八重咲きコンロンカ(ハンカチの花)の育て方

八重咲きコンロンカ(ハンカチの花)の育て方

またハンカチの花という名称もあり、遠くから見るとハンカチがたくさん舞っているように見えるのでハンカチの花と命名されたという話もあります。またハンカチの木という植物がありますが、このハンカチの木とは別の種類の植物ということです。

育てる環境について

また特徴として面白いのは、ハンカチの花という命名ですが、実はこの白い部分は、花でもなく葉でもなく、ガクが白く変化したもので、それが鮮やかな白い色をしているので、花のように見えたということのようです。ガクの1枚が変色することにより、花びらの様に見えるという面白い花ということになります。

また黄色の可憐な花をつけますが、この純白の絹のハンカチのようなガクと、まるで黄色い和菓子のような花のコントラストも見事で、まるで美しい日本の和菓子を見ているような世界に入り込んでしまうようにも感じます。それほど美しい見事な植物でもあります。また熱帯地方の植物ですが、それらの地方でも、よく好まれて庭などで栽培されているそうです。

それは見た目が非常に涼しげに見えるということからだそうですが、日本人にも好まれやすい植物でもあります。それで人気があるのでしょう。また花もピンクやオレンジのものもあるそうで、またこのガクもピンク色の種類もあるということですので鉢植えで育てる場合でも、色々な種類を一緒に育ててみると、色々なコンロンカを見ることができて、楽しみも増えるということになります。

植物の種類ということではアカネ科だそうで、コンロンカ属ということだそうです。また面白い種類では、八重咲きコンロンカという種類もあり、これは名前のようにガクが八重咲きするという面白いものですが、歴史はけっこう古く、明治5年に初めて日本に輸入されたということですので、馴染み深い種類ということになります。

種付けや水やり、肥料について

この八重咲きコンロンカも同じように、他のハンカチの花とともに育ててみると、また違ったガーデニングの風情が楽しめるということになります。非常にたくさんの楽しみ方ができる植物でもあります。このように割りと昔から栽培されているので、ガーデニングで挑戦してみるのも良い種類ですが、熱帯地方の植物でもあり、6月から8月が開花時期になります。

当然ですが栽培する時には、この原産地であり生息地である、熱帯地方の環境に近いところでよく育つということになります。魅力的な植物ですので、ぜひ育てたい植物ですが、育て方としては、古くから栽培されてきているので、ベランダなどでの狭い場所でのガーデニングでも大丈夫なところもポイントになります。

また日当たりを好むので、そのような場所に置いておきますが、繁殖は挿木で、4月から5月頃行います。土は腐葉土などや川砂の混合土を利用すると良いようです。冬越しの場合には、暖かい地方の植物なので、15℃以上が必要ということですから、室内の温かいところで栽培するということになります。また肥料は月に1度ということです。

そのような種類なので、日本で野外で育てるには、寒さに弱いということですから、温室など以外は鉢植えで育てるのが無難ということになります。日本でも熱帯の気候の地域では、地植えでも育つのでしょうが、一般的な日本の環境では、地植えは難しいでしょう。やはり鉢植えやプランターなどが中心になるということです。

増やし方や害虫について

栽培のポイントは、やはり温度と日光で、日照不足だと花が咲かない場合もあるようです。温度もやはり低すぎると、育ちも遅くなったり、枯れたりしてしまうようです。特に冬は温度に気をつけて越冬させるということになります。やはり室内が良いでしょう。また花が咲き終わったら、その部分を剪定すると、また花が咲くそうです。

また活力剤も欠かさないようにします。肥料は液体肥料を週に一回ぐらいで与えると良いようです。また肥料も持続的でゆるやかに効くようなものを好むということです。また南国の植物なので、水は十分に与えます。鉢植えなどで土が乾いたら、鉢の下から水が出てくるぐらいに与えます。

またコツとしては、鉢の重さを手で持って覚えておき、軽いと思った時点で水を与えると、小さな鉢の場合には良いということです。また冬は日本では寒いので、あまり水を与えると土が凍ってしまうこともありますから、その点も注意して適量与えるようにします。また年間を通してでは、鉢植えの受け皿には水を溜めないぐらいがちょうど良いようです。

害虫ということでは、ハダニ類が付きやすいということですが、これらの害虫は水に弱いので、葉の裏をよくチェックして、水やりの時に水で洗い流すと駆除できますし、繁殖も防ぐことができます。また市販の殺虫剤でも駆除できます。このように温度管理さえ適度に調節して、水分補給を十分してあげると、ベランダなどの狭いところでのガーデニングもこの植物で楽しむことができるということですが、姿が美しい植物なので試したい植物でもあります。

八重咲きコンロンカ(ハンカチの花)の歴史

日常生活では、色々なことが起こるので、それらの出来事がストレスになったりしますが、それらのストレスを解消していく場合に、美しいものを見たり、聞いたり、表現したりする趣味などが必要になります。例えばガーデニングや家庭菜園などですが、植物は人間のように気を使ったり、見えない部分を苦労して察知したりする必要はないので、

素直に接することができます。また精魂込めた育て方をすれば、素直に反応してくれます。またそのまま美しい花を咲かせたり、緑の葉などで癒してくれたり、その場の空気を清浄にしてくれたりします。また反応も静かで、包み込んでくれたりもします。日常生活でも、とても有益な反応が返ってくれます。

そのような中でも、ロマンチックな世界に浸らせてくれる植物も多いので、ストレスを癒してくれるということになるのでしょうが、例えばコンロンカという植物があります。ハンカチの花という名前の植物ですが、ガーデニングなどでは昔から人気の植物です。純白の花が美しい植物で、見ているだけで癒されますが、この命名もロマンチックです。

コンロンカのコンロンは、中国の架空の山で、仙人が住んでいる山としても中国では昔から誰でも知っている架空の山ですが、その崑崙山に雪が降ったように咲いている植物ということで、この名前がつけられたということでした。

その時の情景をイメージしてみると、まるで幻想的な別世界に入り込んだ美しさで、我を忘れて一時見入ってしまうほど美しい情景だったのでしょう。それで、そのように命名されたのだろうと想像できます。もちろん崑崙山を見たのではなく、奥地の自然が豊かな山だったのでしょう。

八重咲きコンロンカ(ハンカチの花)の特徴

またハンカチの花という名称もあり、遠くから見るとハンカチがたくさん舞っているように見えるのでハンカチの花と命名されたという話もあります。またハンカチの木という植物がありますが、このハンカチの木とは別の種類の植物ということです。コンロンカという名前も、ハンカチの花という名前も、非常にロマンチックな歴史がある植物ですので、

ガーデニングなどでも育ててみるのも面白いということですが、そのような歴史ロマンを感じながら育てられる植物でもあります。また植物自体も美しいので育てがいがあり、美しい花が咲いた時には喜びもひとしおで、とても嬉しい満足感のある花との出会いになるでしょう。そのような意味からも、育てがいのある植物ということになります。

特に鉢植えでも育てられているということですので、ガーデニングの花としては、資料がたくさんあるということでも、初心者でも試すことができやすい花ということができます。また種類もたくさんあり、それぞれ世界中に原産地や生息地があります。その点でもいろいろな環境のコンロンカがあるので、栽培にはそれぞれに適した環境の種類を選ぶということもできます。

代表的なこの種類の植物は、原産地はアフリカやアジア、中国などですが、生息地もそれらの地域や台湾、日本では種子島などにも生息しています。日本でも森林などに自生していたりしますし、また八重咲きコンロンカなどはコンゴの原産で、アフリカ生まれの美しい花を咲かせたりします。そのように色々な種類がある植物です。また世界でも200種類以上あるということです。

pixta_okahijiki

オカヒジキの育て方

オカヒジキの原産地は日本や中国、シベリア、ヨーロッパ南西部です。「ヒジキ」と言いますが海藻ではなく海辺の砂地などを生息地...

pixta_papaiya

パパイヤの育て方

パパイヤはメキシコ南部から西インド諸島などが原産と言われており、日本国内においても熱帯地方が主な生息地になっており、南国...

pixta_sentedzeranium

センテッドゼラニウムの育て方

センテッドゼラニウムはフロウソウ科のテンジクアオイ属の植物です。ニオイゼラニウムという別名で呼ばれることがあるように、香...

pixta_panzy03

パンジーの育て方について

冬の花壇を美しく彩ってくれる植物の代表格は、なんといってもパンジーです。真冬の街にキレイな彩りを与えてくれる植物としては...

pixta_himejaga

ヒメシャガの育て方

ヒメシャガはアヤメ科アヤメ属の多年草でシャガよりも小型になります。シャガとよく似ており絶滅危惧植物に指定されている耐寒性...

tomato01

トマトの栽培における種まきや植え付けの時期及び育て方について

トマトは世界一の需要量を誇る野菜で、日本でも比較的良く食されています。気候的にも栽培に適する事から、家庭菜園レベルであっ...

pixta_kanpanyuraturigane

カンパニュラ・メディウムの育て方

カンパニュラ・メディウムは南ヨーロッパを原産とする花で、日本には明治の初めに入ってきたものとされています。基本的な育て方...

pixta_sira

シラーの育て方

シラー(Scilla)とは、ユリ科の植物で別名はスキラー、スキラ、スキルラと呼ばれております。学名の「Scilla」は、...

pixta_ikusoakokinera

イクソーラ・コキネアの育て方

この花の特徴は何といっても花です。アジサイのように小さな花が密集してひとつの花のように見えるところです。細かいことを言う...

pixta_benjamingomnoki

ベンジャミンゴムノキの育て方

この植物はイラクサ目、クワ科、イチジク属となっています。イチジクの仲間の植物になります。それほど高くに低い木で、高さとし...

スポンサーリンク

pixta_abokado

アボカドの種を観葉植...

節約好きな主婦の間で、食べ終わったアボカドの種を観葉植物...

pixta_sarukokokka

サルココッカの育て方

「サルココッカ」はヒマラヤ、東南アジア、中国南部を原産と...

pixta_bindesu

ビデンスの育て方

アメリカを主とし世界じゅうを生息地としていて、日本でもセ...

pixta_kanpanyura

カンパニュラの育て方...

カンパニュラは、釣り鐘のような形の大ぶりの花をたくさん咲...