ゴーヤーの育て方について

ゴーヤーの育て方について

一昔前までは、ゴーヤーと聞いても何のことだかサッパリわからないという人が大半でしたが、ここ10年位の間に全国的な知名度がグッと高くなりました。もともとは沖縄地方でのみ栽培されていた植物でしたが、ゴーヤーの苦味成分が夏バテ解消に良いということで、ゴーヤーを使ったチャンプルーという料理が大々的に宣伝されました。

ゴーヤーの特徴

今では全国各地のスーパーでゴーヤーが売られるようになりましたし、ゴーヤーチャンプルーをメニューに載せている飲食店も増えました。沖縄県は、日本の最南端に位置する自治体です。緯度の関係から、一年を通して気温が高めです。また、夏場にはかなり暑くなります。

ゴーヤーは、そんな暑い地方の伝統野菜ですから、夏の暑さと強い日差しには滅法強いという特徴を持っています。そのため、ここ数年は食材として利用する目的だけではなく、緑のカーテンを作るためにゴーヤーを栽培する人が多くなってきました。ゴーヤーは非常に生育力が旺盛なのでツルが4m以上伸びます。

緑のカーテン以外にアーチ型に育てることも可能ですが、かなり重たくなるので、丈夫な支柱を用意することが上手な育て方の何よりのコツということになります。支柱の安定性が悪いと、夏の強い日差しを防ぐことはできても、台風で思わぬ被害を受けてしまう危険性が生じます。なので、カーテンやアーチの固定には十分すぎるほどの配慮が必要になります。

こちらの緑のカーテンの育て方も参考になります♪

ゴーヤーの育て方

このゴーヤーは、ポットに入った苗を購入して植えるだけでなく、種から育てることも可能です。種はとても硬い皮で覆われていますので、一見すると種から育てるのはなかなか大変そうに見えます。でも、一晩種を水に浸してから蒔くようにすると、案外簡単に発芽してくれます。

こちらの美味しいゴーヤーの育て方も見てみて下さい♪

種の蒔き時は、一般的に4月中旬から6月頃と言われていますが、もともと暑い地方の植物なので、5月に入ってから蒔くようにした方がよいかもしれません。あまりに早い時期に蒔きすぎると発芽しなくなってしまいますので、注意が必要です。ポット苗を購入するよりも、種から育てるようにした方が、格段に費用が安くあがります。

こちらのゴーヤーの育て方についても参考になります!

ゴーヤーの栽培の注意点

元気なゴーヤーにするための育て方のポイントは、日当たりの良い場所で育てることと、水やりをたっぷりすることの2点につきます。それさえ気をつけていれば、特に手入れしなくても、ドンドン勝手に育っていってくれます。逆に大きく育ち過ぎて手に負えなくなってしまう人の方が多いくらいです。

希望している高さよりも高くなってしまいそうな時は、適宜つる先を摘心するとよいでしょう。つる先を引っ張って下向きに誘引しても、上へ上へと伸びていく性質を有していますので、下向きにはつるを伸ばしてくれません。また、果実を食用に利用する場合には、若いうちに収穫する必要があります。

緑のカーテンになる植物にてついて下記は詳しく書いてあります♪
タイトル:ヘチマの育て方

pixta_musharindou

ムシャリンドウの育て方

ムシャリンドウという花は名前を聞けばリンドウの仲間なのではないかと考える人は多いでしょう。ですが実際は、リンドウとは何の...

pixta_habotan

キンセンカとハボタンの育て方

冬枯れの戸外で一際鮮やかに色彩を誇るのがハボタンです。江戸時代中期に緑色のキャベツに似たものが長崎に渡来して、オランダナ...

pixta_zefiransasu

ゼフィランサスの育て方

ゼフィランサスについては、ヒガンバナ科(クロンキスト体系ではユリ科)タマスダレ属の植物のことをまとめてそう名づけられてい...

pixta_hannemania

ハンネマニアの育て方

ハンネマニアはケシ科ハンネマニア属の多年草です。別名、メキシカンチューリップポピーとも呼ばれています。名前からも分かると...

pixta_sissasu

シッサスの育て方

シッサスはオランダで品種改良をされたという歴史を持っていて、ブドウ科の植物なので葉っぱの裏側には白い樹液のかたまりが付着...

pixta_simobasira

シモバシラの育て方

学名はKeiskeaJaponicaであり、シソ科シモバシラ属に分類される宿根草がシモバシラと呼ばれる山野草であり、別名...

pixta_hagi

ハギの育て方

ハギの花は、日本人には古くから愛されており、万葉集に最もたくさん読まれている落葉性の低木です。生息地は、温帯、亜熱帯など...

pixta_askosentram

アスコセントラムの育て方

古来より植物と人間の生活は密接に繋がっている。食料として利用されるだけでなく、住居の材料にもなりますし、現在では観賞用と...

pixta_akazakazura

アカザカズラの育て方

夏になると、近年は省エネが叫ばれ、電力の節約のためにさまざまな工夫がなされます。つる性の草のカーテンもそのひとつだと言え...

pixta_blackcat

ブラックキャットの育て方

ブラックキャットはインドおよび東南アジアを原産地とする植物で、熱帯・亜熱帯の森林の中を生息地としています。外見が大変特徴...

スポンサーリンク

pixta_perarugonium

ペラルゴニウムの育て...

和名においてアオイと入っていますがアオイの仲間ではありま...

pixta_habotan

ハボタンの育て方

ハボタンは日本で改良されて誕生したもので、海外から伝わっ...

pixta_toumyou

トウミョウの育て方

エンドウ豆の歴史は古く、紀元前7000年の頃には南西アジ...

pixta_smoketree

スモークツリーの育て...

スモークツリーはウルシ科コティヌス属の雌雄異株の落葉樹に...