアオイが育ちます。あまりお手入れをしすぎて、肥料などを与えすぎてしまったりすると、

枯れてしまったりする可能性もあるので、タチアオイの場合は比較的お手入れをしないで、害虫に関してだけしっかりと確認しておくといいです。害虫の被害に合わないように密集させて植えないようにして蒸れないように間隔をあけておくといいです。ほっておいても立派な花が咲くので庭植えなどに最適な植物になります。育てるのが容易です。

pixta_suika11

スイカの育て方

栽培スイカの原産地と言うのは、色々な説が在ります。しかし、最も有力とされるのが、1857年にイギリス医療伝道者がアフリカ...

pixta_hourensou_01

おいしいほうれん草の育て方

野菜の育て方を覚えれば、誰でも美味しい野菜を誰でも育てることが出来ます。そこでほうれん草の栽培について説明します。ほうれ...

pixta_motinoki

モチノキの育て方

モチノキは樹皮から鳥や昆虫を捕まえるのに使う粘着性のあるトリモチを作ることができるため、この名前がついたといわれています...

pixta_agapansasu

アガパンサスの育て方

生息地の南アフリカから明治時代の中ごろに日本に伝わりました。最初に伝わったのはアフリカヌスという品種だと言われています。...

pixta_roubai

ロウバイの育て方

強い香りをあたりに漂わせ、どの樹木よりもいち早く春の訪れを告げる花ですが、江戸時代の終わり頃に、中国から朝鮮半島を経て伝...

pixta_kurisansemamu

クリサンセマム・ムルチコーレの育て方

クリサンセマム・ムルチコーレの生息地は、ヨーロッパ西部と北アフリカなどの地中海沿岸です。アルジェリア原産の耐寒性または、...

SONY DSC

ディルの育て方

ディルは古代メソポタミアやエジプト時代から栽培されていたといわれて、薬用として古代から使われてきました。現在では薬味など...

pixta_amerikatemarisimotuke

アメリカテマリシモツケの育て方

アメリカテマリシモツケは、北アメリカが原産だと考えられており、現在テマリシモツケ属の生息地はアジア東部や北アメリカ、メキ...

pixta_blackcat

ブラックキャットの育て方

ブラックキャットはインドおよび東南アジアを原産地とする植物で、熱帯・亜熱帯の森林の中を生息地としています。外見が大変特徴...

pixta_beet

ビート(テーブルビート)の育て方

ビートの歴史はとても古く、紀元前より利用されています。始めは野生種の先祖型にあたる植物を薬草として利用されていて、ローマ...

スポンサーリンク

pixta_pakira

鉢植え乾燥地帯原産地...

鉢植え「パキラ」は東急ハンズ等で購入できる乾燥地地帯であ...

pixta_rakkasei_02

落花生の育て方

落花生は、豆科植物で生息地は、南アメリカ・アンデス山脈の...

pixta_anemone

アネモネの育て方

地中海沿岸が原産地のアネモネは、ギリシャ神話ではアドニス...

pixta_sennitikobou

アルテルナンテラ‘千...

園芸店や生花店などでは千日小坊という常緑多年草が売られて...