家庭菜園を行う場合の育て方のコツについて

家庭菜園を行う場合の育て方のコツについて

自宅で植物を栽培する場合、その育て方にはいくつかのコツがあります。自宅で植物を栽培する場合、鑑賞用として育てる場合と、食用で育てる場合の大きく分けて2つのものがあります。鑑賞用としては、花や樹木の栽培などがあります。食用としては、トマトやきゅうりなど野菜を育てるということが一般的になっています。

植物の栽培のコツ

植物の栽培のコツとしてまずあるのが、栽培場所の選定になります。一戸建て住宅などに住み、家に庭がある場合には、これらの植物を日当たりの良い場所に植えることが重要になります。日当たりの悪い場所では、生育が悪く育ちにくくなります。その為、1日中日陰になるような場所は避け、できるだけ日当たりの良い場所を選んで植えることが重要になります。

また、土壌も重要になります。栄養分の少ない土壌に植えた場合、生育が悪くなります。その為、家庭菜園などを行う場合には、培養土などの栄養分を含んだ土を敷き、土壌を良くすることもポイントとなってきます。

また、通気性も重要になります。場所の選定においては、日当たりが重要になりますが、加えて通気性の良さも必要です。できる限り、建物に囲まれた場所ではなく、開けた通気性の良い場所に植えることもポイントになります。

こちらの自宅で植物をうまく育てるにはも参考にどうぞ♪

植物の栽培のポイント

さらに、水やりも重要です。水やりにおいては、適度に水を与える必要があります。あまり水を与えすぎてしまうと、植物か腐ってしまうなど生育に問題が出ます。逆に水やりを怠ると、乾燥して干からびてしまいます。その為、定期的に水やりを行い、適度な保水を保つことが必要になります。

その他、肥料を与えることもポイントです。植物の栽培においては、栄養分と水分が大切です。肥料は植物において栄養源になるため、適度に肥料をまき、栄養分を与える必要があります。但し、一度に多くの肥料を与えすぎると、かえって植物を弱らせてしまう原因になります。その為、数回に分け少しずつ肥料を与えることが育て方のコツになります。

ベランダで出来るミニトマトの育て方

キュウリの育て方について

植物の栽培の注意点

また、食用として育てる場合には、化学肥料や農薬などを使用しないことも工夫の1つとなります。化学肥料や農薬には、人体に有害な成分を含んでいる場合もあります。農薬を使用しないことで、虫に食われやすくなるなどの弊害が出ることがあります。

しかし、虫に食われるということは人体にとって安全ということの証拠でもあるため、できるだけ農薬などは使用せず育てることもコツとなってきます。しかし、その場合には虫に食われやすくなるため、虫取りを行うなど虫食いに注意しながら育ててあげる必要があります。

このように、鑑賞用および食用で野菜や花を育てるなどする場合のコツとしていくつかのことがあります。コツを抑えて育てることで、効率よく栽培することができます。

こちらの日本の未来と、植物、食物における無農薬栽培の育て方のあり方も参考になります♪

pixta_yamaimomukago

ヤマイモ(むかご)の育て方

ヤマイモ自体は地中に伸びて育っていく作物になります。地上に出ている部分は、蔓が枝分かれして伸びていき、たくさんの葉を付け...

pixta_karasunoendou

カラスノエンドウの育て方

古くは食用にも好まれていました。カラスノエンドウはマメ科ソラマメ属の植物です。ソラマメや、さやえんどうのような実をつけま...

pixta_kakiodosi

カキドオシの育て方

カキドオシは草地に生息する年中草です。特徴としては茎はまっすぐと伸びるのですが成長するにつれて地面に倒れます。開花すると...

pixta_yamayuri

ヤマユリの育て方

ヤマユリは、ユリ科、ユリ属になります。和名は、ヤマユリ(山百合)、その他の名前は、エイザンユリ、ヨシノユリ、ハコネユリ、...

pixta_gettou

ゲットウの育て方

ゲットウの特徴ですが、南国の植物でショウガ科に属し、葉は生姜の葉と同じ形をしています。葉の幅約15センチ程度、長さが40...

pixta_byakusin

ビャクシンの仲間の育て方

ビャクシンはヒノキ科の常緑高木で、日本の本州から沖縄県で栽培されています。その他の原産地には朝鮮半島や中国などが挙げられ...

pixta_kaederui

カエデ類の育て方

カエデ類はカエデ科カエデ属の木の総称で、さまざまな品種が存在しています。日本原産の品種も20種類以上がありますし、生息地...

pixta_turumurasaki

ツルムラサキの育て方

ツルムラサキがどこに自生していたのかというのは、詳しくは分かっていないのですが、熱帯地域が原産だろうと考えられています。...

pixta_pangy

パンジーの育て方

パンジーの原産はヨーロッパで、生息地は世界世界各国に広がっています。パンジーは交雑によって作られた植物です。その初めはイ...

pixta_tyaborindou

チャボリンドウの育て方

チャボリンドウは、アルプスやピレネー山脈の草地原産の常緑の多年草です。チャボといえば、茶色を基調とした鶏の色をイメージす...

スポンサーリンク

pixta_ritops

リトープスの育て方

この植物についてはハナミズナ科とされています。同じような...

pixta_tigurijia

チグリジア(ティグリ...

チグリジアは別名ティグリディアとも呼ばれるユリに似た植物...

pixta_iwagibousi

イワギボウシの育て方

名の由来として、日本の昔の木造の付ける欄干や橋寺社などの...

pixta_sibazakura11

しばざくらの育て方

しばざくらの特徴は、その名の通り、芝のように地面を覆って...