野菜の栽培野菜の育て方野菜の種まき様々な方法があります

野菜の栽培野菜の育て方野菜の種まき様々な方法があります

野菜の栽培といえば、日本で一番多く栽培されているのは、主食のコメでしょうか。野菜の育て方で調べてみると、多くの情報には、種などを販売している関連の会社の情報がありますが、その内容はどちらかといえば、家庭菜園で育てる人でも参考になるような記事が多いです。

苗を購入して栽培するメリット

家庭菜園で野菜を育てる人の多くは、できれば無農薬で安全安心な野菜を自分の手で育てたいという人が多いです。ほとんどの人が、ホームセンターや野菜の苗を販売いる産直のお店などで、苗を購入して、野菜を育てるということのようです。

野菜の栽培は実は難しくて、栽培方法に書いてあるように成長し、収穫できるという確率はどちらかといえば低いのかもしれません。苗を購入して栽培すると、販売されている野菜を購入したほうが経済的であるようです。

こちらの玉ねぎの育て方も凄く参考になります♪

種から育てる満足感を得るために

ですが、自分で栽培したという満足感を得るためには、野菜の品種ごとに育て方を研究して、育てなければなりません。仕事をリタイヤして趣味の一つとして、野菜の栽培を始めるという人が意外と多いのは、その動機が共通しているという面もあるかもしれません。

そうしていろんな野菜を作るうちに。苗が売られているポピュラーな品種だけではなく、多様な品種の野菜を育ててみたいという一種のチャレンジのようなものが芽生えるのです。そういう人たちは、野菜の種まきから始めなければ、自分が育てたい野菜を栽培し収穫することは出来ない訳です。

そこで自分が栽培したい品種の種まきから始めることになります。そうすることは。一種類の野菜を苗を購入して栽培するよりも、多く栽培するということになるようです。なぜならば一粒の種を蒔けば一つの苗ができるというようにやさしい作業ではないからで、そうなると、一つの苗を作るのにその数倍の種を蒔かなければならないのです。

野菜を販売することは簡単なことではない

結果として多くの苗が栽培され多くの野菜が収穫できるということになりますが、残念ながら新鮮野菜が長期保存できるかといえば、ほとんどの品種はとれたての新鮮な内がおいしく食べられるということです。ですが、その多くできた野菜を販売することは簡単なことではないのです。

ではどうするかと言えば、知り合いやご近所さんにおすそ分けをするということでしょう。それでも。野菜の種まきをしてその野菜の育て方を研究して栽培するという一連の作業は、ある種の達成感を味わうことができるものです。しかも自分で栽培した野菜は間違いなく新鮮で、安心で安全なのですから、

しかも最近はインターネットで多くの情報を知ることができますから、いろんなことにチャレンジできるのです。同じ野菜を作り続けても、毎年気候の条件などは違ってきますから、簡単に毎年うまくできるということではありませんが、だからこそ満足のいくものができた時の喜びも大きいのです。

pixta_kurassura

クラッスラの育て方

クラッスラはベンケイソウ科のクラッスラ属に属する南アフリカ、東アフリカ、マダガスカルなどが原産の植物です。クラッスラ属は...

pixta_kureson

クレソン(オランダガラシ)の育て方

クレソンは、日本では和蘭芥子(オランダガラシ)や西洋ぜりと呼ばれています。英語ではウォータークレスといいます。水中または...

pixta_aristrokia

アリストロキアの育て方

アリストロキアの特徴と致しましては、花の独特な形状があります。数百種類にもなるそれぞれの形状は個々で異なりますが、そのど...

pixta_putitomato

ミニトマトのプランターの栽培方法

ミニトマトの栽培は初心者でも簡単に育てられ庭がなくても、プランターで栽培出来きるので、プランターでミニトマトの育て方はと...

pixta_koyoba

コヨバ(エバーフレッシュ)の育て方

マメ科コヨバ属の植物である、コヨバ(エバーフレッシュ)は日本においては、原産地である南アメリカのボリビアから沖縄の生産者...

pixta_wasurenagusa

ワスレナグサの育て方

そのような伝説が生まれることからもわかりますが、原産はヨーロッパで、具体的には北半球の温帯から亜寒帯のユーラシア大陸やア...

pixta_beet

ビート(テーブルビート)の育て方

ビートの歴史はとても古く、紀元前より利用されています。始めは野生種の先祖型にあたる植物を薬草として利用されていて、ローマ...

pixta_itirinsou

イチリンソウの育て方

イチリンソウは日本の山などに自生している多年生の野草でキンポウゲ科イチリンソウ属の植物です。元々日本でも自生している植物...

pixta_kaneshon

カーネーションの育て方

母の日の贈り物の定番として、日本でも広く親しまれているカーネーションですが、その歴史は古くまでさかのぼります。もともとの...

pixta_buddorea

ブッドレアの育て方

ブッドレアはイギリスのエセックス州の牧師であり、植物学者でもあったアダム・バドル氏の名からとられたものです。名付けたのは...

スポンサーリンク

pixta_siso11

シソの育て方

シソはヒマラヤやビルマ、中国などが原産であり、生息地もそ...

pixta_melon

ミニメロンの育て方

メロン自体の歴史は古く、古代エジプトや古代ギリシャでも栽...

pixta_tigoyuri

チゴユリの育て方

チゴユリはチゴユリ属の多年草で生息地としては、東アジアの...

pixta_aronsoa

アロンソアの育て方

この花については、ゴマノハグサ科、ベニコチョウ属になりま...