オルキスの育て方

オルキスの育て方

このような面白い形の植物は、ラン科に多いのですが、やはりこのオルキス・イタリカもランの一種で、オルキスとはランのことで、イタリカとはイタリアのことです。ですので名前そのままですが、イタリアのランのことになります。昔からラン科の植物は人々の注目を集めていたということになります。

育てる環境について

その他オークションの場合ですが、8割は偽物ではないかとも言われているので、購入の場合には十分確実な相手から購入するということが必要になります。また別名、裸の人間のランという名前もあるようで、原産地や生息地は地中海周辺ということになります。イタリアもその中に入るので、その周辺なのかもしれませんが、

自生して群落を作っているところもあるというので、地域によっては一般的に見られるのかもしれません。またこれほど人気になっているので、そのうちに日本でも販売されるようになるのではないかと予想されます。花はひとつではなく、まとまって咲くので小人がたくさんいるような感じで、

ひとつの花には、その中に頭や手や足や他の部分もあり、非常に面白い花であることは確かですし、ランの一種なので花も美しく、色合いも日本人好みの色でもあります。日本でも栽培している人も少数ですがいるようで、育て方ということでは、球根は花とはまったく違い、醜いぐらいで毛深くて、カビが生えたような感じでもあります。体験者によると発芽は10月頃ということで、秋に蒔くということのようです。

土は普通の土だそうで、葉は波打っていて、色も黒と緑で独特ですが、なかなか味のある葉です。観賞用にも面白いようです。また冬は数時間以上日に当てて、霜が当たらないところで育てるということです。また開花期は4月から6月ということのようです。しかし体験者の人たちも試行錯誤で育てているようで、葉が枯れたりしていて、なかなか難しそうです。やはりプロの人達の力が必要でしょう。

種付けや水やり、肥料について

またこの花は白とブルーで、まるで妖精が踊っているような花だと表現していた人もいました。確かに非常に幻想的で美しく、ファンタジックな花であることは間違いないようです。またこのラン科の植物は世界に700属以上15000種以上あり、日本にも75属230種ありますが、あまりにも美しいということで、乱獲をされたりしている植物たちでもあります。

ラン科の植物は、花は独特なものが多いのですが、大きさということではあ、あまり大きくはならないということでした。また葉も厚くて硬いものが多いということです。また着生植物という特徴の物が多いということもあります。熱帯などによくありますが、その割には直射日光に弱いそうで、胡蝶蘭などもそうですが、特に夏の直射日光は避けるようにするのが良いようです。

日本ではアツモリソウなどもラン科ですが、こちらも絶滅が心配されているランの仲間です。ラン科の育て方ということでは、共通しているところは、この植物でも同じではないかと予想できますが、何しろ珍しい植物であり、日本ではなかなか手に入れられない、販売もされていない植物なので、手に入れられたとしても、

ラン科の花の育て方から予想して、後は地中海原産ということですので、地中海の気候に近い温度や湿度などで育てていくということになります。その点は覚悟の上で、育ててみるということになります。ラン科の植物は、日本の夏の日差しには弱いので、できるだけ室内などで育てているようです。オルキスもその点は同じでしょう。

増やし方や害虫について

栽培の場合には、直射日光を避けて、室内の日の当たるところで育てるということですが、室温は冬でも十数度で夏場は軽く冷房が効いた場所で育てるということでですが、温度管理が重要になるようです。この植物もその点は同じでしょう。また水をやり過ぎないことで、水分が多すぎると根が腐ってしまうそうです。

また肥料は、液体肥料の花用のものを与えると良いのではないかということです。また冬の寒い時期に水をやり過ぎると根が傷んでしまうこともあります。そうすると葉の方も変色してしまうので、その点も注意点ということです。これらはラン科の植物の育て方での注意点ですが、この植物にも、それらの点を注意してみると良いのではないかということになります。

さすがに珍しい植物なので、詳しくはどうすべきかわかりませんが、やはりラン科の植物を参考にして試行錯誤しながら育てていくということがポイントでしょう。またランを何十年も育てているという人の話では、日本でも育てている人がほとんどいないので、育てるということは、今のところ難しいのではないかということでした。

これから日本で自由に購入できるようになるまでは、あくまでも試しに育てるというぐらいで、失敗してもしかたがないという覚悟で挑戦するというような植物ではないかということになります。あるいはうまく育てられたならば、その方法が日本でのこの植物の栽培のパイオニアになるということですので、その意味では挑戦しても面白いでしょう。育てがいのある植物ということになります。

オルキスの歴史

ガーデニングは、趣味としても楽しいもので、植物の緑を楽しむということもありますが、やはり花の美しさを楽しむということが面白いのだろうということですが、時々面白い植物ということで、世の中の園芸などの栽培をしていない人たちでも興味を持つ花があります。その中で最近良く話題になるのが、オルキス・イタリカという植物でしょう。

これはインターネットなどでも数年前から話題になっている植物で、一般人の話題を集めるということでは、一番人気があった植物ではないかということですが、花が独特で、人間の形をしているのではないかということで人気です。特にまるで男性の裸の時のような形をしているので、その意味でも非常に面白い植物ということになります。

このような面白い形の植物は、ラン科に多いのですが、やはりこのオルキス・イタリカもランの一種で、オルキスとはランのことで、イタリカとはイタリアのことです。ですので名前そのままですが、イタリアのランのことになります。またその面白さでも世界中で人気があるようで、そのことも報道されたりしていました。

また日本で開催されたラン展でも、目玉の植物として、ガラスケースの中に入れられて展示されていて、多くの人達が写真などを撮っていました。非常に人気がある植物です。ただし残念ながら日本では販売されていない植物で、どうしても購入したい場合には個人輸入で購入することになります。後はオークションなどでも手に入れられるようです。

オルキスの特徴

またこのオルキスは、歴史的、文化的に見ても面白いのですが、もともとランというギリシャ語から英語になった言葉ですが、この言葉が最初に書物に書かれた歴史も古く、今から二千年以上前のアリストテレスという哲学者の弟子で、植物学者の父と言われているテオフラストスという人が、書いた書物の中に出てくるそうです。

そうなると、それ以前から使われていた言葉ということになりますが、昔からラン科の植物は人々の注目を集めていたということになります。また最近の日本でも、この花が人間の形に似ているということで珍しがられていますが、特に男性の裸のような感じに見えるということもあり、驚きと珍しさと美しさで人気なのでしょうが、

原産地の地中海地方では昔から精力剤としても使われていたそうです。それは古代ギリシアの時代から必要に迫られていたのでしょうが、特に男性は強壮剤が必要なことが多かったということになります。そのような事情も歴史的な事情としても存在しているということでは面白いということですが、珍しい花ということだけではなく、

面白いエピソードもたくさんある植物です。また面白いということでは、今でもトルコではアイスクリームの中に入っているそうで、原料のひとつになっているそうです。トルコの人たちは、今もアイスクリームとして食べているということだそうです。そのように色々な点で、人間と古くから関係が深いということが歴史でもわかるということになります。

pixta_yaseigiku

野生ギクの育て方

特徴としてはキク目、キク科の植物になります。のじぎくと呼ばれるキクに関しては非常によく見られるタイプかも知れません。こち...

pixta_taimu

タイムの育て方

学名はThyme、分類はシソ科イブキジャコウソウ属に当たります。高さおよそ15センチメートルから40センチメートルほどに...

pixta_banreiisi

バンレイシの育て方

バンレイシは果実の皮の突起の形が仏教を創設した者の頭に似ているのでシャカトウとも呼ばれているプラントです。ちなみに英語で...

pixta_islandpopi

アイスランドポピーの育て方

ポピーというケシ科はなんと26属250種も分布しており、ケシ科ケシ属でも60種の仲間が存在します。ケシ科は麻薬成分モルヒ...

pixta_shouga11

ショウガの育て方

現在では日本人の食生活にすっかりと定着しているショウガですが、実は原産地は熱帯性の動植物の生息地である熱帯アジア(インド...

pixta_suisen

スイセンの育て方

スイセン、漢字で書くと水仙。この植物は、ヒガンバナ科(旧分類だとユリ科)スイセン属の多年草です。地中海沿岸やスペイン、ポ...

pixta_kerone

ケロネの育て方

この花の科としてはゴマノハグサ科になります。オオバコ科とすることもあります。花の草丈は70センチ位から120センチぐらい...

pixta_iwagibousi

イワギボウシの育て方

名の由来として、日本の昔の木造の付ける欄干や橋寺社などの手すりには飾りがあり、この欄干の先端にある飾りのことを擬宝珠と呼...

pixta_byakusin

ビャクシンの仲間の育て方

ビャクシンはヒノキ科の常緑高木で、日本の本州から沖縄県で栽培されています。その他の原産地には朝鮮半島や中国などが挙げられ...

pixta_wakegi

ワケギの育て方

原産地については西アジアから地中海東部であるいう説やユーラシア南部を生息地とする説もあればアフリカやヨーロッパが原産地で...

スポンサーリンク

pixta_dikusonia

ディクソニア(Dic...

ディクソニアは南半球のオーストラリア東部南部、そしてニュ...

pixta_benijium

ベニジウムの育て方

ベニジウムは南アフリカ原産の一年草です。分類としてはキク...

pixta_sisirinkiumu

シシリンキウム・ロス...

北アメリカを原産地として日本には明治時代の1890年ごろ...

pixta_streritia

ストレリチア(Str...

属名のストレリチアは大航海時代に植物の愛好家だったイギリ...