パンジーの育てかたについて

パンジーの育てかたについて

スミレ科のパンジーは、寒さには強いのですが、暑さに弱く、5月前後に枯れてしまいます。ガーデニング初心者の方には、向いている花です。パンジーの種まきは秋に行ない、冬から春に花を楽しむのですが、種から植えるというより、普通は苗を買って植えます。

パンジーの特徴

スミレ科のパンジーは、寒さには強いのですが、暑さに弱く、5月前後に枯れてしまいます。ガーデニング初心者の方には、向いている花です。パンジーの種まきは秋に行ない、冬から春に花を楽しむのですが、種から植えるというより、普通は苗を買って植えます。

ホームセンターなどでは、暑い時期からパンジーの苗が売られていますが、気温が高い時期に植えると、腐って枯れる可能性もありますので、苗は10月中旬以降に購入して植えるようにしましょう。

こちらのパンジーの育て方についてもどうぞ♪

パンジーの育て方

ここでは、パンジーの育て方について、ご紹介します。パンジーの苗を植える時には、根をほぐして植えるようにすると、根の張りがよくなります。60cmのプランターの場合であれば、株間は15cm~20cmで定植して下さい。植えた直後はすき間だらけのように感じますが、春近くになると、こぼれるように咲きほこりますので大丈夫です。

プランターに入れる土は、市販されている「花と野菜の土」を使用します。また、パンジー専用の土も販売されています。庭の土を利用して植える時には、牛糞堆肥を事前に混ぜておくと、根の張り方が良くなります。

パンジーは、日当たりの良い場所に植えて下さい。日当たりが良くないと、細い茎で間延びしてしまいます。比較的パンジーは育てやすく、日当たりの良い場所で、水を与えておけば、枯れることはまずありません。

パンジーの栽培時の注意点

寒さに強く育てやすいパンジーは、花期が長いのが特徴です。春になると、次々と花を咲かせて楽しませてくれるのですが、その分栄養も必要です。肥料不足になると、葉色や花色が褪せ、花つきも悪くなります。

パンジーの栽培には、7日~10日に1度の割合で、1000倍に薄めた液肥などで、追肥を行いましょう。また、ホームセンターなどでは、「パンジーの肥料」も販売されています。こちらを使用する場合には、記載されている分量で施肥して下さい。

プランターの場合の水やりは、土の表面が乾いてきたら、たっぷり水を与えるようにしましょう。ただし、早朝や夕方の水やりは、土が凍ってしまう原因となります。午前中、少し気温が上がってきてから、水やりを行うようにしましょう。水やりは、用土の過湿を避けて、表面が乾いたらたっぷりと、水を与えるようにしましょう。

こちらの花の栽培を通して喜びを感じるを見て意欲的に育ててみましょう♪

パンジーの育て方のポイントについて、ご紹介します。パンジーは、日光を好みますので、日当たりが良い場所で育てると、花がたくさん咲きます。寒さが本格的になるまでに植え付けを行い、しっかりと根を張らせることがポイントです。また、パンジーは種ができやすく、種ができると株が弱ってしまい、花つきが悪くなります。咲き終わった花ガラは、早めに摘み取るようにしましょう。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:パンジーゼラニウムの育て方
タイトル:スミレの育て方
タイトル:ゆりの育て方
タイトル:パンジーの育て方
タイトル:トレニアの育て方

pixta_tyorogi

チョロギの育て方

チョロギはシソ科の植物です。中国が原産の植物です、日本には江戸時代に伝わった植物です。その名の由来は、朝鮮語の”ミミズ”...

pixta_sanseberia

サンセベリア(Sansevieria)の育て方

サンセベリアの原産地は、アフリカ、南アジア、マダガスカルなどです。熱帯の乾燥した地域を好んで生息地としており、約60種類...

pixta_mimikakigusa

ミミカキグサの仲間の育て方

ミミカキグサは控えめな花を咲かせる植物で色々なこの植物にしか無い特徴があることで有名です。そんなミミカキグサの仲間の原産...

pixta_asrutibe

アスチルベの育て方

アスチルベの歴史は比較的浅く、ドイツで品種改良された園芸種ですが日本にも自生しているので古くから親しまれてきました。日本...

pixta_mandevila

マンデビラの育て方について

マンデビラはキョウチクトウ科マンデビラ属で、原産地や生息地は北米や中南米です。チリソケイやディプラデニアという別名もあり...

pixta_waiyaprantu

ワイヤープランツの育て方

ワイヤープランツは観葉植物にもなって家の中でも外でも万能の植物です。単体でも可愛くて吊るして飾っておくとどんどん垂れてき...

pixta_nosepol

ノースポールとハナナの育て方

クリサンセマムは可愛いキク属の花です。クリオスに金という意味が、アンセマムには花という意味があります。クリサンセマムと呼...

pixta_lemon

レモン類の育て方

レモンと言えば黄色くて酸っぱいフルーツです。レモン類には、ライムやシトロンなどがあります。ミカン科、ミカン属になっており...

pixta_gekkeiju

ゲッケイジュの育て方

英語ではローレル、フランス語ではローリエ、日本語では月桂樹と呼ばれています。クスノキ科の常緑高木植物で地中海沿岸の原産と...

pixta_sayaendou11

サヤエンドウの育て方

サヤエンドウの歴史は大変古く、古代ギリシャ、ローマ時代にまでさかのぼります。生息地や原産は中央アジアから中近東、地中海沿...

スポンサーリンク

pixta_aronsoa

アロンソアの育て方

この花については、ゴマノハグサ科、ベニコチョウ属になりま...

pixta_kinokorui

キノコ類の育て方

きのこ類の特徴として、シイタケに関してはハラタケ目、キシ...

pixta_marou

マロウの育て方

マロウは、アオイ科のゼニアオイ属になります。マロウはヨー...

pixta_hananira

ハナニラの育て方

ハナニラは別名セイヨウアマナやアイフェイオンといいます。...