ゴーヤーの育て方について

ゴーヤーの育て方について

一昔前までは、ゴーヤーと聞いても何のことだかサッパリわからないという人が大半でしたが、ここ10年位の間に全国的な知名度がグッと高くなりました。もともとは沖縄地方でのみ栽培されていた植物でしたが、ゴーヤーの苦味成分が夏バテ解消に良いということで、ゴーヤーを使ったチャンプルーという料理が大々的に宣伝されました。

ゴーヤーの特徴

今では全国各地のスーパーでゴーヤーが売られるようになりましたし、ゴーヤーチャンプルーをメニューに載せている飲食店も増えました。沖縄県は、日本の最南端に位置する自治体です。緯度の関係から、一年を通して気温が高めです。また、夏場にはかなり暑くなります。

ゴーヤーは、そんな暑い地方の伝統野菜ですから、夏の暑さと強い日差しには滅法強いという特徴を持っています。そのため、ここ数年は食材として利用する目的だけではなく、緑のカーテンを作るためにゴーヤーを栽培する人が多くなってきました。ゴーヤーは非常に生育力が旺盛なのでツルが4m以上伸びます。

緑のカーテン以外にアーチ型に育てることも可能ですが、かなり重たくなるので、丈夫な支柱を用意することが上手な育て方の何よりのコツということになります。支柱の安定性が悪いと、夏の強い日差しを防ぐことはできても、台風で思わぬ被害を受けてしまう危険性が生じます。なので、カーテンやアーチの固定には十分すぎるほどの配慮が必要になります。

こちらの緑のカーテンの育て方も参考になります♪

ゴーヤーの育て方

このゴーヤーは、ポットに入った苗を購入して植えるだけでなく、種から育てることも可能です。種はとても硬い皮で覆われていますので、一見すると種から育てるのはなかなか大変そうに見えます。でも、一晩種を水に浸してから蒔くようにすると、案外簡単に発芽してくれます。

こちらの美味しいゴーヤーの育て方も見てみて下さい♪

種の蒔き時は、一般的に4月中旬から6月頃と言われていますが、もともと暑い地方の植物なので、5月に入ってから蒔くようにした方がよいかもしれません。あまりに早い時期に蒔きすぎると発芽しなくなってしまいますので、注意が必要です。ポット苗を購入するよりも、種から育てるようにした方が、格段に費用が安くあがります。

こちらのゴーヤーの育て方についても参考になります!

ゴーヤーの栽培の注意点

元気なゴーヤーにするための育て方のポイントは、日当たりの良い場所で育てることと、水やりをたっぷりすることの2点につきます。それさえ気をつけていれば、特に手入れしなくても、ドンドン勝手に育っていってくれます。逆に大きく育ち過ぎて手に負えなくなってしまう人の方が多いくらいです。

希望している高さよりも高くなってしまいそうな時は、適宜つる先を摘心するとよいでしょう。つる先を引っ張って下向きに誘引しても、上へ上へと伸びていく性質を有していますので、下向きにはつるを伸ばしてくれません。また、果実を食用に利用する場合には、若いうちに収穫する必要があります。

緑のカーテンになる植物にてついて下記は詳しく書いてあります♪
タイトル:ヘチマの育て方

pixta_yuri

ゆりの育て方

ゆりは日本国であれば古代の時期から存在していました。有名な古事記には神武天皇がゆりを摘んでいた娘に一目惚れして妻にしたと...

pixta_ramuzuiya

ラムズイヤーの育て方

この植物は被子植物になります。双子葉植物綱になります。キク亜綱、シソ目、シソ科、イヌゴマ属となります。園芸上の分類として...

pixta_murasakigoke

ムラサキサギゴケの育て方

ムラサキサギゴケは、ハエドクソウ科のサギゴケ属になります。和名は、ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)でその他の名前は、サギシバな...

pixta_matubaran

マツバランの育て方

マツバランの特徴といえば、やはり面白いその形でしょう。江戸時代には競うように面白い形を作っていたのですが、形を変える事が...

pixta_iberis

イベリスの育て方

アブラナ科のイベリスは、地中海沿岸が原産の花です。ヨーロッパから北アフリカ、西アジア原産で、その可愛らしホワイトカラーの...

pixta_kotyouran_01

コチョウランの育て方

コチョウランは、18世紀中頃に発見された熱帯植物で、原産地は赤道付近の高温多湿地帯です。インドネシア、フィリピン、台湾南...

Plumeria,white flower.

オブッサの育て方

このオブッサとは丸いという意味だそうですが、葉も丸みを帯びていて、独特な柔らかさのある丸い葉なので、穏やかさも演出してく...

pixta_amondo

アーモンドの育て方

アーモンドの主要である、カリフォルニアでは、どのようにして身の収穫をしているのでしょうか。また、特徴とは一体なんなのでし...

pixta_yamabudou

ヤマブドウの育て方

ヤマブドウは低木落葉樹です。日本では、古くからエビカズラと呼ばれてきました。古くから存在している日本原産のブドウです。日...

pixta_grapefurut

グレープフルーツの育て方

グレープフルーツの生息地は亜熱帯地方になります。ミカン科・ミカン属になり、原産地は西インド諸島になります。グレープフルー...

スポンサーリンク

pixta_gurekoma

グレコマの育て方

グレコマの科名は、シソ科 / 属名は、カキドオシ属(グレ...

pixta_rindou

リンドウの育て方

リンドウは、リンドウ科、リンドウ属になります。和名は、リ...

pixta_onfarodes

オンファロデスの育て...

オンファロデスは、ムラサキ科、ルリソウ属(ヤマルリソウ属...

pixta_shakuyaku

シャクヤクの育て方

シャクヤクの最も古い記述については、中国で紀元前五世紀に...