緑のカーテンの育て方

緑のカーテンの育て方

ゴーヤのグリーンカーテンの育て方についてご紹介です。もともとお花を育てることが好きだった私ですが、去年の引越しをきっかけに野菜を栽培することにはまりだしました。

ゴーヤの育て方

最初に種を撒いたのがゴーヤです。ベランダに緑のカーテンを作りたかったのです。種まきは簡単で苗を買うのがもったいないほど発芽率も良く、種から育てるほうが植物への愛情が溢れると思います。

種のとんがっている側の先端をハサミで少しだけ切り取り一晩水に浸します。後は直播きでも、ポット撒きでも大丈夫です。夏に向けての気温が上昇する時期ですので、ゴーヤに限らず植物は面白いほどよく育ちます。

植物の栽培とこの育て方とこの種まきのやり方も参考になります♪

ゴーヤの栽培での注意点

ポットの状態では根がそれ以上大きくなれないので、成長がストップします。ポットの底から根が見えてきて植え替え時がきたら、速やかに定植しないと出遅れます。植物の成長は人間に合わせてはくれませんので、時間に余裕のない場合は直播きのほうが良いような気がします。

プランターの場合は、緑のカーテン用の土がたくさん入るものがホームセンターなどに置いてあります。お値段は普通のものより高いですが、成功させるためにはお勧めです。去年、私は普通のプランターで栽培しましたが、実をつけても育たないどころか、カーテンには程遠い葉っぱの量でした。

地植えにしても土質が良いほど育ちます。ゴーヤには雄花と雌花があり、最初は雄花しか咲きません。しばらくすると雌花が増えてきて花が咲くのですが、カーテンにするのなら収穫をあきらめて実は摘んでしまうほうが良いそうです。

収穫をしたい場合は雌花は分枝した茎につくので、2回くらい親の茎を切ってあげると横に伸び、雌花が増えます。最初は切ってしまって枯れたらどうしよう、なんて心配になりますが植物は強いのでよっぽどでないと大丈夫です。

こちらのグリーンカーテンの栽培方法も合わせてどうぞ♪

その他のポイントや収穫について

ツルを絡ませるネットは100均でも見かけるので安上がりですが、中にはしっかりしていないものもあるので、気をつけて買うのが良いと思います。あまりしっかりしていないものだと実が付いたときに、重さで垂れてきます。幅もいろいろありますが、小さいものをつなげるのに結束バンドを使うと、さらに自由が利きます。

育てながら調べていましたが、ゴーヤにもいろんな種類があるようです。苦味が苦手な方は、白いゴーヤなんていうのもあり、普通のゴーヤよりも苦味が少ないそうですので試してみてはいかがでしょうか。

最初はたくさん収穫して食べ切れなかったらどうしようと、いらぬ心配までして育て始めたゴーヤ栽培ですが、普通のプランターを使ってしまったところから失敗しました。育て方をちゃんと踏まえて、今年も暖かくなったら、種まきからチャレンジしてみようと思います。

下記の記事も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪
タイトル:美味しいゴーヤーの育て方
タイトル:ヒョウタンの育て方
タイトル:なたまめの育て方
タイトル:ミニカボチャの育て方
タイトル:ヘチマの育て方
タイトル:アカザカズラの育て方
タイトル:アサリナの育て方
タイトル:オカワカメの育て方

pixta_ptivel

プチヴェールの育て方

プチヴェールは、1990年に開発された、歴史の新しい野菜です。フランス語で「小さな緑」と意味の言葉です。アブラナ科である...

pixta_bushrose

バラ(ブッシュ・ローズ)の育て方

ブッシュローズは低木として育つものを差します。ヨーロッパにももともとあったそうですが、現在園芸品種として出回っているもの...

pixta_simotuke

シモツケの育て方

シモツケ/学名:Spiraea japonica/和名:シモツケ、下野/バラ科・シモツケ属、シモツケ属は約70種が北半球...

pixta_keratosutexuguma

ケラトスティグマの育て方

中国西部を原産としているケラトスティグマは明治時代に日本に渡ってきたとされています。ケラトスティグマの科名は、イソマツ科...

pixta_tigurijia

チグリジア(ティグリディア)の育て方

チグリジアは別名ティグリディアとも呼ばれるユリに似た植物ですが実際にはアヤメ科の仲間になっています。チグジリアの仲間アヤ...

pixta_smoketree

スモークツリーの育て方

スモークツリーはウルシ科コティヌス属の雌雄異株の落葉樹になり、イングリッシュガーデンなどのシンボルツリーとして多く利用さ...

pixta_titonia

チトニアの育て方

チトニアはキク科の植物になります。鮮やかなオレンジや黄色などのビタミンカラーが印象的で、美しい花を咲かせるでしょう。キク...

gibanakosumos

キバナコスモスの育て方

キバナコスモスはメキシコの比較的低い場所に自生する草花で、花が咲いた後は枯れてしまい、種を取ることで毎年開花させることが...

pixta_kuroton

クロトンの育て方

クロトンとは、原産はマレー半島やオーストラリアなど熱帯地方です。アジアからオセアニアにかけて広く分布している熱帯性の常緑...

pixta_ariakesumire

アリアケスミレの育て方

アリアケスミレは日本原産の本州から四国、九州に自生するスミレの仲間ですが、山野草としても扱われて盛んに栽培されています。...

スポンサーリンク

pixta_komatunagi

コマツナギの育て方

この植物は背丈が高く40センチから80センチまであり、マ...

pixta_nasu_01

ナスの育て方

インドが原産の植物といわれ、中国でも古くから伝わる植物で...

pixta_ekinopus

エキノプスの育て方

エキノプスはキク科ヒゴタイ属の多年草植物の総称で、この名...

pixta_aeonium

アエオニウムの育て方

アエオニウムはアフリカ大陸の北西の北アフリカに位置するカ...