家庭菜園を行う場合の育て方のコツについて

家庭菜園を行う場合の育て方のコツについて

自宅で植物を栽培する場合、その育て方にはいくつかのコツがあります。自宅で植物を栽培する場合、鑑賞用として育てる場合と、食用で育てる場合の大きく分けて2つのものがあります。鑑賞用としては、花や樹木の栽培などがあります。食用としては、トマトやきゅうりなど野菜を育てるということが一般的になっています。

植物の栽培のコツ

植物の栽培のコツとしてまずあるのが、栽培場所の選定になります。一戸建て住宅などに住み、家に庭がある場合には、これらの植物を日当たりの良い場所に植えることが重要になります。日当たりの悪い場所では、生育が悪く育ちにくくなります。その為、1日中日陰になるような場所は避け、できるだけ日当たりの良い場所を選んで植えることが重要になります。

また、土壌も重要になります。栄養分の少ない土壌に植えた場合、生育が悪くなります。その為、家庭菜園などを行う場合には、培養土などの栄養分を含んだ土を敷き、土壌を良くすることもポイントとなってきます。

また、通気性も重要になります。場所の選定においては、日当たりが重要になりますが、加えて通気性の良さも必要です。できる限り、建物に囲まれた場所ではなく、開けた通気性の良い場所に植えることもポイントになります。

こちらの自宅で植物をうまく育てるにはも参考にどうぞ♪

植物の栽培のポイント

さらに、水やりも重要です。水やりにおいては、適度に水を与える必要があります。あまり水を与えすぎてしまうと、植物か腐ってしまうなど生育に問題が出ます。逆に水やりを怠ると、乾燥して干からびてしまいます。その為、定期的に水やりを行い、適度な保水を保つことが必要になります。

その他、肥料を与えることもポイントです。植物の栽培においては、栄養分と水分が大切です。肥料は植物において栄養源になるため、適度に肥料をまき、栄養分を与える必要があります。但し、一度に多くの肥料を与えすぎると、かえって植物を弱らせてしまう原因になります。その為、数回に分け少しずつ肥料を与えることが育て方のコツになります。

ベランダで出来るミニトマトの育て方

キュウリの育て方について

植物の栽培の注意点

また、食用として育てる場合には、化学肥料や農薬などを使用しないことも工夫の1つとなります。化学肥料や農薬には、人体に有害な成分を含んでいる場合もあります。農薬を使用しないことで、虫に食われやすくなるなどの弊害が出ることがあります。

しかし、虫に食われるということは人体にとって安全ということの証拠でもあるため、できるだけ農薬などは使用せず育てることもコツとなってきます。しかし、その場合には虫に食われやすくなるため、虫取りを行うなど虫食いに注意しながら育ててあげる必要があります。

このように、鑑賞用および食用で野菜や花を育てるなどする場合のコツとしていくつかのことがあります。コツを抑えて育てることで、効率よく栽培することができます。

こちらの日本の未来と、植物、食物における無農薬栽培の育て方のあり方も参考になります♪

pixta_moraea

モラエアの育て方

アヤメ科モラエア属であるこの花は球根から育つ多年草の小球根類です。まだまだ謎の多い種類で植物学者や植物マニアの人達が研究...

pixta_miakurufurut

ミラクルフルーツの育て方

小さな赤い果実のミラクルフルーツは、あまり甘くなく、食した後、しばらくは、酸味のあるものを食べると、甘く感じ、とてもおい...

pixta_ninjin_01

人参の育て方

原産地はアフガニスタンで、ヒンズークシーという山のふもとで栽培されたのが始まりだといわれています。古代ギリシャでは薬用と...

pixta_kyabetsu_01

キャベツの育て方

キャベツの原産地は、ヨーロッパといわれており、地中海沿岸からアジア方面を生息地としていました。最初に栽培されたのは数千年...

pixta_popo

ポポーの育て方

この植物の特徴においては、まずはモクレン目であることがあげられます。そしてバンレイシ科に属する植物になります。バンレイシ...

pixta_riiki

リーキ(無臭ニンニク)の育て方

ニンニクという名称がつけられる場合がありますが、ネギの仲間の野菜であるというのは記述済みです。焼きまんじゅうで知られてい...

pixta_hiasinsu

ヒアシンスの育て方

ヒアシンスは16世紀前半にヨーロッパにもたされ、イタリアで栽培されていた歴史がありますが、ヨーロッパにも伝わった16世紀...

pixta_buruhaibisukasu

ブルーハイビスカスの育て方

ブルーハイビスカスは別名をアリオギネ・ヒューゲリーやライラック・ハイビスカスといいます。属名はギリシャ語の結合したや分割...

pixta_bonsai01

初心者からはじめるミニ盆栽の育て方

少し前に流行ったミニ盆栽。若者にもひそかに人気があります。盆栽はなんといっても風格があります。3000円くらいから1万円...

pixta_kabu11

カブの育て方

カブはアブラナ科アブラナ属の越年草で、アフガニスタン原産のアジア系と、中近東〜地中海沿岸が原産のヨーロッパ系の二種類に分...

スポンサーリンク

pixta_ojigisou

オジギソウの育て方

オジギソウは非常に昔から日本人に好かれてきた植物です。そ...

pixta_spirokisine

スピロキシネの育て方

こちらについてはキンバイザサ科になっています。別にコキン...

pixta_minikabotya

ミニカボチャの育て方

ミニカボチャをはじめとするカボチャの原産地は、インド地方...

pixta_madagasukarujasumin

マダガスカルジャスミ...

一般的なジャスミンはモクセイ科になります。キンモクセイな...