グリーンカーテンの栽培方法。

グリーンカーテンの栽培方法。

地球は温暖化の一途を辿っています。日本では、温暖化対策の1つとして、グリーンカーテンを導入している家庭や市区町村が増えています。グリーンカーテンは、その名の通り植物のカーテンを作ることによって室内の温度上昇を防ぎ、エアコンの使用量を減らそうというものです。

グリーンカーテンとは

エアコンから排出される二酸化酸素が温暖化の原因の1つとされており、グリーンカーテンのある場所とない場所では2~4度の温度差があるという結果も出ています。エアコンを使用せずに済む、またはローパワーで稼働することが出来れば、節電にもつながります。

グリーンカーテン導入を検討した際に気になるのは、グリーンカーテンの栽培はどのような手順で、グリーンカーテンの育て方はどれくらい難しいのか、具体的な話になれば、いつ頃グリーンカーテンの種まきをすれば、夏の暑い時期に遮熱効果を発揮するまでに育ってくれるのか。ということではないでしょうか。

グリーンカーテンは、つる性の植物をネットなどにはわせて作る植物のカーテンです。朝顔、ゴーヤが人気2トップです。朝顔、ゴーヤが人気の理由は、その育てやすさにあると言えます。

ゴーヤーの育て方は凄く参考になります♪

朝顔の育て方

まずは朝顔の栽培から紹介していきましょう。朝顔は、生育が旺盛で、葉やつるがよく伸びるのでカーテン状にしやすく、また種類が豊富で自分好みの花のを咲かせるカーテンを作れること、鑑賞性の高さが人気の秘密です。グリーンカーテン用に育てるには、朝顔のの種まき時期を、4月下旬から5月下旬にします。

種は固いので、一晩水につけ、柔らかく発芽しやすい状態にしてから15cm~20cm間隔で種をまきます。1週間ほどで発芽するので、本葉が開き始めたら、一番生育の良い株を残して間引きします。つるが伸びる前にネットを張ります。7月中旬頃から綺麗な花を咲かせ始めるでしょう。

こちらのアサガオの育て方も凄く参考になります♪

ゴーヤーの栽培

次にゴーヤです。ゴーヤは朝顔と同様に生育が旺盛で葉やつるが良く伸びます。また葉が大きく、葉からの水分蒸散が活発な為遮光、遮熱効果が高いとされています。朝顔はアオムシの食害を受けることがありますが、ゴーヤは虫が付きにくいので栽培しやすいと好まれています。また野菜として食べることが出来るのもゴーヤが人気の理由です。

カーテン状に育つまで2ヶ月ほどかかるので種まきは5月初旬までに済ませましょう。朝顔と同じく種を見ずにつけて発芽しやすくします。発芽したら2m幅に3株くらいの割合になるように間引きします。7月~9月頃の一番暑い時期に収穫時期が訪れます。

朝顔、ゴーヤともに種を収穫し、また翌年栽培することが可能です。種は乾燥させて冷暗所で保管しましょう。癒しや清々しさも感じられるグリーンカーテン、身近な温暖化対策として取り入れてみませんか。

下記の記事も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪
タイトル:つるありいんげんの育て方
タイトル:エンドウの育て方
タイトル:さやいんげんの育て方
タイトル:ヨルガオの育て方

pixta_yuri

ゆり(アジアティックハイブリッド系)の育て方

ゆり(アジアティックハイブリッド系)の歴史は古く日本では最も古い文献古事記に桓武天皇が、ユリを摘んでいた若い女性に心を奪...

pixta_nokonggiku

ノコンギクの育て方

ノコンギクの歴史としまして、伝統的にはこの種には長らく「Aster ageratoides Turcz. subsp. ...

pixta_ooblieta

オーブリエタの育て方

オーブリエタとは、アブラナ科オーブリエタ属に類する多年草です。多年草とは、毎年生息して育つ植物の事を言います。いわば土の...

pixta_himarayayukinosita

ヒマラヤユキノシタの育て方

ヒマラヤユキノシタとは原産がヒマラヤになります。おもにヒマラヤ山脈付近が生息地のため、周辺のパキスタンや中国やチベットな...

pixta_megi

メギの育て方

メギはメギ科メギ属の仲間に入るもので、垣根によく利用される背の低い植物です。メギ属はアルカロイドという成分を含んだ種類が...

pixta_bonsai01

初心者からはじめるミニ盆栽の育て方

少し前に流行ったミニ盆栽。若者にもひそかに人気があります。盆栽はなんといっても風格があります。3000円くらいから1万円...

pixta_siyoutanpopo

セイヨウタンポポの育て方

セイヨウタンポポは外国原産でそういうところから持ち込まれたタンポポであり、今では我が国を生息地として生えているタンポポで...

pixta_oogahasu

オオガハスの育て方

オオガハスは2000年以上も昔の種から発芽した古代のハスです。「世界最古の花」として知られ、世界各国に友好の証として贈ら...

pixta_habransasu

ハブランサスの育て方

ハブランサスは、中南米を原産とする植物です。生息地では雨の後に開花するために、「レインリリー」と呼ばれることもあります。...

pixta_dekopon11

柑橘類(交雑品種)の育て方

柑橘類は遡ること3000万年という、はるか昔の頃から、インド東北部を生息地として存在していたものです。中国においては、4...

スポンサーリンク

pixta_tanji

タンジーの育て方

タンジーはキク科の多年生草本で、和名はヨモギギクと言いま...

pixta_tyekaberry

チェッカーベリーの育...

チェッカーベリーは原産地や生息地が北アメリカ東北部で、グ...

pixta_sinbijium

シンビジウムの冬の育...

クリスマスやお正月のギフトによく利用されるのがシンビジウ...

pixta_okuna

オクナ(ミッキーマウ...

南アフリカ一帯に分布する樹木で、正式名称をオクナセルラタ...