カンパニュラの育て方について

カンパニュラの育て方について

カンパニュラは、釣り鐘のような形の大ぶりの花をたくさん咲かせるキキョウ科の植物です。草丈が1m近くまで伸びる高性タイプの植物なので、花壇の奥の方にカンパニュラを群生させ、手前の方に草丈が低い植物を植えるようにすると、バランスのとれた美しい景色を作り出すことができます。

カンパニュラの特徴

キキョウ科の植物ですから、花色が紫色のものがよく出回っています。しかし、紫色以外にもピンクやホワイトのものが売られていますので、複数の色のものを混生させるようにするとナチュラルで優しい雰囲気を醸し出すことができます。

どの花色も淡い色調になっていますから、多色使いをしてもうるさい印象になりません。かえって華やかさが増して豪華になります。なので、多色使いの方が1色でまとめてしまうよりもおすすめできます。

花の色を増やすならこちらのパンジーの育てかたについても参考にしてみて下さい♪

カンパニュラの育て方

カンパニュラを自宅の庭で栽培する場合の植え付け時期は、だいたい10~11月頃ということになります。開花時期は春なのですが、苗が店頭に出回るのは秋です。耐寒性のある植物なので、秋のうちに植え付けて、そのまま越冬させて春の開花を待つということになります。

冬の間はほとんど成長しませんから、特に育て方で気をつけるべきようなことはありません。あまりにも寒い日が続くと根が凍ってしまうのではないかと心配になることがありますが、そのような場合にはチップや藁で株元を覆って保温対策を施すようにすれば大丈夫です。

カンパニュラの中には、一定以上の低温にさらされないと花芽を作ることができない品種もありますので、過保護にしすぎても何もよいことはありません。寒い期間中、あえて庭で冬越しさせるようにすれば、しっかりとした丈夫な根を地中に張り巡らせることができるので、花付きが良くなります。

こちらの家庭菜園や花壇の作り方において大事な事も参考になります♪

カンパニュラの栽培の注意点

冬の間のカンパニュラは、葉を地面にぺたっと広げた状態になっていますが、春になって気温が上がってくると、にょきにょきと上に伸び始めます。最低でも50cm程度の草丈になりますので、花穂が伸び始めるようになったら支柱を立てて風で倒れてしまわないようにしてやる必要があります。

支柱を立てた後でさらに大きく伸びる可能性が高いので、最初から余裕を持って長めの支柱を立てておくようにするのが望ましいです。また、長く開花期を楽しむためには、咲き終わった花穂を早めに摘み取ってやることが必須になります。

花が咲き終わった花穂を摘み取ると、その脇から新しい花穂が生えてきます。ですので、結果的にかなり長く花を楽しむことができるようになります。ちなみに、カンパニュラは本来二年草なのですが、耐寒性が強い代わりに夏の暑さに弱いという特徴を持っており、夏越しすることができずに枯れてしまうケースが多いです。そのため、多くの園芸店が一年草扱いで販売しています。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:チシマギキョウの育て方
タイトル:カンパニュラ・メディウムの育て方
タイトル:オトメギキョウの育て方
タイトル:ナスタチウム(キンレンカ、金蓮花)の栽培
タイトル:ベルフラワーの育て方
タイトル:イソトマの育て方

pixta_zakuro

ザクロの育て方

ザクロの歴史は非常に古く、古代ギリシャの医学書では、すでにザクロの効能が書かれていました。また、パピルスに記されているエ...

pixta_goya_02

ゴーヤーともよばれている健康野菜ニガウリの育て方

ゴーヤーは東南アジア原産の、特有の苦味があるつる性の野菜です。沖縄では古くから利用されており郷土料理”ゴーヤーチャンプル...

pixta_rabenda

ラベンダーの育て方

ラベンダーはシソ科の植物で、精油などにもよく使われています。実はこのラベンダーの精油はなんと古代ローマ時代から使われてい...

pixta_youforvia

ユーフォルビアの育て方

ユーフォルビア、別名、ユーフォルビアダイヤモンドフロストは、トウダイグサ科ユーフォルビア属の植物です。生息地は世界の熱帯...

pixta_putitomato

ミニトマトのプランターの栽培方法

ミニトマトの栽培は初心者でも簡単に育てられ庭がなくても、プランターで栽培出来きるので、プランターでミニトマトの育て方はと...

pixta_nanbuinunazuna

ナンブイヌナズナの育て方

ナンブイヌナズナは日本の固有種です。つまり、日本にしか自生していない植物です。古くは大陸から入ってきたと考えられますが、...

tyurip_01

チューリップの育て方

チューリップといえば、オランダというイメージがありますが、実はオランダが原産国ではありません。チューリップは、トルコから...

pixta_bifurenaria

ビフレナリアの育て方

花についてはラン科になります。園芸上の分類もランになります。ランについては多くは多年草です。しかし育て方が難しいのでずっ...

pixta_kanenonaruki

女の子に人気の多肉植物の育て方

最近、女の子を中心に人気の多肉植物という植物があります。多肉植物とは、葉や茎にたくさんの水分や養分を蓄えることのできる乾...

pixta_jamankamomiru

ジャーマンカモミールの育て方

ジャーマンカモミールは生息地のヨーロッパなどでは古くから薬草として用いられ、生活には欠かせないハーブです。ヨーロッパから...

スポンサーリンク

pixta_trajiskantia

トラデスカンチアの育...

トラデスカンチアは北アメリカの温帯から熱帯アメリカにかけ...

pixta_warenbergia

ワーレンベルギアの育...

特徴としては、被子植物、真正双子葉類、コア真正双子葉類、...

pixta_hanakanzasi

ハナカンザシの育て方

原産地はオーストラリア西南部で、砂地でよく育ち乾燥を好み...

pixta_perarugonium

ペラルゴニウムの育て...

和名においてアオイと入っていますがアオイの仲間ではありま...