ゴーヤーの育て方について

ゴーヤーの育て方について

一昔前までは、ゴーヤーと聞いても何のことだかサッパリわからないという人が大半でしたが、ここ10年位の間に全国的な知名度がグッと高くなりました。もともとは沖縄地方でのみ栽培されていた植物でしたが、ゴーヤーの苦味成分が夏バテ解消に良いということで、ゴーヤーを使ったチャンプルーという料理が大々的に宣伝されました。

ゴーヤーの特徴

今では全国各地のスーパーでゴーヤーが売られるようになりましたし、ゴーヤーチャンプルーをメニューに載せている飲食店も増えました。沖縄県は、日本の最南端に位置する自治体です。緯度の関係から、一年を通して気温が高めです。また、夏場にはかなり暑くなります。

ゴーヤーは、そんな暑い地方の伝統野菜ですから、夏の暑さと強い日差しには滅法強いという特徴を持っています。そのため、ここ数年は食材として利用する目的だけではなく、緑のカーテンを作るためにゴーヤーを栽培する人が多くなってきました。ゴーヤーは非常に生育力が旺盛なのでツルが4m以上伸びます。

緑のカーテン以外にアーチ型に育てることも可能ですが、かなり重たくなるので、丈夫な支柱を用意することが上手な育て方の何よりのコツということになります。支柱の安定性が悪いと、夏の強い日差しを防ぐことはできても、台風で思わぬ被害を受けてしまう危険性が生じます。なので、カーテンやアーチの固定には十分すぎるほどの配慮が必要になります。

こちらの緑のカーテンの育て方も参考になります♪

ゴーヤーの育て方

このゴーヤーは、ポットに入った苗を購入して植えるだけでなく、種から育てることも可能です。種はとても硬い皮で覆われていますので、一見すると種から育てるのはなかなか大変そうに見えます。でも、一晩種を水に浸してから蒔くようにすると、案外簡単に発芽してくれます。

こちらの美味しいゴーヤーの育て方も見てみて下さい♪

種の蒔き時は、一般的に4月中旬から6月頃と言われていますが、もともと暑い地方の植物なので、5月に入ってから蒔くようにした方がよいかもしれません。あまりに早い時期に蒔きすぎると発芽しなくなってしまいますので、注意が必要です。ポット苗を購入するよりも、種から育てるようにした方が、格段に費用が安くあがります。

こちらのゴーヤーの育て方についても参考になります!

ゴーヤーの栽培の注意点

元気なゴーヤーにするための育て方のポイントは、日当たりの良い場所で育てることと、水やりをたっぷりすることの2点につきます。それさえ気をつけていれば、特に手入れしなくても、ドンドン勝手に育っていってくれます。逆に大きく育ち過ぎて手に負えなくなってしまう人の方が多いくらいです。

希望している高さよりも高くなってしまいそうな時は、適宜つる先を摘心するとよいでしょう。つる先を引っ張って下向きに誘引しても、上へ上へと伸びていく性質を有していますので、下向きにはつるを伸ばしてくれません。また、果実を食用に利用する場合には、若いうちに収穫する必要があります。

緑のカーテンになる植物にてついて下記は詳しく書いてあります♪
タイトル:ヘチマの育て方

pixta_soapwart

ソープワートの育て方

ソープワートは、ナデシコ科サポンソウ属で別名をシャボンソウやサボンソウで、学名はSaponaria officinali...

pixta_begonia

球根ベゴニアの育て方

ベゴニアの原種は、オーストラリア大陸を除いたほぼ世界中の熱帯や亜熱帯地域に分布しています。ベゴニア自体は日本でも原種が存...

pixta_sankirai

サンキライの育て方

英名は「Chinaroot」で科目はサルトリイバラ科です。原産国は日本や中国、朝鮮半島、インドシナ半島などのアジアを主な...

pixta_kabotya111

カボチャの育て方

カボチャは、日本国内の分類では「日本カボチャ」と「西洋カボチャ」と「ペポカボチャ」との3つがある野菜です。特に日本・西洋...

pixta_koriusu

コリウスの育て方

コリウスはシソ科の植物で、和名は金襴紫蘇、別名はニシキジソといいます。ただし金襴紫蘇の名前で呼ぶ人は渡来した当時はたくさ...

pixta_iceplant

アイスプラントの育て方

元々アイスプラントが日本に取り入れられた理由はこの植物にしかない特徴のためです。その特徴とは塩分、つまりミネラルを吸収す...

pixta_murasakituyukusa

ムラサキツユクサの育て方

ムラサキツユクサは、TradescantiaOhiensisと呼ばれる花になります。アメリカの東部から中西部が原産地にな...

pixta_bushrose

バラ(ブッシュ・ローズ)の育て方

ブッシュローズは低木として育つものを差します。ヨーロッパにももともとあったそうですが、現在園芸品種として出回っているもの...

pixta_kurbanaroubai

クロバナロウバイの育て方

クロバナロウバイは北アメリカ南東部原産の低木で、原産地全域の山林や人里周辺を生息地としています。漢字では黒花蝋梅と書き表...

pixta_kunugi

クヌギの育て方

クヌギは広葉樹の一つあり、かつてはツルバミとも呼ばれていた樹です。またコナラとともにカブトムシ、クワガタムシといった昆虫...

スポンサーリンク

pixta_himeougizuisen

ヒメヒオウギの育て方

現在の日本国内で「ヒメヒオウギ」と呼ばれる植物は、正式名...

pixta_anisuhip

アニスヒソップの育て...

アニスヒソップはシソ科 カワミドリ属の常緑多年草です。原...

pixta_sarasenia

サラセニアの育て方

サラセニアは北アメリカ大陸原産の食虫植物です。葉が筒のよ...

pixta_beisugi

アメリカネズコ(ベイ...

特徴としては、裸子植物になります。マツ綱、マツ目、ヒノキ...