レプトテスの育て方

レプトテスの育て方

この花はラン科になります。園芸上においても通常は草花などとなりますが、ランの場合はランに分類されるぐらい特別な存在になります。ランは美しいですが、栽培の方法などが難しい、生息地と日本との気候などが異なるなどがあり簡単には栽培ができません。

育てる環境について

育て方としてはどのような環境かです。冬に咲かせる花になりますから、冬の管理、夏の管理ができるところになるでしょう。日当たりとしてはある程度必要になります。最低気温としては15度ぐらいを目安にして、それ以上の気温が確保できる戸外に置くようにします。日当たりは好みますが、直射日光はそれ程好みません。

直射日光に当たると葉の緑が茶色く変色してしまう場合があるので注意が必要になります。真夏の場合においてどうしても直射日光が当たるようなところであれば遮光ネットを使う方法があります。植木鉢であれば移動することができるので日陰のあるところなどに移動すると良いかもしれません。

遮光をするのであれば30パーセントから50パーセントほどです。日差しを全く無くしてしまうのは良くありません。葉っぱに関しては非常に重要になります。花の季節以外はあまり関係ないと安易に育てようとすると大事な時期に花を付けなくなります。ですから葉っぱは大切に扱うようにします。

そうすることによって花も綺麗に咲かせることが出来るようになります。風通しについても大事になるので注意します。室内にしても屋外にしても風通しを良くしながら育てるようにします。春から秋においては暑くなりますが、風通しを良くするだけでかなり状態も良くなります。吊るして育てることが多いようです。そうすることで他の鉢や植木などと重なり合うことがなくなるので、十分育てることができます。

種付けや水やり、肥料について

育てるときにおいてはランを育てるときの方法が使えます。これは土においても言えます。ただしラン用の土と知られるバークを使うときは注意が必要です。これを使うと乾き過ぎになることがあります。この点ではラン用が使えないところになります。バークがないときによく使うのがミズゴケで、この花については最適な土となります。

素焼き鉢にミズゴケをいれて育てるようにします。プラスチック鉢にすると乾きにくいことがあります。水分は必要ですが多湿な環境は良くありません。失敗が少ない組み合わせが素焼鉢にミズゴケのケースになります。水やりについては生育期に多いては表面が乾いたときにたっぷり与える方法になります。

毎日のように上げる必要はありません。乾かしすぎると弱ってしまうので注意が必要です。冬においては自宅内など室内に入れることが多いでしょう。冬でもそれ程水のタイミングを変えることはありません。乾いている状態を見つけたらすぐに水を与えるようにしていきます。最初はどのタイミングがベストかがわかりにくいことがありますが、

徐々に茎や葉っぱが元気な状態がわかってきます。このように与えればイキイキする、この状態だと少し元気が無いなどとわかってくれば良い状態になるように与えればいいでしょう。肥料については5月から9月までを中心に与えるようにします。5月には有機質タイプの肥料です。固形タイプと液体タイプを使います。一定間隔に行います。

増やし方や害虫について

増やす方法としては株分けの方法ができます。株が大きくなってくると植木鉢に収まりきらなくなることがあります。このときに株分けのチャンスとなります。どうしてもどんどん増やしたいとのことで大きくなる前に株分けをしようとすることがありますが、そうすると全てが悪い状態になってしまうことがあります。

株分けに関しては少なくともどちらかが育ってくれないとその後の株がなくなりますから注意が必要になります。大きさの目安としては葉っぱが5本から6本ぐらいで1株ぐらいになります。10本ぐらいの株になっていればなんとか分けることができるようになるでしょう。植え替えは2年に1回ほどで大丈夫です。

小型のランになりますから、植替えの時には植え込み材料をすべて取り替えます。ミズゴケを使うことがありますが、この場合は毎年変更したほうが良いとされます。傷みやすいとされています。病気として気になるのがウイルス病と言われるものになります。これはどのようにして感染するかですが、結構人工的な処理をしていてのことが多くなります。

ハサミを利用して何かを切ったとき、そこから感染してしまうようです。かかってしまうとうまく成長しなくなり、治療も難しいです。かかってしまうとその部分をとったからといって治るわけではないので、処分するしかなくなります。害虫として起こりやすいのがカイガラムシです。葉の付け根などに出てくることがあるので注意しながら育てます。

レプトテスの歴史

動物などではある種類のものに非常に似ているけども小型化しているタイプがあります。自然にそのように登場しているものもありますが、人工的に交配をさせたりすることで新しい小型のタイプを登場させることもあります。今はいろいろな方法を取ることができますし、小型化することによってペットとしては飼いやすくなることもあるのでしょう。

植物においても小型化することはあるようです。かと言って必ずしも品種が変わるわけではありません。大きいタイプだとなかなか育てることができないけれども、小型のタイプであれば何とか育てられる、自宅内に置くことが出来るなどの事があるようです。そのような花の一つになるかもしれないのがレプトテスト言われる花になります。

見るとわかりますがなんとなくある花に似ていることがわかります。それはカトレアです。しかし一般的なカトレアに比べるとこぶりです。種類としては別ですが同じラン科になります。そのこともあって、流通においてはミニカトレアとして出回ることもあるようです。原産地は南米です。

アルゼンチン、ブラジル、ウルグアイ等となります。カトレアについても同じようなところを生息地としていますから、まさによく似た花といえるかもしれません。花屋さんで手軽に購入したい品種ですが、なかなか見かけることができないかもしれません。日本においてはあまり流通していないとも言われています。専門店などに行かないといけないかもしれません。

レプトテスの特徴

この花はラン科になります。園芸上においても通常は草花などとなりますが、ランの場合はランに分類されるぐらい特別な存在になります。ランは美しいですが、栽培の方法などが難しい、生息地と日本との気候などが異なるなどがあり簡単には栽培ができません。購入しようとしても高くなることがあります。花が咲く形態としては多年草になります。

草の高さはそれほど高くなく10センチぐらいとなります。花が咲く時期は冬で1月から3月にかけてです。白い色の花がよく知られますが、ピンク色のものもあります。南米、それも赤道に近いところが原産とのことで、耐暑性についてはある程度認められています。冬に咲きますが耐寒性があるわけではありません。

常緑性なので葉っぱなどはずっと楽しむことができます。ランと言いますと鑑賞するのには良いけども育てにくいとされています。主に暖かいところが原産で、日本の冬を越せない場合があります。また日本の猛暑にやられてしまうこともあります。自宅にハウスなどの設備がないと栽培できないとも言われます。

その中においてはこの花は栽培しやすいとされています。耐寒性は無いですが一応冬を越すことも可能です。葉っぱに関しては根の部分から直接出るような形になります。ランにおいてはよくあるタイプかもしれません。幅はあまりありませんが、花に達するくらい長い葉っぱを持っています。花は花茎の先に付きます。花びらが非常に細く4枚から5枚ついています。

pixta_nioihiba

ニオイヒバの育て方

ニオイヒバはヒノキ科 の ネズコ属に属する樹木です。原産国は北アメリカで、カナダの生息地です。日本では「香りがあるヒバ」...

pixta_komatunagi

コマツナギの育て方

この植物は背丈が高く40センチから80センチまであり、マメ科コマツナギ属の落葉小低木に分類されています。同じマメ科に属す...

pixta_osmokisiron

オスモキシロンの育て方

オスモキシロンは東南アジア地域を原産とする植物であり、フィルピンやニューギニアなどでよく見られる植物です。フィリピンやマ...

pixta_kibanasetubunsou

黄花セツブンソウの育て方

キバナセツブンソウはキンポウゲ科セツブンソウ属ということで、名前の通り黄色い花が咲きます。この植物はエランシスとも呼ばれ...

pixta_pentuia

ペンツィアの育て方

特徴としては、種類はキク科のペンツィア属になります。1年草として知られています。花が咲いたあとに種をつけて枯れますから次...

pixta_sinensisu

プリムラ・シネンシスの育て方

プリムラ・シネンシスは日本では寒桜と呼ばれていますが、もともとは中国の中南部が原産です。そのため、英語ではChinese...

pixta_tiriayame

チリアヤメの育て方

チリアヤメ(チリ菖蒲/知里菖蒲 Herbertia lahue=Herbertia amoena=Alophia amo...

pixta_mikan

ミカン類の育て方

ミカンというのは柑橘類とも言われます。柑橘は、カラタチ属やミカン亜科のカンキツ属、キンカン属やミカン科の総称です。この中...

pixta_kumamosou

サルビア・レウカンサの育て方

サルビア・レウカンサの原産地はメキシコや中央アメリカです。別名を「メキシカンブッシュセージ」「アメジストセージ」といい、...

pixta_rimunantesu

リムナンテスの育て方

この花における特徴としては、比企植物の双子葉植物綱となります。バラ亜綱なのでバラに近い花になります。フウロソウ目になりま...

スポンサーリンク

pixta_vanila

バニラ(Vanill...

バニラは古くから香料として用いられていました。現在でもア...

pixta_bikakusida

ビカクシダ(Plat...

ビカクシダは年間を通して日当たりが良い場所で育てるのが基...

pixta_kureson

クレソン(オランダガ...

クレソンは、日本では和蘭芥子(オランダガラシ)や西洋ぜり...

pixta_yamashakuyaku

ヤマシャクヤクの育て...

ヤマシャクヤクは、ボタン科、ボタン属になります。ボタン、...