植物の栽培について アサガオの育て方

植物の栽培について アサガオの育て方

育てやすい植物の代表として挙げられるのがアサガオです。最近は色や模様も様々なものが登場しています。アサガオの育て方は比較的シンプルです。学校の理科の授業などでも取り上げられることが多く、かなりの確率で花を咲かせられる植物と言えます。

アサガオの育て方

アサガオは通常種から育てます。大体5、6月頃にまくのが適当でしょう。アサガオの種は茶色く半月型をしています。まく際には予め2センチ程度の穴を作っておき、凹みのある方を下にして種を入れます。その後軽く土をかけ、水なを適量まき完了です。

アサガオの場合、通常1週間程度で芽が出ます。初めに左右対称の双葉が出て、その後徐々に本葉が生じてくる訳です。プランターなどから地面に移す場合には、双葉が出た頃に植え替え作業を行います。植え替え後は適宜肥料などを株の近くの地中に埋めましょう。

成長し、つるが伸びてきたならば、何か支柱となるものをたて、つるを這わせるようにします。成長期にはつるはどんどん伸びていきますので、円形の支柱などを活用して形を整えていくのです。

こちらのアサガオの育て方についても参考になります♪

アサガオの特徴

アサガオの開花は丁度夏ごろとなります。独特の円錐形のつぼみが少しずつ色づき、ある朝いよいよ開花する訳です。アサガオという名の通りこの花は午後にはしぼんでしまうことが多いです。

ほんのひとときの楽しみではありますが、管理がよければその後も次々とこうした花が咲きますので、ひと夏程度は楽しむことが出来ます。花が落ちた後にアサガオの場合には子房部分に種が生じるのが特徴です。

徐々に子房が丸く膨らみ、熟すと茶色い実のようなものになります。ここに種が生じているのです。自然に皮がはじけて種がこぼれおちることもあります。翌年に再び栽培をしたい場合にはこの時点で種を収穫しておきましょう。

こちらのアサガオの育て方も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪

アサガオの種類

このアサガオは現在バリエーションが大変豊富です。外国から入ってきた品種も最近では一般的になっています。日本製のものに比べると花びらの開き具合が若干大きく、よりふくよかで華やかな雰囲気を感じさせるのが特徴です。

花びらの先端が波打っている品種や八重咲きタイプも最近では登場しており、一見アサガオとは判別出来ない花もあります。色も定番の紫やピンクからパステルブルー、2色使いのマーブル状まで幅広いバリエーションがあるのです。

何色の花が咲くかは、双葉が出た段階である程度分かることもあります。双葉の下の茎の部分に花色に近い色が現れることがあり、その部分を見て大体の予測を付けることが時に可能となるのです。

こうした多種多様なアサガオを楽しむイベントが毎年日本では行われています。現在では全国的にも有名な催しとなっており、一つの夏の風物詩として参加者を増やしているのです。

花の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:緑のカーテンに最適な朝顔の育て方
タイトル:エボルブルスの育て方
タイトル:ヨルガオの育て方

pixta_amarisu

アマリリスの育て方

アマリリスが世の中に知られたのは17世紀の後半。ヨーロッパでオランダ人が紹介したことが最初と言われているのが通説となって...

pixta_kugaisou

クガイソウの育て方

クガイソウは、日本でも古くから知られていた植物で、昔の植物の書物にも載せてあるくらいですから、相当有名な薬草だったという...

pixta_dodonaena

ドドナエアの育て方

ドドナエアという木は葉を楽しむ木です。原産はオーストラリアでポップブッシュとも呼ばれています。生息地はもともと日本ではあ...

pixta_byakusin

ビャクシンの仲間の育て方

ビャクシンはヒノキ科の常緑高木で、日本の本州から沖縄県で栽培されています。その他の原産地には朝鮮半島や中国などが挙げられ...

pixta_iberis

イベリスの育て方

アブラナ科のイベリスは、地中海沿岸が原産の花です。ヨーロッパから北アフリカ、西アジア原産で、その可愛らしホワイトカラーの...

pixta_oruhigi

オヒルギの育て方

オヒルギはマングローブを構成する植物の種類のうちの一つです。仲間の種類として、ヤエヤマヒルギやメヒルギなどがあります。自...

pixta_waxflower

ワックスフラワーの育て方

花についてはフトモモ科、チャメラウキウム属になります。園芸上の分類としては庭木であったり花木としてになります。草丈に関し...

pixta_yamashakuyaku

ヤマシャクヤクの育て方

ヤマシャクヤクは、ボタン科、ボタン属になります。ボタン、シャクヤク、ユリといいますとどれも女性に例えられる事がある花です...

pixta_sisitou11

シシトウの育て方

程よい辛味があり、あらゆる料理に使用されて人気のあるシシトウですが、その正式名称はシシトウガラシ(獅子唐辛子)であり、そ...

pixta_kurematisu

クレマチス(四季咲き)の育て方

クレマチスは、キンポウゲ科センニンソウ属(クレマチス属)のこといい、このセンニンソウ属というのは野生種である原種が約30...

スポンサーリンク

pixta_hisakaki

ヒサカキ(実)の育て...

ヒサカキは、日本でもよく見られる低木ですが、よく神社など...

pixta_shuukaku

野菜の栽培野菜の育て...

野菜の栽培といえば、日本で一番多く栽培されているのは、主...

pixta_karokefarus

カロケファルスの育て...

見た目からは少し想像がつきにくいですがキク科になります。...

pixta_iresine

イレシネの育て方

イレシネは、熱帯アメリカやオーストラリア、ブラジル南部、...