ゴーヤーの育て方について

ゴーヤーの育て方について

一昔前までは、ゴーヤーと聞いても何のことだかサッパリわからないという人が大半でしたが、ここ10年位の間に全国的な知名度がグッと高くなりました。もともとは沖縄地方でのみ栽培されていた植物でしたが、ゴーヤーの苦味成分が夏バテ解消に良いということで、ゴーヤーを使ったチャンプルーという料理が大々的に宣伝されました。

ゴーヤーの特徴

今では全国各地のスーパーでゴーヤーが売られるようになりましたし、ゴーヤーチャンプルーをメニューに載せている飲食店も増えました。沖縄県は、日本の最南端に位置する自治体です。緯度の関係から、一年を通して気温が高めです。また、夏場にはかなり暑くなります。

ゴーヤーは、そんな暑い地方の伝統野菜ですから、夏の暑さと強い日差しには滅法強いという特徴を持っています。そのため、ここ数年は食材として利用する目的だけではなく、緑のカーテンを作るためにゴーヤーを栽培する人が多くなってきました。ゴーヤーは非常に生育力が旺盛なのでツルが4m以上伸びます。

緑のカーテン以外にアーチ型に育てることも可能ですが、かなり重たくなるので、丈夫な支柱を用意することが上手な育て方の何よりのコツということになります。支柱の安定性が悪いと、夏の強い日差しを防ぐことはできても、台風で思わぬ被害を受けてしまう危険性が生じます。なので、カーテンやアーチの固定には十分すぎるほどの配慮が必要になります。

こちらの緑のカーテンの育て方も参考になります♪

ゴーヤーの育て方

このゴーヤーは、ポットに入った苗を購入して植えるだけでなく、種から育てることも可能です。種はとても硬い皮で覆われていますので、一見すると種から育てるのはなかなか大変そうに見えます。でも、一晩種を水に浸してから蒔くようにすると、案外簡単に発芽してくれます。

こちらの美味しいゴーヤーの育て方も見てみて下さい♪

種の蒔き時は、一般的に4月中旬から6月頃と言われていますが、もともと暑い地方の植物なので、5月に入ってから蒔くようにした方がよいかもしれません。あまりに早い時期に蒔きすぎると発芽しなくなってしまいますので、注意が必要です。ポット苗を購入するよりも、種から育てるようにした方が、格段に費用が安くあがります。

こちらのゴーヤーの育て方についても参考になります!

ゴーヤーの栽培の注意点

元気なゴーヤーにするための育て方のポイントは、日当たりの良い場所で育てることと、水やりをたっぷりすることの2点につきます。それさえ気をつけていれば、特に手入れしなくても、ドンドン勝手に育っていってくれます。逆に大きく育ち過ぎて手に負えなくなってしまう人の方が多いくらいです。

希望している高さよりも高くなってしまいそうな時は、適宜つる先を摘心するとよいでしょう。つる先を引っ張って下向きに誘引しても、上へ上へと伸びていく性質を有していますので、下向きにはつるを伸ばしてくれません。また、果実を食用に利用する場合には、若いうちに収穫する必要があります。

緑のカーテンになる植物にてついて下記は詳しく書いてあります♪
タイトル:ヘチマの育て方

pixta_komatsuna

小松菜の育て方について

最近はすっかり家庭菜園のブームも一般に浸透して、いろいろな自家製の作物を収穫している人も少なくありません。食品の安全を脅...

pixta_rebunsou

レブンソウの育て方

この植物の特徴として、バラ目、マメ科、オヤマノエンドウ属になります。園芸上においては山野草として区分されます。生え方は多...

pixta_texiarea

ティアレアの育て方

北アメリカを生息地とする植物です。ウェリー種やコルディフォリア種などを原点として様々な園芸品種が生み出されてきました。東...

pixta_kikyou

キキョウの育て方

キキョウとは日本史が好きな方なら、ご存知の方も多いことでしょうが明智光秀の家紋として使用されているのが、このキキョウなの...

pixta_ekinopus

エキノプスの育て方

エキノプスはキク科ヒゴタイ属の多年草植物の総称で、この名前の由来はギリシア語で「ハリネズミ」を意味する「エキノス」と「~...

pixta_kutenante

クテナンテの育て方

クテナンテは熱帯アメリカ原産の植物で、葉の色や模様などが特徴的な種類が多いことから観葉植物として栽培されています。熱帯ア...

pixta_sirobanahebiitigo

シロバナノヘビイチゴの育て方

シロバナノヘビイチゴの特徴は何と言っても、その花が白いことです。また、赤い果実を付けるのですが、どちらかと言うと普通の苺...

pixta_haruotia

ハオルチアの育て方

ハオルチアはもともと南アフリカ地域の原産のユリ科の多肉植物で、水分が多くなると生育できないことが多いので日本で栽培をする...

pixta_dierama

ディエラマの育て方

いろいろな名前がついている花ですが、アヤメ科になります。球根によって生育をしていく植物で、多年草として楽しむことができま...

pixta_nouzenkazura

ノウゼンカズラの育て方

ノウゼンカズラの歴史は古く、中国の中・南部が原産の生息地です。日本に入ってきたのは平安時代で、この頃には薬用植物として使...

スポンサーリンク

pixta_olive11

シンボルツリーとして...

オリーブは常緑性のモクセイ科の植物で、原産国は中近東・地...

pixta_zeranium

ゼラニウムの育て方

ゼラニウムの主な原産地は南アフリカです。南アフリカを中心...

pixta_mimuras

ミムラスの育て方

種類としてはゴマノハグサ科、ミムラス属となっています。園...

pixta_himesayuri

ヒメサユリの育て方

ヒメサユリは高山植物として愛好家も多い日本固有の品種です...