パンジーの育てかたについて

パンジーの育てかたについて

スミレ科のパンジーは、寒さには強いのですが、暑さに弱く、5月前後に枯れてしまいます。ガーデニング初心者の方には、向いている花です。パンジーの種まきは秋に行ない、冬から春に花を楽しむのですが、種から植えるというより、普通は苗を買って植えます。

パンジーの特徴

スミレ科のパンジーは、寒さには強いのですが、暑さに弱く、5月前後に枯れてしまいます。ガーデニング初心者の方には、向いている花です。パンジーの種まきは秋に行ない、冬から春に花を楽しむのですが、種から植えるというより、普通は苗を買って植えます。

ホームセンターなどでは、暑い時期からパンジーの苗が売られていますが、気温が高い時期に植えると、腐って枯れる可能性もありますので、苗は10月中旬以降に購入して植えるようにしましょう。

こちらのパンジーの育て方についてもどうぞ♪

パンジーの育て方

ここでは、パンジーの育て方について、ご紹介します。パンジーの苗を植える時には、根をほぐして植えるようにすると、根の張りがよくなります。60cmのプランターの場合であれば、株間は15cm~20cmで定植して下さい。植えた直後はすき間だらけのように感じますが、春近くになると、こぼれるように咲きほこりますので大丈夫です。

プランターに入れる土は、市販されている「花と野菜の土」を使用します。また、パンジー専用の土も販売されています。庭の土を利用して植える時には、牛糞堆肥を事前に混ぜておくと、根の張り方が良くなります。

パンジーは、日当たりの良い場所に植えて下さい。日当たりが良くないと、細い茎で間延びしてしまいます。比較的パンジーは育てやすく、日当たりの良い場所で、水を与えておけば、枯れることはまずありません。

パンジーの栽培時の注意点

寒さに強く育てやすいパンジーは、花期が長いのが特徴です。春になると、次々と花を咲かせて楽しませてくれるのですが、その分栄養も必要です。肥料不足になると、葉色や花色が褪せ、花つきも悪くなります。

パンジーの栽培には、7日~10日に1度の割合で、1000倍に薄めた液肥などで、追肥を行いましょう。また、ホームセンターなどでは、「パンジーの肥料」も販売されています。こちらを使用する場合には、記載されている分量で施肥して下さい。

プランターの場合の水やりは、土の表面が乾いてきたら、たっぷり水を与えるようにしましょう。ただし、早朝や夕方の水やりは、土が凍ってしまう原因となります。午前中、少し気温が上がってきてから、水やりを行うようにしましょう。水やりは、用土の過湿を避けて、表面が乾いたらたっぷりと、水を与えるようにしましょう。

こちらの花の栽培を通して喜びを感じるを見て意欲的に育ててみましょう♪

パンジーの育て方のポイントについて、ご紹介します。パンジーは、日光を好みますので、日当たりが良い場所で育てると、花がたくさん咲きます。寒さが本格的になるまでに植え付けを行い、しっかりと根を張らせることがポイントです。また、パンジーは種ができやすく、種ができると株が弱ってしまい、花つきが悪くなります。咲き終わった花ガラは、早めに摘み取るようにしましょう。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:パンジーゼラニウムの育て方
タイトル:スミレの育て方
タイトル:ゆりの育て方
タイトル:パンジーの育て方
タイトル:トレニアの育て方

pixta_turuhananasu

ツルハナナスの育て方

ツルハナナスの名前の由来は、つる性の植物であるために「ツル」と、またナス科の仲間であるためその花は紫の綺麗な色をしている...

pixta_sanzasi

サンザシの育て方

サンザシの原産地は中国で、主に北半球の温帯を生息地としています。日本や中国に自生している種類の中には、花や実が美しいもの...

pixta_papaiya

パパイヤの育て方

パパイヤはメキシコ南部から西インド諸島などが原産と言われており、日本国内においても熱帯地方が主な生息地になっており、南国...

pixta_ruritamaazami

ルリタマアザミの育て方

ルリタマアザミはアザミという名前がついていますが、アザミ属ではなくヒゴタイ属になります。茎と葉はアザミに似ているのですが...

pixta_ajiantam

アジアンタムの育て方

アジアンタムはワラビ科の観葉植物ですが、そのほかにも造花やプリザーブドフラワーとしても使用され、フラワーアレンジメントを...

pixta_suiren

睡蓮(スイレン)の育て方

睡蓮の魅力と言えば、なんと言ってもその美しい花、そして風情のある水面に浮く沢山の葉にあります。元々は東南アジアなどの熱帯...

pixta_buruhaibisukasu

ブルーハイビスカスの育て方

ブルーハイビスカスは別名をアリオギネ・ヒューゲリーやライラック・ハイビスカスといいます。属名はギリシャ語の結合したや分割...

pixta_toumorokoshi_01

トウモロコシの育て方

トウモロコシの育て方のポイントは、日当たり・通気性・水はけが良い場所を選ぶことと、花粉が雌穂にたくさんかかるように株を複...

pixta_youshukobannoki

ヨウシュコバンノキの育て方

日光を浴びる事で、成長を促進させないと、葉っぱの白い斑が消えてしまう事があります。白い斑は新芽の間の事なので、しっかりと...

pixta_ekinopus

エキノプスの育て方

エキノプスはキク科ヒゴタイ属の多年草植物の総称で、この名前の由来はギリシア語で「ハリネズミ」を意味する「エキノス」と「~...

スポンサーリンク

pixta_kinmokusei

キンモクセイの育て方

キンモクセイはギンモクセイの亜種で江戸時代に中国から伝わ...

pixta_panzy03

ビギナー向けの育てや...

カラフルな花を観賞するだけではなく、現在では多くの方が育...

pixta_drusutenia

ドルステニアの育て方

ドルステ二アはクワ科の植物で、アフリカ東部のケニアやタン...

pixta_nemunoki

ネムノキの育て方

ネムノキは原産地が広く、日本や朝鮮半島、中国、台湾、ヒマ...