リューノヒゲの実の育て方

リューノヒゲの実の育て方

別名ジャノヒゲとも呼ばれるのがリューノヒゲの実であり、国内での生息地は北から南にかけてで、山地の林などに生息し、原産地は朝鮮半島など東南アジアなどで、常緑多年草に分類されています。

育てる環境について

リューノヒゲの実は、国内では北から南にかけて生息しており、東南アジアが原産地であるため、国内で育てる場合においても環境を選らばない魅力があります。常緑多年草であり、耐寒性だけではなく耐暑性にも強く、国内の高温多湿の気候にも丈夫な植物ですし、瑠璃色の実も環境問わずに付きやすい魅力が挙げられます。

手入れを不要とするほどに病気になりにくく、ガーデニングビギナーな方にも育てやすい植物でもあります。もっとも適した環境としては強健であるため、日当たりの良い場所を好み、濃い緑の葉を繁らせるには日陰よりも太陽光の届く場所が最適です。さらにその生い茂る葉の形状から、庭の樹木の下に植える下草としての利用法も提案されており、

花付きよりも下草として利用する際には日陰となる環境下でも十分に育つのもリューノヒゲの魅力の1つです。斑入りの同品種の場合には直射日光はなるべく避けることで白い斑が鮮やかに表れてくれ、実とのコントラストを楽しめます。またコクリュウは、緑色の葉を濃くし、芝生植えとして利用したい場合には直射日光に当たる環境が最適で、

グングン葉を広げて芝生並みにグランドカバーとして利用可能です。花や実を楽しむ場合には半日陰が適しており、昼間に日光を浴び、夕方以降に日に隠れる環境で花や実を咲かせやすくなります。グランドカバーとして利用する場合において、風通りの良い環境下であることも重要で、密集しやすいリューノヒゲの葉と葉の間の湿気をしっかり風が飛ばしてくれます。

種付けや水やり、肥料について

現在、リューノヒゲは常緑多年草として園芸店では通年通して提供されており、いつでも植え付けを可能とする品種でもあります。種付けでは酷寒期や酷暑期を避けることは必須であり、ベストな時期となるのが春または秋ですが、花付きを楽しむ場合には3月から4月の植え付けで種からの栽培においては秋口からが適しています。

植え付けは葉が繁ることを踏まえて、グランドカバーとして栽培する場合には5cm間隔で植え付けを行うことで葉が継ぎ目なしの芝生状に茂ってくれます。水やりは地植えの場合には不要であるものの、花を楽しむための鉢植えの場合には表土が乾いた状態でたっぷりの水やりが適しています。地植えの場合の土壌は湿り気がある方が十分に育ち、

通年通して屋外で育てます。さらに育て方としてリューノヒゲの肥料に関しては、強健であるために肥料を与える必要がないものの、早春となる2月頃に元肥として緩効性の化成肥料を与えることで生育します。極端に乾燥している場所をはじめ、水気の多い土でも植え付けることで環境に柔軟に対応するために場所を選ばすに根付くのも特徴で、

こうした環境下で根付くのが心配であれば、一度植え付け前にポットで根を張らせた後に、地植えなどを行うのが適しています。肥料入りの草花専用となる土をポットに入れ、窪みに水を垂らし、種または株を入れて土をかけ、たっぷりの水やり後は半日陰で管理します。リューノヒゲの実を観賞したい場合には、葉に埋もれてしまうため、剪定することも必要な作業の1つです。

増やし方や害虫について

リューノヒゲは簡単に増やしてガーデニングを楽しむことが可能な植物で、株分けで増やす方法が最適です。増やす際には酷寒期や酷暑期を避け、暖かくなる春の季節であれば生長を促すことが可能です。用土も基本的に園芸用の土であれば問題はなく、基本の配合としては小粒の赤玉土が7割で腐葉土が3割で増やせます。

株は一度掘り上げた後に手や道具を使って細かく分け、10cm間隔で植え付けますが、同品種となるタマリュウの場合には小型であるために5cm間隔で植え付けるのがポイントです。さらに増やし方として株分けだけではなく、リューノヒゲの実のこぼれ種子からでも増やすことを可能とする品種であり、瑠璃色の実は熟すと自然に地面にこぼれ落ちる時期がありますが、

その際に種子を用土に蒔き、発芽を促すために管理は自然光や風が吹き込む屋外でも十分に発芽し、霧吹きなどで表土を湿らせて管理します。さらに植物の栽培で気を付けたいのが害虫の存在ですが、リューノヒゲは害虫にも強く、殺虫剤を土や葉に一度散布する程度で害虫対策ができるほどに手入れや管理を不要とする強さがありますが、

葉が生い茂るグランドカバーとしてや下草として利用する場合、周囲の植物の害虫を葉が隠してしまうケースもあるため、春に一度刈り込みを行い、葉の間に隙間を開けて害虫予防に努めることが重要です。樹木の下草としては害虫にダンゴムシやアリなどが大量発生しやすいため、専用となる殺虫剤で処理します。

リューノヒゲの実の歴史

別名ジャノヒゲとも呼ばれるのがリューノヒゲの実であり、国内での生息地は北から南にかけてで、山地の林などに生息し、原産地は朝鮮半島など東南アジアなどで、常緑多年草に分類されています。このリューノヒゲは元々漢方として使用されてきた歴史があり、根を乾燥させたバクモントウは、植物由来の咳止め薬として子供や高齢者向けに用いられていた歴史があります。

バクモントウやセイハイトウなどの漢方、生薬として古来から栽培が盛んに行われて利用されており、茎部分は国内の限定された地域においては現在でも茹でて食用として食されている歴史が存在しています。ジャノヒゲの別名を持ち、原産地では当て字となる蛇の髭と書き表し、その葉姿に由来しています。さらに歴史を紐解いていくと、

薬草としての利用だけではなく古い時代から遊び道具としての利用法も考案されており、熟したリューノヒゲの実は皮と白い果肉を剥くと種子が現れます。この種子は固い地面や床などに叩きつけると、現在の子供の遊び道具として親しまれているスーパーボールのように数メートルも弾むボール用具となり、

原産地の東南アジア一帯では昔から子供たちに親しまれていた植物としての歴史も存在しています。さらにリューノヒゲの葉はその形状と丈夫さから、骨董などの貴重な品々や割れ物を流通する際の敷物または詰め物として利用されていた歴史も存在し、草や実の利用法はそのまま現在でも広く知られ、利用されています。

リューノヒゲの実の特徴

リューノヒゲの実を保護するように生い茂る葉の形状がヒゲに見立てられ、東南アジアではリューノヒゲという名で古来より漢方やオモチャ、また実や花は観賞用として、葉はグランドカバーとして様々に用いられているマルチな植物であるのがリューノヒゲの実の特徴です。葉は深い緑色をしており、細長い線形でヒゲそのものの形状であり、

花は7月から8月の夏時期に開花し、柄のある花が葉よりも花茎短く顔を出し、花茎に均等に淡い紫また白っぽい花を付けます。リューノヒゲは、葉に名の由来があるように同じく神秘性のある瑠璃色の青い実を付けるのも特徴的で、実は11月頃から冬にかけて光沢のある実を数十個ほど作りますが、その実は種子であり、熟して落ちて生息範囲を広げていきます。

球形で一見すると果実のように見える実ですが、実際には種子であるのも特徴で、食すことができない実とも言えます。根は紡錘形の膨らみができ、上記で取り上げた通りにバクモントウと呼ばれる鎮咳や強壮などの漢方薬として用いており、肥大した根だけを煎じて服用していますが、咳止や解熱、利尿作用などの効果効能もある植物です。

現在、リューノヒゲには園芸品種も多数出回っており、例えば、タマリュウは葉の長さが10cm程度の小型の品種であり、庭園向きの特徴を持っています。さらにハクリュウは葉の全体に白い斑が入っているのが特徴の品種であり、庭園向きとして園芸品種の中でもリューノヒゲ同様に人気を集め、瑠璃色の実を観賞する目的で栽培される方も増えています。

pixta_kyuuri

きゅうりの育て方

インド北部のヒマラヤ山麓がきゅうりの原産地や生息地で、現在から約3000年以上前には栽培されていたのです。その後シルクロ...

pixta_tamanegi

たまねぎと夏野菜の育て方

たまねぎは秋に植えて、春に収穫します。一方、夏野菜は春に植えて夏に収穫します。畑を作るときには、この春野菜と夏野菜を両方...

SONY DSC

エパクリスの育て方

エパクリス属と呼ばれる花は、なんと31属もあり、種類に関しましては、400種類程度あります。原産地は主にオーストラリアに...

pixta_paseri_01

パセリの育て方

その歴史は古く、紀元前にまでさかのぼります。特徴的な香りにより、薬用や香味野菜として使われてきました。日本には、鎖国時代...

pixta_haetorigusa

ハエトリグサの育て方

ハエトリグサは北アメリカを原産とするモウセンゴケ科・ディオネア属の食虫植物です。開いた貝殻のような形の葉が印象的で、その...

pixta_tisimagikyou

チシマギキョウの育て方

チシマギキョウは、キキョウ科ホタルブクロ属に属している多年草のことを言います。キキョウ科は、真正双子葉植物の科で大部分が...

pixta_karatatibana

カラタチバナの育て方

カラタチバナの原産地は日本、台湾、中国です。日本では本州、四国、九州、沖縄などを主な生息地としています。日本では江戸時代...

pixta_kuransin

クンシランの育て方

クンシランはヒガンバナ科クンシラン属で、属名はAmaryllidaceae Clivia miniata Regelとい...

pixta_kureson

クレソン(オランダガラシ)の育て方

クレソンは、日本では和蘭芥子(オランダガラシ)や西洋ぜりと呼ばれています。英語ではウォータークレスといいます。水中または...

pixta_agabe

アガベ(観葉植物)の育て方

アガベとは、別名・リュウゼツラン(竜舌蘭)とも呼ばれ、リュウゼツラン科リュウゼツラン属の単子葉植物の総称のことで、100...

スポンサーリンク

pixta_ninjin13

ニンジンの育て方

ニンジンはセリ科の一種であり、この名前の由来は朝鮮人参に...

pixta_jamankamomiru

ジャーマンカモミール...

ジャーマンカモミールは生息地のヨーロッパなどでは古くから...

pixta_setubunsou

セツブンソウの育て方

節分の頃に花を咲かせるセツブンソウは、キンポウゲ科セツブ...

pixta_ajisai

あじさいの育て方

あじさいといえば知らない人はいないほど、梅雨の時期に見ら...