サボテンやアロエなどの多肉植物の育て方

サボテンやアロエなどの多肉植物の育て方

多肉植物は、葉や茎に水分を蓄えることのできる植物です。サボテン科、アロエ科、ハマミズ科、ベンケイソウ科など様々な種類がありますが、乾燥地に適応するために体に水を蓄えるようになったものです。

多肉植物の栽培方法

栽培にまず必要なものは日光です。真夏の直射日光では強すぎて葉焼けしてしまうこともあるので、遮光しながらでも日照時間は確保しなければいけません。風通しも必要です。

培養土は赤玉土の小粒に、軽石小粒、鹿沼土小粒、くん炭、ゼオライトなど通気性の良いものをプラスして、水はけが良く保水性もあるものが適しています。専用の土も販売されていますが、自分で混合して作るのも楽しみです。

春と秋は成長期で、成長する季節に水を与えなければなりませんが、やりすぎると徒長や根腐れの恐れがあります。春からは土の表面が乾いたら、たっぷり水をやります。夏はほとんど水やりは必要がありませんが、月に数回葉に直接水をかけてやります。

秋は気温も落ち着いてきたらたっぷり水をやります。冬は月一回温かい午前中にやる程度でほとんど要りません。

こちらの女の子に人気の多肉植物の育て方も参考になります♪

多肉植物の増やし方

育て方は簡単ですが、初心者はすっかり水を切らしてしまって乾燥して枯らしてしまうこともあるので、葉や茎のハリを見て調節することが大事です。植え替えは春と秋の成長が始まる前が適しています。殖やし方は、挿し木、葉挿し、株分けなどがあり容易にできます。

エケベリア、パキフィツム、コチドレンなどは葉挿しで殖やすことができます。少し乾燥させてから葉を取ると取りやすくなります。

また葉の付け根から根が出てくるのできれいに取るように注意します。乾いた土の上に置いておくだけで根が出てきます。しっかり根が出たら、土をへこませたところに置いて上から少し土をかけて水をやります。数か月すると子株がどんどん大きくなってきます。

こちらの多肉植物の育て方のポイント

も参考にどうぞ♪

多肉植物の栽培の注意点

クラッスラ、カランコエ、セダムなどは、適当なところで茎を切って葉をとり、風通しの良い日陰でそのまま放置します。数日後に発根するのでそれを植え付けるだけです。カットした親株のほうもしばらくすると子株が出てきます。オプンチアなどは子株の部分をピンセットで取り植え付けるだけです。

ベンケイソウ科のものは、葉の周囲に小さな別の葉ができてそれが一つの個体となり成長していくことができます。ハオルチアなどのライナーを伸ばして子株をつくるものは、根が鉢にいっぱいになってしまうので、根をほぐし分けて植え付けます。子株が親株から直接出ているものは、切り取って切り口を乾かしてから植え付けます。

しっかり日光を浴びて冬に温かい所で休眠すると、かわいい花を見ることができます。花の色や形もいろいろあって、大きなサボテンに小さな花が咲いたり小さなサボテンに立派な大きな花を咲かせるものもあります。形もユニークで手入れも簡単なかわいい多肉植物を育てて楽しみましょう。

下記の記事も多肉植物の花について書いてあります♪
タイトル:アガベ(観葉植物)の育て方
タイトル:金のなる木の育て方
リビングストーンデージーの育て方

pixta_senninsou

センニンソウの育て方

センニンソウの特徴は、扁桃腺治療などに用いられる薬草としての役割も多いのですが、仙人の由来ともなった、仙人のヒゲのような...

pixta_hayatouri

ハヤトウリの育て方

原産地はメキシコ南部から熱帯アメリカ地域で、アステカ文明やマヤ文明のころから食べられてきたと記録されている野菜です。はじ...

pixta_marumero

マルメロの育て方

マルメロは、原産地を乾燥地帯が広がっていて遊牧などが盛んな大陸としている樹木ですが、我が国でも生息地としている都道府県も...

pixta_nefurorepisu

部屋の中でも簡単に栽培することが出来る観葉植物

都市部の生活というのは公共交通機関が発達していたり、様々なお店が立ち並んでいたりと地方と比べてずっと快適だと感じている人...

pixta_bazil_01

ハーブを種から巻いて大きくしよう

ハーブは日本語で香草といい、ハーブの種類によって香りの高いものなど様々あります。料理やハーブティーに使えてとても利用効果...

pixta_bdou

ぶどうの育て方

ぶどうの歴史には、その品種の多さゆえに諸説あり、最も古いものは紀元前8000年頃のヨルダン遺跡から、初期農耕文化における...

pixta_bindesu

ビデンスの育て方

アメリカを主とし世界じゅうを生息地としていて、日本でもセンダングサなど6種類のビデンスが自生しています。世界中での種類は...

pixta_himawari_01

ひまわりの栽培やヒマワリの育て方やその種まきについて

夏になると太陽の方向を向いて元気に咲くひまわりが目につきます。このひまわりを自分で育てることができます。ひまわりの栽培方...

pixta_suisen

栽培が簡単な植物の育て方

花も植物も育てたことがない人にとっては、花壇いっぱいの花や植物の栽培はとても難しいもののように思われることでしょう。しか...

pixta_konkeiseibegonia

根茎性ベゴニアの育て方

ベゴニアはシュウカイドウ科シュウカイドウ属の植物です。ベゴニアには他種を交配して作られた様々な品種がありますが、それらを...

スポンサーリンク

pixta_nejibana

ネジバナの育て方

もともと日本では江戸時代に栽培されていた植物です。別称で...

pixta_edamame_03

植物の栽培、育て方の...

植物を育てるのは生き物を飼うのよりはだいぶ気楽にできます...

pixta_haran

ハランの育て方

ハラン(葉蘭)はスズラン亜科ハラン属の常緑多年草です。名...

pixta_kureome

クレオメの育て方

通常クレオメというとセイヨウフウチョウソウの種のことを言...