ブルーベリーの育て方について

ブルーベリーの育て方について

自宅の庭をなるべくキレイにしたいと考える人が多いですが、普通の庭木や草花だけを植えていたのでは少々物足りなさを覚える人が少なくありません。やはり、食べられる実がなる果樹が欲しいと考える人がかなりたくさんいます。

ブルーベリーの特徴

庭に果樹を1~2本植えておけば、毎年収穫の喜びを手に入れることができるようになりますので、ガーデニングの楽しさをアップさせることができます。かなり広いスペースがある庭であれば、柿やリンゴの木を植えたり、ぶどう棚を作ったりすることが可能です。

でも、そこまでの広さはないという場合におすすめできるるのが、ブルーベリーです。ブルーベリーは成長しても木があまり大きくなりません。また、和風・洋風のどちらの庭にもマッチする樹形ですので、小さな庭で楽しむには最適な植物だと言うことができます。

ブルーベリーは、毎年春に小さな白い花を咲かせ、夏になると紫色の実をつけます。この実に眼精疲労の回復効果や視力改善効果のある有効成分がたっぷりと含まれていることについては、多くの人が知っています。

また、酸味よりも甘味の多い果実がなるため、ジャムやフルーツソースにしなくても、生食することができるというメリットがあります。そのため、自宅の庭でブルーベリーを栽培しているという人が、実際にかなりたくさんいます。

ライチを育ててみましょうも参考になります♪

ブルーベリーの育て方

ブルーベリーの育て方自体はさほど難しいものではありません。園芸店に行くと、日本の気候に適した品種のブルーベリーの苗が売られていますので、なるべく枝が太くて元気そうなものを選ぶようにするとよいでしょう。また、植える場所は日当たりと風通しの良いところが適しています。

ポリポットから苗を出すと根がしっかりと固まっているはずですが、この根鉢をちゃんと崩してから植えるようにしないと、新しい根が生えてきません。ポリポットから取り出してそのまま植え付けてしまうと、しっかり根付くことができません。

こちらのラズベリーの育て方もかなり参考になります♪

栽培時の注意点

結果、枯れてしまう可能性がありますので、注意が必要です。また、これはベリー類全般に共通して言えることなのですが、ブルーベリーは自家不和合性という特質を持っています。簡単に言うと、自分の花粉では実がつきにくいという特質です。

時折「我が家のブルーベリーは全然実がつかない」とぼやいている人がいますが、そのような人の家の庭には、ブルーベリーの木が1本だけ植えられているケースが多いです。たくさんの実を収穫したいと考えている場合には2種類の木を並べて植えるようにするのが得策です。

たとえば、ブルーベリーのそばにイエローベリーやラズベリーを植えるようにすると、格段に実のつきがよくなります。また、実がつくのは枝の先端から3分の1までの部分だけですから、剪定し過ぎないようにすることがポイントになります。

果樹の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ブンタン類の育て方
タイトル:ブルーベリーの育て方
タイトル:ビワの種からの育て方
タイトル:ぶどうの育て方

タイトル:グミの仲間の育て方
タイトル:サンザシの育て方

pixta_toritonia

トリトニアの育て方

トリトニアはアヤメ科トリトニア属の多年草になり、南アフリカ原産の植物です。トリトニアには40種から50種ほどのさまざまな...

pixta_ranankyurasu

ラナンキュラスとコカブの育て方

ラナンキュラスは小アジア原産の小球根植物であり、花は花弁が重なり合って明るい光沢があり、ふっくらとした華やかな魅力を持っ...

pixta_pseuderantemm

プセウデランテムムの育て方

プセウデランテムムは、キツネノマゴ科プセウデランテムム属の植物です。常緑性の植物です。熱帯気候と亜熱帯気候の地域が原産で...

pixta_hotokenoza

ホトケノザの育て方

一概にホトケノザと言っても、キク科とシソ科のものがあります。春の七草で良く知られている雑草は、キク科であり、シソ科のもの...

pixta_sirobananojisumire

シロハナノジスミレの育て方

スミレ科スミレ属の多年草ですが日本ではどこでも比較的見られる品種で、本来のスミレよりも鮮やかな色で、素朴なスミレらしさは...

pixta_anakanpuseros

アナカンプセロス、アボニアの育て方

種類としてはスベリヒユ科になります。多肉植物で、多年草となります。高さとしては3センチから10センチぐらいですから土から...

pixta_enisida

エニシダの育て方

エニシダはギリシャ語のクローヴァーや詰草といった意味の言葉に由来していると言われています。ヒトツバエニシダ属 が、和名の...

pixta_sinogurossam

シノグロッサムの育て方

シノグロッサムはワスレナグサの仲間でムラサキ科に属する植物です。秋まき一年草で中国南部原産ですが、ワスレナグサ自体はヨー...

pixta_sumire

スミレの育て方

スミレの原産国は、北アメリカ南部になります。種類が豊富であるため、生息地としても種類により、適した環境で花を咲かせていま...

pixta_matorikaria

マトリカリアの育て方

花の特徴は、キク科のヨモギギク属とされています。タナセツム属に入ることもあります。園芸分類としては草花に属します。形態と...

スポンサーリンク

pixta_sprekeria

スプレケリアの育て方

スプレケリアは別名「ツバメズイセン」と呼ばれる球根植物で...

pixta_bdou

ぶどうの育て方

ぶどうの歴史には、その品種の多さゆえに諸説あり、最も古い...

pixta_babiana

バビアナの育て方

花の特徴では、被子植物、単子葉類となります。キジカクシ目...

pixta_korokasia

コロカシアの育て方

コロカシアの原産と生息地は東南アジアや太平洋諸島です。そ...