ユッカという観葉植物の育て方について

ユッカという観葉植物の育て方について

リビングルームや廊下の片隅に一つ観葉植物を置いておくだけで、室内の雰囲気が格段に良くなります。最近の家は洋風建築が多いので、真っ白い壁紙が貼られているケースが多いです。シンプルな清潔感があって良いのですが、どうしても無機質な雰囲気になってしまいがちです。

ユッカの特徴

絵画を壁飾ってアクセントにするという方法もありますが、あらかじめピクチャーレールが設置されていない家の場合ですと、額縁が落ちてきて怪我をしてしまうおそれがあり危険です。そんな時には、床に置くだけで済む観葉植物を重宝することができます。

人気の高い観葉植物の一種にユッカという名前のものがあります。よく「青年の木」という名前で販売されていますので、青年の木と言った方が馴染みがあるという人が多いかもしれません。ユッカは、もともと北米や中南米の乾燥地に自生していた植物です。

真っ直ぐに伸びた丸太のような幹の上に、コンモリとしたリーフをつけます。日本国内で寄せ植えの大鉢で販売されている品種は、ある程度耐寒性があり、乾燥や潮風にも強い品種なので、滅多なことでは枯れません。仕事が忙しくて室内にグリーンを置いても世話をする暇がないという人には、まさにうってつけの植物です。

こちらの観葉植物の上手な育て方も参考になりますよ♪

観葉植物ユッカを栽培するポイント

多くの人が、段差をつけて3~4本が寄せ植えされている大鉢を購入して部屋のインテリアにしています。ただし、もともとかなり過酷な条件の中でも生き延びる旺盛な生命力を持っている植物であるため、室内栽培していたユッカが大きく育ち過ぎてしまうことがしばしばあります。

本来は強い日差しを受けながら育つものなので、日当たりがあまり良くない室内で育てていると、軟弱な側枝が間伸びしてしまう可能性が高いのです。そのような状態になってしまうと全体のバランスが崩れてしまうだけでなく、病害虫が発生しやすくなってしまいます。ですので、育ち過ぎたユッカは適宜切り戻しをしてやるのが、うまく栽培するポイントということになります。

こちらの観葉植物を育ててみようも見て下さい♪

ユッカの増やし方

切り戻しを行うのに適している時期は、だいたい5月から8月にかけての時期です。ひょろひょろと長く伸びてしまった側枝は、枝の根元から3~4cm程度の所で切り落とすようにするとよいでしょう。切り戻し後、1~2ヶ月位で切った枝の先端から新芽が出てきます。

切り戻した枝は挿し木にすることができますので、自分でユッカを増やせます。挿し木の育て方は意外なほど簡単ですので、特に園芸の知識など何も持っていない人でも、ユッカの小鉢をたくさん作ることができます。

ただし、ユッカは乾燥した環境を好みますので、普通に育てる場合だけでなく、挿し木をする場合も、乾かし気味に管理することが大切です。特に冬場の水やりを控えるようにするのが、長くユッカを楽しめるコツということになります。

観葉植物の育て方など植物の育て方に興味がある方は下記の記事も参考になります♪
タイトル:ネフロレピスの育て方
タイトル:育てやすい観葉植物について
タイトル:ペペロミアの育て方
タイトル:ユッカの育て方

pixta_kuretimasu

クレマチス ネリー・モーサーの育て方

この花についての特徴としては、まずはキンポウゲ目、キンポウゲ科、キンポウゲ亜科の種類となります。さらにセンニンソウ属に属...

pixta_natuhaze

ナツハゼの育て方

ナツハゼはジャパニーズブルーベリーや山の黒真珠と呼ばれており、原産や生息地は東アジアです。日本はもちろん朝鮮半島や中国な...

pixta_sukabiosa11

マツムシソウの育て方

マツムシソウは科名をマツムシソウ科と呼ばれており、原産地はヨーロッパを中心にアジア、アフリカもカバーしています。草丈は幅...

pixta_ingen_01

インゲンの育て方

豆の栽培は農耕文化が誕生したときから穀類と並んで始まったと言われています。乾燥豆は品質を低下させずに長い期間貯蔵できるこ...

pixta_hibisukusu

ヒビスクス・アケトセラの育て方

ヒビスクス・アケトセラが日本に入ってきた年代は詳しく知られていないのですが、本来自生しているものは周種類であるとされてい...

pixta_isotoma

イソトマの育て方

イソトマは、オーストラリアやニュージーランドなどの大西洋諸国にて自生している植物です。本来は多年草として知られていました...

pixta_futoukazura

フウトウカズラの育て方

フウトウカズラの特徴について書いていきますが、まずは分布地域について触れて起きます。分布地域としては関東以西の暖地に広く...

pixta_marou

マロウの育て方

マロウは、アオイ科のゼニアオイ属になります。マロウはヨーロッパが原産地だと言われています。生息地としては、南ヨーロッパが...

pixta_korokasia

コロカシアの育て方

コロカシアの原産と生息地は東南アジアや太平洋諸島です。それらの地域ではタロという名前で呼ばれていて、主食としてよく食べら...

pixta_charbill

チャービルの育て方

チャービルはロシア南部から西アジアが原産で、特に、コーカサス地方原産のものがローマによってヨーロッパに広く伝えられたと言...

pixta_hayatouri

ハヤトウリの育て方

原産地はメキシコ南部から熱帯アメリカ地域で、アステカ文明...

pixta_ajiantam

アジアンタムの育て方

アジアンタムはワラビ科の観葉植物ですが、そのほかにも造花...

pixta_austrariabeans

オーストラリアビーン...

オーストラリアビーンズは学名をCastanospermu...

pixta_himarayasugi

ヒマラヤスギの仲間の...

ヒマラヤスギはヒンドゥー教では、古来から聖なる樹として崇...