観葉植物の育て方について

観葉植物の育て方について

そもそも観葉植物というのは、室内において自然らしさを楽しむための植物であり、針葉樹木や温帯地域に生息する樹木、宿根草から水草まで様々な品種が有るので一言に言う事は出来ません。

観葉植物の育て方 光について

一般的には「光・水・温度」の3つを考えるだけで育てることが出来るという事で、極端に栽培が難しい観葉植物というのはあまり流通していません。まず光についてですが、大半の品種は明るい場所が良いとされることが多いです。

しかし室内だとどこであっても採光が良いというわけでは有りません。そういった光が重要な品種をあまりにも光が入らない場所で生育すると、生育が悪くなるだけではなく、病気の原因になり最悪の場合枯れてしまいます。

もし暗い場所で日光が重要な品種を育てる場合は、定期的に鉢植えを動かす事によって採光の確保をするようにしましょう。そういった手間を省きたいという場合は、耐陰性がある強力な品種を育てるようにします。

こちらの部屋の中でも簡単に栽培することが出来る観葉植物も参考にして下さい♪

観葉植物の育て方 水について

次に水ですが、一般的に観葉植物に使われる品種の多くは熱帯地域の樹木であったり砂漠地帯など気候が原産の物が多いです。ですので育て方としては極度の多湿よりも土が枯れたら水を与えるという程度の水分量をこのむ植物が多いようです。

ただし、例外は沢山あり、例えばサボテンで有名な多肉植物の中には水を貯めておく性質がある為梅雨時などには水をやらなくても空気中の水分だけで十分という植物もあれば、多湿を好み常時湿っている程度の土の方が良いという品種もあります。

また観葉品種のみならず一般的な話ですが、生育期である春から夏にかけては水を多めに与えるようにするのが一般的です。

こちらのサボテンの育て方を知るで良く理解しましょう♪

観葉植物の育て方 温度について

次に重要なのが温度を考える事です。観葉品種であれば、一般的な生活圏内での育成を前提としている品種が多く、温室を作ったり追加でなにか装置を与えるなど極度の改善を行う必要がある物というのはほとんどありません。

ただし上にも書いたように、ほとんどの品種が暖かい地域の物なので、外で育てる場合は先から冬にかけて室内にいれる必要があります。ただし、ある程度耐寒性がある品種も多くありますし、持ち込む事が難しい場合はシートなどで対策を施すのみで良いというばあいもあるので、そこはそれぞれの品種の育て方に関わってきます。

基本的に観葉品種というのは室内で育てるという事が前提にあるので、この三つさえ押さえておけばあまり高度な技術を要するような育て方が必要な物は有りません。

ですので、品種ごとにそれなりにはマニュアルがありますし、書店などでも育て方を書いた本が売られている場合があるので、育てたいと思ったのであればそれを参照にしながら、自分が育てる場所に有った品種を選ぶことが重要となっています。

観葉植物の育て方など植物の育て方に興味がある方は下記の記事も参考になります♪
タイトル:リビングストーンデージーの育て方
タイトル:ディーフェンバキアの育て方
タイトル:リュウビンタイの育て方

pixta_hinagesi

ヒナゲシの育て方

ヒナゲシはヨーロッパ原産のケシの一種で、虞美人草という別名を持ちます。虞美人草という名前は中国の伝説に由来しています。秦...

pixta_koreopsis

コレオプシスの育て方

コレオプシスはアメリカ大陸、熱帯アフリカにおよそ120種類が分布するキク科の植物です。園芸用としては北アメリカ原産種が主...

pixta_kabu11

カブの育て方

カブはアブラナ科アブラナ属の越年草で、アフガニスタン原産のアジア系と、中近東〜地中海沿岸が原産のヨーロッパ系の二種類に分...

pixta_reukadendoron

レウカデンドロンの育て方

「レウカデンドロン」は、南アフリカ原産の常緑低木で熱帯地域を中心に広く自生しています。科目はヤマモガシ科レウカデンドロン...

pixta_turiganeninjin

ツリガネニンジン、シャジンの仲間の育て方

シャジンの仲間であるツリガネニンジンはキキョウ科に分類され、和名では釣鐘人参と表されています。日本や朝鮮半島を原産として...

pixta_ninniku

ニンニクの育て方

ニンニクの原産地は中央アジアと推定されていますが、すでに紀元前3200年頃には古代エジプトなどで栽培・利用されていたよう...

pixta_anakanpuseros

アナカンプセロス、アボニアの育て方

種類としてはスベリヒユ科になります。多肉植物で、多年草となります。高さとしては3センチから10センチぐらいですから土から...

pixta_beet

ビート(テーブルビート)の育て方

ビートの歴史はとても古く、紀元前より利用されています。始めは野生種の先祖型にあたる植物を薬草として利用されていて、ローマ...

pixta_kinkan

キンカン類の育て方

柑橘系果物の一つにキンカンが有ります。一言でキンカンと言っても複数の種類が有り、キンカン類としてはキンカン属が4~6種類...

pixta_iwahige

イワヒゲの育て方

イワヒゲの生息地は日本の本州の中部より北の鉱山の地域です。かなり古くから日本にあり、栽培品種として流通しているものは日本...

スポンサーリンク

pixta_tokiwasinobu

シノブ、トキワシノブ...

これはシダ植物と言われる植物になります。一般的な種子植物...

pixta_fusentowata

フウセントウワタの育...

フウセントウワタ(風船唐綿)は南アフリカが原産の植物で、...

pixta_islandpopi

アイスランドポピーの...

ポピーというケシ科はなんと26属250種も分布しており、...

pixta_dioskorea

ディオスコレアの育て...

観葉植物として栽培され、日本でも人気を集めているのがディ...