マンションで育てて食べよう、新鮮な野菜

マンションで育てて食べよう、新鮮な野菜

皆さんは野菜はスーパーで買う方が多いと思います。とくに都会に住んでいる方はなかなかとれたての野菜を食べる機会は少ないと思います。でも野菜を自分で作りたいという方もたくさんいると思います。そんな方達のために、農家の息子である私が簡単な植物の育て方をご紹介したいと思います。

家で野菜を栽培するには?

ここで少し前置きですが、家に畑やちょっとした土壌スペースのある方はいいのですが、まったくない方。マンションに住んでいたりする方は、まったくスペースもないと思います。そんな方にお勧めな方法があります。もしバルコニーや玄関先に少しでもスペースがあれば、野菜を栽培することができます。どんなものかといいますと、それはプランターを使った方法です。

プランターという言葉を初めて聞いた方にご説明しますが、よく花を栽培する方は鉢に土を入れて育てると思います。それの大きな四角形型のものです。ホームセンターに行けば売っているので、まずはそちらで自分の気に入ったプランターを購入してください。2、3千円もあれば立派なプランターを購入することができます。30センチ程度の底のものを選びます。

こちらのマンションやアパートでの植物栽培も参考にどうぞ♪

ミニトマトの育て方

プランターで植物を育てるということで、比較的簡単に育てることのできる、ミニトマトで説明しましょう。必要なものを紹介していきますがまずは土です。野菜用の培養土かトマト用の土を購入します。お店の方と相談しても良いかと思います。

次は肥料ですがトマト専用肥料を購入します。そして支柱。トマトはとても背丈が高くなるので成長した時に支える棒が必要です。それを結ぶ紐。この2点は百均で売っているかもしれません。忘れてはいけないのが、鉢底ネットと底石です。トマトは苗から育てた方が断然楽です。ホームセンターで購入します。

こちらのミニトマトのプランターの栽培方法も参考になります♪

ミニトマトの栽培の注意点

植える時期は住んでいる地域にもよりますが、4月から6月くらいが適切です。それでは実際に苗を植えていきましょう。まずはプランターに鉢底ネットを敷いて、底石を指の第一関節少し超えるくらい敷きます。そして土をプランター8分目くらいまで入れます。それができたら、いよいよ苗を植えます。

プランターに穴を掘り、ポットの中に入っている苗を土ごとはずします。そしてその穴に苗を入れます。2株以上植える時は、30から40センチ離します。それが終われば、プランターの底から溢れてくるくらいの水をやります。とりあえずはこれで終了です。その後は土が乾いたら、水をあげてください。

3週間に一度程度、株から20センチほど離したところに肥料を散布します。また成長してきたら、最初に購入した支柱を株から少し離したところに立て、紐で茎と支柱を結びましょう。後は実が付いて色が付けば、出来たてとれたて新鮮なトマトが食べられます。

以上がミニトマトの栽培方法ですが、他の野菜でもプランターで育てることは可能です。是非いろいろチャレンジしてみてください。

こちらのプランターで栽培できるほうれん草も興味があればどうぞ♪

pixta_herebors

ヘレボルス・アーグチフォリウスの育て方

特徴としては花の種類として何に該当するかです。まずはキンポウゲ科になります。そしてクリスマスローズ属になっています。属性...

pixta_sarupigrossis

サルピグロッシスの育て方

サルピグロッシスはナス科サルピグロッシス属(サルメンバナ属)の一年草または多年草です。その名前はギリシャ語のsalpin...

pixta_susuki

ススキの育て方

ススキはイネ科ススキ属の植物で、秋の七草の一つです。十五夜の月見にはハギとともにススキが飾られていることが多いです。沖縄...

pixta_pangy

パンジーの育て方

パンジーの原産はヨーロッパで、生息地は世界世界各国に広がっています。パンジーは交雑によって作られた植物です。その初めはイ...

pixta_mituba111

ミツバの育て方

ミツバは、日本を含む東アジアが原産地の、せり科の自生植物です。生息地は、日本原産のものでは、全国の産地の日陰に育ちますが...

pixta_yamahagi

ヤマハギの育て方

植物の中には生息地が限られている物も珍しくありません。しかしヤマハギはそういった事がなく、日本全土の野山に自生しています...

pixta_iokuroma

イオクロマの育て方

多くの国でさまざまな花の種類を見かけることができますが、その国の特色にあった植物が生息しています。そのなかでイオクロマと...

pixta_karanse

カランセの育て方

カランセはラン科エビネ属の多年草です。日本が原産地となっているエビネ属の花もありますが、熱帯原産のものを特にカランセとよ...

pixta_asrutibe

アスチルベの育て方

アスチルベの歴史は比較的浅く、ドイツで品種改良された園芸種ですが日本にも自生しているので古くから親しまれてきました。日本...

pixta_yukka02

ユッカ(Yucca)の育て方

ユッカは丈夫で、育て方もそれほど難しくありません。日当たりを非常に好むため、できるだけ日の当たる場所で栽培します。特にユ...

スポンサーリンク

pixta_sinogurossam

シノグロッサムの育て...

シノグロッサムはワスレナグサの仲間でムラサキ科に属する植...

pixta_biwa

びわの育て方

枇杷(ビワ)は、中国南西部原産で、バラ科の常緑高木です。...

pixta_rengetutuji

レンゲツツジの育て方

この花の特徴は、ビワモドキ亜綱、ツツジ目、ツツジ科、ツツ...

pixta_gumi

グミの仲間の育て方

グミの仲間はアジア、ヨーロッパ、北アメリカなどを原産地と...