カンパニュラの育て方について

カンパニュラの育て方について

カンパニュラは、釣り鐘のような形の大ぶりの花をたくさん咲かせるキキョウ科の植物です。草丈が1m近くまで伸びる高性タイプの植物なので、花壇の奥の方にカンパニュラを群生させ、手前の方に草丈が低い植物を植えるようにすると、バランスのとれた美しい景色を作り出すことができます。

カンパニュラの特徴

キキョウ科の植物ですから、花色が紫色のものがよく出回っています。しかし、紫色以外にもピンクやホワイトのものが売られていますので、複数の色のものを混生させるようにするとナチュラルで優しい雰囲気を醸し出すことができます。

どの花色も淡い色調になっていますから、多色使いをしてもうるさい印象になりません。かえって華やかさが増して豪華になります。なので、多色使いの方が1色でまとめてしまうよりもおすすめできます。

花の色を増やすならこちらのパンジーの育てかたについても参考にしてみて下さい♪

カンパニュラの育て方

カンパニュラを自宅の庭で栽培する場合の植え付け時期は、だいたい10~11月頃ということになります。開花時期は春なのですが、苗が店頭に出回るのは秋です。耐寒性のある植物なので、秋のうちに植え付けて、そのまま越冬させて春の開花を待つということになります。

冬の間はほとんど成長しませんから、特に育て方で気をつけるべきようなことはありません。あまりにも寒い日が続くと根が凍ってしまうのではないかと心配になることがありますが、そのような場合にはチップや藁で株元を覆って保温対策を施すようにすれば大丈夫です。

カンパニュラの中には、一定以上の低温にさらされないと花芽を作ることができない品種もありますので、過保護にしすぎても何もよいことはありません。寒い期間中、あえて庭で冬越しさせるようにすれば、しっかりとした丈夫な根を地中に張り巡らせることができるので、花付きが良くなります。

こちらの家庭菜園や花壇の作り方において大事な事も参考になります♪

カンパニュラの栽培の注意点

冬の間のカンパニュラは、葉を地面にぺたっと広げた状態になっていますが、春になって気温が上がってくると、にょきにょきと上に伸び始めます。最低でも50cm程度の草丈になりますので、花穂が伸び始めるようになったら支柱を立てて風で倒れてしまわないようにしてやる必要があります。

支柱を立てた後でさらに大きく伸びる可能性が高いので、最初から余裕を持って長めの支柱を立てておくようにするのが望ましいです。また、長く開花期を楽しむためには、咲き終わった花穂を早めに摘み取ってやることが必須になります。

花が咲き終わった花穂を摘み取ると、その脇から新しい花穂が生えてきます。ですので、結果的にかなり長く花を楽しむことができるようになります。ちなみに、カンパニュラは本来二年草なのですが、耐寒性が強い代わりに夏の暑さに弱いという特徴を持っており、夏越しすることができずに枯れてしまうケースが多いです。そのため、多くの園芸店が一年草扱いで販売しています。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:チシマギキョウの育て方
タイトル:カンパニュラ・メディウムの育て方
タイトル:オトメギキョウの育て方
タイトル:ナスタチウム(キンレンカ、金蓮花)の栽培
タイトル:ベルフラワーの育て方
タイトル:イソトマの育て方

pixta_sagigoke

サギゴケの育て方

サギゴケは日本を原産とする多年草です。本州、四国、九州などが生息地です。日本以外だと、台湾や朝鮮半島南部で見ることができ...

pixta_sikimi

シキミの育て方

シキミはシキビ、ハナノキ、コウノキなどとも呼ばれる常緑の小喬木です。以前はモクレン科でしたが、現在ではシキミ科という独立...

pixta_buddorea

ブッドレアの育て方

ブッドレアはイギリスのエセックス州の牧師であり、植物学者でもあったアダム・バドル氏の名からとられたものです。名付けたのは...

pixta_pepromia

ペペロミア(Peperomia ssp.)の育て方

ペペロミアの原産地はブラジル、ボリビア、エクアドルなどで、主な生息地は熱帯や亜熱帯です。約およそ1400種類もの種類が存...

pixta_siran

シランの育て方

シランという植物は、ラン科シラン属の宿根草のことを言います。宿根草は多年生の中でも生育に適していないシーズンには地上部分...

pixta_nejibana

ネジバナの育て方

もともと日本では江戸時代に栽培されていた植物です。別称であるモジズリ(捩摺)は、かつて都で重宝された絹織物シノブズリ(忍...

pixta_hetima

ヘチマの育て方

熱帯アジアを生息地とするインド原産の植物です。日本には中国を通して江戸時代に伝わったと言われています。ヘチマは元々、果実...

pixta_spatifiram

スパティフィラムの育て方

スパティフィラムは中央アメリカから南アメリカの熱帯地域を原産とするサトイモ科の多年性植物です。主に森林の湿地帯を生息地と...

pixta_sinensisu

プリムラ・シネンシスの育て方

プリムラ・シネンシスは日本では寒桜と呼ばれていますが、もともとは中国の中南部が原産です。そのため、英語ではChinese...

pixta_seiyouodamaki

西洋オダマキの育て方

西洋オダマキはキンポウゲ科オダマキ属の多年草です。生息地はヨーロッパ、北アメリカ、アジアなどの広範囲に広がっています。オ...

pixta_murasakituyukusa

ムラサキツユクサの育...

ムラサキツユクサは、TradescantiaOhiens...

pixta_massonia

マッソニアの育て方

マッソニアはヒアシンス科に属して原産地が南アフリカです。...

pixta_fitnia

フィットニアの育て方

フィットニアはキツネノマゴ科フィットニア属の植物です。南...

pixta_shantuai

シャンツァイの育て方

シャンツァイはコリアンダーと言うセリ科の一年草で、中華料...