アンデスノオトメの育て方

アンデスノオトメの育て方

アンデスノオトメというものはマメ科の植物になりますので、マメ科特有の黄色い蝶形をした花を咲かせてくれます。3cmぐらいのかわいい黄色い花を沢山咲かせてくれます。そしてこの花の開花時期は8月から10月になっています。

育てる環境について

育てる環境については、丈夫で比較的耐寒性がある植物になっていますので、野外に置いたままの状態でも冬越しすることができるところもあります。しかし一般的にはアンデスノオトメは冬は室内でも比較的日の当たる場所へ置くようにします。そして春から秋にかけては日の光が十分当たる屋外に置くようにします。

そして日の光を十分に当てないと葉っぱが黄色く変色してきたりします。だから日陰にならない場所に置くことが大事になってきます。日陰になると黄色い葉っぱに変色しますし、また花つきが悪くなります。そして根が一本の太い根っこが伸びて大きくなる植物なので、植木鉢では植え替えなどが必要になってきます。

その場合は傷つけないように慎重に植え替えをしたらいいですが、できれば庭植えなどの場合はそのままでいい形になりますのでおすすめです。その場合はあまり冬に寒くなりすぎる地方の場合はおすすめできないので注意が必要です。ある程度温かい場所が好まれます。そして丈夫な植物ですので、植え付けの時期などはあまり深く考えなくてもいいのがアンデスノオトメで、

秋に植え付けなどをしても十分育てることは可能です。しかし一般的には春植えがおすすめです。比較的初心者の方でも育てやすいものになっていますが、一番大事なことは根っこを慎重に扱うことが大事で、一度植えたら植え替えをしないでいいような場所に植えると丈夫で大きなアンデスノオトメを育てることが可能になります。

種付けや水やり、肥料について

肥料などは特に与える必要がないので管理は簡単です。植木鉢の場合は多少の肥料などは必要になりますが、植木鉢の場合は大きく成長してきたら植え替えをしないといけないです。植え替えとなると、一本の太い根っこを傷つける心配もでてきますので、できるだけ慎重にしてあまり植え替えをしないようにすることが大事です。

だから植え替えなくてもいい庭に植えて栽培するのがおすすめです。そうすることによって、水やりなども簡単にすることができますし、また肥料も上げなくても済むので、管理が簡単になります。しかし水やりもあまりしないで居ると、葉っぱが昼間でも閉じた状態になってしまうことがあります。アンデスノオトメは夜は葉っぱが閉じるのが一般的です。

そして朝になるにつれて葉っぱが開いてきます。このサイクルが水が少なくなってしまうと、昼間でも閉じたままになってしまいます。水をほしがりますので、水がかれないように注意することが大事です。だから土が乾いてきた場合にはたっぷりと水を与えます。与えすぎない位に与えてもいいです。

そして冬の場合は一般的には他の植物の場合は水を吸い上げる力が低下しますので、あまりあげないで控えたほうがいいですが、アンデスノオトメの場合は冬でもたっぷりとした水を与えることがおすすめです。冬でも水を吸い上げる力は大きいです。そして植えるのは春に植えるのが一般的になりますが、あまり深く考えなくてもいいですが、あまり冬などや真夏は避けたほうがいいです。

増やし方や害虫について

アンデスノオトメの病気に関してですが、丈夫で強い植物になりますので、病気になることは少ないです。ほとんど発生しないので育てやすいものになっています。しかしアブラムシとハダニに関しては注意をしておかないといけないです。アブラムシとハダニなどの害虫がついてしまった場合には、早めに対処をしないといけないです。

被害が進行するとどうしても葉の色などが悪くなってきてしまいますし、また落葉してしまうこともあります。庭に植えてる場合は枯れることは少ないですが、生育が悪くなってきて美観を損なったりしますので、気をつけないといけないです。そして増やし方に関しては、挿し木を行なうことができます。

そしてできるだけコンパクトに栽培をしたいという方には、まずは花の時期が終ったときに、3分の1ぐらいの強い刈り込みを行ないます。そしてこの刈り込みを行なうことによって、また次の花が沢山咲いてくれてコンパクトなまとまったものになってきます。そしてその刈り込んだ木を挿し木に使うのもおすすめです。

そしてもし挿し木を行なうのであれば庭の場合は移動をしなくてもいいような場所にすることがおすすめですし、植木鉢の場合でもある程度大きくなるまで移しかえることがないような場所に植えることがおすすめです。あまり移動をさせたりすると弱ってしまったり、木を傷つけてしまって枯らしてしまうこともあったりしますので、しっかりと管理して育てるときれいな黄色い花を数年で咲かせてくれます。

アンデスノオトメの歴史

アンデスノオトメは日本古来のものではなく、昭和の初期に渡来してきたものになっています。そしてアンデスノオトメというのは、もともとの名前ではなく、流通名であって本当の名前はハナセンナといいます。そしてこのアンデスノオトメの育て方は比較的楽に育てることができて、幼木の場合であっても冬越しすることができて、

生息地が寒いところでも十分栽培することができるのが特徴です。そして黄色い花をいっぱい咲かせてくれるものになっています。原産国についてはブラジル中部からアルゼンチン北部とされていて、幅広い範囲で栽培されています。低い木になりますので、育てやすく家庭の庭でも育てるのに向いてるものになっています。

また黄色くて繊細な花を咲かせて見た目にも鮮やかな植物ですが、また葉っぱは特徴的です。葉っぱは夜になると閉じる特長があります。昼とはまた違った特長があって、変化を楽しむことができるものになっています。植物は毎日そんなに変化がなかったりもしますが、このアンデスノオトメは日々成長しているなどや、

生きているという実感をもつことができる植物です。この変化を楽しみながら育てていくことが可能になっています。別名ではセンナという名前ですが、このセンナは医薬品として使われています。下剤として使われることがあるもので有名で、おなかをすっきりとさせてくれる特長があるものですので、ダイエットなどの健康食品などに使われることもある植物です。

アンデスノオトメの特徴

アンデスノオトメのまずは花の特徴についてですが、花は葉の脇から散房花序を出しています。この散房花序は柄のある花がたくさんつくのが特徴です。そして下部にいく花になるほど、柄が長いので花序の上部が平らになってる形になります。そしてこのアンデスノオトメというものはマメ科の植物になりますので、

マメ科特有の黄色い蝶形をした花を咲かせてくれます。3cmぐらいのかわいい黄色い花を沢山咲かせてくれます。そしてこの花の開花時期は8月から10月になっています。9月に満開になることが多く黄色い小さな花を沢山咲かせてくれます。そして樹高は2mから3mぐらいの低木になっています。他の種類の同じ仲間のセンナは丸い葉になりますが、

アンデスノオトメは細長いのが特徴です。そして耐寒性があるので、比較的寒いところでも育ちますので丈夫で育てやすいものになっています。しかしアンデスノオトメは寒さにも強くて育てやすいものになっていますので、庭などに育てたり、植木鉢などに育てるのも比較的楽ですが、直根性になっていますので、移植は難しいものになっていますので、注意が必要です。

直根性というものは、一本の太い根っこが伸びて大きくなる植物のことです。だからこの一本の太い根っこが大事で傷つけないようにしないといけないです。よって植え替えなどで傷をつけてしまうと枯らしてしまう可能性があるので注意が必要です。もし植え替えるのならば注意して行なわないといけないです。

pixta_sukimia

スキミアの育て方

「スキミア」はミカン科ミヤマシキミ属、日本を原産とする常緑低木の一種です。学名は「シキミア・ジャポニカ」、英名を「スキミ...

pixta_gobou

ミニゴボウの育て方

ミニゴボウにかぎらず、野菜の中で形の小さい種類のものは昔からあったのですが、あまり受け入れられてきませんでした。育ちが悪...

pixta_rudobekia

ルドベキアの育て方

ルドベキアは北米を生息地としており、15種類ほどの自生種がある、アメリカを原産とする植物です。和名ではオオハンゴウソウ属...

pixta_yabumyouga

ヤブミョウガの仲間の育て方

ヤブミョウガはツユクサ科の花です。したがって、ヤブミョウガの仲間はミョウガではなくツユクサです。ちなみに、ミョウガは歴史...

pixta_tokeisou11

トケイソウの仲間の育て方

トケイソウの仲間は中央アメリカから南アメリカにかけてが原産地とされています。生息地は熱帯地域が中心で、現在では世界中に数...

pixta_goya11

緑のカーテンの育て方

ゴーヤのグリーンカーテンの育て方についてご紹介です。もともとお花を育てることが好きだった私ですが、去年の引越しをきっかけ...

pixta_osmokisiron

オスモキシロンの育て方

オスモキシロンは東南アジア地域を原産とする植物であり、フィルピンやニューギニアなどでよく見られる植物です。フィリピンやマ...

pixta_mituba111

ミツバの育て方

ミツバは、日本を含む東アジアが原産地の、せり科の自生植物です。生息地は、日本原産のものでは、全国の産地の日陰に育ちますが...

pixta_seiyouiwanannten

セイヨウイワナンテンの育て方

セイヨウイワナンテンはツツジ科の常緑低木で北アメリカが主な原産地です。バーニジア州、ジョージア州、テネシー州などに分布し...

pixta_saineria

サイネリアの育て方

サイネリアはキク科植物の一つで、カナリア諸島が原産のものだと考えられています。かつては「シネラリア」とも言われていたそう...

スポンサーリンク

pixta_narukiss

ナルキッスス・バルボ...

ナルキッスス・バルボコディウムのナルキッススとは、ギリシ...

pixta_erachiour

エラチオールベゴニア...

エラチオールベコニアのことをよく知って、育て方をしっかり...

pixta_poinsetia

ポインセチアの育て方

特徴としてはなんといっても赤い花びらと緑の葉でしょう。ク...

pixta_nusubitohagi

ヌスビトハギの育て方

ヌスビトハギの仲間はいろいろ実在していて、種類ごとに持っ...