初心者でも簡単な観葉植物について

初心者でも簡単な観葉植物について

最近は趣味として、ガーデニングなどを楽しんでいる方がどんどん増えています。自宅の庭に色とりどりの花を咲かせたり、ベランダに彩りを添えたりなど、個人個人の環境に合った楽しみ方ができるというのが大きなメリットでもあります。

観葉植物の特徴

また、一年中緑が楽しめる観葉植物も大変人気があります。室内でも簡単に栽培する事ができて、部屋のインテリアとしても最適です。観葉植物にもたくさんの種類がありますから、まるで大きな木のように育ってくれる大型のものから、小さな鉢植えでも楽しめるものまで、葉っぱの形や色、幹の伸び方などそれぞれに違いがあり、種類が豊富だという特徴があります。

初心者の方がトライするなら、冬の寒さに強くて室内のカーテン越しの光でも育つような簡単なものが向いています。観葉植物は温かい地域のものが多いので、日本の冬の寒さにも耐えられるようなものが良いでしょう。直射日光でなくても緑が鮮やかになる種類がたくさんあるので、そのような観葉植物を選ぶのがおすすめです。

こちらの部屋の中でも簡単に栽培することが出来る観葉植物が参考になります♪

観葉植物の育て方

育て方のポイントは水やりにあります。土が乾いてきたらたっぷりと水を与えてあげて、葉っぱや茎、幹などにはスプレーで水を吹きかけてあげるのが大切です。また、鉢などに水を与える目安としては、鉢皿から水が染み出てくる程度が理想的で、皿にたまった水は根腐れの原因になる場合もあるため、その都度捨てるようにしましょう。

室内の湿度が低い時には、まめに葉っぱなどにスプレーして植物を乾燥させないのも大切です。室内で育てる場合には、土の種類にもこだわるのが得策です。水はけが良くて汚れにくく、細菌などが発生しないものがおすすめです。

また、土の種類によっては水はけが良いものから保水性の高いものまで豊富に揃っているので、植物の特性とライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。家に常にいられる方で水やりをまめに行なえる方は水はけの良いものを使用して、忙しくてなかなか水やりに時間が割けない方は保水性の高いものが向いています。

こちらの植物栽培の楽しみ方についても共感できます♪

観葉植物の栽培の注意点

また、栄養分でもある肥料もしっかり考えて選ぶのがおすすめです。最近は置くだけで肥料を与えられるタイプのものや液体タイプのものあるので、使いやすいものを選んで、植物が育ってくれるように栄養を与えてあげるのが大切です。

室内で育てている場合には発生しにくいですが、病気や害虫にも注意が必要です。葉っぱに斑が出てきたり虫などが付いていたら、早めのケアをするのが大切です。専用の薬剤などを用いて病気や虫の害が広がらないように防ぐように対策するのが重要です。

また、日頃から室内の温度や湿度、換気などに気をつけるようにして、植物にとって育ちやすい環境を整えてあげるのが、一番の防御策となります。

観葉植物の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:フェニックスの育て方
タイトル:ネフロレピスの育て方
タイトル:観葉植物の上手な育て方

pixta_sidareume

しだれ梅の育て方

しだれ梅は原産が中国であり、古くから観賞用として親しまれている木のひとつです。しだれ海の原産は中国ですが、現在では日本で...

pixta_gennoshouko

ゲンノショウコの育て方

この植物の原産地と生息地は東アジアで、中国大陸から朝鮮半島を経て日本全国に自生しているということですので、昔から東アジア...

pixta_kokerui

コケ類の育て方

特徴としては乾燥にも強く様々な環境の中で生きていく力が他の植物よりも強いところがあげられます。光と水だけで育成できること...

SONY DSC

グミの仲間の育て方について

グミと言うとお菓子を連想する人は多いものですが、お菓子のグミと言うのは、グミの仲間となるものを原料として、果汁を搾りだし...

pixta_soreiroria

ソレイロリアの育て方

特徴としては、イラクサ科の植物とされています。常緑多年性の草になります。草の高さとしてはそれ程高くなりません。5センチぐ...

pixta_spirokisine

スピロキシネの育て方

こちらについてはキンバイザサ科になっています。別にコキンバイザサ科に分類されることもあります。園芸分類としては球根になり...

pixta_ginura

ギヌラの育て方

ギヌラは、アフリカからマレー半島にかけてが主な生息地とするキク科ギヌラ属に属する多年草の植物です。ギヌラ属と言うのは、ユ...

pixta_kanpanyuraturigane

カンパニュラの仲間の育て方

カンパニュラはラテン語で「釣鐘」を意味しています。和名もツリガネソウだったり、英名がベルフラワーだったりすることから、ど...

pixta_hitotubadako

ヒトツバタゴの育て方

20万年前の近畿地方の地層から、泥炭化されたヒトツバタゴがみつかっています。しかし、現在の日本でヒトツバタゴが自生するの...

pixta_biwa

ビワの種からの育て方

ビワの実を食べたことがありますか?甘くてさっぱりした味のビワの実は、4月から7月頃にスーパーなどで売られています。実はこ...

スポンサーリンク

pixta_nobiru

ノビルの育て方

原産地や生息地の中国では漢方薬としても利用されていて、す...

pixta_yagurumagiku

ヤグルマギクの育て方

この花の特徴としてはまずは菊の種類であることです。キク目...

pixta_anagaris

アナガリスの育て方

ギリシア語で「楽しむ」や「笑う」を意味する言葉、「アナゲ...

pixta_rinamu

リナムの育て方

この花の特徴としてはアマ科の植物になります。草丈としては...