植物の育て方を勉強する

植物の育て方を勉強する

現在は、家庭菜園などで野菜を栽培している人たちも多く存在しています。自分で手入れをして栽培した野菜を食する事ができるのは、達成感もあり、肥料なども自分で管理できるので、安全性も高く、人気となっている様です。

植物の育て方のコツ

植物を庭やベランダで飼育している場合もあります。育て方のコツとしては、植物の種類にもよりますし、飼育する場所によっても、育て方が違ってきますので、その区別を意識しておく事が大切です。

植物には、日光をよく好むものが多くあります。庭などの、ある程度の日の光などが確保できる場合には、多くは特に問題なく育てる事ができます。但し、種類にもよるので、ほどよい日陰を好む植物の場合には、木陰や少し日陰のできる場所で、風通しの良い場所に置いてあげるなどの工夫は必要になります。

こちらの良い植物の選び方と栽培のコツを見て下さい♪

植物の栽培での注意点

その場合、知らない間に、鉢の下に水が溜まってしまう様なジメジメとした場所は避ける様にしてください。ナメクジなどが発生し易くなり、葉や花びらを食べられてしまう事に繋がってしまいます。

また、庭の地面の土に直接植える地植えの場合には、土壌の質なども少し観察してから植える必要があります。一見して普通の土に見えても、少し掘ってみると、赤い土の様な場合があります。

この赤土の場合には、植物によっては鉄分が強すぎて合わない事もありますので、プランターなどに替えてみるか、他の場所の土を掘ってみて、適した場所を探す様にしてみてください。

こちらの植物を栽培するに当たって注意しなければならない事もチェックして下さい♪

育てる植物によって気を付ける点

水はけが悪い場所などもありますので、その様な場合には、植物が枯れる原因となる事があります。初めて掘って植える時には、少し水分を与えてみて、水はけの状態を確認してから苗などを植える様にしてみてください。

庭の場合には、芝生を敷いている家もあります。芝生の場合には、根が非常によく伸びる性質をもっています。例えばいちごなどの苗を地植えにした場合、きっちりと、区切っておかないと、芝生の根がいちごの苗の土にまで伸びてきます。

芝生の根は簡単には引っこ抜けないものも多いので、予め芝生部分とは、土の下から区切っておくなどの対策をしておく必要があります。植木鉢やプランターなどに植物を植える場合の育て方としては、水はけをよくします。

鉢やプランターの下の方に、アメ目状の敷物を敷いたり、小石を敷いておくと、水はけが良くなります。肥料などの栄養素を、苗を植える際に土に混ぜたり、あるいは植えた後に土の表面に撒くタイプのものもあります。

パンジーやジュリアンなど一般に手に入り易い苗の場合には、専用の培養土を利用する事などもできます。珍しい植物を育てる場合には、購入の際に販売店で育て場所や水遣りの仕方などについて確認をして、育てる様にしてください。

下記の記事も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪
ビオラの育て方
パンジーの育て方について

pixta_gairarudia

ガイラルディアの育て方

ガイラルディアは、北アメリカおよび南アメリカを原産地として、20種以上が分布しているキク科の植物で和名を天然菊と言い、一...

pixta_amerikanorinoki

アメリカノリノキ‘アナベル’の育て方

白いアジサイはアメリカノリノキ、別名セイヨウアジサイの園芸品種であるアナベルという品種です。アジサイの生息地は世界ではア...

pixta_jabotikaba

ジャボチカバの育て方

ジャボチカバはブラジルを原産地とする常緑性の果樹です。熱帯植物に分類される樹木であり、その大きさは30センチ程度から3メ...

pixta_bonsai01

初心者からはじめるミニ盆栽の育て方

少し前に流行ったミニ盆栽。若者にもひそかに人気があります。盆栽はなんといっても風格があります。3000円くらいから1万円...

pixta_okuna

オクナ(ミッキーマウスツリー)の育て方

南アフリカ一帯に分布する樹木で、正式名称をオクナセルラタと呼び、ミッキーマウスツリーとして現在では親しまれている植物の特...

pixta_shakuyaku

シャクヤクの育て方

シャクヤクの最も古い記述については、中国で紀元前五世紀には栽培されていたという記録が残っており、宋の時代には品種改良が行...

pixta_browaria

ブロワリアの育て方

この花については、学名としてはブロワリア・スペキオーサ、ブロワリア・アメリカーナと呼ばれることがあります。種類としてはナ...

pixta_beradon

ベラドンナリリーの育て方

特徴としては、クサスギカズラ目、ヒガンバナ科、ヒガンバナ亜科となっています。ヒッペアストルム連に属するともされています。...

pixta_roubai

ロウバイの育て方

強い香りをあたりに漂わせ、どの樹木よりもいち早く春の訪れを告げる花ですが、江戸時代の終わり頃に、中国から朝鮮半島を経て伝...

pixta_angurekamu

アングレカムの育て方

アングレカムはマダガスカル原産のランの仲間です。マダガスカル島と熱帯アフリカを生息地とし、およそ200の種類があります。...

スポンサーリンク

pixta_tigurijia

チグリジア(ティグリ...

チグリジアは別名ティグリディアとも呼ばれるユリに似た植物...

pixta_crose

クリスマスローズの育...

クリスマスローズは別名ヘレボラスと呼ばれ、その歴史は古く...

pixta_kiturifune

キツリフネの育て方

特徴として、被子植物、双子葉植物綱、フウロソウ目、ツリフ...

pixta_tomato03

おいしいトマトを作り...

トマトにはさまざまな種類があります。大きなトマトからプチ...