野菜の栽培野菜の育て方野菜の種まき様々な方法があります

野菜の栽培野菜の育て方野菜の種まき様々な方法があります

野菜の栽培といえば、日本で一番多く栽培されているのは、主食のコメでしょうか。野菜の育て方で調べてみると、多くの情報には、種などを販売している関連の会社の情報がありますが、その内容はどちらかといえば、家庭菜園で育てる人でも参考になるような記事が多いです。

苗を購入して栽培するメリット

家庭菜園で野菜を育てる人の多くは、できれば無農薬で安全安心な野菜を自分の手で育てたいという人が多いです。ほとんどの人が、ホームセンターや野菜の苗を販売いる産直のお店などで、苗を購入して、野菜を育てるということのようです。

野菜の栽培は実は難しくて、栽培方法に書いてあるように成長し、収穫できるという確率はどちらかといえば低いのかもしれません。苗を購入して栽培すると、販売されている野菜を購入したほうが経済的であるようです。

こちらの玉ねぎの育て方も凄く参考になります♪

種から育てる満足感を得るために

ですが、自分で栽培したという満足感を得るためには、野菜の品種ごとに育て方を研究して、育てなければなりません。仕事をリタイヤして趣味の一つとして、野菜の栽培を始めるという人が意外と多いのは、その動機が共通しているという面もあるかもしれません。

そうしていろんな野菜を作るうちに。苗が売られているポピュラーな品種だけではなく、多様な品種の野菜を育ててみたいという一種のチャレンジのようなものが芽生えるのです。そういう人たちは、野菜の種まきから始めなければ、自分が育てたい野菜を栽培し収穫することは出来ない訳です。

そこで自分が栽培したい品種の種まきから始めることになります。そうすることは。一種類の野菜を苗を購入して栽培するよりも、多く栽培するということになるようです。なぜならば一粒の種を蒔けば一つの苗ができるというようにやさしい作業ではないからで、そうなると、一つの苗を作るのにその数倍の種を蒔かなければならないのです。

野菜を販売することは簡単なことではない

結果として多くの苗が栽培され多くの野菜が収穫できるということになりますが、残念ながら新鮮野菜が長期保存できるかといえば、ほとんどの品種はとれたての新鮮な内がおいしく食べられるということです。ですが、その多くできた野菜を販売することは簡単なことではないのです。

ではどうするかと言えば、知り合いやご近所さんにおすそ分けをするということでしょう。それでも。野菜の種まきをしてその野菜の育て方を研究して栽培するという一連の作業は、ある種の達成感を味わうことができるものです。しかも自分で栽培した野菜は間違いなく新鮮で、安心で安全なのですから、

しかも最近はインターネットで多くの情報を知ることができますから、いろんなことにチャレンジできるのです。同じ野菜を作り続けても、毎年気候の条件などは違ってきますから、簡単に毎年うまくできるということではありませんが、だからこそ満足のいくものができた時の喜びも大きいのです。

pixta_goya_01

美味しいゴーヤーの育て方

ゴーヤーは、沖縄料理人気から需要が高まりました。今では沖縄料理に限らず、幅広い料理に使われるようになりました。また日よけ...

pixta_rabenda

ラベンダーの育て方

ラベンダーはシソ科の植物で、精油などにもよく使われています。実はこのラベンダーの精油はなんと古代ローマ時代から使われてい...

pixta_gumi

グミの仲間の育て方

グミの仲間はアジア、ヨーロッパ、北アメリカなどを原産地としており、幅広い地域を生息地にしています。約60種類ほどが存在し...

pixta_okatorao

オカトラノオの育て方

オカトラノオはサクラソウ科の多年草で、その歴史としては中国を生息地としていたこの種類の植物が朝鮮半島を経由して日本に入っ...

pixta_reshunoritea

レシュノルティアの育て方

レシュノルティアは世界中で見ることが出来ますが、生息地であるオーストラリアが原産国です。この植物は世界中に26種類あると...

pixta_jueruokid

ジュエル・オーキッドの育て方

種類としてはラン科になります。通常園芸分類においてはランとして分類することが多いですが、葉っぱを中心に楽しむものに関して...

pixta_ingen_01

家庭菜園でサヤのインゲンの育て方

サヤインゲンには、つるあり種とつるなし種があります。つるあり種は、つるが1.5m以上に伸びますし、側枝もよく発生するので...

pixta_moyasi

モヤシの育て方

原産地は歴史的には古代中国ですが、実際は多分世界中で作られていて、生息地も昔から今に至るまで世界中ということになります。...

pixta_dendorobium

デンドロビウム(キンギアナム系)の育て方

デンドロビウムは、ラン科セッコク属の学名カナ読みでセッコク属に分類される植物の総称のことを言います。デンドロビウムは、原...

pixta_anisuhip

アガスターシェの育て方

アガスターシェは、初心者でも簡単に育てる事のできる、シソ科の花になります。別名が沢山ありまして、カワミドリやアガスタケ、...

スポンサーリンク

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クリアンサスの育て方

クリアンサスの特徴としては鮮やかな赤い色の花でしょう。ま...

pixta_hyukera

ヒューケラの育て方

ヒューケラは日本ではツボサンゴとして自生していた日本人に...

pixta_sibazakura11

しばざくらの育て方

しばざくらの特徴は、その名の通り、芝のように地面を覆って...

pixta_rikunisubisukaria

リクニス・ビスカリア...

リクニス・ビスカリアの歴史はそれほど解明されていません。...